可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

1万円足りない人が金欠を切り抜ける方法【生活費が足りない!】

1万円足りないという時には、比較的簡単に用意できる方法がいくつかあります。その少しのお金を用意できると快適な生活が送れるというときには、これからご紹介する方法を考えてみてください。

1万円足りない!一時的に必要な時の対処方法

1万円足りないという時には、比較的簡単に用意できる方法がいくつかあります。

  • 給料日前で1万円足りない
  • 急な飲み会で1万円足りない
  • 冠婚葬祭が重なってあと1万円足りない

急な出費や給料日前で財布も口座も心もとない状態で、あと1万円あれば乗り切れるのに・・・なんてことも少なくありませんよね。

あと1万円足りないという時には、比較的簡単に用意できる方法がいくつかあります。

その少しのお金を用意できると快適な生活が送れるというときには、これからご紹介する方法を考えてみてください。

あと5万円というと用意するのは難しいですが、あと1万円足りない位であれば用意できる方法が必ずあります。

1万円足りないくらいなら親や友達、恋人に借りる

1万円足りないから親や友達、または恋人に借りようかな。この方法を考える人は多いと思います。

なぜならすぐにお金が手に入るだけじゃなく、そのほかにもメリットがあるからです。

そのメリットが以下の3つ。

  1. 「お金を借して!」と言いやすい。
  2. 高確率でお金を借りることができる。
  3. 余計な費用(利子)がかからない。

このようにお金を借りる側はメリットばかりです。
だから親や友達、恋人にお金を借りることが良いと考える人が多いのです。

しかし、例え足りない金額が1万円であっても、知人とのお金の貸し借りは良くありません。
なぜなら「借りた人間との関係が悪化する」可能性があるからです。

足りないその1万円が縁の切れ目に!?

1万円足りない。まずお金を貸す側は「お金を貸す前」に不安を感じます。
お金を本当に返してもらえるのかという不安です。
「お金を貸した後」も不安を感じ続けるでしょう。

いつになったら返してくれるのだろう。本当にお金を返す気があるのか。
このような「不安」を感じ続けます。

そして「不安」の感情が徐々に大きくなり、「怒り」の感情に変わるのです。

もちろん、関係は絶対に悪化するわけではありません。
けれども友情関係が悪化した人は、世の中にたくさんいます。
そしてたかが1万円で関係が壊れてしまったことをいずれ後悔するのです。

関係は悪化すると、なかなか修復できません。
人間はいったん嫌いになると、もう1度関係を修復したいと思わない傾向があります。

そうならないためにも顔見知りにお金を借りることは、やめたほうがいいでしょう。

もし親や友達、恋人からお金を借りるのであれば、「関係が悪化する」覚悟をしたほうがいいかもしれません。

では知り合いとの関係を悪化させなくない場合、どんな方法があるのでしょうか?

1万円足りない場合は質屋を利用してみる

1万円足りない場合で、借り入れをすることが難しい場合や、したくない場合で早くお金を用意したい場合には、不用品を販売するといいかもしれません。

身の回りに使わなくなった本やDVDなど意外に多くのものがあると思います。

それを、リサイクルショップや買い取り専門店に持っていって買い取ってもらうと1万円足りない場合でもお金を用意することができます。

なかなか一つの商品で1万円以上を用意するのは難しいですが、売ることができそうなものをまとめて持っていくと、1万円以上のお金を作ることができるかもしれません。

また、使わなくなったゲーム機であるとか、ブランド用品などがある場合には買い取り専門店に持っていけば1万円以上の値段で買い取ってもらうことだってできるかも!

もし、時間が許すようであれば、オークションサイトやフリーマーケットのサイトに出品して、高価に買い取ってもらうことを狙ってもいいですね。

リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなものでも、オークションサイトでは高価な値段で落札されることもあります。

質屋では足りない金額(1万円)に届かないことも

質屋では足りない金額(1万円)に届かないこともあります。買取価格の相場は、売値の10分の1が一般的です。
お店側は3,000円で売りたいものを、売り手から300円で買い取りますが、買取価格を0円にすることもよくあります。

モノがキズついていたり、モノが汚れていたり、モノが破損したりしていると、価格を0円にするのです。

ですから1万円足りない場合でブランド品や値打ちのあるものを持っていない場合は、リサイクルショップでモノを売って、1万円以上のお金を手にするのはかなり難しいかもしれません。

1万円足りないならクレジットカードのキャッシング枠を利用する

1万円足りないならクレジットカードのキャッシング枠を利用するという手もあります。カードローンに申し込むのはちょっと面倒だな、と思うのであればクレジットカードでキャッシングしてみてはどうでしょうか。

クレジットカードに申し込む際に審査内容によってある程度のキャッシング枠がついていることと思います。

通常年収の10%程度がクレジットカードのキャッシング枠となりますが、年収100万円程度あれば10万円くらいのキャッシング枠がついていてもおかしくありません。

クレジットカードはショッピングしか使ったことがない、お金を借りるのは初めてと言う人でも、クレジットカードを銀行やコンビニATMに差し込んで暗証番号を入力し、借りたい金額を入力すれば今すぐにでも直接お金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシングは金利が高い

今では誰もが持っているクレジットカード。
クレジットカードはモノを買えるだけじゃなく、1万円足りない場合などキャッシングサービスも利用できます。

しかし、大半の人はキャッシングをすぐに利用できないと思います。

理由はクレジットカードを申し込むときに、キャッシングサービスを付けていないからです。
大半の人がクレシッドカードに求めているのは、モノを買うサービスだけです。

いざ1万円足りない場合にキャッシングのサービスを利用したくても、すぐに利用できません。
クレジットカードにキャッシング機能を付けるためには、時間と手間がかかります。

早くても1日。遅いと1週間以上かかる場合もあります。

もちろん、最初に1万円足りない場合があるかもと想定してキャッシングサービスを付けていれば、すぐに利用できるので問題ありません。

ただしクレジットカードのキャッシングは利息が高め。

ですから少しでも利息を抑えたいと考える人は、カードローンを選ぶそうです。

カードローンのほうが利息が低いですからね。

1万円足りないときはクレジットカードを現金化してみる

1万円足りないときはクレジットカードの現金化も検討してみましょう。

誰でも急な出費で1万円足りないということはあると思いますが、そんな時に便利なのがクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

これは一般的にクレジットカード現金化と呼ばれる方法で、クレジットカードにあらかじめ付帯しているキャッシング枠ではなく、本来は買い物の支払いに使用するショッピング枠を使用し現金化を行うというところがポイント。

カードローンの審査に通らない人が利用しているとの声も

ショッピング枠を現金化した場合にはキャッシング枠を使用して現金を引き出すよりも確実にメリットがあります。

分割の利用が出来たり、ショッピング枠のほうがキャッシング枠よりも利息が安いといったメリットです。

クレジットカードさえあれば面倒な手続きも必要ない点も、ショッピング枠現金化のメリットとなります。

クレジットカードを持っていれば誰でも利用できるのも1万円足りない程度であれば換金もしやすく、非常に利便性が高いメリットとなるでしょう。

1万円足りないときに便利ではあるがややグレー

1万円足りないときに便利ではあるショッピング枠の現金化ですが、ただしこの方法は実はややグレーです。

ショッピング枠現金化はクレジットカードで買い物しない人でもクレジットカードを有効に利用することが出来る便利な方法です。

その為、急に1万円足りない場合でも便利に利用できますし、すでに契約しているので審査も必要ありません。

ただ使いすぎは支払いが伴うことなので注意が必要ですし、頻繁に現金化を行うと思わぬトラブルになる場合も考えられます。

キャッシングはしたくないから現金化を考えている人は、計画的に必要な金額だけを利用するようにしましょう。

1万円足りないならすぐ借りれる消費者金融がベスト

足りない1万円を補いたい時はやはりカードローンがおすすめです。

  • 親友達も今後のことを考えると微妙。
  • 質屋では足りない1万円を補えるか分からない。
  • クレジットカードはキャッシング枠がなければ時間が掛かるしショッピング枠はギリギリ

どうしてキャッシングがおすすめなのか。
最短で1万円をキャッシングするにはどうしたら良いのか。

ピンチから脱出する方法について見ていきましょう。

1万円足りないときはカードローンの借入がベストな訳

1万円足りないときはカードローンやキャッシングを利用するのがベスト!

理由は3つあります。

  1. 安心
    (利息は法律の範囲内、誰にもばれない、電話オペレーターが優しい)
  2. ラク
    (スマホで手続きが完結、誰にも気を遣わなくてよい、返済が分割払い)
  3. はやい
    (すぐにお金が借りられる、トラブルが起きたときの対処がはやい)

このようにカードローンは魅力的なメリットばかりなのでオススメです。
しかもカードローンを利用すると、親に心配をかけたり、友情関係が悪化したりすることもありません。

なので、今日中に1万円足りない場合、1万円以上を手に入れる「1番良い方法はカードローン」なのです。

1万円という金額は、給料日になったらすぐに返せる金額ですよね。

そんなすぐに返済が見込める額だからこそ、金利の低い銀行カードローンではなく、消費者金融での借入がおすすめです。

足りない1万円を補うなら銀行カードローンより消費者金融

足りない1万円を補うなら銀行カードローンよりも、どうして消費者金融がおすすめなのか。

  1. 無利息キャンペーンがあるから
  2. すぐに借りれるから
  3. 銀行の営業時間外でも借りれるから

という3つの特徴があるからです。

初めての消費者金融なら金利が無料!?

大手消費者金融では、初めての利用に限り30日間の無利息期間を設けていることが多くあります。

この30日間無利息期間というサービスは、契約、又は借入日から30日間金利がかからずに借入ができるサービスのことで、給料日になったらすぐ返せるような借金をするときにはとても重宝するサービスとなっています。

1万円足りないくらいの借金なら、給料が入ったらすぐ返済できる額ですので、少額といっても金利を払うのは馬鹿らしいですよね。

数字的な表示を見て銀行カードローンの方が金利が低く、負担する金利額が低いと思いがちですが

銀行カードローン(実質年利14%)で10日間1万円を借りる場合

1万円×0.14(金利)÷365(1年)×10(10日分)=38.35...

という計算から約40円の金利がかかります。

たかが40円と思うかもしれませんが、されど40円。

ATM手数料の100円ですら積もりに積もっていくら払っているかわからない時代なので、1回のキャッシングで終了させる気なら無利息期間をうまく利用したほうが良いといえるでしょう。

銀行カードローンは2018年から自主規制の傾向に

更に2018年1月より銀行カードローンでは即日融資が不可となりました。

まずそこに至る経緯なのですが、銀行カードローンについて、NHKのクローズアップ現代で2017年4月に放送されて問題が明るみにでたことにあります。

問題の内容としては、返済能力が明らかにないのに下請けの会社に審査と保証を付かせることで、年収の1/2までの借入ならお金を借りることができたというもの。

また、完全な専業主婦でもどうにか銀行カードローンを発行することで50万円くらいまでは融通することができたということ。

これらが、銀行の私利私欲で多重債務者を増やす結果しかならないとNHKのクローズアップ現代で問題定義されたのです。

その後、麻生太郎財務大臣の意見で「急遽総量規制に銀行も適用することはないが今後検討していく」との声を受け、2018年から銀行カードローンは即日融資を自主規制する運びとなりました。

その点、消費者金融は銀行カードローンと比べて、審査が甘めと言われていますし即日融資のサービスも健在となっています。

そのため、1万円の借入といえど審査がある以上、銀行カードローンよりも早く審査が終了する消費者金融の方に軍配が上がるというわけです。

1万円足りない場合、銀行の営業時間外でも借りれる

1万円足りない場合、大手消費者金融なら銀行の営業時間外でも借りることができます。

また、消費者金融は銀行カードローンとは違い、ほとんどの業者が土日祝日の審査にも対応しています。しかし、銀行カードローンはそうは行きません。

最近では土日祝日や銀行の営業時間外に審査をして、自動契約機でローンカードを発行できる銀行カードローンも増えてきましたが、それでも銀行の営業時間外でお金を借りるなら消費者金融の方が圧倒的にスピードが速いといえるでしょう。

特に大手消費者金融は、銀行カードローンに対抗する武器として「スピード」を重視している点があります。

ですから1万円足りないときが例え土日祝日でも、審査対応にとても定評があります。

1万円という金額をキャッシングしたいというあなたは、切羽詰っていることが考えられます。

土日祝日などの銀行の営業日に関係なく対応してくれるからこそ、1万円を借りるなら消費者金融がおすすめなのです。

即日でスムーズに足りない1万円を借りる方法

足りない1万円を借りる場合、下手したら1時間かからずにお金を借りることが可能かもしれません。そんな即日で今すぐ借りるための方法とは、時間を無駄にしないで申込みをすることです。

以下の手順で申込みを済ませてみてください。

  • webで申込み
  • 自動契約機へ向かう
  • 自動契約機で審査結果を聞く
  • 借入手続き
  • ローンカード発行
  • ATMで現金を受け取る

1分も時間を無駄にすることなく足りない1万円を借りるまでスムーズにことを済ませることができます。

低所得だけど足りない1万円は借りれる?

1万円を借りるなら、最低3万円の年収が必要となります。

1万、2万、3万円は誰でも借りれる

1万、2万、3万円など足りない金額が少額で気まずい雰囲気が残るのなら、自己解決の道を選んだ方が良いですよね。

1万円や2万円、3万円の少額融資は普通に仕事をしている人であれば、信用情報に問題がない限り誰でも借りることができます。

銀行カードローンにせよ消費者金融にせよ、10万円以下の借入は少額融資の部類です。金融機関にとって少額融資は貸し倒れになる危険性が少なく、比較的安全で貸しやすい金額なのです。

ちなみに膨大な顧客データを分析することで、10万円以下の借入で金融事故を起こす人の割合はほとんどいないことがデータ上判明しています。

まして10万円以下の、1万円や2万円、3万円の超少額融資になれば、パート収入やアルバイト収入でも、20歳以上で働いている人なら学生でも借りることのできる金額です。

たとえ初めてカードローンで借りるにしても、過去に各種ローンの長期滞納をしたことがある、または債務整理をしたことがあるのでなければ審査に落ちることはありません。

3万円以下の金額であれば給料が入れば一括で返済できる金額ですよね。まして1万円や2万円となると、かなり返済しやすい金額でもありますよね?

人間関係を崩したくないのであれば気軽にカードローンに申し込んでみてはどうでしょうか。

おすすめの記事