可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

5万円借りる事は無職でも可能!?

5万円借りるなんて無職はムリ?無職はどこの金融機関へ行っても門前払いだろう。そう思ってお金を借りるという選択を諦めてしまう人も多いでしょう。ですが諦める必要はありません。実は、無職でも5万円程度であればお金を借りる方法があるのです。

5万円を借りる為に無職の人はそんな時どうしたらいい?

「5万円だって無職が借りるのは無理、どこの金融機関へ行っても門前払いだろう」そう思ってお金を借りるという選択を諦めてしまう人も多いでしょう。

確かにキャッシングやカードローンは、無職では借りられないという話が一般的です。

ですが、まだ諦める必要はないかもしれません。

実は、無職でも5万円程度であればお金を借りる方法があるのです。
そこでこの記事では、無職がお金を借りる裏技から正攻法の技まで一挙にご紹介していきたいと思います。

無職の状況によってはお金を借りることが出来るかも

無職の状況によっては5万円程度ならお金を借りることが出来るかもしれません。
意外にもあまり知られていないことですが、一概に無職と言っても世の中には様々な無職の定義があります。

まずはここで無職についてはっきりと理解しておきましょう。いわゆる無職とは、以下のような考え方で定義されています。

  • 失業者:働いていた経験があり、職を失ってから比較的短期間、かつ失業保険を受けている人
  • 不労所得者:働かなくても収入がある人(家賃収入、権利収入など)
  • 専業主婦(主夫):結婚して家庭内での家事を専門にしている人
  • 年金生活者:定年後、年金で生活している人
  • ニート:雇用されておらず、学生でもなく、職業訓練を受けている状態でもない人

カードローンの審査条件によっては借入出来る無職もいる

5万円借りる時、以下の属性の無職は前向きになるべきでしょう。

  • 失業者
  • 専業主婦
  • 年金生活者
  • 不労所得者
  • 学生

この種類の無職とは、確かに無職ではあるのですが、「収入がある無職」なのです。

収入がある無職は「無職」の定義に当てはまらない

無職=5万円借りることはできないというわけではありません。つまり、ニートと求職者以外は全て「収入がある」という定義になります。
この人たちは無職であっても自由に使えるお金がある立場です。

また、この他にも、保険などの社会保障がないために「無職」という公的な扱いをされやすいのが水商売です。
しかし収入があるのは確かなので、こちらもキャッシングなどに前向きになれる立場です。

専業主婦や水商売、失業中の無職は実は5万円なら借りれる

5万円を無職が借りるには。お金を借りる相談でよく上がる話が、専業主婦、水商売、そして失業中の人は本当に借りられるの?

という心配です。
結論から言いますと、全ての金融機関ではないものの、貸してくれるキャッシング会社やカードローン会社はたくさんあります。

お金を借りる時に金融機関が重視するのは、何よりもその人の返済能力です。

専業主婦はご主人の収入(家計)で、水商売の人はもちろんその収入で、失業者の人は社会保険から支給される失業保険給付金がありますよね。

また、学生の人もお金を用立てたい時があるかと思いますが、やはり無職扱いになるのかという質問も耳にします。
この件に関しては、学生はアルバイトの収入で返済していけば全く問題ありません。(ただしアルバイトをしていない学生は無職と定義されます)

金融機関の無職の定義や審査は様々

金融機関の無職の定義や審査は様々です。認識としては失業者もニートも一般的な定義では同じ無職だと思われがちですが、実は違う部分がいくつか存在します。

まず完全に違うのは、金融機関からすると、無職という立場は「無収入である」人のことを指します。

ですから金融機関にとって「収入がある無職」は完全な無職とはならないことを覚えておきましょう。

つまり専業主婦の人には配偶者の収入が、失業者には失業保険がある為、金融機関によってはお金を借りられるのです。

無職でも専業主婦は銀行カードローンなら5万円は借りる事が可能

無職でも専業主婦は銀行カードローンなら5万円は借りる事が可能です。

実は専業主婦の方は、今回挙げた無職のカテゴリーの中では一番融資を受けやすい対象となっています。

銀行カードローンの中には「専業主婦の方もご利用できます」という案内をしているところもあるぐらいであり、少し探せば融資を行ってくれるところを見つけることができるでしょう。

この背景には「専業主婦を行えているということは、配偶者の稼ぎがしっかりしているのだろう。5万円の貸付なら大丈夫だろう」という融資側の判断があります。

つまり銀行側は、専業主婦の背後にいるであろう配偶者を透かし見て融資を行っているんですね。

ただし、借り入れを行うのはあくまで専業主婦なので、上限金額は通常の場合よりも低めに設定されていることが多くなっています(一般の方は限度額300万円までだけれど、専業主婦の場合は30万円まで等)。

とは言え、5万円程度の借り入れであれば問題ないでしょう。

無職の学生は親が保証人になることで5万円借りることは可能

無職の学生は親が保証人になることで5万円借りることは可能です。ただし学生の方でアルバイト等もしておらず収入がないとなると、借り入れを行うのは非常に厳しいと言えます。

学生の方でも結婚しているのであれば、配偶者貸付制度(妻との収入を合算して1/3まで借りれる制度)を利用するという方法も考えられますが、非常に稀でしょう。

しかし、銀行カードローンや消費者金融の中には一部ではありますが、学生本人の親が保証人になることで収入がない学生に対しても融資を認めているところがあります。

融資をする側からすれば、返済してくれさえすればそれが契約者自身のお金であるかどうかは関係ありません。

ただし、利用できるところはあまり多いとは言えないので申し込みの際に学生でも可能か確認しておくことをオススメします。

無職の年金受給者でも5万円なら借りることができるキャッシングはある

無職の年金受給者でも5万円なら金融機関によっては借りることができます。年金受給者の方が借り入れを行えるかどうかは、金融機関が年金を「収入」ととらえてくれるかどうか、という一点に尽きます。

年金=収入という扱いなのであれば、安定した収入ありと見なされるため融資を受けることができます。

逆に年金=収入でないのであれば、年金受給者の方は安定した収入がないことになるので融資を受けることはできません。

年金を収入ととらえるかどうかは商品概要に説明や補足があることが多いので、そちらを確認することで利用できるかどうかが分かります。

大抵の場合中小消費者金融が対応していることがおおいのですが、はっきりとした記載がない場合には事前にコールセンター等に電話をかけて聞いてみるのが賢明です。

不労所得があるなら無職でも5万円借りることが出来る

不労所得があるなら無職でも5万円借りることが出来ます。つまり失業して仕事はしていないけれど不労所得があるというような場合であれば、5万円を借りることが可能かもしれません。

銀行カードローンの審査においては年収ももちろん重要な要素になりますが、総量規制の影響を受けないため「年収も含めた総合的な返済能力」で判断してもらうことが可能だからです。

つまり「仕事を行うことによっての収入はないもののそれ以外の要素を鑑みた上で返済能力がある」と判断されればよいということ。

不労所得はまさにその条件にピッタリ当てはまるものであり、不労所得の種類や金額によっては失業者の方でも融資を受けられる可能性はあります。

無職のニートが5万円を借りる裏ワザ

無職のニートが5万円を借りる裏ワザとして、上記のようにパート収入やアルバイト収入を継続安定して得ることが出来ているのなら、年齢条件さえ満たせば申し込むことはできますが、そうでなく病気や介護など様々な理由があって純粋な無職である時。

  • まったく無職(ニート)な状態だと生活していくことすらままならない
  • 失業者だけど失業保険がない
  • 上記の1つも当てはまらない・・・5万円を借りる時はどうしたら

そんなときは以下にご説明する方法で、一時的に凌ぐこともできます。

ただし合法とは言えない部分もあるため、あくまでも自己責任の範囲内で判断し行ってください。

無職が5万円を借りる裏ワザ①派遣会社に登録する

無職が5万円を借りる裏ワザとして派遣会社に登録するという方法があります。

アルバイト先を転々としているとカードローンの審査に通ることはできず、5万円を借りるとなっても契約することすらできません。

アルバイトが長続きしないなら、アルバイトはそのまま続け、なおかつ派遣会社に登録してみましょう。

派遣会社に登録することでカードローンの審査に通る可能性も出てきます。

派遣会社はあなたがどこに派遣しているのかということを個人情報保護の観点から「お答えできませんが、確かに弊社に登録してあります」と答えるでしょう。

間違いなく登録してあるということが確認できれば、業者によっては在籍確認OKとなるのです。

無職が5万円を借りる裏ワザ②自営業者になる

無職が5万円を借りる裏ワザとして開業届を税務署に提出し自営業者になるという方法も有効です。
開業届を出してしまえば個人事業主となり、無職ではなくなります。

これから新しく事業を立ち上げる人はどんな人でも最初のうちは収入がありません。
開業届の提出はそれほど難しいことではなく、

  • 名前
  • 住所
  • 事業内容など

を所定の用紙に記入するだけで完了します。

なお、大手の消費者金融業者だと自営業者がカードローンに申し込むには、直近2年分の確定申告書が必要となるので、申し込む場合は"中小の消費者金融業者か、それよりももう少し小さな規模の消費者金融業者"を利用するようにしましょう。

無職が5万円を借りる裏技③アリバイ会社を利用する

無職が5万円を借りる裏技としてアリバイ会社を利用するという人もいるようです。アルバイトをしている人をフリーターとも言いますが、カードローン業者にとって重要になるのは継続安定した収入があるかどうか。

継続した収入があるかどうかは勤務しているかどうかなので、勤務している実態があれば審査に通る確率は高くなります。

このように5万円を借りるとなったなら、アリバイ会社を利用するのも方法的にはあります。

アリバイ会社は、在籍確認はもちろんのこと、給与明細や源泉徴収票を発行してくれるところも存在します。

借入申込書に適当な会社名を記入し、アリバイ会社の電話番号を書き込むことでうまい具合に偽装してくれることが期待できるのです。

アリバイ会社が分からなければインターネット検索すればいくらでも見つけることが出来ますが、個人的にはおすすめ出来ないので行う際は慎重に検討しましょう。

無職が5万円を借りる裏技⑤無職になる前に作ったクレジットカードでお金を作る

無職が5万円を借りる裏技として無職になる前に作ったクレジットカードでお金を作るという方法もあります。

最初から無職(ニート)だったのか、それとも会社を辞めて無職になったのかによっても事情は異なってきますが、会社を辞めて無職になったのなら会社員時代に作っておいたクレジットカードを利用してキャッシングすることも、5万円を借りるときには役に立つものです。

クレジットカードは有効期間が5年とされています。
5年ごとに更新され新しいカードが発行されるのですが、更新する際に在籍確認を行うのかと言うと、必ずしも当てはまらないことが多いです。

本来なら仕事が変わったなら会員情報を変更しなければなりませんが、していなくてもクレジットカードは利用出来てしまいます。

無職が5万円を借りる裏技⑤無職になる前のカードローンを利用する

同じような感覚にはなりますが、会社員時代に作っておいたカードローンがあればそれを利用しない手はありません。

カードローンの枠がまだ残っているなら、無職でも5万円をATMから簡単に借りることができます。

とはいえクレジットカードにしてもカードローンにしても、お金を借りた以上は返済しなければなりません。

滞納してしまうと信用情報にキズがついてしまい、その後就職したときに本当に5万円を借りるとなってもお金を借りることが出来なくなってしうかもしれません。

アルバイト収入で返済していくなら"お金を借りる金額は必要最小限"にして計画的に利用しましょう。

無職でも10万円借りれる求職者支援制度とは

無職でも10万円借りれる求職者支援制度というものをご存知でしょうか。最後に借り入れではないですが、10万円の給付金を受け取ることができる制度を紹介しておきましょう。

それが求職者支援制度で、ハローワークでの無料の職業訓練と10万円の給付金を受けることが可能となっています。

失業手当をもらうことができない人が対象になっており、できるだけ早く職を見つけて仕事に復帰することを目指すために設けられています。

制度を利用した後は定期的にハローワークを訪れ経過を報告する必要がありますが、10万円の給付金を受け取ることができ無料で職業訓練まで受けることができるのですから、失業者の方で利用できる方は利用しない手はないでしょう。

無職が5万円を借りる方法(まとめ)

このページでは、無職でも今すぐ5万円借りる方法についてご紹介しました。

お金が必要な場面というのはなぜか重なりがちで、その用途や状況は大いに変わります。

その時々に合わせた利用が一番ですが、融資とは何よりも「速さ」と「安心感」が求められることです。

どんなに大きな金額を借りられても、それが原因で生活が回らなくなっては意味がありません。

万が一に備え、自分に一番あっているものを選び、お金が必要な今を切り抜けましょう。

おすすめの記事