可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

ブラックでも借りられる銀行

ブラックでも借りられる銀行カードローンはあるの?結論から言うとブラックでも借りられる銀行はありません。ただし審査の難易度を下げることで審査に通過できる可能性はあります。この記事ではブラックが借入を可能にするための情報をまとめています。

ブラックでも借りられる銀行カードローンはある?

ブラックでも借りられる銀行カードローンはあるのか

結論から言うと、ブラックの人は銀行カードローンを利用できません。

ブラックはカードローン以外にも、銀行で住宅ローン・教育ローンを利用することや、他の方法でのキャッシングもほぼ不可能です。

また、大手の消費者金融のカードローンや即日キャッシングによる融資も審査に通らず利用できませんし、信販業者でクレジットカードを作ることも無理でしょう。

個人の債務事情に関しては、大手消費者金融と銀行・信販会社はお互いに信用情報開示し、指定信用情報機関などを通して金融業界内で情報を共有しているので、1つの金融機関で審査に落ちるなら、他の金融業者でも審査に落ちる可能性が非常に高いと言えます。

すでにブラックリストでも銀行以外に借りられるようにするには?

ブラックリスト状態では利用できない、「アコム」「プロミス」といった大手消費者金融。
ただし、中小規模で経営を行う消費者金融であれば、ブラックリスト状態であっても審査に通過できる可能性があります。

「街金」と呼ばれることもある中小消費者金融は、自己破産後の金融ブラックリスト状態の人とも契約を結ぶことがあります。 

中小消費者金融の審査に通過するために大事なのは、「確実に返済できる」こと。

個人信用情報を重視しない代わりに、「現在の返済能力」がとても大事になるわけですね。そのため、審査を受けるために収入証明書が必要となることも多いです。

自分は確実に申し込みブラックだ、それでも何としてもお金を借りたい。という人は、中小消費者金融をチェックしてみると良いでしょう。

ブラックでも借りられる銀行まとめ

簡単にですが、ブラックでも借りられる銀行として各社の審査難易度をまとめてみました。あくまで目安としてご覧ください。

↑難易度高↓難易度低
  • 三井住友カードゴールドローン(年収400万円以上~)
  • みずほ銀行カードローン(年収200万円以上~)
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 楽天銀行スーパーローン(年収200万円未満可)
  • プロミス
  • アコム
  • セントラル
  • AZ、アローなど金融ブラック相手に融資を行うことのある金融機関

 

 

ブラックでも借りられる銀行から借りられる方法3つ!

ブラックでも借りられる銀行になってしまったとはいえ、どうしても融資が必要な時はあります。
銀行カードローンを利用してお金を借りるためにはどうすればよいでしょうか。

ブラックでも借りられる銀行への方法1;一定期間待つ

一旦ブラックでも借りられる銀行に名前が載ってしまったとしても、永遠に銀行カードローンを利用できないわけではありません。

2カ月以上返済が滞ったためにブラックでも借りられる銀行に載ったと思われる人は、ひとまず2年間は銀行カードローンの申し込みはしないようにしましょう。

2年以上たつと、返済の遅れが原因のリストアップは消えてしまいます。

次は毎月しっかりとお金を返済することを自分の心に誓いながら、信用回復できる2年後を楽しみに待ち、その後にキャッシングを申し込みましょう。

また、自己破産などの債務整理を行ったためにブラックでも借りられる銀行に載ったと考えられるケースは、10年間はカードの申し込みを行わない方が賢明です。

一般に債務整理の情報は金融機関において5年~10年保管されると言われますが、消費者金融や信販会社と比較すると銀行はもっとも融資に慎重になりますので、10年間は融資を受け付けないと考えていた方が良いでしょう。

ブラックでも借りられる銀行への方法2;中小消費者金融を利用してみる

すぐにお金が必要なやむない事情があり、ブラックでも借りられる銀行から名前が消えるのを待てない方には、独自の審査基準を採用している中小消費者金融を利用してみると言う方法があります。

金融業者によってはブラックでも借りられる銀行であっても納得のいく事情であれば貸しだすと明言しているところもあり、「ブラックでも借りられる銀行になって3年たつが、中小の消費者金融なら借りれた!」などの口コミや記事もネット上で見ることができます。

もちろん、銀行や大手消費者金融のカードローンと比較すると金利が高く、利息だけでも大金になってしまうところもあります。

どうしても借りなくてはならないか何度も自問自答を繰り返し、それでも借りようと思う場合は闇金にひっかからないように金融庁の『消費者金融等について』を参考に選んでいきましょう。

ブラックでも借りられる銀行への方法3;同じ銀行を利用しない

借金の返済滞納や自己破産など、過去に信用を失うことを行った銀行においては、たとえ10年過ぎても信用回復できず融資を受けることは難しくなります。

そういったブラックでも借りられる銀行の方はカードの申請を行っても通過することはほとんどありませんので、他行のカードローンに申請した方が良いでしょう。

また、すぐにカードを発行したくて短期間に何度も発行申請を行うと、「大きな借金を抱えている可能性が高いのかも?」と銀行側から捉えられ、申し込みをしても審査に通過しにくくなります。

ブラックでも借りられる銀行から削除される期間を充分に開けて、過去にトラブルを起こしていない銀行1つに狙いを定めてカードローン申し込みを行いましょう!

ブラックリストでもOKの金融会社!即日融資だって可能かも?

予想外の出費で今月ピンチ!

既にブラックリストでも、こんな状況って誰にでも起こりうることです。ただ、ブラックの方の場合、借りられる金融機関が在るかどうかが問題ですね。

そこで今回のレビューでは、ブラックリストでもOKの金融機関について考えます。

更に即日融資ができれば言うことありませんよね。確実に借りられる!とは言いませんが、可能性のある業者をご紹介いたします。

ブラックリストだと絶対にキャッシングできない?!

カードローンを利用したキャッシングは、原則として誰でもOKです。

担保も保証人も不要なので、幅広い年齢層の方がカードローンを利用できると思います。

ただし、この“誰でも…”とは、無原則に誰でも利用できると言う意味ではありません。

つまり、「条件付き」で誰でも…と言うことになります。そして、この条件とは、「カードローンの審査に通ること」となるのです。

ブラックリストになる人ってどんな人?

「どうしてもカードローン審査に通り難い…」「カードローン審査に通るのはまず不可能…」となってしまう人っています。

たとえば、無職無収入の人です。無職無収入の人は、「お金を貸しても返済できる当ての無い人」と審査で判断されてしまうので、カードローンの利用を認めてもらえません。

もうひとつブラックリストに名前が載っている人もカードローン利用が非常に難しい人となります。

ブラックリストとは、信用情報機関に「お金を貸しても返済してくれない人!」と言った要注意人物となる人の名前が載っているものなんです。

でも実際には「ブラックリスト」なるリストは存在していません。そのことから“ブラックリスト”とは俗称なんです。

では、お金が借り難くなってしまうブラックリストになってしまう人ってどんな人なのでしょうか?

債務整理した人自己破産した人返済遅延繰り返す人返済滞納期間長い人

以上の条件を見てみると、ブラックリストになってしまう人って“なにかしら返済で問題起こした人”となります。

それゆえ、返済をきちんと守っている人なら絶対にブラックリストになってしまうことはないと言ってよいのです。

また、ブラックになる条件として、返済で起こした問題が“金融事故扱い”となった場合なんです。

金融事故として扱うかどうかに関する明確な基準と言うものはありません。金融事故扱いとして決めるのは、返済で問題を起こされた金融機関側の裁量や判断に委ねられることになるのです。

ただし、債務整理と自己破産については“100%金融事故扱い”となり例外はありません。

ブラックリストだと絶対にお金借りれないのか?

ブラックリストだとなぜキャッシングが難しくなってしまったり、不可能になってしまうのでしょうか?

それはブラックリストの人は「信用力が極端に低い人」「信用力がゼロの人」と審査でみなされてしまうからなのです。

カードローンの審査において「信用力の有無」は審査の可否を大きく左右してしまうものとなります。

そして、信用力の審査に通らないような人は、仮に返済能力が十分あっても全体の審査には通してくれない場合が多いのです。

特に銀行の審査では申込者の「信用力」を重要視するので、少しでも信用力に疑問が付けられてしまうとまず審査に通してくれません。

では信用力が低かったり信用力がゼロだとなぜお金を借りれないのでしょうか?

それは社会契約を結ぶ上では、契約者の社会的な信用性が大切になるからです。

たとえば、あなただって信用できないような人と約束できますか?

なぜなら信用できない人って約束しても守ってくれないだろう…と言った疑念が残ってしまうからではないでしょうか。

ブラックリストの人も同じなんです!「金銭貸借契約を結ぶには信用できない人!」となってしまうのです。

そうなるとブラックリストの人は絶対にキャッシングできないこととなるのでしょうか?

この質問に対する答えは、“原則”として「YES!」となります。

ただし、あくまでも“原則”なので例外もあると考えてよいのです。とにかくブラックリストだとキャッシングは非常に難しくなりますが、絶対に不可能と言う訳ではありません。

ブラックリストでもキャッシング審査通る可能性

さて、ブラックリストでもキャッシング審査に通る可能性について考えてみましょう。

まず第一には「ブラックリストから名前が抹消される」ことです。

ブラックリストに一度名前が載ってしまうと永久にブラックリストになってしまう訳ではありません。

ブラックリストには登録期間と言うものがあるからです。登録期間に関しては、金融事故扱いとなった事実によって異なります。

金融事故の種類ブラックリスト登録期間返済延滞1~3年間くらい任意整理などの債務整理5~7年間くらい自己破産10年間くらい

指摘した登録期間は、あくまでもひとつの目安と考えてください。

それはブラックリストに登録された信用情報機関によってまちまちとなるからです。

たとえば、『JICC(日本信用情報機構)』だと、任意整理の場合は5年間となりますが、『CIC(シー・アイ・シー)』では「任意整理情報は非掲載」となるようです。

が、非掲載だから任意整理をしてもブラックリストにはならないと言うことではありません。

そして、ブラックリストの登録抹消となれば、また普通にカードローン審査に通るのは可能となります。

もう1つの可能性としては、ブラックリスト申込者にも対応した審査基準を設けている金融機関となります。

一般的にブラックリストの人が審査に通らない理由は、ブラックリスト申込者に対応した特別の審査をしていないことから、一般利用者の審査基準で図られてしまうと必然的にブラックリストだと基準をクリアできなくなってしまうからなのです。

しかし、ブラックリストに対応した特別な審査基準ならキャッシングできる可能性はあると言ってよいのです。

ブラックリストでもキャッシング可能なところってある?

ここでは上記の「ブラックリストでもカードローン審査に通る可能性」との観点を踏まえた上で、さらに具体的に個々の金融機関でブラックリストの人がお金を借りられる可能性に関して考えていきたいと思います。

「銀行カードローン」はブラックリストでもOKか?

最初は、銀行カードローンの審査にブラックリストでもパスできるのかどうかについて考えてみます。

「銀行のカードローン審査はカードローン審査の中でも一番厳しめ」になるとが一般的です。

ちなみに銀行カードローンの審査通過率は、約20~30%と言われています。

一方、カードローン審査の中では一番甘めで柔軟と言われている消費者金融カードローンだと審査通過率は、およそ30%台~50%弱となります。

たとえば、アコムの審査通過率は48%オーバーとなるので、およそ申込者の2人に1人の割合で審査に通過できる計算となります。

すでに指摘したように、銀行カードローンの審査では申込者の「信用力」を特に重視します。

借入条件が非常に厳しいブラックリストに関して考えてみると、銀行カードローンの審査にブラックリストの人が通過できる可能性は極めて低いと見るのが妥当だと言ってよいでしょう。

以下に銀行のカードローン審査の通過条件をまとめてみます。

審査通過できる人審査通過できない人・一定の安定収入ある
・年齢条件を満たしている
・他社から複数借入ない
・信用情報がクリーン・無職無収入
・未成年や年金受給者
・複数社から借金ある
・信用情報に汚点やキズある

ただし、ブラックリストから登録抹消されており、かつ「審査に通過できる人」の条件をクリアできれば、ブラックリストでも銀行カードローンの審査に通る可能性はあると言えます。

「大手消費者金融」ならブラックリストでも審査通過できるの?

大手消費者金融のカードローン審査は、銀行の審査よりも柔軟で甘めとなるのでブラックリストの人でも審査に通る可能性は高くなると言って間違いないでしょう。

たとえば、プロミス、アコム、モビット、アイフルの大手消費者金融のカードローンでの利用条件を見てみると、以下の点が共通するものとなります。

一定の安定収入ある事年齢制限を満たせる人年収の3分の1以上借金ない事

大手消費者金融の利用条件においては「ブラックリストの人は融資不可!」や「信用情報機関に汚点・キズあると即審査落ち!」と言ったことは明記されていません。

また、プロミスなどの審査では、もちろん「信用力」は重視されますが、むしろ「お金を貸しても返済できるのか?」と言った返済能力の方を重要視する傾向があると言ってよいのです。

そのことから大手では「返済能力あり!」と判断されれば、「まずはお金を貸してみよう!」と言った融資インセンティブが働くことになると言ってよいと思われます。

プロミスなどの大手が利用する信用情報機関は以下の通りです。

大手消費者金融【JICC(日本信用情報機構)】【CIC(シー・アイ・シー)】【KSC(全国銀行個人信用情報センター)】プロミス加盟加盟非加盟モビット加盟加盟非加盟アイフル加盟加盟非加盟アコム加盟加盟非加盟

そのことから、もしあなたがブラックリストに登録されていれば、大手消費者金融の審査では必ず「ブラックリストである事実」はばれてしまいます。

しかし、プロミスでは「6年前に家庭の事情でブラックリスト入りしたが、5万円の限度額と言うことで審査に通してくれた!」と言った口コミ情報もあるのです。

この場合、プロミスの審査に通った理由としては、ブラックリスト入りしてからかなりの期間が立っていたことと、5万円と言う小額の融資希望であったことから、「返済能力はあるみたいなので融資してみよう!」と言った融資のインセンティブが働いた結果であると思われます。

もっと審査甘い「中小消費者金融」ならさらに可能性高いのか?

プロミスなどの大手よりもさらに審査が緩めで柔軟になるのは中小消費者金融となります。

なぜなら、中小消費者金融では大手の審査に通らない人を自分たちの顧客として積極的に取り込む融資姿勢となっているからです!

中小消費者金融は、知名度と集客力の点でやや難があると言ってよく、そのために大手の審査に落ちてしまった人をすくい上げるために意図的に大手よりも審査を甘くしているのです。

そして、中小では“ブラックリスト申込可”となっているところが多いのです。

中小消費者金融では、なかなか審査に通らないような人でも審査に通すために独自の審査基準を設けているところが多いのです。

加えて、独自審査の一環として、ブラックリスト申込者に対応した審査基準を設けているのです。

つまり、ブラックリスト申込者に適応した審査があると言うことは、その審査基準さえクリアできればキャッシングできる!と言うことなんです。

さらに言えば、即日融資にも対応している中小もあるので、ブラックリスト対応の審査に通れば即日キャッシグも同時に可能になると言うことなんです。

では具体的にブラックリストに対応した審査基準を示してみます。

ブラックリストの原因審査通過の可能性あり審査通過の可能性なし返済延滞延滞した借金を完済済み現在も延滞中「任意整理」など債務整理・債務整理後の借金完済済み
・債務整理で決まった返済計画を履行中・債務整理後の残債あり
・債務整理で決定した返済計画を不履行自己破産免責決定済み・免責の手続き中
・金融機関と係争中

以上のように「ブラックリストが過去の事実として決着しており、かつ現在の収入と借入の状態に問題なし!」となった場合にキャッシングが認められると言うことになります。

ブラックでも借りられる銀行は無し

結論から先に申し上げると銀行系カードローンの場合は、延滞や滞納歴等の事故情報があると、ほぼ確実に審査に落ちます。これには、一切例外が無いと考えてください。

しかし、一部の消費者金融系は、異動情報があっても借入れ可能です。つまり、過去がブラックリストでも借りることができる銀行ということです。

現在志向のカードローンなら可能性あり

それはどんな会社なのかと言いますと、審査の際「現在志向」を重視しており、過去の過ち=事故歴を足きり(審査落ち)の対象としていない会社に申込めば審査通過の可能性が極めて高くなります。

残念ながら銀行系や一部の消費者金融系は、過去の過ち(異動情報)を審査上、非常に重視します。

金融事故者の過去の過ち(延滞や債務整理)は、シーアイシー、日本信用情報機構には5年間記録が残ります。全国銀行個人信用情報センターでは、官報情報については、破産・民事再生手続きの開始決定から10年間記録されます。

なお、銀行系カードローンは、このシーアイシー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3機関を必ず照会し、過去の事故情報があると必ず審査に落とします。従って自己破産した人は、最低でも10年間は、銀行系を利用できないことになります。

また、一部の消費者金融系は、このシーアイシー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)を照会します。銀行系同様、事故情報があると審査に落とします。

これは、現在進行形の滞納や延滞が無い人でも異動情報があるだけで審査に落ちるので、事故歴のある人は、信用情報回復を待ってから申込みしてください。と一般的には言われています。

過去の過ちを重視しない会社とは?

それでは、前置きが長くなってしまいましたが、「現在志向の会社」つまり過去の過ちを審査上、重視しない会社とは、どこかと言いますと、このカードです。

絶対借りられる消費者金融だと断言はできませんが、審査通過の可能性が非常に高いと言えます。

理由は、独自の審査基準にあります。残念ながら審査基準はトップシークレットですので、公(おおやけ)になることは絶対にありませんが、過去に私の元へ相談に来られた方でこのカードの審査に通過した人の属性を挙げます。

ブラックでも借りられる銀行で借入できる

「確実に融資してくれる銀行」というと、必ず聞かれるのが、「ブラックリストでも借りられる?」という質問です。

今回は、まず、ブラックリストでも銀行から借入が出来るのかという点からご説明しましょう。

そもそもブラックリストってなに?

ブラックというのは、明確に定義されたものではなく、やや曖昧な言葉になります。

そのため、具体的に、ブラックというのが、どういう状況を指しているのかを定義することから始めてみましょう。

一般的に、「ブラック」という言葉が使われるのは、「お金を借入した後に返済ができていない、延滞中の方」や、「過去に自己破産などの法的手続きを行っている方」、「頻繁に延滞を繰り返している方」など、銀行で問題先として扱われる方を指して使われる言葉のようです。

つまり、「ブラック」とは、「返済に問題がある」方を総称する言葉と言えます(銀行や、消費者金融のなかに「ブラック」という明確な言葉がある訳ではありません)。

そして、このブラックという言葉の使われ方から考えると、ブラックとは、個人信用情報に「問題がある」と登録される方と、同じものとして見ることができます。

個人信用情報とは、銀行や、貸金業者などの間で、個人の借入情報を提供してもらうサービスであって、各個人の借入件数や、借入金額が判明するだけでなく、延滞の情報や、事故情報と言われる「債務整理」の履歴まで掲載されています。

つまり、個人信用情報の「延滞」、「事故歴」に載る方が、「ブラック」と言われているのです。

ブラックでも借りられる銀行 | ジャパンネット銀行カードローンは誰でも借りられるって本当?

銀行カードローンは、法的には収入に対する借入金額の規制は受けません。

従って、「収入の1/3以下の借入れ」という規制は受けませんから、無収入の専業主婦(女性のみ可)でも借りることができるはずです。

しかし、多くの銀行カードローンの利用規約には「本人に安定した収入があること」という規定があるので、専業主婦の申込みを認めていない場合が多いのです。

その中で、ジャパンネット銀行カードローンは「配偶者に安定した収入があればOK」と規定している数少ないカードローンです。

婚姻証明書などの書類を提出する必要は無いですが、ただし、配偶者の同意が必要(配偶者の勤務先に電話連絡がきます)なので「旦那バレ」は避けられません(^^;)

学生・パート・アルバイトの場合

学生もサークルの飲み会や友達との付き合い、学費、生活費などお金も入りようですよね!

先ほどの専業主婦の説明と同様、「本人に安定した収入」があれば、学生やパート・アルバイトの方でもジャパンネット銀行ネットキャッシングは利用できます。

但し、学生でも20歳以上と言うのが条件です。大学生や専門学生はOKですが高校生は借りることが出来ません。

申し込みの必要書類(本人確認)などに関してですが、スマホなどの携帯カメラで運転免許証や保険証などを撮影して送信するだけ!と簡単です。

そして在籍確認はありますので、アルバイト先に電話がかかってきます。

ですがあくまで本当に働いているのか?と言う確認だけなのでキャッシングなどのお金の話にはなりませんので安心して下さい。

嫌だな!と思いますが、一応電話連絡があるということを覚えておきましょう。

まとまった金額を借り入れたい

利用限度額が1,000万円という高額融資が可能なカードローンは数が少ないです。

しかも、1,000万円も借りた場合の金利が2.5%と超低金利な事も見逃せません。

もっとも、かなりの高給取りでなければ、利用限度額1,000万円は達成できないでしょうけどね~(>_<)

提携ATMの利用では?

ジャパンネット銀行カードローンは約定返済以外に提携ATMからも返済することができます。

毎月最初の1回目については提携ATMからの入金や出金は手数料が無料で利用できます。

2回目以降につては、セブン銀行、ローソンATM、三井住友銀行、コンビニATM(イーネット)からは3万円未満では162円、3万円以上は0円となっています。
ゆうちょ銀行は少々高めで、3万円未満で324円、3万円以上で0円です。

3万円程度をまとめて返済できる人は、手数料を気にせずATMが利用できるのでお勧めです

ブラックでも借りられる銀行で借入できる?

結論から言えば、ブラックリストの方が銀行から借入できる可能性は極めて低く、ほぼ無理と言ってよいでしょう。

銀行は、「個人信用情報」を非常に重視しており、どの銀行であっても、審査の時には、ほぼ間違いなく、個人信用情報を確認します。

そして、特に新規貸出を行うにあたって、個人信用情報で、「延滞歴」がある方、「事故歴」がある方に、融資してくれる銀行というのは、無いと思っていた方が良いでしょう。

但し、あくまでも、ブラックリストとして登録されている方に、融資してくれる銀行は無いということであって、「ブラック」にあてはまらない方(個人信用情報に問題がある方)には関係ありません。

ここからは、ブラックリストにあてはまらない方にとって、「確実に融資してくれる銀行」が存在するのかを考えていきましょう。

銀行で借入するための最低条件

残念ながら、状況に関わらず「確実に融資してくれる銀行」というのは、存在していません。

しかし、銀行から融資してもらう可能性を高めることは可能です。銀行が融資してくれる方には、一定の条件が設けられています。

銀行が設定している条件を知らずに、「確実に融資してくれる銀行」を考えても効果はありませんので、まずは、銀行が融資してくれるための条件について知っておきましょう。

銀行が融資してくれる個人には、以下の3つの基準があります。

年齢制限年収基準個人信用情報

年齢による融資制限

年齢制限としては、満20歳以上から、上限としては65~70歳としていることが多く、銀行によって異なりますので、申し込み前に確認しておく必要があります。

高齢者の方は、収入が「年金」に限定されることが多くなります。年金は特定の専用借入を除いて、銀行が担保に取ることができないため、高齢者への融資は困難となっているのです。

次に、未成年者は、法律上、単独で契約が出来ません。

親の同意があれば、契約することは可能ですが、銀行はトラブルの原因となり得る、未成年者への融資に消極的ですので、大抵の銀行では、融資できる対象を満20歳以上としています。

また、そもそも満20歳未満の方は、学生であったり、就業していても勤続年数が短く、返済能力の低い方が多いため、銀行として積極的に融資してくれる対象とはなっていません。

個人信用情報による制限

個人信用情報による制限は、前述の通りですね。銀行では、個人信用情報に問題がある方への融資は、原則行いません。

個人信用情報に問題がある方は、銀行から融資してくれることを期待することは出来ません。

【ブラックでも借りられる銀行ローン(口コミより)】

⇒ダメ元で申し込んだら借りれた銀行ローン(ブラックリスト2年目で)

・意外に審査が通りやすい銀行ローンだった

・他社借り入れ4件~6件でもOK

・専業主婦でも借りられる

・アルバイトやパート、自営業者でもOK

・自己破産後、2年目で借りれた

・総量規制対象外

・免許証のコピーのみで借りれた

⇒昔からブラックリストでも借りれた口コミ多い銀行ローン

・審査の甘い老舗銀行ローン

・昔からブラックリストでも借りれたという口コミをよく聞きます

・他社借り入れ4件~7件くらいまでOK

・アルバイト、パート、自営業者、派遣社員、出向社員でもOK

・スピード融資、電話連絡なし、自宅郵送物なし、家族にばれずに借りられる

⇒銀行ローンの最後の砦!IT系の激甘審査

・ブラックでも借りられる銀行ローン

・審査の甘い銀行カードローンとして口コミでは有名

・IT系の柔軟審査

・多重債務でも借りれた人も多い

・総量規制対象外、年収の3分の1を超える融資も可能

・アルバイト、派遣社員、契約社員、パートタイマーでも借りられる

・専業主婦でも借りられる

・所得証明は300万円以内の融資は不要

(ブラックでも借りられる銀行ローン)

一般的にブラックリストになるとローンの審査は極めて難しくなります。

普通に考えて借りられるということはありませんが、実際の口コミ事例を見るとそうでもないらしい・・・。

つまりブラックリストになっている人でも属性次第では銀行ローンで借りられるケースがあるようだ。

過去の事故歴などは確かにローンの審査に不利ではあるが、事故歴があるからといって全く悲観する必要な無い。

実際にブラックリストでも銀行ローンで借りれている人はいるのだから・・。

あなたが無職ではなく、現在は安定した収入があるならば過去にブラックがあったとしても審査に通る余地はある。

これは消費者金融は勿論のこと、クレジットカード、信販ローン、マイカーローン、銀行カードローンでも同じです。

だから現在ブラックだからといって決して闇金に走る必要はありません。

出来るだけ条件の良い銀行ローンから選んでみてください。

以下の銀行ローンはブラックリストでも審査に通ることがあります。

ブラックでも借りられる銀行 | 最も借入しやすいのはカードローン

銀行が融資してくれる商品で代表的なものにカードローンがあります。

カードローンは、資金使途(借りたお金を何に使うのか)が原則自由であることと、借入できる方の条件が少なく、比較的、融資してくれる可能性の高い商品となっています。

カードローンの商品案内に記載される「借入できる方の条件」としては、「安定収入のある方」となっており、年収の額や、勤続年数、雇用形態などの具体的な条件は付されていません。

一般的な銀行で、「安定収入」として評価するのは、継続的に収入が見込まれる職種(アルバイトや、パートは認められることがありますが、日雇いなどは難しくなります)で、特定の勤務先で、継続して1年程度働いていることが基準となっているようです。

また、専業主婦が融資してもらうためには、カードローンでの申込となります。

一定の制限はありますが、銀行から融資を受けるために、もっとも可能性の高いのは、カードローンということになります。

間口が広い銀行は?

「確実に」とは言えないけども、審査に通り易く、「融資してくれる可能性の高い銀行」をご紹介します。

なお、審査に通り易いという観点から、ご紹介するので、もっとも審査基準が低いと考えられる「カードローン」を対象としてご案内します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行は、インターネット専業銀行となり、店舗をもっていません。そのため、借入申込にあたってはインターネット経由で行うことになります。

楽天銀行カードローンの特徴は、パート・アルバイトや、収入があれば学生でも、積極的に借入申込を受付していることです。

銀行から融資してもらうのに、比較的、審査に通過しにくいと言われる方でも、楽天銀行なら、審査に通過しやすいと考えられます。

なお、楽天銀行カードローンでは、適用金利1.9%~14.5%の範囲内で、最大800万円まで融資してもらうことができます。

ここまでブラックについて紹介してきましたが、ブラックとはいわゆる「ブラックリストに載っている」状態が一般的にいわれています。

しかし、実際には「ブラックリスト」というリストは存在しません。

借りられないまたは貸せないことを「ブラック」と実際に呼ぶことはありますが、そのブラックを一覧にしてリストにしているわけではありません。

信用情報は氏名や生年月日、住所、勤務先の情報などによって個人を特定しますが、これらは一人ひとり個別に管理されており、その人の状況に応じて分けることはしていません。

特別意識をすることではありませんが、知識としてブラックリストと呼ばれる個別のリストはないということを覚えておいてください。

ホワイトというものもある

信用に貸せないだけの傷が付いていることを「ブラック」といいますが、逆に信用情報が何もないことを「ホワイト」といいます。

借りられるようになる20歳ではそれまで借りることができませんでしたので「ホワイト」であることは普通なのですが、たとえば30歳以上で「ホワイト」であれば審査が厳しくなってしまう可能性があります。

信用情報にはクレジットカードの利用状況も登録されますので、今の時代クレジットカードを1枚も持っていない人はそういません。

ホワイトである人の中には過去に金融事故を起こし、それでも何とかして借りたい場合に改姓や転居、転職をして信用情報上で別人になりすまして借りようとする人もいます。

一部の人にそのような人がいるために本当にホワイトに人まで審査が厳しくなることは迷惑極まりないことではありますが、実際にそこまでしてでも借りようとする人もいるということです。

みずほ銀行はブラックリストでも借りられるワケがない!

結論から言うと、ブラックな人はみずほ銀行からお金を借りられません。そもそもブラックという状態になった人は、みずほ銀行に限らず全ての金融機関からお金を借りることができないのです。

金融機関からお金を借りる際は、審査が行われます。この審査では、金融機関が申し込み者に貸し付けをするかどうか判断します。

あなたの個人情報が見られるため、ブラックかどうかも金融機関は分かります。ここでブラックだと、断られてしまうのです。

ブラックとは?なぜ借りられないの?

お金の取り引きをする中で、返済遅れといったトラブルを起こすとブラックという状態になります。ブラックとは「信用情報に傷がある」ことを指し、傷がある人はお金を借りられません。

信用情報とは、この個人のお金の取り引きを記録した情報です。カードローンやクレジットカードなどに関する、申し込み・支払い・返済・借入残高など、あらゆる取り引き情報が記録されています。

信用情報とは

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

=中略=

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

▶参考|株式会社 日本信用情報機構JICC『信用情報とは』

返済能力が無いと見なされる

あなたの信用情報がブラック化していると、返済能力がないと見なされて審査落ちします。なぜなら返済遅れをしている人は、返済する意思や支払いに向けたお金の管理能力が欠けていると疑われるからです。

金融取り引きで一回でもトラブルを起こしている人は、再びトラブルを起こすことが考えられます。もしあなたがブラックだった場合、みずほ銀行に「貸し付けするのはリスクが高い」と判断されて、審査に落とされてしまうでしょう。

信用情報機関に問い合わせれば分かる

自分の信用情報がブラック化しているかどうかは、信用情報を保管する「信用情報機関」に問い合わせることで分かります。

信用情報の開示手続きには1,000円の手数料がかかりますが、スマホやPCで見られて周りにもばれないので手軽です。

信用情報機関

●指定信用情報機関CIC●日本信用情報機構JICC●全国銀行協会JBA

信用情報機関の公式サイトには、加盟する金融機関が記載されたページがあります。あなたが過去に利用した金融機関の名前を確認して、適切な信用情報機関に問い合わせましょう。

異動情報などがあるかでブラックか判断する

ブラックになっているかどうかは、信用情報を見て判断しなくてはなりません。判断する項目の一つとして異動情報があげられ、結果として問題と見なされます。この文字は、各金融機関へ貸し付けをしないように注意喚起する意図もあるのです。

異動と記載される条件・返済日より61日以上または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの
・返済ができなくなり保証契約における保証履行が行われたもの
・裁判所が破産を宣告したもの(破産手続開始の決定がされたもの)

▶参考|CIC「信用情報開示報告書」表示項目の説明

▶参考|CICで自分がブラックなのか実際に情報開示した体験談

▶参考|CIC・JICC・JBAといった信用情報機関の違いと信用情報を開示する方法

ブラックでなければ申し込みをしよう

ブラックだと即審査落ちします。しかし裏を返すと、ブラックでないのであれば借りられる可能性があると言うことです。

みずほ銀行カードローンを利用したい人は、申し込みを検討しても大丈夫でしょう。

ブラックでなければみずほ銀行から借りられる可能性あり

みずほ銀行カードローンは、利用するのに銀行口座開設をする必要があります。既に口座を持っている人は、そのままキャッシュカードをカードローンとして使えるので非常に便利です。

金利も他の銀行カードローンよりも低めの年率2.0%~14.0%なので、利息を多く払いたくない人にはおすすめです。

金融ブラックでも借りられる銀行カードローンを教えて下さい

私は現在40歳の会社員です。まともな生活になったのはここ5年ぐらいで、30歳代前半までは表向きはまともに見えてもギャンブルに明け暮れ、親からも見切りを付けられるような荒んだ生活をしていました。挙句の果てに35歳の時にカードローンの借り過ぎから返済できなくなって自己破産してしまいました。その後はさすがにまずいと思いまじめに自分としては頑張ってきました。2年前には結婚もしてやっと生活は安定してきたところです。

このため私はまだ金融ブラックの状態で何処からもお金は借りられません。これまではまあそれでも仕方がないと思っていました。ところがもう諦めていたのですがなんと40歳にして子供が出来、有頂天になっています。そこで子供の部屋も必要なので、家の中を改造しようと思い立ちました。しかし残念ながら私にはお金が有りません。改造費用など何処からも出てきません。そこで私でも借りられる銀行カードローンを教えて下さい。収入は安定しているので返済には支障は無い筈です。よろしくお願いいたします。

カードローンとなると銀行でも消費者金融でも無理でしょう

お子さんが生まれれるのですか、おめでとうございます。ただ35歳で自己破産と言うことになるとその履歴は10年間残りますから現在40歳としてあと5年は金融ブラックの状態と言うことになりますね。はっきり言いますが、残念ながらこの間はカードローンを提供しているような銀行や大手消費者金融では、どのような形であろうとローンの審査が通ることは有りません。金融機関から見ればまだまだリスクの高い人間と言うことになる訳です。

ただし銀行と言うわけには行きませんが、審査と言うものはそれぞれの金融機関で違うため金融ブラックリストでもOKという審査を行っている金融機関に行けば金額は少ないですが、融資を受けることは可能です。申し込みブラックの場合は敬遠されることが多いですが、金融ブラックの場合にはブラック対応と言う消費者金融であれば、融資してくれるかもしれません。どうしても必要と言う事なら、ブラック対応の消費者金融と言うことで検索を掛けてみてください。

かなりの数の消費者金融がブラック対応と言って商売をしているので、探すのは難しくありません。インターネット上からも申込みが出来る業者も有りますから、近くに無くても諦めることは無いですが、難しいのは正規業者を見分けることです。中小の業者は闇金との区別がつきにくく、下手をすると闇金から借りることになってしまいます。ですから選ぶ場合には良く調べたうえで、正規業者だと確認が取れたところを利用するようにしましょう。

ただし、部屋を改造するのであれば、今やらなくても良いのではないでしょうか。お子さんが生まれたからと言ってすぐに独立した部屋が必要と言うことにはなりません。5歳ぐらいになるまでは親御さんの横で寝かせるのも珍しいことではありません。あと5年たてばあなたも金融ブラックからは抜け出せますので、希望する銀行のカードローンも利用できるでしょう。またその間に少しづつ貯蓄をしても良いでしょう。焦る必要なないのではないでしょうか。

金融ブラックでも借りられる銀行カードローン

金融ブラックでも借りられる銀行カードローンは在るのかと言う事なのですが、結論からすると金融ブラックの状態で利用できる銀行カードローンと言うのは無いと言えます。但し、金融ブラックの状態と言うのは一生涯継続されるものではなく、金融ブラックの情報と言うものは、一定期間の後に消滅する事になります。

情報が消滅する事で、過去に金融ブラックの状態だった人でも銀行カードローンを利用する事は出来ます。そもそも金融ブラックとは何か、ブラックリストと言うのはどのような事を意味しているのでしょうか。

銀行や消費者金融などはカードローンの申込者の個人信用情報の記録の照会を行い審査を始めます。個人信用情報と言うのは、信用情報機関が管理を行っている情報で、銀行や信用金庫、信用組合、農協、労金などは一般社団法人全国銀行協会が設置および運営を行っている全国銀行個人信用情報センターが管理をしている個人信用情報を照会します。

一方、消費者金融の場合は、シー・アイ・シーと呼ばれる、信用情報機関の個人信用情報を照会するのが特徴です。シー・アイ・シーは、クレジットカード会社や信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などの企業が加盟を行っている信用情報機関になります。

これらの信用情報は加盟を行っている事でどの企業からも情報の吸い上げが可能になります。個人信用情報には、カードローンの申込みの履歴や遅延等の履歴、きちんと返済を行っていたのかや借入額がどれくらいになるのかなどの情報が記録されているのです。

このうち、金融ブラックと言うのは自己破産や延滞を起こしていた人の記録の事を意味しており、個人信用情報の中に金融の中での事故の情報が記録されている事を金融ブラック、ブラックリストに掲載されていると言う状態になるのです。

お金を貸す側は、貸す人の信用を重視しますので、過去に延滞などをしている場合は要注意人物と言う事になります。そのため、金融ブラックでも借りられる銀行カードローンは無いと言えるのです。

ブラックでも融資可能な消費者金融6選

ブラックでも即日融資可能!?審査の甘い消費者金融5選

【2ch】ブラックでも借り入れできる消費者金融【総まとめ】

ブラックでも借り入れ可能!?おすすめ消費者金融まとめ

ブラックが借入出来る即日融資可能・おまとめ対応の会社まとめ

ブラックの人がお金を借りる方法

ブラックリストが10万円借りたい | 融資の条件と方法

ブラックでも借りれるおまとめローン【口コミ・評判まとめ】

申し込みブラックでも借りれる消費者金融 | ブラックOK金融機関

ブラックでも借りれる消費者金融 ランキング【最新版】

ブラックでも借りれるキャッシング口コミランキング!!

ブラックでも融資してくれる所 | 金融機関まとめ

ブラックでも融資可能な銀行【確実に融資してくれる銀行は!】

ブラックでも融資!安全に借入できる消費者金融5選

ブラックでも借りれる銀行はないの?【銀行を徹底調査】

ブラックでも借りれるカードローンとブラックの解除方法

ブラックでも借りられる【2chで噂の消費者金融をまとめてみた】

ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンスの嘘・本当

ブラックでも借りられる銀行 | 審査と借入のコツは○○にあり

ブラックが融資を銀行で受けるには?※審査基準と通過の極意

ブラックリストでも借りれる銀行は?借りれない時の対策法2選

申し込みブラックでも融資可能な金融機関と意外な実践方法2選

口コミで分かったブラックでも融資OKな消費者金融一覧

ブラックでも融資可能な所を2chから抜き出してみた

 

おすすめの記事