可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

借金があっても借りれるカードローン!多重債務者がキャッシングするには?

  • 他社借入中だけどどうしてもお金が必要
  • 1社目の枠いっぱいでもう借りれないから借金があっても借りれるカードローンを探している

このような感じで現在すでにカードローンでお金を借りている方の中にも、さらに別のカードローンでお金を借りたいと考えている人は決して少なくありません。

2社目、3社目と、借金があっても借りれるカードローンを探すときは「審査に通るかな?」「お金のやりくりは大丈夫かな?」と不安になることも出てきますよね?

ですが多重債務者という言葉があるように、最初に借りたカードローンとは別のカードローンでお金を借りている人も実際にはたくさんいるのです。

つまり「借金していると他で絶対にお金は借りられない」ということは基本的にないということ。

とはいえ、すでに他社借入中の人が借金があっても借りれるカードローンに申し込む際には、注意しなければならないことがいくつかあります。

そこで今回は、借金があっても借りれるカードローンやキャッシングについて解説していきたいと思います。

他社からの借金があっても借りれるカードローンはある?

他社からの借金は審査のときに判断基準のひとつとされますが、金融業者はあなた(利用者)に貸しても返せる余地があるなら他社借り入れがあっても積極的にお金を貸したいと考えます。

金融業者は、お金を貸した手数料(利息)から儲けを出しているのですから、借り入れが有ろうが無かろうが、回収できる見込みがあるなら「まだ貸せる」という判断をするからです。

借り入れ多くても、いくらまでなら借りれる?

他社から借金がある状況で借りられる金額は、年収の2分の1から年収の3分の1までが上限とされています。

たとえば年収350万円なら、約175万円〜115万円のお金が借りられると考察されます。

年収借入限度額の上限件数
150万円約50〜75万円1〜4件まで
200万円約66〜100万円1〜4件まで
300万円約100〜150万円1〜4件まで
350万円約115〜175万円1〜4件まで
400万円約133〜200万円1〜4件まで
500万円約166〜250万円1〜4件まで

この年収の2分の1、もしくは年収の3分の1というのは銀行法や貸金業法で定められた目安です。

消費者金融でも利息分を含めて年収の1/3までの金額は借入可能!

総量規制とは、消費者金融の個人への貸付総額がその人の年収の1/3以内に規制されていることを言います。

貸金業法という消費者金融各社が事業を営む上で絶対に遵守しなければならない法律によって、総量規制は定められているのです。

借金があっても借りれるカードローンを探す場合、この総量規制は絶対に無視できない存在です。

年収300万円の人が消費者金融のカードローンで借りれる金額は、最大でも年収の1/3に相当する100万円まで。

この人がすでにアコムで40万円借りている場合、借金があっても借りれるカードローンの金額は

100万円ー40万円=60万円

このように、残り60万円までは借入可能となります。

上述の表は、あくまで目安であって信用力に問題があると借りられなくなりますので、その点のみ理解しておいてください。

ただしカードローンでお金を借りる場合は当然、利息の支払いも発生します。

利息も含めた借入金額が年収の1/3以内があなたに借金があっても借りれるカードローンの残り金額になるで、実際に借りれる金額はもっと少なくなります。

この点はよく覚えておいてください。

逆に、今カードローンで借りている借金の合計が年収の1/3よりもずっと少ない人の場合は、新規の申し込みで、借金があっても借りれるカードローンでそれなりの金額を借りることができます。

なお、カードローンやキャッシングで他社借入中の人の新規申込について、各カードローンの対応状況は以下のようになっています。

各社カードローン審査の対応状況

カードローン申込他社借入ありの人の申込対応
プロミス
現在の収入と借入・返済状況によっては他社借入中の人も新規契約は可能。もちろん審査の結果、断られる場合もあり。
アコム
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA
みずほ銀行カードローン
他社借入1社からの借換には対応。よって他社借入中の人も新規契約の可能性はゼロではないが厳しい。
その他のカードローン
おまとめローンや貸金業法に基づく借換ローンなら「他社借入ありが前提のローン商品」なので融資の可能性はある。

借金があっても借りれるカードローン【審査での注意点】

他社借入中は現在の借入の返済に遅延や滞納がないかを確認

「借金があっても借りれるカードローンはちゃんと存在して、調べたら総量規制に余裕もあるからまだ借りれるかも」

確かにそれは間違ってはいないのですが、ただし現在借入中の借金の返済がきちんとできていない人は、残念ながら申込みをしても審査に通りません。

3ヶ月以上の延滞がある場合や、融資の申し込みをする現時点で滞納している場合は個人信用情報に金融事故情報が載っているので、返済に滞納や遅れのある人はどうしても審査に落ちてしまいます。

クレジットカードの支払いが残高不足で実行できなかった場合、奨学金の返済を3ヶ月以上滞納している場合も同様にカードローンの審査には通らないので気をつけてください。

これらに当てはまらない人なら、そのままカードローンやキャッシングの申込みをして審査に通る可能性は大いにあります。

他社借入中のカードローン申込みは収入証明書類が必要

2社目、3社目と、借金があっても借りれるカードローンに申し込む場合、収入証明書類の提示を求められることが非常に多いです。

消費者金融の場合、借入希望額が50万円を超える申込みや、現在の借入と合わせて合計100万円を超える借入を希望する際は、収入証明書類の提示が必須になっています。それ以外の場合でも収入証明書類の提示を求められることがあります。

収入証明書類として有効な書類には、

  • 確定申告書の控え
  • 源泉徴収票
  • 納税証明書
  • 直近の給料明細書

などがあります。
会社員はもちろん、パートやアルバイトで働いている人なら、収入証明書類は直近の給料日に勤め先からもらった給料明細が最も用意しやすいでしょう。

運転免許証などの本人確認書類と合わせて、収入証明書類も忘れずに準備してください。

借金があっても借りれるカードローン!借入れ4件以上だと融資は厳しい

ただし借入件数が4件以上になり、借金総額が150万円を超えると、どの会社も新規の融資がむずかしくなります。

借入件数と審査の評価(目安)

  • 1件 問題なし
  • 2件 返済状況が良ければ問題なし
  • 3件 要注意
  • 4件 属性が良くない人は審査通過が難しい
  • 5件 新規借入はほぼ不可能

これはあくまで目安になりますが、借入件数ごとの審査評価です。
5件目の新規借入はほぼ不可能と書いてありますが、国は多重債務の借入件数を5件以上と定義しているものの実際の現場では4件以上でも多重債務者とみなされてしまうからです。

他社借入件数や金額を隠したら借金があってもカードローンで借りれる?

結論から言うと、他社借入件数や金額は隠すことは不可能です。
他社借入件数や金額は申込時に申告することになりますし、なにより「信用情報機関」というところに記録されているからです。

信用情報機関とは、カードやローンの利用記録を管理する機関です。現在、日本には「JICC」、「CIC」、「全銀協」の3つの信用情報機関があります。

カード会社は信用情報機関に加盟していますので、カードを利用するとその記録が信用情報機関に記録されるのです。これを「信用情報」と呼びます。

カード会社はあなたの信用情報をもとに融資しますので、他社借入件数や金額は必ずチェックされます。そのため、他社借入件数や金額は隠すことは不可能なのです。

信用情報機関はあなたの信用情報を共有している

JICC・CIC・全銀協の3つの信用情報機関はあなたの信用情報を共有しています。なので、JICCはCICと全銀協の情報を知ることができますし、他の2つも同様です。

例えば、アコムが加盟しているのはJICC・CICの2つです。このため、「全銀協にある情報は分らないのでは?」と思う方も多いかと思いますが、そうではないんですね。

3つの信用情報機関は信用情報を共有していますので、全銀協にある情報もアコムは知ることができるのです。こうした理由から、他社借入件数や金額は隠すことはできないのです。

借金があっても借りれるカードローン!多重債務者の融資先はヤミ金しかないの?

このように何か審査に引っかかることがあり、もしかしたら借金があっても借りれるカードローンでも審査に通らないのではないかという不安から、闇金へ手を出す人が増えています。

借金があっても借りれるヤミ金からお金を借りること自体あなたが罪に問われることはありませんが、闇金からお金を借りてしまうと金利が物凄いです。

消費者金融業者の金利は年18.0%~20.0%が標準ですが、それに比べてヤミ金業者の金利は年利換算で1,000%や2,000%と桁が違います。

単純に計算しても、10万円を借りれば消費者金融業者なら年間1万8,000円の利息となるところ、闇金業者は100万円や200万円という利息となるのです。

にわかには信じがたいことですが、実際このようなお金の貸し借りが行われています。
闇金業者から借りて1年間利用するというのはまずないこととしても、返済回数は月に3回あります。

そのため闇金業者がよく使う言葉として「トサン」や「トゴ」と言われるように、10日で3割(30%)の利息、10日で5割(50%)の利息が発生し、利用客は10日ごとに最低利息だけを入金しなければならないのです。

10万円借りれば、10日で3万円や5万円の利息返済なんて返せませんよね?

しかも取り立ては執拗で、電話催促の時間や自宅への訪問はまったく時間のことなど考えていません。

総量規制ギリギリの借金があっても借りれるカードローンとヤミ金を利用するのは控えましょう。

また、精神的に追い詰められる前に、闇金を利用してしまったらすぐに警察に相談しましょう。

借金があっても借りれるカードローン!総量規制超えなら例外を利用すべし

総量規制ギリギリの借金があっても借りれるカードローンやキャッシングは、ヤミ金を利用せずともちゃんとあります。

消費者金融では総量規制によって年収の3分の1以下に借り入れが制限されていますが、例外や除外と言われる貸付を利用すれば総量規制を超えても借入することが可能なのです。

いくつか例外貸付はありますが利用しやすい例外貸付として次のものがあります。

緊急的にお金を必要とする貸付

緊急的とは社会通念上誰が見ても緊急的であると思えるような状態を言います。

何が緊急的であるかは、お金を必要とする人の都合によって理由は様々ですが、中小の貸金業者なら相談に乗ってもらえる可能性があります。ただし借入金額は10万円以下で返済期間は3カ月以内という条件です。

また、除外貸付は主に担保ローンのことを言い、例外貸付はおまとめローンや社会通念上緊急性のある貸付、配偶者貸付などがあります。

もちろん事業主に対する貸付も総量規制の例外貸付ですから、事業主であれば年収の1/3以上を借りることは不可能ではありません。

多重債務者でダメ、総量規制でダメとなると希望が見いだせなくなりそうですが、このようにいくつかの突破口があります。

総量規制ギリギリの借金があっても借りれるカードローンは

消費者金融のおまとめローンなら5件目でもOK

また、消費者金融のおまとめローンなら、5件目の借り入れがおこなえるだけでなく、借入金を1本化することができます。

基本的に消費者金融は、年収の3分の1を超えた借り入れがおこなえませんが、総量規制の例外貸付によって年収の3分の1以上の借り入れがおこなえるようになります。

というのも、おまとめローンは上記で表記した通り、総量規制の対象外だからです。

総量規制にはいくつか例外となる項目があるのですが、おまとめローンは「顧客に一方的に有利となる借換え」に当たります。

そのため、4件以上の多重債務者でも借りれるのは総量規制の対象外である「おまとめローン」だけと言えるでしょう。

おまとめローンの場合、基本的に1人あたりの取引金額が100万円以上と大口になるので、資金力が強い銀行が主に行っています。

しかし、日本の銀行は元々の体勢が保守派なので、審査も手続きにも時間がかかり、結局、融資までの時間がすごくかかってしまいます。

さらに銀行ですから、審査にも厳しいです。まず、正社員じゃないと審査に通らないと思っておいて間違いはないでしょう。

一方、銀行のように知名度が高くないけど、おまとめローンを提供している金融機関もあります。

たとえば、マンモスローンは知名度こそ低いですが、審査は最短即日、融資も最短1日と非常に早い融資を提供しています。

さらに、銀行などでお金を借りられない人を相手にしているので審査も柔軟です。

基本的に審査に落ちると、どんどん信用情報が汚れ、審査に通りづらくなります。

ですから、大企業社員や公務員のようによほど属性に自信のある人は別として、審査が厳しい銀行のおまとめローンよりも、マンモスローンのような審査が柔軟な会社から申込むことをオススメします。

借入れ総額が100万円台なら、どの会社も実質年率は上限金利が採用されますが、借金をひとつにまとめることで金利がお得になることも多いです。

ですから、おまとめする金額が100〜200万の人は、上限金利の高低で判断するといいでしょう。

おすすめの記事