可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

確実に借りれるカードローンはないの?安全安心に借りる為に

  • 大手金融機関の審査に落ちてしまった
  • 携帯電話やキャッシングの返済を延滞し続けて、お金が必要なのにどこの審査にも通らない

という人にとって魅力的な「誰にでも貸します」の文面。

あからさまに怪しい見た目の通り、無審査でのキャッシングをうたう広告はほぼ確実に違法業者、いわゆる闇金によるものです。

今回は

  • 金融ブラック入りしたかも
  • 大手の審査に落ちてしまった

 

という人のために、闇金に手を出さずに利用できるキャッシング方法について解説していきます。

ブラックリストの人がカードローン審査に通るためには、どの会社に申し込むかが極めて重要です。

絶対借りれるカードローンの有無についても紹介しているので、ぜひご覧ください。

確実に借りれるカードローンは?まずは自分の金融状況を把握

あなたが「金融ブラック状態」か、そうでないかによっておすすめできるキャッシング方法は変わってきます。

まずはあなたの現在の状況を確認してみましょう!

金融ブラック入りの条件

あなたのローンの利用状況は、個人信用情報機関という場所で保存されています。

しばしば噂される、ブラックリストというものは存在しません。
大手金融機関の審査に100%落ちてしまう「金融ブラック状態」は、以下の情報が個人信用情報機関に記録されることで陥ってしまいます。

絶対借りれるカードローンの有無はここ!ブラックの要因とその期間

要因ブラック期間
2~3ヶ月以上の延滞
(ローン、クレジットカード、携帯電話料金関連など)
契約終了から5年
債務整理5年
強制解約5年

ブラックまでは行かないけど審査に通りにくくなってしまう要因

要因審査に通りにくくなる期間
短期間で複数のローン申し込み
(2~3ヶ月で3件以上が目安)
最後の申し込みから半年間
現在解消済みの3ヶ月未満の延滞
※CIC加盟の金融機関(大手消費者金融など)のみ
2年間

大手カードローン会社は銀行・消費者金融ともに無理

上記に引っ掛かる方は残念ながら大手カードローン会社で審査落ちする可能性が高いです。

銀行は、過去の過ち(異動情報)を審査上、非常に重視します。

ですが、一部の消費者金融系カードローンであれば、異動情報があっても借入れ可能です。つまり、過去がブラックでも借りることができるということです。

どんな会社なのかと言うと、審査の際「現在志向」を重視しており、過去の過ち=事故歴を足きり(審査落ち)の対象としていない会社です。

このような金融会社に申込めば審査通過の可能性が極めて高くなります。

ただし消費者金融金融といっても、一つでも思い当たる人は、アコム、プロミスといった大手の金融機関の審査に通ることは難しいかもしれません。

審査に関わる信用情報とは

日本には3つの信用情報機関が存在し、ブラック情報(延滞・債務整理)が保存される期間は以下の通りです。

  1. CIC(シーアイシー) 5年
  2. JICC(日本信用情報機構) 5年
  3. KSC(全国銀行個人信用情報センター) 10年(※)
    (※)官報情報(破産・民事再生(個人再生)手続きの開始決定)の場合

 

どの情報機関から信用情報を取得するかは各社異なるのですが、銀行はこれら全ての情報機関をチェックします。
したがって、自己破産した人は最低でも10年は銀行ローンを利用できないことになります。

銀行カードローンは大手の消費者金融が保証会社として審査を請け負うケースが多く、カードローンの中でも最も厳しい審査が行われます。

現在進行形の滞納や延滞が無い人でも異動情報があるだけで審査に落ちます。そのため、事故歴のある人は、信用情報回復を待ってから申込みしてください。

総量規制を越える借り入れは消費者金融では無理

年収の3分の1近くまで借りている人はおまとめローンの検討を

アコムなどを含む消費者金融やクレジットカード会社は「貸金業法」という法律によって制限されています。

カードローンについて調べていると散見される「総量規制」は、貸金業法内の一項目。

これは個人に対し融資を行う場合、年収の3分の1を超える貸付を禁止する、というもの。

つまり年収300万円の方を相手にした場合、100万円を超えるお金を貸すことはできないのです。

さらにこの総量規制は借り入れ額の合計に掛けられるため、借り入れ先を2社に分けても3社に分けても、借り入れのできる合計額には変わりありません。

あなたの借り入れ情報は個人信用情報機関で全金融機関に共有されているため、誤魔化すことも不可能です。

すでに総量規制ギリギリまで借りている、と言う方はおまとめローンを利用して借金の削減を目指すことをおすすめします。
他社借り入れが増えるほどに毎月の負担は重くなりますし、いつまでも新しい会社の審査に通ることはできないからです。

絶対借りれるカードローンはない、が

小規模金融機関であればブラック状態でも程度によって借りられる可能性も

それでは、前置きが長くなってしまいましたが、「現在志向の会社」つまり過去の過ちを審査上、重視しない会社とは、どこかと言いますと、中小の消費者金融会社です。

ただし、審査が優しそうだからという理由だけで業者を選ぶのは危険です。審査の甘さだけを掲げる金貸し屋の中にはヤミ金事業者も紛れていますので、必ず信頼できる中堅消費者金融を選ぶようにして下さい。

もし既に、ヤミ金から借りてしまっているのであれば、すぐ弁護士に相談して下さい。

絶対借りれるカードローンの属性を目指すべし!

中小消費者金融の審査基準とは?

カードローン会社の審査基準が公(おおやけ)になることは絶対にありません。

ですから審査通過した人の属性によって解説すると、中小消費者金融は「返済能力」を非常に重視しているのがおわかりいただけるかと思います。

審査通過の3つの基準

年収の多い少ないに関係なく、以下3点をクリアしていれば、カードローン用のカードを発行しているようです。

  1. 何かしらの定職に就いて安定した収入がある
  2. 現在、延滞をしていない。
  3. 過去に中小消費者金融へ迷惑をかけていない

 

つまり、銀行系や他の消費者金融系は、審査の際に「過去を重視」していますが、中小消費者金融の場合は「現在志向」

つまり、この申込者は「返済能力」があるか?この1点のみを重視しているのがポイントなのです。

これを審査が甘いとか緩いなどと、一言で片づける方もいますが、私は中小消費者金融独自の審査基準が「返済能力」を大変重視しているためにそうなっているのだと思われます。

逆に「返済能力」が無いと判断されれば、容赦なく審査に落とされます。この点を注意してください。

安定した収入があるのであれば、借入先の選定さえ適切に行えば、融資スピード・貸付利率・融資金額(限度額)という点で大手貸金業者と遜色ないサービスを受けることが可能です。多重債務に悩まされ、おまとめローンを検討している場合にもおすすめです。

絶対借りれるカードローンと謳う闇金には注意

誰でも貸しますの文言には注意

お金に困っているときほど魅力的に映る

  • 誰にでも貸します
  • 無審査キャッシング

の文字。

見るからに怪しい広告には、絶対近づかないようにしましょう。
ここからはその理由を解説します。

闇金の絶対借りれるといううたい文句の裏

闇金とは、違法な貸付業者の俗称。
現在利息制限法で定められている金利(借り入れ額が10万円未満のとき、最大20%)より高い金利で貸し付けを行うのはすべて闇金です。

もちろん大手を振って宣伝を行うことはできないため、金利を伏せて

  • 絶対借りれるカードローン
  • 無審査で貸します

といった魅力的な文面を使い、お金に困っている人を誘うのが常套手段。

無審査で貸してくれるのは確かなのですが、その後は法外な利息の請求や脅迫、個人情報の悪用に悩まされることになってしまいます。

10日で5割は実質年率で表すと2億%を超える

「闇金」と呼ばれる組織で使われる「トイチ」「トゴ」といった用語。
これは「十日で一割」「十日で五割」の略称であり、闇金による法外な金利を表します。
ちなみに合法な金融機関の場合、金利は最大でも「1年で2割」。これだけでも大きな差があることがわかりますが、闇金の場合、一般的な金融機関と違い多くが複利制。

複利とは、簡単に言うと利息に利息が付く計算方法のことで、言うまでもなくとんでもないスピードで借り入れ額が膨らみます。

「複利」で「トゴ」の場合、実質年率は2億%を超えることに。
当然支払えるはずはありません。

ヤミ金に引っかかってしまったら、早急に法的手段を

非合法的な金融機関に引っかかってしまった場合、あなたは法律で保護されます。

闇金側からは「契約書があるから逃れられない」といった脅しが掛かることも多いですが、実際は闇金の被害者が裁判で勝訴している例も多いもの。

闇金に引っかかってしまったら、早急に弁護士や司法書士へ相談を行ってください。

行政サービス「法テラス」を使えば、少し予約に時間は掛かりますが無料での相談が可能です。

ただし実際に契約を結んだ場合、相手が闇金であっても利息制限法に接さない利息(年20%まで)と元金の返済義務は消えないので注意しましょう。

【絶対借りれるカードローン】闇金に手を出すなら債務整理の検討も

闇金に手を出すことを考えるくらい切羽詰まった状態であるなら、債務整理の検討も考えられます。

債務整理とは、法律に基づいた多重債務者の救済措置のこと。

借金が帳消しになる代わりにデメリットも大きい「自己破産」が最も有名ですが、メリット・デメリットともに軽い手段も存在します。

借金がいよいよ返せない、おまとめローンの審査にも通らない、という方はここで一度、リセットを図ってみるのも良いでしょう。

ただし、自己破産での免責(借金の帳消し)を2回以上認めてもらうことは難しいのでご了承ください。

絶対借りれるカードローン(まとめ)

まずは利用実績作りから始めよう

借り入れ審査の基準は主に年収と現在の債務の額、そして過去の借金歴などが対象とされますが、他社からの借り入れ件数が3件以内の方で年収が300万円以上の方あれば問題ないと思います。

借り入れ件数が4件以上の多重債務者や、専業主婦、無職、信用情報センターのブラックリストになっている人などは通常の審査では振り落とされてしまいます。そういった審査に自信のない人は、まずカードローンを発行している会社(楽天カードローンなら楽天市場)を利用して実績作りから始めましょう。

まず会員登録をして、利用していくうちにランクが上がってきます。
利用実績があがって最上位ランクになったらしめたもの。利用実績を作ることで、カードローン審査を通過する可能性が高くなります。

審査の甘いローン会社を選ぶこと

比較的審査基準の甘いカードローン会社を選ぶことで、審査に通る確率もあがってきます。
カード会員を広く募集しているような会社が狙い目です。

これは、金融関係の口コミ掲示板などのコメントを拾って吟味することで、情報を収集することが可能なので体験談などを見ると参考になるでしょう。

ただ、中には宣伝をしている人もいますので、どのコメントが偽物なのか振り分けすることが求められます。

キャッシングをする際の審査基準は、今ある借金の総額と件数、年収と勤務年数などが重要な要素となります。
特に借入件数は銀行系の大手カードローン会社ともなれば3件以上あれば審査で却下される可能性が高くなります。

総量規制で決められた年収の三分の一以上の借金があれば同様に却下されてしまいます。

そこで、審査の甘いカードローン会社や消費者金融では、それらの条件でも審査に通る可能性が高くなりますので、そういったローン会社で審査を受けるようにしましょう。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
おすすめの記事