可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

誰でも借りれる金融機関は存在する?【お金が必要な人へ】

誰でも借りれる金融機関は存在するのか。

気になるところですが、それを知らないまま片っ端からカードローンの審査に申し込んでしまえば、申し込みブラックとなりますます審査に通りにくくなってしまいます。

つまりキャッシングやカードローンに確実に通りたいのであれば、自分の属性にあった所に申し込みをしなければなりません。

では誰でも借りれる金融機関は実在するのでしょうか。
今回は誰でも借りれる金融機関やキャッシングについての有無を現実問題として考えてみましょう。

誰でも借りれる金融機関はどこ?

審査に通りやすいカードローンがあるとすれば、消費者金融の中から探すと良いでしょう。
消費者金融の審査は銀行カードローンに比べて比較的甘いです。

審査がある以上誰でもと言うわけにはいきませんが、パート収入やアルバイト収入でも申し込み可能で、実際審査に通っている人もいます。

一定の条件さえ満たせば誰でも審査通るカードローンを利用することができるのがメリットですね。

とはいえ、誰でも借りれる金融機関なのか、となると

ある一定の審査基準がある以上、誰でも借りれる金融機関は存在しません。と言わざるおえません。

正確には闇金ならあるかもしれませんが、正規の銀行カードローンや消費者金融では存在しないということになります。

誰でも審査が通る銀行カードローンや消費者金融はない

誰でも審査通る=審査しないということ。

銀行カードローンに比べれば消費者金融の方が審査に通りやすくお金を借りやすいのは事実ですが、カードローン契約において審査なしにすることはできません。

借入申込者からカードローンの申し込みを受けると、消費者金融に関わらず銀行カードローンなどの金融機関は、法律によって信用情報機関に個人情報を照会しなければならないことが定められています。

ですから在籍確認をしっかり行い、在籍確認ができない場合はいくら信用情報のデータが良くても、貸し倒れリスクの確率が低くても審査が通ることはないのです。

いくら申し込み方法がインターネットやスマホ、または無人契約機から簡単に出来るようになっても、審査内容も簡単になったわけではありません。

リスク回避をどれだけ上手に行うのか、消費者金融を始めとしたお金を貸し出す金融機関は、信用情報機関に登録されている内容が優良なのか不良なのか審査をして的確に判断しなければならないのです。

誰でも借りれる金融機関は存在しないが各社審査基準は実はまちまち

カードローン発行している会社は銀行や消費者金融業者、クレジットカード会社があります。

この審査基準は会社によってまちまちで、たとえ同じ銀行でもA銀行では審査落ち、しかしB銀行では審査に通った、という話も珍しくはないのです。

ちなみに同じようなことが消費者金融業者やクレジットカード会社にも起こります。

ということは、

  • 審査基準にすごく厳しいカードローン
  • それほど審査に厳しくないカードローン

の2種類あるということ。

銀行含めた貸金業者というのは、カードローン利用者が支払ってくれる利息収入によって営業収益をあげているわけですから、なるべく多くの顧客を獲得しなければ会社の存続が危うくなってしまいます。

しかし誰でもウェルカム状態では、属性があまり良くない顧客とも契約しなければならず、貸し倒れになってしまうのではないかという心配が出てきます。

そのため可能な限り確実に返済してくれる顧客を選択しなければならないのです。だから誰でも借りれる金融機関はないと言うわけですね。

ブラックリストになる人ってどんな人?

「どうしてもカードローン審査に通り難い」
「カードローン審査に通るのはまず不可能」となってしまう人っていますよね。

たとえば、無職無収入の人です。
無職無収入の人は「お金を貸しても返済できる当ての無い人」と審査で判断されてしまうので、カードローンの利用を認めてもらえません。

もうひとつブラックリストに名前が載っている人もカードローン利用が非常に難しい人となります。

ブラックリストとは、信用情報機関に「お金を貸しても返済してくれない人」と言った要注意人物となる人の名前が載っているものなのです。

でも実際には「ブラックリスト」なるリストは存在していません。
そのことから“ブラックリスト”とは俗称なんです。

では、お金が借り難くなってしまうブラックリストになってしまう人ってどんな人なのでしょうか?

  • 債務整理した人
  • 自己破産した人
  • 返済遅延繰り返す人
  • 返済滞納期間長い人

以上の条件を見てみると、ブラックリストになってしまう人って“なにかしら返済で問題起こした人”となります。

それゆえ、返済をきちんと守っている人なら絶対にブラックリストになってしまうことはないと言ってよいのです。

また、ブラックになる条件として、返済で起こした問題が“金融事故扱い”となった場合なのです。

金融事故として扱うかどうかに関する明確な基準と言うものはありません。
金融事故扱いとして決めるのは、返済で問題を起こされた金融機関側の裁量や判断に委ねられることになるのです。

ただし、債務整理と自己破産については“100%金融事故扱い”となり例外はありません。

ブラックリストだと絶対にお金借りれないのか?

ブラックリストだとなぜキャッシングが難しくなってしまったり、不可能になってしまうのでしょうか?

それはブラックリストの人は「信用力が極端に低い人」「信用力がゼロの人」と審査でみなされてしまうからなのです。

カードローンの審査において「信用力の有無」は審査の可否を大きく左右してしまうものとなります。

そして、信用力の審査に通らないような人は、仮に返済能力が十分あっても全体の審査には通してくれない場合が多いのです。

特に銀行の審査では申込者の「信用力」を重要視するので、少しでも信用力に疑問が付けられてしまうとまず審査に通してくれません。

では信用力が低かったり信用力がゼロだとなぜお金を借りれないのでしょうか?

それは社会契約を結ぶ上では、契約者の社会的な信用性が大切になるからです。

たとえば、あなただって信用できないような人と約束できますか?

なぜなら信用できない人って約束しても守ってくれないだろう…と言った疑念が残ってしまうからではないでしょうか。

ブラックリストの人もそれと同じく金銭貸借契約を結ぶには信用できない人となってしまうのです。

そうなるとブラックリストの人は絶対にキャッシングできないこととなるのでしょうか?

この質問に対する答えは、“原則”として「YES!」となります。

ただし、あくまでも“原則”なので例外もあると考えてよいのです。

とにかくブラックリストだとキャッシングは非常に難しくなりますが、絶対に不可能と言う訳ではありません。

×誰でも借りれる金融機関○審査に通りやすい金融機関とは

ここでは上記の「ブラックリストでもカードローン審査に通る可能性」との観点を踏まえた上で、さらに具体的に個々の金融機関でブラックリストの人がお金を借りれる可能性に関して考えていきたいと思います。

誰でも借りれる金融機関?中小消費者金融の審査は柔軟

そこで注目したいのが中小の消費者金融です。

中小の消費者金融は銀行グループ企業ではありませんし、業務提携を行っている金融機関も持っていないのが普通です。

とはいえ中小の消費者金融だって将来的に営業を続けていくためには顧客を獲得しなければなりません。

ここで知ってもらいたいのは、中小消費者金融の審査は大手消費者金融と違い、信用情報に登録されている個人データだけではありません。

信用情報に登録されている個人データは言ってみれば過去のデータであって、今現在のデータではありません。

中小消費者金融はもちろん信用情報機関の個人データは参考にしますが、基本的に今現在の収入状況や返済能力を重要視します。

それに加えてお金を借りたい人の人柄も審査に大きく影響を及ぼしています。

貸金業法改正によってかなり多くの中小消費者金融はなくなってしまいましたが、現在でも生き残っている中小の消費者金融はそれだけ顧客との繋がりが強く、なおかつどこからも借りれない人の信頼を得ているからこそ現存している理由はここにあります。

「銀行カードローン」は誰でも借りれる金融機関になりえるか

「銀行のカードローン審査はカードローン審査の中でも一番厳しめ」になるとが一般的です。

ちなみに銀行カードローンの審査通過率は、約20~30%と言われています。

一方、カードローン審査の中では一番甘めで柔軟と言われている消費者金融カードローンだと審査通過率は、およそ30%台~50%弱となります。

たとえば、アコムの審査通過率は48%オーバーとなるので、およそ申込者の2人に1人の割合で審査に通過できる計算となります。

すでに指摘したように、銀行カードローンの審査では申込者の「信用力」を特に重視します。

借入条件が非常に厳しいブラックリストに関して考えてみると、銀行カードローンの審査にブラックリストの人が通過できる可能性は極めて低いと見るのが妥当だと言ってよいでしょう。

以下に銀行のカードローン審査の通過条件をまとめてみます。

審査通過できる人審査通過できない人
・一定の安定収入ある
・年齢条件を満たしている
・他社から複数借入ない
・信用情報がクリーン
・無職無収入
・未成年や年金受給者
・複数社から借金ある
・信用情報に汚点やキズある

ただし、ブラックリストから登録抹消されており、かつ「審査に通過できる人」の条件をクリアできれば、ブラックリストでも銀行カードローンの審査に通る可能性はあると言えます。

「大手消費者金融」なら誰でも借りれる金融機関になりえる?

大手消費者金融のカードローン審査は、銀行の審査よりも柔軟で甘めとなるのでブラックリストの人でも審査に通る可能性は高くなると言って間違いないでしょう。

たとえば、プロミス、アコム、モビット、アイフルの大手消費者金融のカードローンでの利用条件を見てみると、以下の点が共通するものとなります。

  • 一定の安定収入ある事
  • 年齢制限を満たせる人
  • 年収の3分の1以上借金ない事

大手消費者金融の利用条件においては「ブラックリストの人は融資不可!」や「信用情報機関に汚点・キズあると即審査落ち!」と言ったことは明記されていません。

また、プロミスなどの審査では、もちろん「信用力」は重視されますが、むしろ「お金を貸しても返済できるのか?」と言った返済能力の方を重要視する傾向があると言ってよいのです。そのことから大手では「返済能力あり!」と判断されれば、「まずはお金を貸してみよう!」と言った融資インセンティブが働くことになると言ってよいと思われます。

プロミスなどの大手が利用する信用情報機関は以下の通りです。

大手消費者金融【JICC(日本信用情報機構)】【CIC(シー・アイ・シー)】【KSC(全国銀行個人信用情報センター)】
プロミス加盟加盟非加盟
モビット加盟加盟非加盟
アイフル加盟加盟非加盟
アコム加盟加盟非加盟

そのことから、もしあなたがブラックリストに登録されていれば、大手消費者金融の審査では必ず「ブラックリストである事実」はばれてしまいます。

しかし、プロミスでは「6年前に家庭の事情でブラックリスト入りしたが、5万円の限度額と言うことで審査に通してくれた!」と言った口コミ情報もあるのです。

この場合、プロミスの審査に通った理由としては、ブラックリスト入りしてからかなりの期間が立っていたことと、5万円と言う小額の融資希望であったことから、「返済能力はあるみたいなので融資してみよう!」と言った融資のインセンティブが働いた結果であると思われます。

ブラックも借りれるのは中小消費者金融

上記で銀行カードローンや大手消費者金融などと比較していくと誰でも借りれる金融機関とは言えませんが、一番審査が通りやすいのは中小消費者金融であると言えそうです。

その為、過去に金融事故を起こしたブラックは、中小消費者金融なら誰でもとは言いませんが、審査が通る可能性があります。

中小消費者金融は街金とも呼ばれていますが、街金は闇金ではありません。

全国的に名前が知れ渡っていないと言うだけで、地元の人にとっては万が一のときに頼れる消費者金融として有名です。

できるだけ誰でも借りれる金融機関に申し込みたい場合は、審査通過率を意識しつつ次の点に気をつけて申込むようにしましょう。

  • 自己破産をして借金がゼロ
  • 任意整理をしたがあと数回で完済
  • 他社借入が数件あるが今現在滞納していない
  • 総量規制にはまだ届いていない

以上の条件を満たしていればかなり誰でも借りれる金融機関やキャッシングも中にはあります。

その代わり返済能力を見られるので、

  • きちんと真面目に仕事をしていること
  • 給料から生活費全般を差し引いて給料の20%程度の金額が残ること

これらが重要なポイントです。
さらに言えば、即日融資にも対応している中小もあるので、ブラックリスト対応の審査に通れば即日キャッシグも同時に可能になると言うことなんです。

では具体的にブラックリストに対応した審査基準を示してみます。

ブラックリストの原因審査通過の可能性あり審査通過の可能性なし
返済延滞延滞した借金を完済済み現在も延滞中
「任意整理」など債務整理・債務整理後の借金完済済み
・債務整理で決まった返済計画を履行中
・債務整理後の残債あり
・債務整理で決定した返済計画を不履行
自己破産免責決定済み・免責の手続き中
・金融機関と係争中

以上のように「ブラックリストが過去の事実として決着しており、かつ現在の収入と借入の状態に問題なし!」となった場合にキャッシングが認められると言うことになります。

ただし上記に該当していても誰でも借りれる金融機関と言うわけではありませんし、通りたいがために借入申し込みの段階で虚偽申告などをしてはいけません。

中小消費者金融も信用情報機関から個人情報を取得しているので、嘘をついたことが分かってしまうと審査に落ちてしまいますよ。

金融事故を起こした人は中小の消費者金融業者で相談しよう

金融事故起こしてからすでに2年や3年経過している。
その後の生活ぶりは堅実そのもので、生活も安定している。

以上のような条件が揃っていれば、大手消費者金融業者なら誰でも審査落ちするような内容でも、中小の消費者金融業者はいくらでも相談に乗ることができます。

もっと規模の小さい街金業者になれば、あなたがたとえ現在無職だとしてもそろそろ就職口が見つかりそうだ、と言うのであればもっと相談に乗ってくれますよ。

誰でも審査の通るカードローンはないとしても、かなりの高確率で審査が通る業者は探せばあるのです。

誰でも借りれる金融機関とは言えないが通りやすいローン一覧

最後にまとめに入りますが、延滞やブラックでもお金を借りる事ができるキャッシング・カードローン・消費者金融を表にしてみました。

時間のない人はざっと見て、上の目次や下の表から興味を持った会社・サービスを選んでください。

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全て

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可

という使いやすい特徴を持っています。

消費者金融会社実質年率借入限度額備考
株式会社アロー15.00%~19.94%200万円借入限度額が多い
セントラル4.80%~18.00%100万円実質年率が低くてお得
キャッシングのフタバ14.959%~17.950%50万円債務整理等しても申込可
ライフティ8.0%~20.0%500万円最短30分のスピード審査
株式会社アルコシステム15.00%~20.00%50万円積極的に融資検討
SGファイナンス9.85%~18.0%1~300万円新興・小規模だから積極融資
可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
おすすめの記事