可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

年収3分の1以上でも借りれる金融機関は?※少しでも多く借りたい

  • 年収3分の1以上でも借りれる金融商品はあるの?

2010年6月に貸金業法は完全施行となり、総量規制ができました。
総量規制とは簡単に言えば、年収の3分の1までしか貸付ができないという法律です。

これによって我々借り手は自分の年収を証明する書類を提出もしくは年収を申告して、貸し手は最高でもその1/3までしか融資してもらえなくなりました。

会社員の人ならば、源泉徴収票や直近2ヵ月分の給料明細、自営業者の人は確定申告の写しなどで自分の年収を証明することになります。

  • 年収400万円の人ならば最大でも133万円
  • 年収600万円の人ならば最高で200万円まで

このように年収の3分の1しか融資を受けることができないのです。

しかし、これにはいろいろな条件があり、絶対に年収3分の1以上借りれないか?と言われれば、そうでもありません。

実は総量規制を超えて年収3分の1以上でも借りれる金融機関はあるのです。

そこで今回は年収3分の1以上でも借りれる金融期間とその方法を情報を詳しく解説していきます。

総量規制の対象は消費者金融、信販会社

ご存知の通り、貸金業法の総量規制により、借り入れは年収の3分の1までと制限されています。

貸金業法という名前の通り、対象となるのは貸金業者です。

個人が利用する貸金業者には以下の2つの業者が含まれます。

  • 消費者金融
  • 信販会社

この2社が貸金業者となり、以下のような借入が総量規制に含まれます。

総量規制対象総量規制対象外
消費者金融カードローン携帯電話割賦購入
信販会社カードローン銀行カードローン・フリーローン
クレジットカードキャッシング枠マイカー・住宅・教育ローン
消費者金融フリーローン事業用貸付
信販会社フリーローンクレジットカードショッピング枠
銀行以外のブライダルローン奨学金
親族や知人からの個人的な借入

このように消費者金融や信販会社が発行しているカードローンやフリーローンはもちろん総量規制に含まれます。

ただし、クレジットカードのショッピング枠に関してはたとえ発行元が消費者金融や信販会社であっても総量規制には含まれません。

銀行カードローンは総量規制対象外となり、年収1/3を超えるお金を借りることができます。

銀行なら年収の3分1以上でも借りれる

年収の3分の1以上借りたいなら銀行以外にも、信用金庫、信用組合を利用すれば大丈夫です。

というのも、この3つの機関は個人への貸し付けも行っていますが、総量規制が含まれる「貸金業法」の対象とはなっていないからです。

年収の3分の1以上を借りたい場合には銀行、信用金庫、信用組合のカードローンを使うのが最もシンプルな方法となります。

銀行から年収の3分の1の借り入れをしている状態で消費者金融から追加の借り入れを行うこともできます。

また、年収の3分の1以上借りられるということは、収入がない方でも利用できるということでもあります。

もちろん無職の方は厳しいですが、夫に収入のある専業主婦の場合、配偶者に安定した収入があるということで銀行カードローンを利用することができます。

年収の3分の1以上でも即日で借りれる銀行カードローンを比較!

店名みずほ
銀行
レイクオリックス
銀行
即日
融資
最短即日申込み完了画面に表示3~4日
限度額1000万円500万円800万円
金利3.0~14.0%4.5~18.0%1.7%~17.8%
収入
証明書
200万円以下は不要100万円以下は不要300万円以下は不要

消費者金融は年収の3分1以上は無理

もし銀行カードローンの審査に通らなかったときは消費者金融や信販会社のカードローンを利用するしかありませんね。

しかし、カードローンの利用目的がおまとめや借り換えではないときは年収の3分の1以上借りる事は本来できません。

消費者金融から年収の3分の1以上を借入する方法はないのでしょうか。

年収をごまかしたら年収3分の1以上でも借りれる?

おそらくほとんどの方が真っ先に思いつくのは年収を実際よりも多く申告するという方法ではないでしょうか。

実際の年収が300万円では100万円しか借り入れできませんが、450万円と申告すれば150万円の借り入れをすることができますね。

消費者金融から年収の3分の1を借りたい方は、このように他社からの借入をごまかそうと考えているかもしれません。

しかし、消費者金融では50万円を超える借入をする場合や、他社の借入と合わせて100万円を超える場合には収入証明書を提出しなければならないのです。

そのため、年収を多く申告したとしても、収入証明の段階で嘘は簡単にばれてしまいます。

年収100万円の方が少し多めに年収120万円として申告すれば借入は40万円ですので収入証明書を提出する必要はなく、年収の3分の1以上借入できますが、借入が50万円を超えるときにはこの方法は使えません。

なお、既定の金額以下であっても虚偽の疑いがあると判断された場合、収入証明書の提出を求められることもありますのでご注意ください。

他社借り入れで嘘をついたら年収3分の1以上でも借りれる?

年収の嘘がバレるのであれば他社からの借入金額を少なくするのはどうでしょうか。

結論から言えばこの方法は年収の嘘以上にバレる確率が高いです。

信用情報というものを金融機関は共有しており、これには皆さんの借り入れ状況が全て記録されているのです。

審査時には確実にこの信用情報を確認するため、他社借入の嘘をバレずに審査を受けることはできません。

収入証明書の提出を求められなければバレない可能性のある年収の嘘と違い、他社借入は100%バレてしまうのです。

それでも消費者金融で年収3分の1以上借りたい!方法は?

銀行カードローンは審査に通りそうにない。
無駄なのが分かっているからこれ以上申し込んで申し込みブラックになりたくない。

では、消費者金融で年収3分の1以上借りるにはどうすればいいのでしょうか?

 

先ほども書いたように、消費者金融は総量規制によって年収3分の1までしか貸付を禁止されています。

しかし、それ以上貸付するには例外的に融資する、総量規制例外貸付を用いて融資することが可能なのです。

総量規制例外貸付で代表的なものは、金利が引き下がる借り換えローンやおまとめローンとなります。

年収3分の1以上でも借りれる金融商品「おまとめローン」とは

一方的に有利になる借換えであれば、消費者金融でも年収の3分の1以上借金がある人に対しての融資が認められています。

おまとめローンのように借換えをすることで毎月の返済額、返済総額が少なくなる融資であれば認められるというわけです。

消費者金融などのサイトを見れば、おまとめローンや借換えに力を入れているかどうかが分かります。

なお、他社借入件数が5件以上ある人は銀行のおまとめローンは難しいです。

他社借入件数が少ない人は銀行のおまとめローン、多い人は消費者金融と、今の自分に合ったところを選んでください。

年収3分の1以上でも借りれる金融商品「おまとめローン」で注意すること

消費者金融の申込書には「他社借入状況」という項目があると思います。

この「他社借入状況」には下記の借り入れは書かないようにしてください。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 銀行のカードローン
  • クレジットカードでの買い物(ショッピング枠)

例えば、年収300万円の人が先ほど挙げた4つのローンなどで100万円以上の借り入れがあるとします。
通常であれば総量規制に該当する(年収の3分の1以上借金がある)ので消費者金融は融資ができません。

しかし消費者金融から見れば、先ほど挙げた4つのローンなどは「総量規制の例外」となる借り入れです。

借入額はゼロと判断することもできますので、その結果、あと100万円貸せると判断されます。

中小消費者金融では、先ほどの4つのローンを書くように記載されている場合があります。
その際は書かれている通りにしてください。

年収は手取りではなく総額を記入すること

年収は手取り金額ではなく、税金や社会保険料などを含めた総額を書いてください。

当然ながら収入は多いほうが審査には有利になります。

申込金額50万円以下であれば収入証明書の提出は必要ない貸金業者が多いです。

収入証明書を提出しない限り、申込者の正確な年収は消費者金融は分かりません。

申込金額50万円以下でも他社借入額が100万円を超える場合は提出が必要なこともあります。
審査の際に貸金業者から提出を求められる場合もあります。

年収3分の1以上でも借りれる金融商品は他にもある

おまとめローンのほかにも総量規制対象外の借り入れもあります。

おまとめ以外でも3分の1以上借入可能
先ほど、おまとめローンは総量規制の例外だから年収の3分の1以上借入が可能とお話ししましたが、おまとめローン以外にも以下の借入は総量規制の例外となります。

  • 緊急の医療費
  • 冠婚葬祭費のように、社会通念上必要と考えられる費用
  • 配偶者の収入と合わせて3分の1以下
  • 個人事業者の事業性資金
  • つなぎ資金

上記の条件に当てはまる人であれば、消費者金融であっても法律上は問題なく年収の3分の1を超えた借入が認められています。

ただし、注意しなければならないのは、例外の借入は借入総額の合計には含まれるということです。

つまり、年収300万円の人が例外の借入を100万円利用している場合は通常の生活費のように例外ではない借入を行うことはできないということです。

除外の借入なら借入総額に含まない
一方、総量規制にはもう一つ「除外」という項目が定められています。

例外との違いは、除外の借入はそもそも借入総額の計算対象にならないということです。

なので、例外借入とは異なり、除外借入の金額が年収の3分の1に達していても追加で借入を行うことが出できます。

除外の項目は多いのですが、代表例には以下のようなものがあります。

  • 不動産購入費
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費

年収3分の1以上でも借りれる金融機関(まとめ)

どんなに収入の多い人でも、総量規制により消費者金融では年収の3分1以上を借りる事は出来ませんので、年収の3分の1以上借りたいときには銀行カードローンを利用しましょう。

おまとめローンは総量規制の例外のため、消費者金融でも年収の3分の1以上借入可能ですが、おまとめローンをすると他社から借入が出来なくなります。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
おすすめの記事