可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

絶対に借りれるカードローンはあるの?

絶対に借りれるカードローンはあるのか。
カードローンに借り入れ申し込みをして審査に落ちるほど落胆することはありませんよね。

期待していたお金を借りることができず途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

確実にカードローンの審査に通るためには、審査基準の甘いカードローンを選べばそれだけ審査を通過する確率が高くなります。

しかしここで気を付けなければならないのは、あまりにも審査の甘さのみに拘ってしまうと、ヤミ金融といった違法業者に当たってしまう危険性があるということ。

そこで今回は

  • 絶対に借りれるカードローンはあるのか
  • どこなら審査が通りやすいのか
  • ブラックでも借りれるカードローンはあるのか

などの情報を分かりやすくまとめていきたいと思います。

ヤミ金融は違法業者であることは間違いないのですが、彼らは表向きこそ至極真っ当なローン会社を装っているので、絶対に借りれるカードローンという謳い文句に釣られ、うっかり借りてしまった後に気付くというケースもあります。

そんな失敗をしないためにも、貸金業登録をしている正規の金融業者でお金を借りるよう最後まで情報をチェックしてください。

ブラックでも絶対に借りれるカードローンはどこ?

申し込みブラックや金融事故でブラックになってしまい審査が通らない。

そんなイヤな気持ちになりたくないからこそ、絶対に借りれるカードローンがあるかどうかインターネット検索する人はとても多いです。

しかし残念ながら100%誰でも絶対に借りれるカードローンはありません。

うまく見つかったとしても闇金である可能性が高く、後から暴利な金利を請求される可能性もあります。

だからといって信用情報で金融事故が登録されてしまえば、銀行カードローンや大手消費者金融でお金を借りることはまず不可能でしょう。

その代わり多少審査に不安を持っている人でも、またはブラックだったとしても審査に通してくれる金融機関はあります。

借入件数が4件以上ある人でもお金を借りれるような金融機関があるのです。

銀行カードローンや消費者金融の審査に通らない条件でも、なるべく契約する方向で考える金融機関はあります。

それが街金と呼ばれる地域密着型の中小消費者金融です。

絶対に借りれるカードローンは存在しないが審査に通りやすい所はある

正規の貸金業者にはかならず審査があります。

審査がある以上、100%絶対に借りれるカードローンなど存在しませんが、それでも審査に通りやすいと言われているのが中小の消費者金融です。

通常、カードローンとは普通に仕事をしていてある程度収入があり、信用情報に特段問題になる点がなければ銀行カードローンでも大手消費者金融でも審査に落ちることはありません。

しかし現実問題として

  • 大手消費者金融の契約率は50%未満
  • 銀行カードローンに至っては25%未満

なのです。

銀行カードローンの審査に通るのは狭き門であることは分かっていても、銀行カードローンよりも審査が甘いと言われている大手消費者金融でも申し込んだ2人のうち1人は確実に審査に落ちている事実。

何らかの事情があって信用情報にキズがついてしまった人や、長期滞納や債務整理をしたためにブラックとなった人はどこからも借りることができませんよね?

金融事故情報は少なくても5年から10年は信用情報機関に登録されるため、データが削除されるまではお金に関する契約を結ぶことができないのは必至です。

その為、たとえ金融事故情報が消えたとしても、金融事故を起こした相手の金融機関から再びお金を借りることはまず不可能と考えるべきでしょう。

まして貸金業法改正により銀行グループ企業になった消費者金融は、関連会社を含め金銭トラブルを起こしてしまった顧客のデータを共有していることも借入審査に落ちてしまう原因となります。

絶対に借りれるカードローンではないが中小消費者金融の審査は柔軟

そこで注目したいのが中小の消費者金融です。

中小の消費者金融は銀行グループ企業ではありませんし、業務提携を行っている金融機関も持っていないのが普通です。

中小の消費者金融だって将来的に営業を続けていくためには顧客を獲得しなければなりませんよね?

まず知ってもらいたいのは、中小消費者金融の審査は信用情報に登録されている個人データだけではありません。

信用情報に登録されている個人データは言ってみれば過去のデータであって、今現在のデータではありません。

中小の消費者金融はもちろん信用情報機関の個人データは参考にしますが、基本的に今現在の収入状況や返済能力を重要視します。

それに加えてお金を借りたい人の人柄も審査に大きく影響を及ぼしているのです。

貸金業法改正によってかなり多くの中小消費者金融はなくなってしまいましたが、現在でも生き残っている中小の消費者金融はそれだけ顧客との繋がりが強く、なおかつどこからも借りれない人の信頼を得ているからこそ現存しているのです。

ブラックでも借りれるのはなぜ?ヤミ金ではないの?

信用情報に金融事故が載っているブラックの人がお金を借りれないのは、金融機関がお金を貸す対象にならないと判断しているからです。

金融事故を起こしたのだから、ヘタにお金を貸したらまた債務整理をされるのではないか、長期滞納されるのではないかと不安に思うのは当然のこと。

信用情報機関に登録されている個人データは、あくまでもその個人の信用度がどのくらいあるのか判断するだけであって、審査の判断するのは信用情報機関ではなく金融機関です。

したがってたとえ金融事故を起こしたとしても事故を起こした原因が何なのか、ブラックになった原因はどこになったのかまでは分かりません。

ですが、中小の消費者金融は対面契約によっていろいろな話をします。

すると、インターネットやスマホではわからなかった人柄も当然分かってきます。

金融事故を起こした原因がやむを得ない事情があったことが分かれば審査基準を甘くしてなるべく貸し出す方向で検討するのです。

つまり銀行カードローンや大手消費者金融がブラック情報があると門前払いするのとは、審査スタイルが全く違うわけですね。

【絶対に借りれるカードローン】ブラックでも審査に通る可能性があるのはこんな人

例えば下記のような人の場合、ブラックでも審査に通る可能性があります。

  • 現在債務整理中、または過去に債務整理をしているが一定期間はたっている
  • 過去に延滞していたが、現在はどこも滞納中のところはない

債務整理の情報は、5~10年個人信用情報機関に残ります。
同じように延滞の場合も、個人信用情報機関に情報が残ります。

その間はブラックリストということで、通常は銀行や大手消費者金融では審査に通りません。

しかし、"現在進行形で滞納をしていなければ"フクホーやアロー、エニーと呼ばれる中堅どころの消費者金融なら審査に通る可能性があります。

これらの中小消費者金融では、「債務整理や自己破産した人でも申し込み可能」と柔軟に対応してくれているからです。

ですから、ブラックリストに載っているとしても、安定した収入があり現在正常な生活ができていると判断されれば、審査に通ることがあります。

実際にブラックでも審査に通ったという口コミを見てみても、上記の要件を満たした人のようです。

ただし現在滞納中の人は上記の金融機関でも審査にはまず通りません。
必ず滞納を解消してから申し込みをするようにしてください。

ちなみにフクホー、アロー、エニーなどの消費者金融はあまり有名ではありませんが正規の消費者金融です。

ネット上で審査が甘いという口コミも多いですが、何度も言うように審査がある以上絶対に借りれるカードローンと言うわけではありません。
しかし、銀行や大手消費者金融と比べると審査が甘いのは事実です。

ですから、現在他社滞納がなければブラックでも審査に通る可能性があります。
現在他社滞納があるのであれば、滞納を解消してから申し込んでください。

カードローンの裏情報

クレジットカードの審査について

カードローンとクレジットカードは使い方が全く異なりますが、どちらも『今お金が無くても物が買える』ことが出来ます。

どちらか1枚あれば、お金が無い時にとても便利なカードといえますが、クレジットカードとカードローンは、それぞれ審査に関するデータは別のところで扱われています。

ですから申込みをする時に

  • クレジットカードの申込み
  • カードローンの申込み

これらを一緒に行うと、例えどちらか審査に落ちても、もう1つは審査に通ることがあるのです。

更にカードローンも「銀行系」と「消費者金融系」で審査データは取り扱いが異なるので、審査に不安な人は3つの異なる審査機関のローンに申し込むと良いでしょう。

なお、3つ同時に申し込んだからと言って、審査機関が異なるので申し込みブラックになる心配もありません。

ここでポイントとなるのが、審査機関が異なるところを、3つ同時に申し込むことによって、審査に通る確立が高くなるということ。

そこでここからは

  • クレジットカード部門
  • 銀行カードローン部門
消費者金融系カードローン部門と、それぞれ審査が異なる3種類のローンを紹介しています。
審査が不安な人は、同時に申し込んでみることをオススメします。審査が通る確立がググっと上がりますよ。

銀行系カードローン部門

安心大手銀行ならみずほ銀行カードローン
みずほ銀行は全国に展開している大手銀行なので安心して利用することができます。既に銀行口座をお持ちの方は、お手持ちのキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるので、面倒な手間が一切ありません。最短即日で利用することも可能です。低金利、高額融資なのも魅力的ですね。 ※エグゼクティブプランの場合。みずほ銀行の住宅ローンに加入していない場合は金利が3.5~7.5%になります。エグゼクティブプランとコンフォートプランは審査の結果によって自動的に振り分けられます。
実質年率融資限度額融資スピード
3.0-7.0%10-1000万円最短即日利用

消費者金融系カードローン部門

人気の「プロミス」
プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのグループ会社なので、バックに大手銀行が付いていて安心の消費者金融です。審査が比較的通りやすいと評判のキャッシングで、最近は女性にも人気があります。CMでもお馴染みなので知名度もあり安心ですね。初めてプロミスをご利用になる方でポイントサービスに無料登録すると30日の無利息期間も利用できるので、お得に借りることもできます。
実質年率融資限度額融資スピード
4.5-17.8%1-500万円最短即日

比較的審査が通りやすいクレジットカードとカードローンを一挙公開

クレジットカードやカードローンの審査が不安な場合、大体の人が
  • 過去に審査に落とされたことがある
  • 今まで1枚もカードを作ったことがない

という場合だと思います。

キャッシングの審査は会社によっても審査をする基準が違うので、なぜ落ちるのかという具体的な部分は誰にも分かりません。

なので、前回審査に落とされたから今回も落とされるという事ではないのです。

ただし、その中でも審査が厳しいローンはあります。

例えば前述した通り、消費者金融系のキャッシングよりも銀行系の方が審査基準も厳し目になっていますよね。
ですから審査に不安な人は、そういった審査の厳しい所を避けることが重要。
カードローンを利用するのが不安という人もいるかもしれませんが、返済を忘れずに行っていればとても便利なサービスなので、あなたの生活を助けてくれるアイテムになりますよ。
何かの時のために1枚作っておくことをおすすめします。

絶対に借りれるカードローンや消費者金融はない(まとめ)

急な出費が必要になった時に、消費者金融を利用する人も多いと思います。

その日のうちにお金が必要な人は、確実に借りられる所を探していると思いますが、絶対に借りられるカードローンや消費者金融はありません。

誰でも借りれる消費者金融があったとしたらヤミ金の可能性が高いです。

ヤミ金は基本的に誰にでも貸してくれますが、法外な金利を請求したり、厳しい取り立てをします。

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンよりも借りやすい印象がありますが、どこの金融業者で借りるとしても厳しい審査が行われています。

大手消費者金融の審査通過率は45%前後。
ですが比較的審査基準の甘い中堅どころのカードローン会社を選ぶことで、審査に通る確率もあがってきます。

特にカード会員を広く募集しているような会社が狙い目です。
これは、金融関係の口コミ掲示板などのコメントを拾って吟味することで、情報を収集することが可能です。

銀行と消費者金融を比べた場合、銀行は金利が低い上に借入限度額が大きく、消費者金融は金利が高めで小口融資が中心なので、消費者金融の方が審査に通りやすいと言われているので自分にとってどちらが有利になるのか精査して申し込みをしましょう。

おすすめの記事