可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

絶対借りれる融資先なんてあるの?

何度消費者金融に申し込んでも審査に落ちてしまうと、次なら審査に通るのではないかと新たに申し込んでしまいますよね。

しかし結果は審査落ち。今度こそと思って別の消費者金融に申し込んでみても結局は審査落ち。

このように短期間に複数の消費者金融に申し込んでしまうと申し込みブラックとして認定されてしまい、ますます信用を落としてしまいます。

また3カ月以上の長期滞納や自己破産を含めた債務整理を行なってしまうと、完全に金融事故となってしまい消費者金融でもお金を借りることはできません。

他にも年収の1/3近く借り入れしている人や、多重債務になって返済が遅れがちの人も審査に通らない原因です。

では絶対ブラックはお金を借りれないのかというと、そういうわけでもなく、消費者金融の審査基準は業者によって異なっており、審査が厳しいところもあれば審査が甘いところもあります。

金融事故を起こした人や、短期間の複数申し込みでブラック認定された人でもお金を貸してくれる消費者金融業者はあるのですから諦めることはありません。

絶対借りれる融資先って実は危険

ですが、まず初めに注意しなければならないのが、ブラックOK、審査が甘い、審査が緩い金融、など自分から謳っているところは、まず闇金であることを疑うべきでしょう。

実際の所、正規の消費者金融は「ウチは絶対借りれる融資先として審査が激甘です!」なんて言う事はまず100%ありえません。

こんな業者は確実に「ヤミ金」です。

まともな事業者は、審査により一定の返済能力・信用力が認められなければ融資はしません。闇金被害の最たるものは、暴利と違法な取り立てです。自分はもとより、家族や親族へも甚大な悪影響を及ぼします。闇金へ関わりは、人生の破滅と認識しましょう。

絶対借りれるの言葉に騙されない!闇金融の見分け方

法律を守っている金融業者は、絶対に金融庁に登録されています

登録の有無は金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索可能なので、聞き覚えのない金融業者を利用する場合は、事前に登録があるか確認しましょう。

金融庁に登録さえしてあれば、違法な金利や取り立てをされることは、まずありえません。

絶対借りれる融資先は存在しない!審査が不安なら成約率に注目すべき

絶対借りれる融資先は存在しません。していたとしてもそれは恐らく闇金です。しかし絶対借りれる融資先はなくても、信用情報に多少のキズや問題があってもお金を借りることができる消費者金融は存在します。

ですから審査が不安なら成約率に注目すべき!

成約率とは申し込みをした人が審査に通過し、契約まで至った割合のことです。

つまり、審査に落ちるかどうか不安な人は成約率の高いカードローンを選択するのが、適切な判断といえます。

例えば、大手カードローンのアコムの成約率は50%近くを推移しているのがわかります。およそ2人に1人が制約するのは、カードローン業界の中で最高水準です。

絶対借りれる融資先を探している人への対策法

絶対借りれる融資先を探している人の多くは自分の収入や信用情報に自信がないブラックな人が多い傾向にあります。

ですからあなたがもしそういった属性で、それでもなんらかの理由で絶対借りれる融資先を探しているなら、債務整理歴による金融事故歴に対応した街金を選びましょう。

過去に自己破産、任意整理、個人再生、特定調停などの債務整理や過払い請求をすると、5 年間は消費者金融は勿論の事、全ての金融機関で俗にいうブラックとなります。
当然それが原因でお金を借りる事が出来なくなり、絶対借りれる!融資します!の言葉に騙されヤミ金に手を出す。。というパターンが多いのです。

ですがそういう人でも安心してください、解決方法はあります。
大手ではブラック扱いの期間でも、これより短い期間で審査をしてくれる会社が存在し、場合によって融資を受ける事が出来るのです。

前置きが長くなってしまいましたが、「現在志向の会社」つまり過去の過ちを審査上、重視しない会社とは、どこかと言うと、中小の消費者金融会社です。

ただし、先述した通り、審査が優しそうだからという理由だけで業者を選ぶのは危険です。

審査の甘さだけを掲げる金貸し屋の中にはヤミ金事業者も紛れているので、必ず信頼できる中堅消費者金融を選ぶようにして下さい。

「中小消費者金融なら100%絶対借りれる」とは断言できませんが、審査通過の可能性が非常に高いと言えます。

絶対借りれる融資先はないが借りやすい融資先はある

確実に消費者金融やキャッシング会社でお金を借りるためには、各金融業者の審査基準を十分に把握しておく必要があります。当然のように各金融業は審査基準が異なります。

こちらの金融会社では審査に通っても、あちらの業者では落とされるケースも発生します。

それは審査基準が異なるからです。

通常、大手銀行系の消費者金融は借り入れ件数が3件を超えていると審査には通りにくいとされています。

また、年収の三分の一以上の借入がある場合も審査には通りません。大手は一番審査が厳しいとされているので、多重債務の方や無職といった方は回避されたほうが無難でしょう。

借り入れ件数が4件以上あるような人は、低金利の大手金融会社はあきらめて、中小中堅の消費者金融をおススメします。

中小といっても、大手と左程変わらない金利で貸し出していますし、顧客獲得競争によってサービスも良好です。ただ、中小といってもピンからキリまでありますので、よくよく貸し出し条件を吟味して選びましょう。

今回、このサイトで選んだポイントは金額面、スピード、融資率、審査の柔軟さなど色々あるが、ブラックに融資率が高く、借りられる可能性が高い融資先を選んでいます。

絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応しているライフティ

融資金額初回 10 ~ 50 万円
目安日数最短 3 ~ 5 日
審査状況通過率 70 ~ 75 %

審査がある以上、絶対借りれる融資先とは言えませんが、ライフティは業界のトップに位置する「圧倒的な総合力」があります。
関連会社が東証一部上場の企業で、システムや接客も大手の会社と遜色なく、安心して利用できるのがポイントです。

絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応しているセントラル

融資金額初回 10 ~ 30 万円
目安日数最短 1 ~ 3 日
審査状況通過率 65 ~ 70 %

ブラックでも100%絶対借りれる融資先、とは言い切れませんがセントラルには業界でナンバーワンの「抜群のスピード」があります。
勿論、スピードだけでなく債務整理の経験者への貸し付けや、大口融資なども可決も多く日本有数の街金業者です。

絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応しているフクホー

融資金額初回 10 ~ 30 万円
目安日数最短 3 ~ 7 日
審査状況通過率 65 ~ 70 %
絶対借りれる融資先ではありませんがブラックに対応している所で有名なのがキャッシングのフクホー。
事故歴のある人への「独自の自社基準」が有名です。

他社では審査に通らない債務整理中や、長年ブラックに対応して来た対応や実績は、他社は真似出来ない唯一の存在といえるでしょう。

絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応している「いつも」

融資金額初回 10 ~ 30 万円
目安日数最短 1 ~ 3 日
審査状況通過率 65 ~ 70 %
絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応しているのが「いつも」
いつもの優れたところは最新のシステムを駆使した「借りやすさ」にあります。

必要書類は全てメールで簡素化し、利用しやすさを追求したスピーディーな対応は、正にココにしかない強みと言えるでしょう。

絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応しているアロー

融資金額初回 10 ~ 50 万円
目安日数最短 1 ~ 3 日
審査状況通過率 60 ~ 65 %
絶対借りれる融資先ではないがブラックに対応している街金でトップクラスの「初回金額の多さ」はピカイチ。

通常ブラックに対して初回の融資金額は少額が多き中、過去に事故歴のあるブラックにもしっかり貸し付けている所はさすがといえます。

目指せ絶対融資!中小の消費者金融で借りれる条件とは

中小の消費者金融でもむやみやたらにお金を貸していることはありません。

属性の悪い人がよって来やすく、お金を貸しても返済できないと会社の存続にも関わってきますよね。

したがって中小の消費者金融でお金を借りるには条件があります。

  • 長期滞納しても現在では借金がない
  • 自己破産して借金がない
  • 任意整理を行った後借金を全て完済している

最低でも以上の条件は満たす必要があります。

共通しているのは過去に金融事故を起こしていても、現在は借金がゼロになっていることですね。

中小の消費者金融なら以上の条件を満たせば絶対借りれるとは限りませんが、金融事故を起こしたと言うだけで門前払いを受けることがありません。

過去の過ちは過去の過ちとして参考にはしても、現在借金がなく安定継続した収入があり十分な返済能力があると判断されれば、限りなく審査に通る確率が高まります。

返済能力がどのくらいあるのか

金融事故を起こしていても条件によっては借りることができる中小の消費者金融は、返済能力がどのくらいあるのかとても重要視しています。

返済能力があるかどうか判断するひとつのポイントとして、手取りの給料に対して借金返済額を20%未満にできるかどうかです。

つまり手取り20万円の給料でも返済余力として4万円を確保することができるかどうかが審査に通る分かれ目になります。

中小の消費者金融は絶対借りれる業者ではありませんが、限りなく借りやすい業者であることは間違いありません。返済余力がどのくらいあるのか調べた上で、まずは相談してみましょう。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
おすすめの記事