アコムで延滞してても借り入れ出来る?街金の審査は甘いのか

  • アコムの返済期日に間に合わなそう!
  • アコムで返済延滞するとどうなるの?
  • 返済延滞するとブラックリストに載る?
  • アコムで延滞してても借り入れ出来る?

この記事では、こういった悩みや疑問を解決していきます。

アコムでキャッシングをしていて、期日までに間に合わずに返済延滞をしてしまった場合、どのようなことを起きてくるのでしょうか?

あらかじめ定められた期日を過ぎてしまうわけですから、何かしらのデメリットがあることは想像がつくかもしれませんが、具体的にどうなるのかを解説していきます。

その他にもアコムで借りたお金を延滞している時に、新たにお金を借り入れ出来るのかまで詳しく説明していくので見ていきましょう。

アコムで借り入れを延滞するとどうなる?

まず前提として借り入れの延滞とは、返済日にお金を返済しなかったコトを指します。

お金を借りると「毎月○日に支払いをする」という取り決めを最初に行いますわよね。

この支払日はあらかじめ決まっている金融機関もあれば、申込みした人が自由に決めることができる金融機関もあります。

支払日の周期も毎月決まった日とする金融機関もあれば、35日サイクルにしている金融機関もあります。

アコムは35日サイクルですが、こういった決められた返済日に返済しなかった場合を延滞と言います。

延滞しているということはお金の返済が出来ていないということですが、お金の返済が出来ていないということはお金の管理能力が低いと判断されてしまいます。

つまり、延滞中に他社へ借入れの申し込みをしても返済能力があるとは判断できないので断られることが多いのです。

アコムで借り入れを延滞しているならまずは支払いの延期を

アコムで支払いを延期したいのなら、「お金が入る時期・理由」を伝えて交渉してみましょう。

延長可能な期間について明確な決まりはないようですが、最大で次回の給料日まで待ってもらえるようです。

つまり、最大30日程度なら待ってもらえるということですね。

事前に連絡して支払予定日(以降、約束日とします)を決めておけば、その日までアコムから連絡が入ることはありません。

ただ、いずれにせよ延滞は延滞なので、もともとの返済期日を過ぎたら年率20%の遅延損害金が発生します。

返済期日を1日でも過ぎると、遅延損害金が発生しますが、遅延損害金は下記の式で計算されます。

  • 遅延損害金=借入残高×遅延損害金の利率(アコムの場合年率20%)÷365日×延滞日数

遅延損害金は日割りで発生するため、延滞が長引くほどかさんでいきます。

アコムの支払い延期の手続き方法

支払延期の手続き方法は下記の3つです。

  • アコムのコールセンターに連絡
  • ホームページから設定
  • アコムプッシュホンサービス24(音声自動応答)で設定

アコムのコールセンターに連絡

アコムのコールセンター(0120-629-215)に電話をかけ、オペレーターに支払いの延期をお願いしましょう。このとき、必ず約束日を設定してください。

ホームページから設定

アコムのホームページから会員ページにログインし、「お知らせ一覧」⇒「お支払期日について」を選び、約束日を設定します。

アコムプッシュホンサービス24(音声自動応答)で設定

アコムプッシュホンサービス24(0120-134-567)に電話をし、音声ガイダンスに従って操作し、約束日を設定してください。

このようにして「今回は最少返済額を支払うのは難しい」という場合は、減額してもらえる可能性があります。

この場合、下記の合算金額(1,000円単位で切り上げ)を支払うことになります。

なお、アコムの場合、利用限度額が30万円以下なら借入残高×4.2%、利用限度額が30万円超なら借入残高×3%となります。

返済期日より前にアコムのコールセンター(0120-629-215)に連絡し、「支払額を減額してほしい」と伝え、相談しましょう。

アコムで延滞中にローンカードが使えなくなったら

  • お金が必要なのにアコムカードが使えない!
  • アコム利用再開が現実的に難しい
  • 今日(明日)までに必要なお金が借りられない

続いては、上記のようなピンチに陥ってしまった場合の解決策を紹介します。

いつものようにATMにカードを入れるも、何らかの事情があってキャッシングができない。
そんな時、多くの人はどのようにしているのでしょうか。

延滞中ほとんどの人が「他社の借り入れを利用する」

アコムが使えない。それでもお金を準備しなければならない。
そうなった場合は現実的に考えて、アコム以外のところでお金を借り入れするしかありません。

お金を貸してくれるのはアコムだけではないので、ここは潔く他社での借り入れを検討しましょう。

アコムで延滞してても借り入れ出来る?

あくまでもアコム側から見た場合に、一時的に信用が落ちているだけなので、他社での新規申込であれば借入できる可能性が十分あります。

特に、どこも新規のお客さんは欲しいので審査を受けてみる価値は十分あるでしょう。

金融機関には審査の難易度による借り入れの序列が有る

利用者の傾向としては、まず安心感のある銀行に流れる傾向があります。しかし銀行の審査は厳格ですから、審査に落ちてしまう場合も少なくありません。

そういう人が狙うのが大手消費者金融です。つまり大手消費者金融に来る人は銀行では借りられないような多少リスクの高い人がいるということになります。

このため大手消費者金融は銀行よりも少し審査を甘くしています。

その大手消費者金融の審査でも厳しいという更にリスクが高い人が街金を利用することになる為、街金では利用者を確保するために更に審査を甘くすることになります。

こうして金融機関の間には次のような審査の難易度による序列のようなものが出来上がっています。

  • (難)銀行 > 大手消費者金融 > 街金(易)

審査が厳しいということは利用出来るのは信用が高い人と言えます。つまり難易度が甘くなるにしたがって信用が低い人の利用が多くなるということです。

金融取引と言うのは信用で成り立っています。そして信用が低い人は金利を高くするというのが原則です。このためここで示した序列は金利の序列と言っても良いものです。

これら銀行、大手消費者金融、街金の金融商品はそれぞれ審査を経て融資が行われますが、審査はそれぞれ難易度が違い、通常は銀行が最も厳しく、大手消費者金融が続き、街金のキャッシングローンが続くという序列になっています。

したがって銀行や大手消費者金融のカードローンの審査通過が難しかったとしても、街金のキャッシングローンであれば審査通過の可能性は残っているのです。

アコム延滞中でも借り入れしたいなら他社のキャッシングを検討しよう

街金と言うのは街中にある金融業者と言う意味で言われる通称ですが、普段はあまり意識していないため、実際の店舗を知っている人と言うのはごく少数でしょう。意識して見ると意外に多く見つかるはずです。

街金と言う名前の通り、通常はその街に溶け込んで周辺の人たちを対象に融資業務を行っていますが、最近は様々な理由から利用者獲得が難しくなったため、インターネットを利用して全国から利用出来る業者も存在しています。

街金の利用を考えているのであれば、まず自分が利用出来る街金にはどのようなところが有るのか、そしてできればどのような金融商品を提供しているのかを調べてみましょう。

店舗に入りにくいのであれば、電話やインターネット上のホームページを持っている場合も有るので、それらを利用して調べてお行きましょう。

ただし中小消費者金融でも「現在、他社での借入れが延滞中の場合は契約できません」とハッキリ書いてある所が多いので、延滞中に申し込むことは避け、一端延滞している分を解消してから申し込みを行ってください。

アコムの過去の延滞なら借り入れ出来る?

現在アコムでの借入れが延滞中の場合では契約できない金融機関があることは紹介しましたね。

では過去に延滞したことはあるけど現在は延滞していないという場合ではどうでしょうか?

その場合では、審査の甘い街金では借りられるところもあります。

延滞契約できる契約できない
現在×
過去×

過去の延滞情報は個人信用情報機関に5年間登録されます。

この延滞情報はカードローンの返済の延滞に限らずクレジットカードの支払いの延滞も含まれます。

携帯電話の支払いも機種を分割払いにしている場合では割賦契約となり、支払いに遅れた時には延滞に当てはまるので注意が必要ですよ。

携帯電話の延滞で知らない内に個人信用情報に延滞の登録がしてあって「お金が借りれない」という人が意外に多いのです。

心当たりがないのに借りれないという人は携帯電話の支払いの延滞が無いかチェックしてみましょう。

延滞中でも借り入れ出来るかは個人信用情報で分かる

個人信用情報機関へ情報の開示を行うのも一つの手段ですね。個人信用情報機関はJICCやCICがあります。

自分の持っているクレジットカードやカードローンはどの信用情報機関に加盟しているのかチェックしてから開示しましょう。

ちなみに以下の延滞も個人信用情報に登録されます

  • クレジットカードの支払いの延滞
  • 携帯電話の支払いの延滞

現在延滞中の場合では、延滞分を支払ってからではないと新たな借入れは出来ません。

5年以内の過去の延滞であればブラックOKのところに申し込めば借入れができますね。

ブラックOKといえば街金や中小規模の消費者金融となります。

5年以上経っている場合では延滞情報が個人信用情報機関の登録からなくなっている可能性が高くなりますね。

そうなると、どこの消費者金融であっても借入れが可能になります。もちろん大手消費者金融でも申し込めますよ。

  • 現在延滞中→延滞を解消してから借入れ
  • 5年以内の延滞→ブラックOKに申し込み
  • 5年以上前の延滞→どこの消費者金融でも申込みOK
おすすめの記事