総量規制対象外の街金はどこ?大手消費者金融や銀行との違いは?

総量規制対象外の借り入れは、街金でもおこなえることをご存知でしょうか。

総量規制を超えた場合のキャッシングとして、総量規制対象外の銀行カードローンで借り入れをされる人が多いと思われます。

しかし銀行のカードローンは、過剰貸付の問題により融資額を年収の3分の1までに制限しているのが現状です。

  • 銀行カードローン
    貸付限度額を年収の2分の1まで→年収の3分の1までに自主規制中
  • 大手消費者金融・街金
    総量規制の例外として証書貸付による年収の3分の1以上借り入れが可能

銀行カードローンは多重債務問題で審査通過しにくくなった

簡単な審査で大きな額を借りられる総量規制対象外のカードローンに対して、国会や法曹界で多重債務問題を助長していると批判が強くなり、大手銀行や地方銀行が融資の抑制をはじめました。

現在のマイナス金利下でも融資は続き、貸金業法が及ばないことで自粛も制限もない融資が危険視されている問題です。

2018年1月から警視庁のデータベースでも照会し、審査に時間をかけるので銀行カードローンでは即日融資を停止しています。

これまでの保証会社の審査もあるため、申し込みから実際に融資が行われるまでには2週間ほどかかるものと見込まれています。

このように銀行カードローンでは総量規制以上の融資が期待できないため、総量規制を超えたキャッシングには消費者金融を選択する必要があるのです。

大手消費者金融や街金なら総量規制対象外のキャッシングも可能

消費者金融は、総量規制の例外貸付により、年収の3分の1を超えた借り入れにも対応してもらえます。

他社借り入れがある場合でも積極的な融資が期待されますので、総量規制対象外の借り入れをするなら消費者金融を利用するのが得策です。

消費者金融は全国に数多くありますが、その全てが総量規制を超える融資に対応しているわけではありません。

総量規制対象外の街金おまとめローンとは

したがって大手消費者金融にも落とされてしまった!という人は、街金を検討することになります。

そうはいっても街金は色々なところがあって大手消費者金融と違い情報も少なく不安な点もありますよね?

結局、どこに申しこめばいいのか分からず悩んでしまうと思います。

フリーローンと呼ばれる普通のキャッシングでお金を借りるなら、審査の早さや金利、返済方法の便利さで選べばいいのですが実は、総量規制対象外であるおまとめローンの場合は、ちょっと選び方のポイントが違うのです。

どこの審査にも通らないなら、街金の検討も

街金(中小消費者金融)とは

街金とは全国展開ではなく、特定の地域のみで業務展開している会社のことですが、現在ではインターネットの普及により全国に業務展開できるようになった会社もたくさんあります。

一番大きな特徴は大手より審査が甘く、柔軟な対応に期待が持てるところです。ただし利息制限法の範囲内ではありますが、大手より少し利息が高い傾向があります。

街金が生き残るためには大手と違う特色を打ち出す必要がありますので、多少利息が高い代わりに審査が柔軟であるなどの金融会社が多いようですね。

総量規制対象外であるおまとめローンを組むメリットは、月々の返済金額が下がることや多重債務が解消される点です。

銀行や大手消費者金融では審査落ちしてしまい、なかなかおまとめローンが組めなかった方も、銀行や大手消費者金融に比べて審査が甘い傾向がある街金であれば、総量規制対象外となるおまとめローンを組む恩恵を受けることが可能です。

街金と大手消費者金融の違い

ここで街金と大手消費者金融の違いについて見ていきましょう。

街金大手消費者金融
知名度低い高い
金利10.0%以上~20.0%まで~18.0%程度まで
貸付限度額小口融資~300万円程度まで小口融資~800万円程度まで
即日融資ありあり
信用情報ブラックでもOKの場合ありブラックだと審査落ち
ATM利用限定されているほぼ全国でOK
他社借入あり審査可能審査落ちすることが多い
債務整理経験審査可能ほぼ審査落ち

街金と大手消費者金融の違いについて、表にしてまとめました。

街金の大きな特徴は、信用情報がブラックであっても審査可能な業者が多いことです。

2ヶ月以上の滞納経験がある、自己破産などの債務整理がある人でも、審査を受けることができます。

大手消費者金融では必ず信用情報の照会を行いますので、まずそこで審査落ちしてしまうでしょう。

また、他社からの借入がある方でも、中小貸金業者であれば貸付OKの場合が多くなっています。

その代わり金利(利息)が大手よりも高くなっていることに注意しましょう。

どちらも即日融資が可能であることが多いので、臨機応変に活用していきたいですね。

総量規制対象外の街金おまとめローン中小業者一覧

次に総量規制対象外の街金おまとめローンについて、当サイトで申し込み率の高い順におすすめ中小業者を一覧にしてみました。

順位業者名実質年率最高限度額
1位ダイレクトワン4.9%~20.0%300万円
2位ライフティ8.0%~20.0%500万円
3位フクホー7.30%~18.00%200万円
4位アロー15.00%~19.94%200万円
5位エニー5.0%~15.0%500万円
6位SGファイナンス9.85%~12.65%500万円

※振込キャッシングを使った即日借入れは、銀行の振込受付時間15時までに全ての手続が間に合うことを前提にしています。

総量規制対象外の街金おまとめローンのポイントとは

総量規制対象外ということは年収を越える借入が可能になるということ。

おまとめローンは金額がはるので、いくらまで借りれるか?がポイントになりますが、街金によって最高限度額に違い(200万円~500万円)があります。

なお、有名な街金のひとつであるフクホーは他社借入条件等の確認ができる書類の提出が必要になるようです。

総量規制対象外の街金おまとめローンの注意点

基本的に借り換え対象は消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングのみとなっています。銀行カードローンやクレジットカードのショッピング等は対象外です。

これには、おまとめローンを組むことで利息の負担が増えることを避ける狙いもあるのでしょう。
また総量規制対象外の街金おまとめローンは、返済のみとなっておりますので追加融資はできません。

総量規制対象外の街金おまとめローン申し込み詳細

遠方の場合はインターネットからの申し込みや、郵便やFAXからの申し込み、電話による申し込みも可能です。

店舗が近い場合は来店による申し込みももちろん可能となっています。

街金の審査で用意しておく必要書類

申し込み前に用意するものは、運転免許証などの身分証明書と直近2か月の給与明細か源泉徴収票です。

また顔写真がない身分証明書の場合は別途確認書類が必要となりますので、事前に必要書類を確認するようにしましょう。

融資の際には印鑑も必要です。

返済方法

基本的に街金は規模の小ささからローンカードがないところが多いため、店頭返済か指定口座への振り込みで返済することが多いです。

インターネットバンキングにも対応可能なので、インターネットを利用して返済できるところが便利ですね。

総量規制対象外の街金おまとめローンの口コミ

街金への良い口コミ

かなり審査が甘い、融資率が高いという口コミが多かったのがとても印象的でした。

またブラックへの対応力が高いことやブラックでも借りられる金融業者としても有名ですので、金融事故を起こしたことがある方にも融資が可決されやすいという声も多く聞かれます。

総量規制対象外の街金おまとめローンは審査が通りやすいところも人気の秘密ですね。

街金への悪い口コミ

ブラックで否決された人も当然いるようです。

そのため「ブラックOKと聞いたのに落とされた」という口コミも見られました。

過去に金融事故を起こしていても、現在進行形でなければ融資は可能ですが、今現在長期滞納中などの方には融資は少々厳しいかもしれません。

また利息が高いという声もありましたが、このページにある街金の利息は利息制限法の範囲内ですので安心してください。

また来店を促されるという声もありました。

来店での融資申し込みには気後れする方もおられるようですが、来店での申し込みではスタッフへの相談や不安の解消もできますので、来店可能な場合は来店してみるのも良いかもしれませんね。

総量規制対象外の街金おまとめローンの審査通過に関するQ&A

おまとめローンは通常のカードローンと審査の観点が違います。
誤解したままでおまとめをあきらめたら損してしまいますよ!

総量規制対象外の街金おまとめローンQ.A

最後に、おまとめローンの審査についてよくある質問をまとめてみました。

派遣社員やパート・アルバイトでも街金は通過できる?

まずは「パート・アルバイトでも申し込み可能」といった文面を載せている金融機関を狙うと安心です。

銀行系の審査に落ちてしまったら、消費者金融系の申し込みを検討しましょう。

自営業者でも審査に通る金融機関はどこ?

お金を借りるときの審査で、どうしても不利になりやすい自営業者。
とは言え、毎月安定した収入があれば「地方銀行や信用金庫のフリーローン」などを問題なく利用できるはずです。
特に信用金庫は自営業者を対象に積極的に融資を行うことも多いため、まずはお近くの金融機関へ相談に行ってみると良いでしょう。

それらの審査に落ちてしまったらこの後に述べる不動産担保ローン、もしくは大手消費者金融・中小消費者金融会社への申し込みを検討してみてください。

大きな収入を得ている場合を除き、会社員・公務員を主な融資対象としている大手銀行カードローンの利用はおすすめできません。(三井住友銀行など)

審査に自信のない方ほど、フリーローンやおまとめ専用ローンを狙っていくと良いでしょう。

未婚者と既婚者で、街金の審査通過率は変わる?

まったく変わらないとは言いませんが、あくまで大事なのは収入や他社借入から割り出される返済能力。
返済能力があれば未婚の方でも審査に通過できますし、そうでなければ既婚でも審査落ちとなってしまいます。

既婚者の方が審査に通りやすいと言われることも多いですが、気にするほどのものではありません。

不動産担保があれば街金の審査に通りやすい?

おまとめ希望額以上の価値のある不動産をお持ちであれば、審査通過率は大きく上がります。
おまとめOKを公言しているのは、「楽天銀行不動産担保ローン」「アサックス不動産担保ローン」など。
金利は高くなりますが、中小消費者金融が提供する不動産担保ローンであればさらに高い審査通過率を見込めるでしょう。

総量規制対象外の消費者金融ローンを活用して、負担を減らそう

総量規制対象外のローンであれば、原則、消費者金融でも「年収の3分の1以上」の融資が実施できます。

特に消費者金融の総量規制対象外のローンとして、おまとめローンは複数ある借入を「一本化する」のに適しています。

例えば、A社B社C社と消費者金融での3社での借入をD社1社にまとめれば、バラバラだった金利をひとつにして無駄な利息を無くしたり、全体の手数料や返済総額も小さくまとめることができます。

総量規制対象外のローンは銀行ローンのほか、消費者金融の「おまとめローン」にも適用されるので、今回の条件を踏まえて自分にあったものを選ぶようにしましょう。

おすすめの記事