可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

申し込みブラックでも借りれる消費者金融

申し込みブラックでも借りれる消費者金融!申し込みブラックは融資不可となる大手消費者金融。ただし中小消費者金融であれば申し込みブラックであっても審査に通過できる可能性があります。この記事では申し込みブラックの借入についてまとめています。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融はどこ?

申し込みブラックでも借りれる消費者金融とは?短期間のうちに、いくつもの消費者金融に申し込んでしまうと、借入れ件数、総量規制、属性等に関係なく審査が通らなくなる【申し込みブラック】というブラック扱いになってしまいます。

とはいえ申込みブラックってなんだろう?とか、どうして短期間のうちに申込み過ぎると申込みブラックになるんだろう?といった疑問があると思います。

申込みブラックとは

短期間のうちに、いくつもの消費者金融に申し込んでしまうと、借入れ件数、総量規制、属性等に関係なく審査が通らなくなることを【申し込みブラック】と言います。

一昔前はインターネットでの申し込みより、店舗に出向いて(訪問して)審査を受けていたことから【訪問ブラック】とも言われていました。

そもそもブラックというのは消費者金融が決めた基準で審査を通すか通さないかを決める尺度であって、法的にブラックという基準はありません。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融はあるの?

申し込みブラックでも借りれる消費者金融はあるのか。「申し込みブラック状態だから、大手の審査に通れない。でも、どうしてもお金が必要で。」

そんなあなたでも、利用できる可能性があるのが「街金」(街金融)。

一般的にはアコムなどの大手金融機関に対し、地域に根差した中小消費者金融のことを指します。(といっても、最近はインターネットで取引を行う無店舗型の会社も増えていますが。)

街金は全国各地に多数存在しますが、中でも利用者からの評判の良いものは「金融ブラック状態、かつ多重債務者(4件以上)でも貸してもらえた!」といったレビューが多数寄せられています。

このように、大手の審査に到底通過できない状況であっても、街金を狙えば必要なお金を調達できることがあるんですね。

ここからはものがブラック状態で、大手の審査に軒並み落ちてしまいお困りのあなたに向けて。

  • はじめての街金におすすめの会社
  • ブラックかつ多重債務者でも利用できるおまとめ先
  • 何としても審査に通過したい場合に選ぶべき会社

までを詳しくまとめてみました。
読み終えていただければ、今のピンチをきっと乗り越えられますよ!

申し込みブラックでも借りれる消費者金融一覧

申し込みブラックでも借りれる消費者金融としてこの章では延滞やブラックでもお金を借りる事ができるキャッシング・カードローン・消費者金融を表にまとめています。

時間のない人はざっと見て、上の目次や下の表から興味を持った会社・サービスを選んでください。

時間のある人は、それぞれの会社・サービスの記事詳細をじっくりと読んで検討しましょう。

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全て。

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可

という使いやすい特徴を持っています。

消費者金融会社実質年率借入限度額備考
エニー5.00%~20.00%500万円債務整理しても申込可
サンクスダイレクト7.30%~18.00%300万円年齢上限なし
ご融資どっとこむ18.00%~20.00%2000万円属性に合わせた多彩なローン
エス・ジー・ファイナンス9.85%~18.00%300万円新興・小規模だから積極融資
マンモスローン7.30%~15.00%2000万円他社借入のおまとめ専門

(審査の状況によっては見送りとなる可能性もございます。ご了承ください)

延滞・滞納・申し込みブラックでも借入・融資可能な消費者金融

延滞や滞納・ブラックの方は仮に大手に申し込んだとしても100%審査に通ることはできません。

しかし、これまで紹介した申し込みブラックでも借りれる消費者金融であれば可能性はあります。

どうしても大手のシステムの審査だと申し込み者を点数付けして明らかに過去に金融事故を起こした方であれば不利です。

今すぐにお金が必要な方や、お金を作りたい・借りたいはこれまで紹介した消費者金融で一度申し込んで見てはいかがでしょうか。

★上記の表で紹介している金融機関は、どれも各都道府県の許可を得た正規業者となります。

★自分がブラック状態か分からない、という場合には事前に個人信用情報の開示を行うことをおすすめします。

 

 

そもそも「申し込みブラック」って何?金融ブラックとはどう違うの?
そもそも「申し込みブラック」って何?金融ブラックとはどう違うの?
名前を聞いたことがない、という方も多いこの「申し込みブラック」状態。一度陥ってしまうと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

①短期間に3社以上の申し込みを行うことで、審査に通りにくくなってしまう……。
申し込みブラックとは、短期間に複数の金融機関へ申し込みを行うことで、審査に通りにくくなってしまう状態のこと。
申込期間や申込件数についての基準は金融機関やカードローン商品によって様々ですが、一般的には「1~3ヶ月に」「3社以上」と設定していることが多いようです。
★このページでは、3社以上の申し込みを行った方を申し込みブラックと仮定して解説していきます。

短期間に複数の会社に申し込みを行っている人ほど、金融機関からは「お金を借りるのに必死な人」、つまり「返済能力に不安のある人」と見られてしまいます。
サラ金と呼ばれる消費者金融はもちろん、銀行や信用金庫であっても、少しでも「この人に貸したお金は戻ってこないかもしれない」と思うと審査に通過させません。

カードローン事業はボランティアではないため、残念ながらお金に困っている人ほどお金を借りにくい、というのが現状です。
審査に通るためには「必死さ」を見せないよう、余裕を持って申し込みを行うことが大事なんですね。

②申し込みブラックは6ヶ月~1年間続く:銀行系だと申し込みブラック期間が長引きやすい
申し込みブラックが続くのは6ヶ月~1年の間。申し込みブラックの期間は、金融機関が加盟する「個人信用情報機関」によって変わってきます。
個人信用情報機関とは、あなたのローン利用状況や申し込み状況をすべて記録している場所のこと。
金融機関は、3つの個人信用情報機関のいずれか1つ以上に必ず加盟しています。

3つの個人信用情報機関を簡単に説明すると、以下のようになります。

申し込み情報が残る期間 加盟金融機関
JICC
(日本信用情報機構) 6ヶ月間 小規模~大手消費者金融
大手クレジットカード会社
銀行カードローンの保証会社
CIC 6ヶ月間 クレジットカード会社
大手消費者金融
銀行カードローンの保証会社
KSC
(全国銀行個人信用センター) 1年間 銀行
信用金庫など
詳細4.各消費者金融・銀行の加盟する個人信用情報機関一覧
例えば「JICC」「CIC」に加盟しているプロミスに申し込みを行うと、「JICC」「CIC」に同時に「申し込み履歴」が残るわけですね。

「1~3ヶ月以内に」「目安として3社以上」のローン申込を行うことで、「6ヶ月~1年」の間、審査に通りにくくなります。
このように、多重申し込みが原因で審査に通りにくくなった状態のことを申し込みブラックと呼びます。
③実例をもとにした申し込みブラックの仕組み
より詳しく申し込みブラックについて知るために、2人の申し込みブラック例を見てみましょう。
各金融機関が加盟する個人信用情報機関については『4.各消費者金融・銀行の加盟する個人信用情報機関一覧』をご覧ください。

★年収200万円・派遣社員Aさんの例

申し込み時期 加盟個人信用情報機関
りそな銀行クイックカードローン 4月1日 KSC(1回目)
JICC(1)
CIC(1)
楽天銀行スーパーローン 4月20日 KSC(2)
CIC(2)
八十二銀行「ニューマイティー」 4月28日 KSC(3)
JICC(2)
CIC(3)
→KSCとCICで申し込みブラック状態となり、
KSCまたはCICに加盟している金融機関の審査に通りにくくなる

申し込みブラックでも借りられる消費者金融4選

申し込みブラックでも融資可能で、口コミでも評判のよい中小消費者金融を4社紹介します。

会社名金利、限度額特徴セントラル年4.8~18.0%、最大300万円土日の即日融資も可能、コンビニATM利用可能ライフティ年8.0~20.0%、最大500万円1,000円から融資可能、コンビニATM利用可能ユニーファイナンス年12.00%~17.95%、最大300万円プロミスATMで入出金可能エニー年12.6~20.0%、最大300万円おまとめローンも可能

あなたがすでに複数のカードローンで審査落ちして申し込みブラックになっているなら、大手消費者金融や銀行カードローンには合格できません。

そのようなときは、ここで紹介するような中小消費者金融を選びましょう。

中小消費者金融では、大手のような自動審査ではなく審査担当者が1件ずつ手動で審査しています。

申し込みブラックでも門前払いにはならず、電話で相談すれば柔軟な対応をしてくれます。

★年収120万円・アルバイトBさんの例

申し込み時期 加盟個人信用情報機関
プロミス 4月7日 JICC(1回目)
CIC(1)
アイフル 5月10日 JICC(2)
CIC(2)
→JICCとCICで申し込みブラック状態となり、
JICCまたはCICに加盟している金融機関の審査に通りにくくなる

銀行カードローンを中心に審査を受けたAさん、消費者金融を中心に審査を受けたBさんのどちらもが、申し込みブラック状態となってしまいました。
このように、申し込みブラックは各金融機関が加盟する個人信用情報機関に、短期間に申し込み情報が記録されることで陥ります。

2人がこの後カードローンを利用するためには、
最後の申し込みから6ヶ月後に「アコム」「アイフル」など、審査通過率の高い消費者金融へ申し込みを行う
小中規模の消費者金融へ申し込みを行う
といった方法が挙げられます。

<申し込み履歴の残っていない個人信用情報機関に加盟しているローンを選ぶことで、審査に通過できないの?>
「消費者金融にばかり3社以上申し込んだけれど、銀行カードローンなら信用機関が違うし、きっと大丈夫!」と考える方は多いのですが……。
各銀行カードローンは審査を保証会社と呼ばれる会社に委託しています。そしてこの保証会社、JICCやCICといった個人信用情報機関に加盟していることがほとんどなんです。

結局審査を行うのはこの保証会社であるため、JICCやCICに多重申し込み情報が残っている時点で、銀行カードローンの審査に落ちてしまいやすいんですね。

信用金庫やJAといった、比較的小規模の金融機関なら可能性はあるかも、と調べてみましたが……。
実際はどこも、JICCやCICに加盟している保証会社を付けているようです。
参考4.各消費者金融・銀行の加盟する個人信用情報機関一覧

もちろん銀行への申し込み情報もJICC・CICにバッチリ記録されるため、とりあえず低金利なローンの審査を片っ端から受けてみよう!と審査に落ち続けてしまうと、本来なら通過できるはずの消費者金融の審査に落とされてしまう可能性も……。

そんな事態に陥ってしまわないよう、ローンの申し込みは1社ずつ、段階的に行ってくださいね。上手なローンの申し込み方は、次で紹介していきます!

銀行・大手消費者金融は申し込みブラックでも借りれる消費者金融への融資は不可

申し込みブラックでも借りれる消費者金融=審査落ち

銀行カードローンや大手消費者金融は、申し込みブラックでも借りれる消費者金融状態では審査に合格することはできません。

理由は、大手はコンピューターによるスコアリング方式の自動審査を取り入れており、信用情報機関に多重申し込みの記録があると大幅なマイナス評価になり、ほとんどの場合はその時点で審査落ちになるからです。

そのため銀行・大手消費者金融は信用情報がブラックでも、事情を考慮して融資してもらうという柔軟な対応は期待できません。

特に、銀行カードローンは消費者金融よりも審査基準が厳しいため、信用情報にネガティブな情報があると簡単に審査落ちとなります。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融が審査に通らない理由

申し込みブラックでも借りれる消費者金融が審査に通らないのは、お金に困っている人という印象になるからです。

個人のお金の貸し借りでもそうですが、いろんな人にお金を貸してほしいと頼んで回っている人には、あまり貸したくないと思う人が多いはずです。

カードローンの審査でも同じで、たくさんの会社に申し込みしている人は経済的に余裕がない人だと判断されます。

仮に審査に合格させたとしても多重債務者になる恐れがありますので、通常より貸し倒れのリスクが高くなります。

大手カードローンはリスクをとってまで返済能力に疑問のある人にお金を貸すことはしません。

信用情報に多重申し込みの記録があると、その時点で審査落ちとなります。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融の状態と期間

申し込みブラックでも借りれる消費者金融にならないためには、どういう申し込みのしかたをすると申し込みブラックでも借りれる消費者金融になるのか知っておくことが大切です。

申し込み件数が1ヶ月に3社を超えるとブラックになる

カードローンの審査で問題のない申し込み件数は、1ヶ月に3社までです。

1ヶ月に3社を超えた数のカードローンに申し込みをすると、合格率が極端に下がってしまいます。

短期間に4社も5社も申し込みをするということは、どうしてもお金を借りなければならない、お金に困った人と判断されてしまうからです。

大手のカードローンで2~3件連続で審査落ちした場合、次の申し込みはしばらく控えておくようにしましょう。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融は6ヶ月間続く

一度申し込みブラックでも借りれる消費者金融になると、その状態が6ヶ月間続きます。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融に関係する信用情報の記録は、あなたがローン商品に申込んだときに記録される「申込情報」か、または金融機関があなたの信用情報をチェックしたときの「照会記録」という情報です。

日本にはCIC、JICC、KSCという3つの信用情報機関がありますが、申込情報や照会記録の保存期間は以下のようになっています。

CIC…6ヶ月JICC…6ヶ月KSC…金融機関への情報提供は6ヶ月、本人への開示は1年間

KSCのみ、あなたが開示請求したときは1年前までの記録が見れますが、金融機関に情報提供しているのは6ヶ月前までの記録のみです。

つまり、最後に申し込みをしてから6ヶ月経過すれば信用情報機関での申し込みの記録は全て消えます。

半年待てば申し込みブラックでも借りれる消費者金融から抜け出せる

半年経過して申し込みの記録が消えれば、申し込みブラックでも借りれる消費者金融状態は解除されます。

そうなると、大手消費者金融や銀行カードローンでも通常通り審査してもらえるようになります。

なぜ前回は申し込みブラックでも借りれる消費者金融なったか理由を振り返り、対策を考えた上で再挑戦できます。

ただし、前回と同じ会社に申込むと、その社内には記録が残っています。

万全を期すために、今まで申し込みしたことのない別の会社にしておいた方がよいでしょう。

申し込みブラックでも借りれる消費者金融にならないために

あなたがこれからカードローンに申込むのなら、申し込みブラックでも借りれる消費者金融にならないために、以下の点に注意しましょう。

1度に1社ずつ申込む審査難易度の低い会社から申込む審査落ちしたら理由を考えて対策する

1.1度に1社ずつ申込む

申し込みブラックでも借りれる消費者金融にならないためには、複数の会社に同時申し込みをしないことが大切です。

1度に1社のみ審査を受けて、審査結果が確定してから次に申込むようにしましょう。

急いで借りたい事情があると、落ちたときの保険として複数の会社に申し込みしたくなりますが、逆効果になります。

1件ずつ申込んでいれば合格できていた会社が、複数同時に申込んだことが原因で審査落ちになってしまう可能性があります。

2.審査難易度の低い会社から申込む

収入が低い、他社利用が多いなど、審査で不安な点があるなら、最初から審査難易度が低い会社を選びましょう。

はじめは難易度が高い会社を受けてみて、落ちたら難易度が低い会社にするという順番にすると、申し込みブラックでも借りれる消費者金融になる可能性が高まります。

審査落ちの記録が増えるにつれて、審査合格率が下がっていくからです。

一般的には銀行カードローンより消費者金融の方が甘い審査をしています。

口コミなどを参考にすれば、大手消費者金融で審査難易度が低い会社を狙うなら、アコムがおすすめです。

3.審査に落ちた理由を考える

申し込みブラックでも借りれる消費者金融になるのは短期間のうちに3社以上連続で審査に落ちた場合です。

1社目で不合格になった段階で、なぜ落ちたのか理由を考えて、2社目はその対策をして申込むことが大切です。

一般的に審査落ちの要因として多いのは以下のような点です。

収入が低い・安定していない他社利用が多い虚偽の申告

1つずつ確認しましょう。

「申し込みブラック」状態に陥らないための上手な申し込み方法
「多重申し込みを続けると、審査に落ちやすくなる!」と言っても、なんとかお金を借入れたい、というときなら1社ずつ申し込みを行うのは不安ですよね。
申し込みブラックを避けながら確実にキャッシングを行うためにはどうすればいいのでしょうか?

結論から言うと、「審査難易度の低いカードローンの審査を1社ずつ受ける」ことが重要となります。
大手消費者金融機関の中で最も審査通過率が高いのは「アコム」となるため、不安な方はまずアコムを選んで問題ないでしょう。

参考審査に通りやすいカードローンランキング

できるだけ低金利で借りたい、という方は銀行カードローンの中で比較的審査難易度の低い「楽天銀行スーパーローン」などを選びましょう。
ただし審査はアコムより少し厳しいため、審査に落ちてしまった場合は消費者金融の検討をおすすめします。

申し込みブラックを防ぐためには、段階的に審査難易度を落としながら、1社ずつローン申し込みを行いましょう。
また、各社の審査を受ける前には必ず各社の利用条件を満たしているか、確認した上で申し込みを行ってくださいね。
簡単にですが、各社の審査難易度をまとめてみました!(あくまで目安としてご覧ください。)

↑難易度高
↓難易度低

・三井住友カードゴールドローン(年収400万円以上~)
・みずほ銀行カードローン(年収200万円以上~)
・三菱UFJ銀行「バンクイック」
・楽天銀行スーパーローン(年収200万円未満可)
・プロミス
・アコム
・セントラル
・AZ、アローなど金融ブラック相手に融資を行うことのある金融機関
参考銀行カードローンの審査難易度一覧

カードローンの審査に落ちてしまったけれど、「何としてもお金が必要!」という場合には一社ずつ、審査難易度を下げながら申し込みを行いましょう。

★申し込み前に、必ず各社の利用条件を確認してください。自身の収入のない方は基本的に消費者金融系の会社を利用できません。
専業主婦の方は専業主婦に対応している銀行カードローンを選択してください。

★消費者金融またはクレジットカード会社において、年収の3分の1を超えるお金を借りることは法律上不可能となっています。(おまとめローンなど一部を除く)
年収の3分の1を超えていなくとも、他社借り入れがあるだけで審査通過は難しくなるため、まずは自身の借り入れ状況について見直してみるのも良いでしょう。

申込みブラックでも借りれる消費者金融は

短期間にいくつもの消費者金融に申し込んでしまうと、一般的に『申し込みブラック』になる言われています。
申し込みブラックでも借りれる消費者金融は、フクホー・アロー・セントラルで、この3社は、ブラックでも借りれることでは有名で、知る人ぞ知る消費者金融です。もちろん貸金業登録されている、正規の消費者金融です。

中小消費者金融なら申込ブラックでもカードローン審査に通る

今回のお話のまとめになります。今回のお話は、『カードローンの審査に申込ブラックは本当に通らないのか?』というテーマでした。

結論としては、中小消費者金融カードローンであれば、申込ブラックでも審査に通る可能性はあります。

ただこれは、あくまで短期間に複数のカードローン会社に審査の申込をして、申込ブラックとなってしまった場合の話です。

できれば、一気に複数のカードローン会社に審査の申込をしないのが望ましいです。

どんなブラックでも試す価値あり!申し込みの裏技とは

「裏技」と言うと何だか物騒な香りがしますが、これは全くそんなことがない方法です。誰が聞いても「そんなに簡単な話だったのか」と拍子抜けすること請け合いです。

ブラックの情報は信用情報機関に保管されています。この信用情報期間を利用することによって、各金融機関はあなたがどんな状況なのか、ブラックなのかを知ることができます。

この信用情報機関、実は複数あるのをご存じですか? 案外、多くの人は「信用情報機関はひとつしかない」と思っているふしがあるのですが、実際はいくつも存在し、そして金融機関の種類によって、利用するところが違うのです。

登録場所をチェック!信用情報機関を使いこなそう!

代表的な信用情報機関はいくつかありますが、特に有名なのが以下の通りです。利用金融機関や登録情報件数もチェックしてみましょう。

機関名種類情報保有数全国銀行個人信用情報センター銀行・信金・信組・農協系9715万件株式会社 シー・アイ・シー信販会社約5億件株式会社日本信用情報機構消費者金融約3億件

数千万、億という単位を見ると、なんだか遠い世界の数字のように思えますが、この中にはあなたの情報も確実に入っています。ネットワークでつながれた今の時代、逃れることはなかなかできないと言っても良いでしょう。

それなら、その情報を逆手にとって利用すれば良いと思いませんか? 実際に見てみると、金融機関によって利用する信用情報機関が違うということが一目瞭然です。

そう、もしも銀行で借り入れができず、ブラックになってしまった人は、信販会社や消費者金融に目を向けてみると良いかもしれません。

堂々と申し込もう!情報を賢く利用!

もちろん独自のネットワークで、信用情報機関以外からも情報を得ている可能性は否定しませんが、別段悪いことをしているわけでもありませんので、堂々と申し込みをしてみる価値があります。

簡単なことですが、実際に信用情報機関などを調べるのが面倒な人には向かない方法かもしれませんが、さして面倒ではないと思う人ならぜひ試してみて下さい。

信用情報機関では、本人であれば金融機関以外でも情報を閲覧することができます。自分の情報が気になる人はチェックしてみるのも良いでしょう。

ただし、信用情報機関によっては会員登録が必要だったり、閲覧料(1000円前後~数千円)が設定されていることがありますので、事前に問い合わせをしておきましょう。

究極の裏技? 半年じっと待つのも有効!

こんな裏技を使わなくても、それほど急いでいる状況でなければ、半年ほど待っていれば良いだけかもしれません。あれこれやって疲れ果ててしまうよりは、その手段の方が精神的に楽だと言う人もいるでしょう。

申し込みブラックは半年で解除されますし、そうなればまた新たに申し込むこともできます。いざという時の保険のために契約しておきたいという人であれば、無理にあれこれ手を打たず、じっと待っているのも良いかもしれませんね。

ただ、やはり手元に一枚、いつでもお金を都合できるカードがあるというのは、かなり安心できるのではないでしょうか。お守りとしてひとつ、無事に契約できていればとても便利ですよ。

消費者金融で急いで借りたい!そんな時には視点を変えて

それでもどうしても、どうしてもお金が必要! という人は、半年なんて待っていられないですよね。短いようでいて長い、これが半年という期間です。

でも、申し込みブラックになってしまっている以上、半年間は絶対お金を借りられないと言っても過言ではありません。お金の世界はそれほどまでに厳しいのです。特に大手はリスク回避のため、かなり厳しくしているという噂もあります。

そんな時でも諦めず、何とか借りる方法を模索してみると、決して「借りる方法が全くない」というわけではないことが分かります。ここで必要なのは視点を変えることです。

大手で無理なら中小を!狙ってみる価値はある!

それほど急いでいるのなら、銀行ではなく、貸金業を専門でやっている業者が良いでしょう。いわゆる消費者金融です。テレビでにぎやかなCMを放映したり、雑誌でも広告を打ったりしているので、知らない人はいないのではないでしょうか。

その消費者金融も、ブラックは絶対にお断りです。お金のプロだからこその対応ですね。しかしこれでは困ってしまう……。そんな時に注目したいのは、大手の消費者金融ではなく、中小の消費者金融です。

消費者金融というと、どうしても巨大な会社ばかりを思い浮かべてしまいますが、中小の消費者金融もしっかりと存在します。

中小の特徴とは?大手よりもアットホーム!

中小の消費者金融の特徴としては、以下のようなことが考えられます。

広告が控えめ(あるいは一切出していない)地元密着型大手ほどスピーディではない融通が利く時があるかもしれない

地元に密着し、古くから経営している消費者金融であれば、地元の人たちだけを相手にして商売をしている可能性があるため、広告を出していないこともあります。ここは口コミなどに頼るしかない部分ですが、そう難しいことでもないでしょう。

大手の売りである即日融資には少し負けるかもしれませんが、それでも貸金業のプロである以上、銀行よりは速い審査が考えられます。

(⇒審査が緩い中小消費者金融情報)

そして最もありがたい点としては、「話を聞いてくれる可能性がある」ということでしょう。中小ならではの人情に頼ってみるのも悪いことではありません。

申し込みブラックの最終手段は信用情報ワケ有でも借りれる中小キャッシング?


本日中にどうしても15借りたい。
または10万円借りたい!!

やはり世の中には自分の給料または、生活保護だけではお金が足りない人もいるんだと思います。

だからそんな時に審査に通らないけれど、お金か借りたいんだとしたら、消費者金融カードローン、銀行カードローンで度々審査落ちしている人もいるかもしれません。

さすがに10万円借りたい時にこれで申し込みブラックとかだったら、消費者金融カードローンも銀行カードローンも審査に通らないから、どうやってもお金が借りれなかったりするでしょう。

じゃあそんな申し込みブラックでも他にお金が借りれる方法とは・・・?

カードローンや金融でお金が借りれない融資が受けられない申し込みブラックだったとしても、お金が借りたい時にすぐに借りれる金融となってくると、大半は闇金と想像するのかもしれませんが、一応中小消費者金融であれば、ローンが組めない人でも、銀行や消費者金融審査で借りれない通らないとしても、ライフティなどでキャッシング出来るのかもしれませんでした。

勿論絶対に借りたいからって借りれるものではないので、申し込みブラック対応とか債務整理や多重債務者でも借りれるなんて言っても、大手同様借りれない人もいれば、何処の業者からも借りれない場合もあるので、そんな場合は返済に徹するようにして下さい。

ただやっぱり本日中に15借りたいとか10万円借りたいとかであれば、急を要する場合であれば、審査審査で落ち続けるのも嫌だと思うので、在籍確認や返済可能であれば、大手業者以外の甘い審査の中小消費者金融キャッシングがおすすめだったりするんじゃないでしょうか?

基本的に債務整理や多重債務者、自己破産でもお金が借りれる審査金融であれば、割と何処でもお金が借りれる消費者金融会社だと思いましたので、契約する際は審査基準に自己破産でも借りれるかどうかチェックしておくと良いでしょう。

勿論申し込みブラックでも、信用情報ワケ有でも借りれる中小消費者金融キャッシングであれば、他社よりお金が借り易いし、分からない点はメール申込でお問い合わせも可能でしたから、何かと消費者金融カードローンや銀行カードローンでキャッシングが無理の申し込みブラックがいましたら、ここは闇金融とか闇金キャッシング、そんな事は考えずにカードで借りれないとしても、お金が借りれる申込者ブラックでも破産者でも借りれる激甘審査キャッシングのような審査基準のカードレスキャッシング、つまり中小キャッシングで契約利用してみると良いんじゃないでしょうか?

実際にこれでお金が借りたい時に借りれた人やキャッシング出来た人は多数いましたので、金融会社で何処からも借りれないとか、信用情報ブラック申し込みブラックとかで融資希望したいとかであれば、消費者金融審査の甘い中小消費者金融キャッシングこちらであれば、即日15借りたいとか10万円借りたい時にお金が借りれるかもしれないでしょう。

又専業主婦でもお金が借りれるので、金融業者で借りれない時でも、大手不要闇金も要らず、お金が借りたい時にすぐにお金が借りれる可能性があったりするでしょう。

というわけで、審査が甘い消費者金融カードローンや銀行カードローンで借りれないとしても、申し込みブラックでもお金が借りれる最終手段としては、カード以外であれば、生活保護を受けている、または申請中で生活費が苦しい時に、お金が借りたい時にキャッシング契約可能だったりするので、覚えておくと良いでしょう。

申し込みブラックOKとはどのような状態を指すのか

日常生活でお金に切羽詰っていると判断される
金融機関に融資の申し込みを行うと、個人信用情報機関にその情報も自動的に記録されます。 A社で申し込みを行い断られたからすぐにB社で、そこもダメだったからすぐにブラックOKなC社と立て続けに行うと、短期間に何社にも融資の申し込みを行ったと言うキャッシングの事実が記録される事になります。 実は、金融機関では、即日融資やクレジット契約の申し込みがあった際、借入の状況だけでなく全てのの状況も確認しており、短期間に立て続けに何社にも連続して行っている人に対しては、許可OKを出さない事がほとんどなのです。

つまり、何度も行うだけで「お金に困っている危険人物である」という判断が一方的に下され融資を完璧に断られる、いわゆる「申し込みブラック」という良くないシチュエーションの状況に陥るのです。 しかしこの過多という状況を逆手にとって、「どんなに高金利を提示しても、これだけ困っている人なら借りるはず」と法外な高金利で貸付を行う強気の業者が多いのも事実です。

即日で申し込みブラックOKなどと解りやすい表現でうたっているのです。 この特徴はほとんどの場合すぐにわかります。 欠かさずに随時チェックしなくてはいけないのは大手の消費者金融は新規のお客様に対しては比較的条件は緩くてもです。 既に他社からの借入がある場合の審査は厳しく特にそれが過去に金融の事故を1回でも起こしている方の場合はほぼ不可能に近い状態であるといっていいでしょう。

ブラックでも融資可能な消費者金融6選

ブラックでも即日融資可能!?審査の甘い消費者金融5選

【2ch】ブラックでも借り入れできる消費者金融【総まとめ】

ブラックでも借り入れ可能!?おすすめ消費者金融まとめ

ブラックが借入出来る即日融資可能・おまとめ対応の会社まとめ

ブラックの人がお金を借りる方法

ブラックリストが10万円借りたい | 融資の条件と方法

ブラックでも借りれるおまとめローン【口コミ・評判まとめ】

申し込みブラックでも借りれる消費者金融 | ブラックOK金融機関

ブラックでも借りれる消費者金融 ランキング【最新版】

ブラックでも借りれるキャッシング口コミランキング!!

ブラックでも融資してくれる所 | 金融機関まとめ

ブラックでも融資可能な銀行【確実に融資してくれる銀行は!】

ブラックでも融資!安全に借入できる消費者金融5選

ブラックでも借りれる銀行はないの?【銀行を徹底調査】

ブラックでも借りれるカードローンとブラックの解除方法

ブラックでも借りられる【2chで噂の消費者金融をまとめてみた】

ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンスの嘘・本当

ブラックでも借りられる銀行 | 審査と借入のコツは○○にあり

ブラックが融資を銀行で受けるには?※審査基準と通過の極意

ブラックリストでも借りれる銀行は?借りれない時の対策法2選

申し込みブラックでも融資可能な金融機関と意外な実践方法2選

口コミで分かったブラックでも融資OKな消費者金融一覧

ブラックでも融資可能な所を2chから抜き出してみた

 

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
パチ・スロで高収入ならコチラをチェック↓↓↓↓

おすすめの記事