可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

ブラックでも融資可能な銀行

巷で「○○銀行は審査が緩い」「ブラックでも審査通過した」なんて声をたまに聞きますが、本当にそうなのでしょうか。

そもそも本人が「自分はブラックだ」と思っていても、実際は指定信用情報機関に記載されていなかったのかもしれませんよね。指定信用情報機関に記載する内容というのは、各金融機関が決めた基準で決まっているため、自分が思っていることとは違う可能性があります。

逆もしかりで、自分ではブラックのつもりじゃなかったのに、ブラック登録になっているということもあり得るわけです。こればっかりは、金融機関でないとわからないということですよね。

とはいっても、確かに審査を緩くしてくれている銀行があるのは確かなようです。

見極め方は、「専業主婦でも融資可能」となっていたり、「○○万円以下の融資は収入証明書の提出が不要」となっているところが比較的緩い傾向にあるようです。世間一般で、比較的審査が緩めだと噂されている銀行系カードローンは以下の通りです。

楽天銀行カードローン
・インターネット専用銀行
・融資額は最大500万円
・融資額300万円までは収入証明書不要
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大50万円)
・さまざまなキャンペーンあり(金利半額、ポイントプレゼントなど)
イオン銀行カードローンBIG
・融資額は最大800万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大50万円)
・融資額300万円までは収入証明書不要
三菱東京UFJ銀行バンクイック
・融資額は最大500万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大30万円)
・融資額100万円までは収入証明書不要
みずほ銀行カードローン
・融資額は最大1,000万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大30万円)
・融資額200万円までは収入証明書不要

ブラックでも融資可能な銀行系カードローンはあるの?

比較的審査が緩い銀行はわかったけれど、実際ブラックの人でも通るのか、ということですよね。

結論から言えば、ブラックの方が銀行から借入できる可能性は極めて低く、ほぼ無理と言ってよいでしょう。

銀行は、「個人信用情報」を非常に重視しており、どの銀行であっても、審査の時には、ほぼ間違いなく、個人信用情報を確認します。

そして、特に新規貸出を行うにあたって、個人信用情報で、「延滞歴」がある方、「事故歴」がある方に、融資してくれる銀行というのは、無いと思っていた方が良いでしょう。

どれくらい?ブラックの情報が消えるまで!

ブラックになってしまったという個人情報は、信用情報機関に一定期間登録されることになります。この期間中、新たな借り入れをしようとして新規で申し込んでも、審査に通る可能性はかなり低いと言わざるを得ないでしょう。

では、この期間は一体どれくらいなのでしょうか。日本に3つある信用情報機関では、それぞれの基準で保管し、時期が来れば消去するということを行っています。

信用情報機関保管する期間
全国銀行個人信用情報センター(KSC)返済完了から最大5年
株式会社日本信用情報機構(JICC)返済完了から最大5年
株式会社 シー・アイ・シー(CIC)返済完了から最大7年

KSC、JICCは、それぞれ銀行、消費者金融が主に使う信用情報機関です。

この2つの機関は、情報の保管を最大で5年としているようですね。

信販会社が主に使う、CICだけが7年という長期間を取っています。

もっとも、以前は最大で10年間でした。それに比べれば相当短くなっているのは確かです。思った以上に辛抱する期間が短くて済むようになったのですね。

消去されれば問題なし!今度はブラックにならないで!

信用情報機関で保管されているデータが消えてしまえば、あなたの過去のブラックの記録は、全てなかったことになります。後はあなたが反省し、二度と同じことを繰り返さなければ良いだけの話です。

ただ、ここで気を付けたいこともあります。

  • 信用情報機関から削除されても、利用会社のデータベースに残っているかもしれない

そう、ブラックになるようなことをやらかしてしまった会社には、あなたの記録が残っている可能性があります。

また再び申し込みをするにしても、この会社は避けた方が無難かもしれませんね。いくら返済能力があっても、過去のことで尻込みされる可能性があります。

銀行系が駄目なら別系統!消費者金融で借りる!

ブラックの人が銀行系で借りることは、非常に難しいということが分かりました。無理に銀行系に申し込んで、審査に落ちたという情報を信用情報機関に追加されるより、ブラック期間は銀行系から借りることを諦めた方が良いでしょう。

その代わり、消費者金融で借りることが可能かもしれません。

銀行系と消費者金融は別系統であり、銀行系の厳しさが消費者金融に適用されるわけではないからです。

また、消費者金融は、銀行系と比べると、審査が緩いことで有名です。多少ブラックで傷がついていても、対応してくれる可能性はゼロではありません。もちろん、100%審査に落ちないという保証はどこにもありませんが、試してみる価値はあることでしょう。

 

 

確実に融資してくれるブラックでも融資可能な銀行はどこ?
申込する方の信用や、状況を問わず、「確実に融資してくれるブラックでも融資可能な銀行」は存在するのでしょうか。

これから借入したい方も、既に借入申込をしたけど、審査に落ちたという方も、確実に融資してくれるブラックでも融資可能な銀行があるなら、知っておきたいですよね。

ブラックでもブラックでも融資可能な銀行で借入できる?
「確実に融資してくれるブラックでも融資可能な銀行」というと、必ず聞かれるのが、「ブラックでも借りられる?」という質問です。

今回は、まず、ブラックでもブラックでも融資可能な銀行から借入が出来るのかという点からご説明しましょう。

そもそもブラックってなに?
ブラックというのは、明確に定義されたものではなく、やや曖昧な言葉になります。

そのため、具体的に、ブラックというのが、どういう状況を指しているのかを定義することから始めてみましょう。

一般的に、「ブラック」という言葉が使われるのは、「お金を借入した後に返済ができていない、延滞中の方」や、「過去に自己破産などの法的手続きを行っている方」、「頻繁に延滞を繰り返している方」など、ブラックでも融資可能な銀行で問題先として扱われる方を指して使われる言葉のようです。

つまり、「ブラック」とは、「返済に問題がある」方を総称する言葉と言えます(ブラックでも融資可能な銀行や、消費者金融のなかに「ブラック」という明確な言葉がある訳ではありません)。

そして、このブラックという言葉の使われ方から考えると、ブラックとは、個人信用情報に「問題がある」と登録される方と、同じものとして見ることができます。

個人信用情報とは、ブラックでも融資可能な銀行や、貸金業者などの間で、個人の借入情報を提供してもらうサービスであって、各個人の借入件数や、借入金額が判明するだけでなく、延滞の情報や、事故情報と言われる「債務整理」の履歴まで掲載されています。

つまり、個人信用情報の「延滞」、「事故歴」に載る方が、「ブラック」と言われているのです。

ブラックでも融資可能な銀行で借入するための最低条件
残念ながら、状況に関わらず「確実に融資してくれるブラックでも融資可能な銀行」というのは、存在していません。

しかし、ブラックでも融資可能な銀行から融資してもらう可能性を高めることは可能です。ブラックでも融資可能な銀行が融資してくれる方には、一定の条件が設けられています。

ブラックでも融資可能な銀行が設定している条件を知らずに、「確実に融資してくれるブラックでも融資可能な銀行」を考えても効果はありませんので、まずは、ブラックでも融資可能な銀行が融資してくれるための条件について知っておきましょう。

ブラックになっちゃった!借りられない期間は最大7年!
ブラックになってしまうと、長い間、新たな借り入れができなくなります。一体どうしてブラックになってしまったのでしょうか。本人が一番分かっているとしても、改めて考えていく必要がありそうですね。

三ヶ月以上の支払い遅延
債務整理(自己破産・個人再生など)
大きく考えると、ブラックになるのはこの2つが原因だと言われています。どちらもお金を扱うものとして見てみると、かなりまずい状況であることが分かりますね。支払い遅延も債務整理も、できる限り避けていかなければいけないことです。

しかし、ブラックになってしまったのなら仕方ありません。借りられない間はじっと我慢して、借りられるようになったら、今度はきちんとした返済を心がけて、新たに申し込みをすることが一番でしょう。

ブラック期間中でも借りたい!ブラックでも融資可能な銀行で借りる条件とは
本来、ブラックになった人は、ブラックの期間中に新たな借り入れをすることはできません。特にブラックでも融資可能な銀行で借りることは絶望的としか言いようがありません。ブラックでも融資可能な銀行の審査はただでさえ厳しいと言われているのに、ブラックになってしまった人が新たに借りられるとは到底考えられません。

ブラックでも融資可能な銀行系の審査は厳しい
ブラックではなくても一度でも滞納があれば審査に影響する
ブラックになっているということは、一度の滞納どころではありませんよね。しかも、信用情報機関でデータを参照すれば、あなたがブラックになっていることはすぐに分かってしまいます。

ブラック期間中、新規でお金を借りたいと思っても、ブラックでも融資可能な銀行のカードローンを申し込むことは非常に冒険だと言えるでしょう。やめておいた方が無難だと言えます。
ブラックでも融資可能な銀行はそんなに厳しい?ブラックじゃなくてもアウトかも
ブラックでも融資可能な銀行の審査の厳しさは、近年では徐々に緩やかになっていると言われています。確かに、即日審査・即日融資が可能と言う商品も増えていますし、以前よりは融通が利くようになっているのかもしれません。

しかし、実際、まだまだ厳しいと言わざるを得ない対応をされている人もいます。

ブラックではないのに審査に落とされると言うことも、実際は珍しいことではないのです。

それくらい、ブラックでも融資可能な銀行は審査を厳し目に設定しています。

ブラックではないが他社からの借り入れがある
他社からの借り入れが高額に上がっている
基本的に、他社からの借り入れがあるというだけで審査に落ちることは滅多にありません。問題はその金額です。あまりにも高額である場合、ブラックでも融資可能な銀行は審査でお断りを入れることがあります。多重債務や貸し倒れを出すくらいなら、最初からお断りした方が、ブラックでも融資可能な銀行にとっては得策なのでしょう。

どうして消費者金融ならOK?信用情報機関がその秘密!
どうしてブラックでも融資可能な銀行系が駄目なら消費者金融なの?と首をかしげる人もいるでしょう。確かにブラックはブラック、ブラックでも融資可能な銀行系でも消費者金融でも同じように審査で跳ねられるかもしれないと思うのは仕方のないことです。

しかし、先に説明したことを思い出してみてくれませんか?各金融機関が利用する、信用情報機関のことです。

ブラックでも融資可能な銀行系…全国ブラックでも融資可能な銀行個人信用情報センター(KSC)
消費者金融…株式会社日本信用情報機構(JICC)
ブラックでも融資可能な銀行系と消費者金融は、利用する信用情報機関が違います。これがどういうことか分かりますか?つまり、「参照する情報の登録されている場所が違う」ということになるのです。見る場所が違う、と言えばいいのでしょうか。

KSCとJICCは、それぞれ情報の共有を行っていません。

つまり、ブラックでも融資可能な銀行系カードローンでブラックになってしまった人でも、その情報は消費者金融では分からないのです。

これが良いことかどうかは分かりませんが、ブラックの人にとっては実に嬉しい情報であることは確かでしょう。以前は情報共有がされていたので、ブラックになると本当に厳しい状況でした。しかし今は、ずっと借りやすくなっていると言えますね。上手に利用していきましょう。

ブラックでも融資可能な銀行が融資してくれる個人には、以下の3つの基準があります。

年齢制限
年収基準
個人信用情報
年齢による融資制限
年齢制限としては、満20歳以上から、上限としては65~70歳としていることが多く、ブラックでも融資可能な銀行によって異なりますので、申し込み前に確認しておく必要があります。

高齢者の方は、収入が「年金」に限定されることが多くなります。年金は特定の専用借入を除いて、ブラックでも融資可能な銀行が担保に取ることができないため、高齢者への融資は困難となっているのです。

次に、未成年者は、法律上、単独で契約が出来ません。

親の同意があれば、契約することは可能ですが、ブラックでも融資可能な銀行はトラブルの原因となり得る、未成年者への融資に消極的ですので、大抵のブラックでも融資可能な銀行では、融資できる対象を満20歳以上としています。

また、そもそも満20歳未満の方は、学生であったり、就業していても勤続年数が短く、返済能力の低い方が多いため、ブラックでも融資可能な銀行として積極的に融資してくれる対象とはなっていません。

ブラックリストは信用機関で管理されている
そもそもブラックとは、融資を受けた人が返済するにあたって遅延や延滞を繰り返し、ブラックでも融資可能な銀行や消費者金融から信用されなくなった事実を現します。

私たちの信用情報(クレジットカードやキャッシングなどのお金に関する情報)は、日本に3か所ある信用機関で管理されています。

キャッシングを利用する際には、金融機関がその信用情報を調べるのです。それがいわゆる『審査』の一環です。

CIC・JICC・JBAといった信用情報機関の違いとは?≫
信用情報機関の情報共有
CICとJICCでは、お互いの持っている信用情報の共有・情報共有が行われています。

そのため「CICに加盟している金融機関ではダメだけど、JICCに加盟している金融機関の審査は通る」といったことは、考えられません。

この信用情報機関同士の共有・情報共有はFINEという、独自のネットワークで行われています。

FINEとは
FINE(Financial Information Network)とは、貸金業法の指定信用情報機関制度に基づき、指定信用情報機関である当社および(株)日本信用情報機構のニ機関間で行っている交流ネットワークです。
貸金業法では、複数の指定信用情報機関がある場合には、貸金業者が全ての指定信用情報機関を利用でき、顧客の総借入残高を把握できるように、指定信用情報機関間での情報交流が義務づけられています。

ブラックリストに載る項目と条件

ブラックリスト、つまり信用情報には融資の返済に関する遅延や延滞の事実だけが記載されるものではありません。
信用情報(ブラックリスト)には以下の項目が掲載されているのです。

管理されている項目
✓氏名や生年月日
✓居住地
✓勤務地
✓年収
✓契約しているクレジット会社やローン会社
✓遅延・延滞の記録
どこで融資を受けたとしても、どんな少額の融資であろうと、契約内容や、遅延・延滞の事実が細かく載っています。

新しくクレジットカードを作る際や、キャッシングの申し込みをする際は、必ず照会されることを覚えておきましょう。

ブラックリストに掲載されたら5~10年記録が残る
ブラックリストに掲載をされてしまったら、5~10年は記録が残り、融資を受けることができないようになります。

少額の融資ならば融資を受けられる可能性は0とは言えませんし、いわゆる闇金のような高い利息を払う業者であれば借り入れができるかもしれません。

ですが基本的には一定期間融資は受けられないと覚えておきましょう

ブラックでもいける審査の甘いブラックでも融資可能な銀行カードローンは本当にないのか
私は5年ほど前にローンの任意整理をしたブラックですが、現在借金はなく生活も立て直しています。

任意整理から随分日も経っているのでできればブラックでも融資可能な銀行のカードローンを利用したいのですが、やはりブラックでは借りられるかどうか心配です。

ブラックでもいける審査の甘いブラックでも融資可能な銀行カードローンはないのでしょうか。

ブラックの内容や状況次第で可能なブラックでも融資可能な銀行カードローンもあります
一般的にブラックでも融資可能な銀行だけでなく消費者金融などのカードローンでは金融ブラックがローンに申し込んでも審査に通ることは非常に難しいと考えられています。

しかし、過去に比較的短い延滞、任意整理や比較的少額な債務整理などを起こしたブラックでも現在の信用状況に改善がみられるなどの良好な場合には新興のネットバンクなどの一部のブラックでも融資可能な銀行で利用できることもあります。

金融ブラックとはクレジットカードやカードローンの支払いを契約通りに履行せず、支払の遅延・延滞、任意整理・債務整理や自己破産などを起こし、信用情報機関にその情報が記録されている人のことを一般的に指します。

つまり、過去に重大な信用事故を起こした信用リスクの高い人として認識されるので、カードローンなどの新たな利用が非常に難しくなっています。

そのため、ブラックでも融資可能な銀行だけでなく多くの消費者金融でもブラックに融資を行うところは少ないといってよいでしょう。(こちらもご参考に→ブラックでも審査に通れるカードローンは大丈夫?)

しかし、中小の消費者金融の一部などではそのブラックの内容をしっかり確認した上で少額の融資を実行することもあるようです。

中小事業者の場合は大手と比べると申込者の数が少ないのである程度のリスクをとらないと利用者を確保しにくいためかもしれません。

一方、ブラックでも融資可能な銀行の中でもネットバンクなどのローンの一部でブラックの人が融資を受けられたという情報が時々みられます。

情報が少ないためそれほど信頼性が高いとはいえませんが、そうしたネットバンクは専業主婦を利用対象者に含めるなど審査が甘いという口コミ情報も少なくないので、まったくのデタラメとも思えません。

また、ブラックの内容や状況も申込者ごとに異なるので、比較的軽度の事故なら利用できる可能性はありそうです。

あなたの場合は5年ほど前の事故なのでその情報が信用情報機関に残っていない可能性もあるので確認してみてはどうでしょうか。

もし残っていなければブラックでも融資可能な銀行ローンでの利用は十分期待できるはずです。

もし残っていてもその内容次第では利用できるところもあるので、ネットバンクなどに相談するのがよいでしょう。

でも、金利は消費者金融?
しかしレイクの金利を見てみると、ブラックでも融資可能な銀行というよりはやはり消費者金融の金利なのです。下にレイクと他行の金利を表にしてみましたので、比較してみてください。

ブラックでも融資可能な銀行 限度額 金利
レイク 1万円~500万円 4.5%?18%
バンクイック 10万円~500万円 4.6%~14.6%
りそなクイック 30万円?100万円 12.575%
限度額がまちまちなので比較し難いですが、この中でレイクの最高金利18%というのは、やはりブラックでも融資可能な銀行には見られない高い数値だということが分かりますね。

金利の高さは、利用者からすればデメリットでしかありませんよね。しかしレイクでは、ご存知のように2種類の無利息サービスで利息を還元しています。これによって、ある程度の金利の差はカバーは出来ていると考えられます。

でも、金利が高いと通りやすい!
しかし実はこの金利の高さそのものが、利用者にとって決して悪いことばかりではないのです。何故ならば一般に金利が高ければ、審査は緩い傾向になると言えるからです。

この理屈では、都市ブラックでも融資可能な銀行のカードローンに比べると、レイクは確実に審査に通りやすいことになるでしょう。

しかもレイクは消費者金融ではなく、ブラックでも融資可能な銀行としてのメリットを兼ね揃えています。レイクはブラックでも融資可能な銀行で消費者金融の借りやすさを実現できる、正に貴重なカードローンだと言えるのです。

ブラックにはどんなものがある?
レイクの企業としての性質については以上の通りなのですが、審査を受ける側についても、もう少し詳しく見ていく必要があります。

一口に「ブラック」と言っても、理由は分からないけれど審査になかなか通らないという、自称ブラックの方も居ます。そのような審査落ちの背景には、実は様々な要因が考えられるのです。

ブラックでもレイクに通ったと言われていても、それが必ずしも信用情報の「ブラック」が原因だとは限らないのです。
(⇒ブラックでもレイクなら借りられる?)

そもそも金融ブラックとはどんなもの?
いわゆる「ブラック」とは、長期延滞や債務整理が理由で、信用情報機関に登録されている人のことを指しています。

機関や内容にもよるのですが、一度登録されると5年から10年はそのままですから、その間の審査には通らないと言われています。

但し大手企業の審査は無理でも、中小消費者金融ならば対応可能なこともあります。そのためブラック登録中の方は、大手やブラックでも融資可能な銀行は避けて、中堅業者で申込むのが普通なのです。

【長期延滞・債務整理による金融ブラック:登録期間中の審査合否は?】
× 大手消費者金融、ブラックでも融資可能な銀行カードローン
○ 中小消費者金融
レイクは元々が大手消費者金融ですし、現在はブラックでも融資可能な銀行ですから、ブラック登録中の方にとっては本来ならば避けた方がいいカードローンです。レイクで融資可能だとしたら、上でご説明したようなブラックではなく、それ以外の状態である可能性が高いと考えられるのです。

ブラック以外にも様々な審査落ちが!
次々にカードローン審査に落ちてしまうと、自分はブラックだと思い込んでしまう方も多いのですが、必ずしもそうとは限りません。続けて審査に落ちる理由としては、様々な要因が考えられるからです。

例えば以下のようなことがあると、大手業者やブラックでも融資可能な銀行での審査には通らなくなります。

※短期間に複数の会社で審査申込みをした
※貸金業者から総額で年収の三分の一近い借入がある
※4件以上の借入がある
※現在延滞中(延滞期間が2ヶ月を超えるとブラック)
※他社の履歴に強制退会、強制解約の形跡がある

ブラックでもいける審査の甘いブラックでも融資可能な銀行カードローン
ブラックとは主に信用情報機関の事故情報に登録された人のことであり、要は信用情報を損なった人を指します。

ブラックに登録されるにはさまざまな条件がありますが、もっとも多いのが「延滞」です。

カードローンなどを過去に利用した人が期日までに返済できなかった場合にブラックリストに登録されることがあり、たいていの場合は三か月程度の延滞で事故情報に登録されてしまうといわれています。

前述したようにブラック登録されるにはさまざまな理由が存在し、延滞以外にも債務整理や自己破産など多岐にわたります。

ブラック入りしてしまうと信用情報が落ちてしまい、各種カードローンの審査に通過する確率が減ってしまうものの、延滞はブラック入りする理由としてはもっとも軽度なものであり、問題なく利用できるカードローンも豊富にあります。

一般的にカードローンは消費者金融系とブラックでも融資可能な銀行系の二種類が存在しており、消費者金融のほうが審査が簡単です。

むろんだから消費者金融のほうがブラックでも融資可能な銀行よりも優れているというわけではなく、審査が簡単で融資までの時間が短いものの、ブラックでも融資可能な銀行と比べて金利が高く、融資限度額も低めという欠点も存在します。

ブラック入りしている場合は審査に落ちる可能性が高くなるため、より審査に通りやすい消費者金融をブラックでも融資可能な銀行よりもおすすめしますが、金利などの関係上どうしてもブラックでも融資可能な銀行カードローンが使いたい場合であってもブラックでもいける審査の甘いブラックでも融資可能な銀行カードローンは存在します。

特に最近ではブラックでも融資可能な銀行と提携している消費者金融やもともと消費者金融であったものがブラックでも融資可能な銀行に吸収されたものなどが存在しており、これらのキャッシング業者は審査が通常のブラックでも融資可能な銀行よりも通りやすいというメリットが存在します。

また、知名度も高いものが多く、ヤミ金などの悪徳業者にひっかかる可能性も非常に低くなります。

ヤミ金とは貸金業法に反した貸出を行う業者であり、審査不要などの看板を掲げている場合も多く存在しますが、違法な金利をつけてくるので決して利用してはいけません。

おすすめの記事