可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

審査なしで借りれるカードローンは実在するの?

銀行や消費者金融からお金を借りるときは、当然のことですが審査を通過する事が必要となります。

それらの金融業者は消費者から金利を得ることが仕事なので、返済不可能な人に貸してしまうと経営が成り立ちません。

そのために、絶対返済できる人を審査によって選んでいるのです。

ですが、ブラックリストに載っていて融資を受けられない人や、ブラックでなくても過去に何らかのトラブルがあって融資の審査に落ちてしまう人もいるでしょう。

この記事では、審査なしでお金借りることが可能なのか、もし可能ならその金融業者はどのような業者なのかを説明していきます。

審査なしで借りれる銀行や消費者金融はあるの?

融資を受けたいのにも関わらず審査を受けるといつも落ちてしまう方や、審査を受けるのが怖いと感じる方は、審査なしの業者があれば良いのにと切に願うことでしょう。

無審査で借りれる方法を期待している人にとっては残念ですが、銀行やテレビコマーシャルを行っているような大手消費者金融の中で無審査の業者は一つもありません。

1万円だけの即日キャッシングやカードローンでも、しっかりと審査を行った後に融資を行っているのです。

インターネットを検索すると、審査なしであることを前面に押し出した金融業者や、無審査でも相談次第ではキャッシングが利用可能なローン会社の情報が出てきます。

審査なしを売りにしている業者でも、実際のところは独自の審査を行っていることが多いのですが、ブラックリストに載っている人に対しても本当に審査なしで貸してくれる業者が存在するならそれは間違いなく闇金融(ヤミ金)です。

ヤミ金で借りてしまうと、非合法な取り立て方法が実施されたり非合法な金利を要求されたりすることもあります。

借金を増やすことになったり周りの人に迷惑をかけてしまうなど、被害者となってしまわないためにも、間違っても「無審査」の言葉に釣られないようにしましょう。

審査なしで借りれる銀行や消費者金融はない、が

銀行も貸付については、銀行法で定められた方法で貸付可能かどうかの与信判断を行います。

銀行や消費者金融は、お金を貸して、きちんと返済されることで上乗せした金利が利益となるため、審査なしで貸付を行って、貸し倒れしてしまうと利益が出ないばかりか倒産してしまう可能性があります。

そのため、審査は法律に基づいて確実に行われています。

しかし、審査なしで借りたい方の中でも、なぜ審査なしで借りたいのかという理由は人それぞれ違います。

  • すぐにお金が必要だから審査をしている時間がない
  • 複数社から借入していてもう総量規制の上限まで借りているから審査に通らない
  • 過去に自己破産をしているため、借入することができない

など、カードローンを利用しようとしているならさまざまな理由がありますよね?

カードローンは消費者金融や銀行によって特徴がある

  • 審査申込から30分審査が終わって最短1時間で融資を受けることができるカードローン
  • 総量規制上限まで借入していても追加で借りることができる、総量規制対象外のカードローン
  • 複数の債務を一本化させることで金利を低くして返済の負担を軽くすることができる、多重債務者向けのおまとめローン

など、現在の状況によって最適なカードローンを選ぶことができます。

最適なカードローンを選択することで、審査があったとしても希望通りの条件で融資を受けることができる可能性が高まるため、条件によって最適なカードローンを選びましょう。

審査なしで借りれる訳ではないが、すぐにお金が必要で審査をしている時間が無い人におすすめ

審査なしで借りれる訳ではありませんが、今日中にまとまったお金が必要で審査をしている時間がないという人は、審査時間が短く、融資までの時間がはやいカードローンを選ぶと良いでしょう。

大手消費者金融のプロミスやアコムやアイフルは、審査申込から最短30分で審査が完了し、1時間以内に融資を受けることも可能です。

基本的には振込で融資となりますが、土日祝日や、平日の銀行の営業時間終了後でも、審査完了後に無人契約機でローンカードを発行することで、すぐにお金を引き出すことができます。

急いでいる方でも即日でお金を準備することができるようインフラ整備をしてくれているのがありがたいですね。

そのため、審査なしで借りれる訳ではありませんが、即日融資に対応しているカードローンを利用することで、すぐにお金が必要な方でもその日の内にお金を準備することができます。

審査なしで借りれる訳ではないが、審査に通る自信が無い人におすすめ

審査なしのカードローンを探している人で多いのは、すでに複数社から借入があって総量規制の上限まで債務残高があるなど、カードローンの申込をしても審査に落ちてしまうという不安がある人です。

ですが、すでに複数社から借入があって総量規制の上限ギリギリという方でも、新規で借入する方法があります。

それは、「総量規制対象外のカードローン」を利用すること。

総量規制対象外のカードローン

前述しましたが、年収の3分の1までしか借りることができない総量規制は、貸金業法に基づいて営業している消費者金融にのみ適用されている規制です。

銀行のカードローンは、銀行法に基づいて審査・貸付を行っているため、総量規制がないカードローン「総量規制対象外のカードローン」なので、現在年収の3分の1まで借入残高がある方でも新たに借入することができます。

消費者金融の場合は、新規で50万円以上の借入申込や他社の借入の合計が100万円を超える借入申込の場合は、所得証明書の提出を義務づけているため、審査の手続きが面倒になります。

しかし、銀行カードローンの場合は、そういった法律が無いため、各銀行によって審査時に提出する書類の条件が異なるのです。

審査によって必要であれば提出を求めるという形をとっています。

複数の借入がすでにあって、審査に通る自信が無いという人は、審査なしで借りれる訳ではありませんが、総量規制対象外のカードローンであれば、年収の3分の1以上の借入も可能なので、銀行のカードローンなどを選ぶようにしましょう

審査なしで借りれる訳ではないが、過去の金融事故で借入することができない人におすすめ

過去に自己破産や民事再生などの債務整理を行っている人は、信用情報のブラックリストに載っているため審査に通らないという話を良く聞きます。

そのため、いわゆるブラックの人は、審査なしで借入できるカードローンを探す人が多いようですが、実はブラックリストは一定期間経てば完全に記録が消えて、また新たに新規で借入ができる状態になります。

信用情報は国が指定している3つの機関

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  • CREDIT INFORMATION CENTER(CIC)

があり、それぞれで個人の信用情報を共有しています。

一般的なローンを利用した場合、全てこの信用情報機関に登録され、返済状況なども常に共有されます。

延滞した場合なども、信用情報に記録され、共有されるため、クレジットカードの審査に通らなかったりします。

また、意外と知られていませんが、携帯電話の本体代金を分割で買った場合も、ローンと同じ扱いとなって信用情報機関に登録されます。

これら延滞情報などは、一定期間は記録され続けるのですが、一定期間と超えると基本的には信用情報の記録上からは削除されるため、記録が削除された後は与信取引は問題なく行えるようになります。

信用情報に記録される情報は、

  • 延滞情報
  • 代位弁済
  • 任意整理
  • 自己破産

があり、どの情報を記録されるかによって削除までの期間が変ってきます。

各機関で保存期間が違いますが、JICCの信用情報の保存期間を見てみると、最長でも自己破産や任意整理の5年とされているため、過去に自己破産などの債務整理を行った方でも、5年以上の前の話であれば信用情報から記録が消えているということになります。

【意外】過払い請求も事故情報に!?

また、似たようなケースで、過去に過払い金返還請求を行った人も誤って事故情報が記録されているケースがあります。

過払い金返還請求を行うと、一時的に破産情報が記録されていたのですが、現在は過払い金返還請求をしたことで残債が0になる場合は事故情報は記録されないようになっています。

ですが、金融機関や貸金業者が誤って事故情報を記録してしまっているケースが多いようなので、過去に過払い金返還請求で債務を完済したのにクレジットカードやカードローンの審査に通らない方は同じように信用情報の開示請求をしてみましょう。

審査なしで即日キャッシングを受けたい人と特徴別の解決法

審査なしでキャッシングを受けたい人というのは、上記の特徴に当てはまる人が多いです。

ここからは特徴別の解決法について解説します。

現在無職(休職中)

あまり先の事を考えず退職してしまった、あるいは怪我や病気などで病むを得ず休職していて、貯金もないという人もいるかと思います。

収入がない状態というのは返済能力がないと見なされ、審査に通らなくなってしまいます。

この場合は金融機関から借りる事は出来ませんから知人に借りるか、可能であればアルバイト等をするしかないでしょう。

また、失業手当が貰える筈だけど給付まで待てないというパターンの方は、ハローワークの職業訓練に参加すれば失業手当てを早めに受け取る事が出来ます。

総合支援資金には以下の3種類があり、同時にハローワークなどによる相談支援も行われます。

資金種類貸付限度額貸付利子
生活支援費月15~20万円以内連帯保証人あり:無利子
連帯保証人なし:年1.5%
住宅入居費40万円以内
一時生活再建費60万円以内

申込むには都道府県社会福祉協議会に相談、必要書類を提出して承認を受ける必要があります。

また実際の借入までには1~2か月ほどかかる場合もありますので注意が必要です。

職はあるけれど信用情報に傷がある

返済の延滞があったり債務整理等をしている、いわゆるブラックの場合は借入れが難しくなります。

その場合は中小消費者金融を利用しましょう。

中小消費者金融は独自の審査をしているため、収入さえあればブラックであっても借りれる場合があります。

おすすめなのはアローなどの中堅消費者金融。

強みとしては、新規契約に力を入れている・独自審査を導入している点が挙げられます。

審査まで最短45分で即日融資も可能となっていて、『過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい』と公言してる程ですのでお勧め業者の一つです。

多重債務者

多数の金融業者から借り入れていてこれ以上借りる事が出来ないという場合、おまとめローンをオススメします。

低金利の銀行系消費者金融でローンを一本化してしまえば、返済額を抑えられる見込みがあります。

それでも苦しいという場合は債務整理してしまうというのも手です。

審査なしで借りれるのは無理でも、せめて在籍確認なしの業者がオススメ

審査なしの金融機関を探している人のうち、周囲にバレたくないという理由の人は本当に審査なしの金融機関は闇金なすので利用は止めた方がいいです。

せめて在籍確認なしの金融機関で申し込みをしましょう。

在籍確認とは「本人確認」とも言われ、金融会社に申し込みをした際に、申し込み者の勤務先に在籍を確認する事を言います。

目的は信用調査の一部であり、勤務先に電話をかける事によって勤務先が確かに存在し、申し込み者がきちんとそこに在籍しているかを確認するのです。

つまり審査があったとしても、この在籍確認さえなければ周囲にバレなくて済むという事になります。

在籍確認を無しにしてもらうカードローンの交渉術

もともと在籍確認のないWEB完結・ネット完結のローンであればそのままでも問題ありませんが、実は一般のローンであっても交渉によって在籍確認をなしにする事も可能です。

会社の社員証か保険証、あるいは給与明細(収入証明書)を提示して在籍を証明すれば、勤務先への電話を無くす事ができます。

ネットで申し込むパターンの場合も、備考欄等に電話で交渉したい旨を書いておけば大丈夫です。

全ての金融機関で使えるわけではありませんが、こういった代替措置は多くの大手消費者金融で出来るようになっています。

審査なしで借りれる機関はないが、国の生活サポート基金を利用する手もある

一般社団法人生活サポート基金では、信用情報により金融機関から借入ができない場合に、生活資金の貸付を行っています。

また税金や公共料金、家賃などを滞納していた場合の資金貸付なども行っています。

生活サポート基金の利用によって、生活再生へ向かう意思があり、将来にわたる家計の見直しが確認できる方が対象となります。

生活サポート基金の融資条件は以下のとおりです。

返済期間1ヶ月~10年
融資年率12.5%以内
遅延損害金年率14.6%
担保連帯保証人が必要
(必要に応じて動産や不動産)
貸付限度額顧客の要望による
返済方式元利均等 元利一括

一般社団法人生活サポート基金はあくまでも個人に対する相談に力を入れている団体のようです。

貸付を行う場合も、家計相談をもとに計画的な返済ができるようになっています。

ただし連帯保証人が必要であること、金利が高めであることを念頭に置いて利用するようにしましょう。

審査なしで借りれるところ(まとめ)

誇大広告は違法。正規の貸金業者かどうか確認しよう

現在でもよく目にする「ブラックでもOK!」「審査なしで即日融資!」「絶対借りられます」などという広告。

これらは、改正された貸金業法によって厳しく取り締まられる対象となった誇大広告です。

そんな文面を見かけたら、まずは貸金業登録番号が記載されているかどうか確認してください。

もし記載されていても、それっぽく書いてあるだけで、正規のものかどうかはわかりません。

そんな時は金融庁HPから、本当に貸金業法内で運営されている業者かどうか確認することができます。

どんなに甘い言葉が並べられていても、それには必ず裏があります。

今よりももっと辛い状況に陥る可能性もありますので、絶対に利用しないよう心掛けてください。

おすすめの記事