可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

闇金の金利

「闇金の金利はどのくらい?」この記事では闇金の金利について調査をしています。あなたが闇金からの借入を考えているならこの記事で一度確認してから、危険な所で借入するのではなく安全安心な所を見極めて相談してください。

闇金の金利 | そもそも闇金とは

闇金の金利は業者によって違うって本当?闇金とは、正式な貸金業としての登録を行わずに違法な金利で営業している貸金業者です。
違法な貸金業者なので、まず表立って営業を行なうことはありません。

登録業者の番号や偽の番号を使ったり、明らかにおかしい宣伝文句で広告を出したりもします。また借金歴のあるものに対してダイレクトメールなどを送りつけたりもします。

一方、貸金業者とは、消費者金融、クレジットカード会社などのことを指します。
銀行や労働金庫も様々な融資を行なっていますが貸金業者ではありません。銀行の金利は貸金業者よりも低く設定されています。

2010年より貸金業者の上限金利は以下の通りです。
これより高い金利でお金を貸すことはできません。

貸出額上限金利
10万円まで20%
10万円~100万円まで18%
100万円以上15%

2010年以前も現在も上限金利は同じでした。しかしグレーゾーンというのが存在しており、罰則なく最高29.2%までは認めれていたのです。ですが、2010年以降は刑事罰や行政処分の対象になったことから、上限金利が守られるようになりました。

参考までに、普通預金に預けるお金は0.01から0.02%です。およそ1000分の1ですね。(2017年8月)

闇金の金利はとっても暴利

闇金の金利は消費者金融に比べるととっても暴利です。ヤミ金と一口でいっても様々な業者があります。闇金は貸金業協会にも登録されておらず、国や都道府県からも認可を受けていません。

ですから、もしも金利が高くて返済が不可能になってしまっても、全てが自己責任になってしまう可能性もあります。
軽い気持ちでお金を借りるのは絶対にやめておきましょう。一度お金を借りてしまうと、違法な利息でしつこく取り立てを迫られることになるので注意してください。

闇金で借りた金利は法的に返済する必要はない

闇金の金利に苦しめられた時。悪徳な金利で闇金から借りたお金は、法的に返済する必要はありません。

そもそも闇金業者は、賃金業として行政へ登録を行っていないケースが多く、また金利も明らかな暴利であって公序良俗に反するため闇金業者との賃金契約は絶対的に無効だからです。

もし、返済をしてしまった場合は、返済したお金は、取り戻す権利が発生しますが、個人からの請求には応じないでしょう。この場合、弁護士や警察に相談することをオススメします。

今Webや電話でソフトヤミ金に申し入れしようとしている人は、悲しい結末を迎える前にキチンとした、少しでも安全安心なところで相談するようにしましょう。

 

 

闇金の金利はトイチ?
ミナミの帝王という漫画の萬田銀次郎が、「トイチ」という言葉を良く使いますが、これは「10日で1割の利子」という意味です。

10万円借りたら、10日で1万円の利子が付きます。言い換えると1日1%の利子ですので、1年間で365%です。1年で元金の3.6倍の利子が付きます。(複利だと年3,300%)

10日で3割、5割という考えられないような法外な闇金の金利を取っている闇金もいるようですが、そこまで行くと誰が借りるの?という気もします。

実際、闇金がいくらの闇金の金利で営業しているのかは表に出てきませんが、年利40~50%の闇金の金利でやっている所が多いようです。

年利50%で10万円を1ヶ月借りると

10万×0.5÷365日×30日=4,109円

10万円借りて1ヶ月で約千円の利息を取られます。

これぐらいであれば問題ないと考えるかもしれませんが、借金額が増えたり、借入期間が伸びると大変なことになります。

年利50%で10万円を3ヶ月借りると

10万×0.5÷365日×90日=12,328円

年利50%で50万円を1ヶ月借りると

50万×0.5÷365日×30日=20,548円

これを多いと考えるか意外と少ないと考えるかは人それぞれだと思いますが、ヤミ金の怖さは闇金の金利だけではありません。

闇金の種類と手口
高利貸し
紹介屋
整理屋
090金融
チケット金融
買取屋(クレジットカード現金化)
自動車金融
家具リース金融
パチンコ金融
年金担保金融
カラ貸し
押し貸し
名義貸し詐欺
信用屋
債権買取金融
キャッシュバック金融
キャンセル料金融
街金とは?
闇金・消費者金融・サラ金・街金の違いは?
闇金業者の見分け方と特徴
国や都道府県に登録していない
違法な貸し付けを行う
貸金業法を守っているか?
固定電話がない
最初は「少額を短期間」からが基本
大手企業のロゴに酷似したロゴデザインを使っている
ブラックでも即日融資できる事をアピールしている
ネットの口コミを検索
審査では住所と身寄りを重視する
闇金と個人貸付って何が違うの?
闇金は見た目だけでは分からない?
闇金に返済しないと怖い人たちが取り立てに来る?!
上記のような行為を予告
なぜ闇金は犯罪なのになかなか逮捕(摘発)されないの?
闇金から借りてしまったらどうする?
弁護士(司法書士)に相談する
闇金の相談は司法書士、それとも弁護士?
法テラスでも闇金の相談は出来るが対応は遅い
警察に相談して悪質な取り立ての被害届を提出する
闇金が逮捕されると利用者も捕まるの?
闇金から借りたお金は債務整理(任意整理)できる?
闇金から借りたお金は返済する必要がないって本当?
どうしても返済したい場合
闇金で実際に被害にあった方の体験談
闇金の取り立ての恐ろしさを痛感しました(ユウイチさんの体験談)
半年近く闇金に脅しや嫌がらせを受けて地獄を見ました(キクチさんの体験談)
闇金の利用者になって後悔したこと(アカネさんの体験談)
闇金融Q&A
闇金からお金を借りる人なんているの?
合法な闇金なんてあるの?
勤務先の会社や職場に電話がかかってきた場合はどうする?
自宅や親族の家に取り立ての電話がかかってきた場合はどうする?
闇金から借りていない(断った)にも関わらず電話がかかってくる場合は?
闇金からの電話に出ない(無視する)とどうなるの?
家族(親)が闇金から借りたお金は子供が支払う必要がある?
闇金の審査で聞かれる緊急連絡先の本当の意味
ヤミ金融対策法ってどんな法律なの?
闇金で使われるジャンプってどういう意味?
闇金が使っている銀行口座を通報すれば凍結になるって本当?
自己破産すれば闇金からの取り立ては止まるの?
即日OK!カードローン申込みランキング

銀行カードローンの場合、100万円であれば10%ぐらいの闇金の金利で済みます。

闇金の金利が年10%であれば、100万円を1ヶ月借りても利息は8,219円です。

ヤミ金業者を見つける方法
ヤミ金で借金するような人は、銀行や大手消費者金融ではお金が借りられない人だと思います。他に選択肢はないということですが、ヤミ金で借りるとトラブルも多いので、できれば借りたくないですね。

自分が借りようとしている業者がヤミ金かどうかは、ある程度見分けることができます。

闇金と貸金業者の闇金の金利の比較
では、それぞれ10万円を借りたとします。
1年間借りた場合はいくらになっているでしょうか。

貸金業者の場合
10万円借りた場合の上限闇金の金利は20%です。今回は20%の闇金の金利で借りたとします。
20%というのは、1年間10万円を借りた場合、1年間で20%の利息がつくということです。
(半年で返せば半分の10%になります)

計算していくと1年間返済せずに10万円借りた場合は20%の闇金の金利になるので、単純に2万円の利息がつくことになります。

⇒10万円×0.2÷365×365=2万円

1年間10万円を借りた場合、利息分合わせて12万円返す必要があります。

闇金業者の場合
10万円をトイチで借りたとします。トイチは10日で1割です。
10日ごとに1割(10%)金額が増えていきます。

10日後:10万円+1万円=11万
20日後:11万円+1.1万円12.1万円

これを365日まで繰り返していくと

360日後:10万円+309万
365日後:10万円+314万=324.2万円!!

1年で3142%の利息がつく計算になります。
これは複利計算といって、10日毎に利息が増えていくので、その利息に対しても計算の対象となるからです。

貸金業者と闇金の比較結果
同じ10万円を1年間借りる場合の比較結果です。

貸金業者: 12万円(年利20%)
闇金業者:324万円(といち)

なんとその差は27倍となりました。

この結果から、いかに闇金業者が高い利息でお金を貸しているかがわかります。
これで闇金の金利(トイチ)がどれくらい高利なものか理解できたのではないでしょうか。

ですが闇金の金利はトイチだけではりません。
場合によっては、トイチ以上の、トニ、トサン、トヨン、トゴという闇金業者も実在しています。

それぞれの闇金の金利を比較していきます。

発生する利息 年利(複利)
20%(上限闇金の金利) 1年間で2割 20%
トイチ 10日で1割 3142%
トニ 10日で2割 77545%
トサン 10日で3割 1441791%
トヨン 10日で4割 21561119%
トゴ 10日で5割 267504316%
笑ってしまうほど桁が違います。トゴの場合、2億6750%です。
トゴで10万円を1年間借りた場合、1年後には2293億円も返済しなければなりません。

実際の闇金現場では
実際には闇金に対して1年間トイチで借りることはありません。
その前に必ず回収が入るからです。

トイチでお金を借りた場合は、10日後には借りたお金にプラスして1割の利息を支払わなければなりません。5万円借りた場合は5万5千円。10万円借りた場合は11万円です。

もし10日後返せない場合は、利息だけ返済するように求めてきます。闇金も元本を一括で返してもらうよりは、10日ごとに1割の利息だけを受けとり続けた方が儲かるわけです。

闇金への取り締まり強化のため、生まれたのが「ソフト闇金」です。
脅しや暴力での取り立てが一切無く、対応も丁寧で、返済金額も一見返済可能に思える金額を上乗せしてきますが、闇金の金利だけは闇金と変わらず違法な高闇金の金利です。なので、高利な利息を払っていることに気付かない場合が多いです。
ヤミ金の闇金の金利で5万円借りた時の返済額を計算してみました
ヤミ金は一般的な消費者金融などとは異なり貸金業法で定められた闇金の金利範囲内での貸付は基本的にやっていません。
一般的にはトイチ、トサン、トゴ(左から順に10日で1割、10日で3割、10日で5割の闇金の金利)などの闇金の金利が適用される事が多いですが、業者によってはかなり適当に闇金の金利設定をしているところも多いです。では実際によく使われるトサン闇金の金利を使って計算をしてみましょう。

50,000円を30日間借りた時の利息
10日後 ⇒ 元金50,000円 利息15,000円
(最初は利息先払いが基本なので手元には35,000円しか入らない)

さらに10日後 ⇒ 元金50,000円 利息15,000円 これに対しての利息19,500円

さらに10日後 ⇒ 元金50,000円 利息34,500円 これに対しての利息25,350円

合計返済額 ⇒ 元金50,000円 利息59,850円 合計109,850円

たった一ヶ月程度で元金分の利息が発生した事になりますね。
これが一般的な消費者金融の年利18%で計算してみると…

50,000円×18%÷365日×30日 = 739円の利息

ヤミ金のトサン闇金の金利は一般的な消費者金融の148倍以上の闇金の金利を取っている事になります。
年利で計算すると1,095%もの利率になってしまいます。
これは貸金業法で定められてる20%という利率を大幅に超えた明らかに悪質な違法行為です。

ここでは30日間一度も返済をしないという設定で計算をしましたが、基本的にヤミ金業者への支払いは10日毎のところがほとんどです。
日数を空けて複利にした方がヤミ金はよりたくさんの利息を得る事ができますが、その間に夜逃げでもされると元本すら回収できない状況になるので、とりあえず完本分の回収までは10日毎に利息のみの返済でOK!とハードルを下げる傾向にあります。
ヤミ金からお金を借りる人は基本的にお金に困っている人なので、この利息分だけの返済でいいよという言葉に優しさを感じてしまう人が多いようです。
しかしこの方法で支払いをした場合、実質4回目の返済で既に元金分を超える返済に突入しているという事になるのでそれ以降の返済については本来すべきではありませんよね。

闇金の金利について
ヤミ金は、違法な闇金の金利で貸金をしていますが、借金をする側に知識がないと、その高額な闇金の金利が違法なものであることがわかりません。

1万円の借金の利息が1日30円ということは、1年間の利息は10950円にもなり、借りた金額よりも高額になってしまいます。法律では、10万円未満の元本に対しては、年率20パーセントを利息の上限と定めていますので、この闇金の金利は違法な闇金の金利ということになります。

年率20パーセント以下ということは、1日0,3パーセント以下ということです。
貸金業法や出資法に基づき、違法な利息がついている借金は、返済する必要がありません。

実際に、年利84パーセントのヤミ金からの借金に対して、契約が無効であるという判決が出たこともあります。
元本を1万円として、年率20パーセントということは、1年で2千円の利息がつくということですので、1日の利息は、約5円ですから、1日30円という利息が、いかに高額であるかがわかったことと思います。

ヤミ金での貸付額は、10万円以下のことが多いので、年率20パーセントで、現在の借金の利息はいくらになるのか計算してみてください。
元本×20パーセントを365で割ると、1日当たりの利息が出ます。
もしそれよりも、高額であった場合には、違法な利息ということです。

ヤミ金の手口として、パッと見た感じが、利息が安いように思えるような上記のような表示の仕方をしていますので、のような表示に惑わされずに、利息を計算することが必要です。

闇金の金利が違法な利率であるとわかった場合には、契約は無効になり、利息を支払う義務はありません。借り入れた額を返済すれば、借金の返済は終了です。

実際には、今までに支払った利息の額が多く、借入額を超過しているかもしれません。
その様な場合には、返還を請求することもできます。

過払い金請求について

ヤミ金の取り立てに応じず、違法な闇金の金利であることを理由に返済を断ること、支払い過ぎた利息の返還を要求することの交渉を始めなくてはなりませんが、相手はヤミ金ですから、自分の力では交渉できないかもしれません。

その様な場合には、警察や各自治体の消費センター、法律の専門家に相談することをお勧めします。

また、10日毎の返済が順調で今後も支払ってくれそうな人には月一返済の提案をします。
複利になるので上で計算したとおり一ヶ月後には元金以上の支払いをする事になります。
だんだん毎月闇金の金利分の支払いだけで精一杯となり元金の返済ができずに一生ヤミ金にお金を支払い続けるという地獄が待っています。

そんな地獄を味わう前に、ヤミ金問題に強い法務事務所の司法書士に相談して早期の内に解決策を見つけ出す事が大切ですね。

出資法で定められている上限闇金の金利は年率20%ですが、「トイチ」といって10日で1割の利子というとんでもない闇金の金利で融資します。

トゴ(10日で5割)の闇金の金利
闇金の金利は、トゴ?トイチじゃないの?という方がおられるかもしれません。

難波金融伝・ミナミの帝王で、萬田銀次郎が、『利息はトイチや。』というセリフから、闇金の金利はトイチのイメージがあります。

でも、最近では、トイチで貸してくれる闇金は、なかなか見つけられません。

今や、闇金の金利は、トゴ(10日で5割)が相場です。

トイチなんて、甘い闇金の金利となってしまいました。

萬田銀次郎も真っ青の世界です。

トゴの年利換算
トゴの年利換算

では、10日で5割のトゴは、年利に換算すると何%になるのでしょうか。

驚くなかれ。

なんと、トゴを年利換算すると、実に1,825%もの闇金の金利になってしまいます。

10万円借りたら、利息だけで1,825,000円です。

100万円借りると、18,250,000円もの利息になってしまいます。

こんなの返せるわけがありません。

萬田銀次郎のトイチでは、年間で365%です。

なんだか萬田銀次郎の萬田金融が、良心的にも見えてきそうな闇金の金利です。

決して、萬田銀次郎のトイチが、良いと言っているのではありませんよ。

トイチでも、完全に違法です。

トゴよりも、闇金の金利が低いというだけです。

でも、トゴの1,825%は、単利での場合です。

もしも、複利になると、267,504,316%にもなってしまいます。

百円借りたとしても、年間の利息は267,504,316円。

なんと、100円の利息が、2億6千万円をはるかに超えるのです。

もう、計算するだけで、頭がおかしくなりそうな闇金の金利です。

これがどれくらいふざけた闇金の金利かというと、10日で10%ということは、30日だと30%、1年つまり年率でいうと300%を超えるという計算になります。法律で決められている上限が年率20%なので、とんでもない水準なのかが分かると思います。

取立て行為もハンパない
もちろん、違法なのは闇金の金利だけではなく、取り立ても完全に法律を無視した行動をとります。
例えば、

夜間に何十回も電話をかけてくる
自宅に大勢で押しかけてわめきちらす
勤務先に督促だと分かるように嫌がらせの電話をかける
これらはすべて法律で禁止されている行為ですが、そんなのお構いなしです。

利息制限法
トゴで、10万円借りると年間の闇金の金利は、1,825,000円です。

でも、日本では、利息制限法という法律があります。

利息制限法では、借入する金額によって、次のように闇金の金利の上限が設定されています。

10万円未満・・・年利20%
10万円以上100万円未満・・・年利18%
100万円以上・・・年利15%
この上限を超えた闇金の金利設定は、法律で禁止されています。

でも、相手は闇金です。

もともと法律を守るつもりは、全くありません。

闇金でお金を借りると、返せないようになっているのです。

大多数の人が、途中でお金を返せなくなってしまいます。

返せないと闇金は損しない?
一般的な感覚ですと、お金を借りた人が、途中で返せなくなると、貸した方が損をします。

では、闇金でお金を借りた人が、途中で返せなくなるような設定だと、損しないのでしょうか。

答えは、損しません。

なぜなら、10日で5割の闇金の金利です。

10万円借りると、10日後に5万円の利息です。

しかし、闇金は、利息を先取りします。

つまり、10万円借りたその日に債務者が手にする現金は、5万円です。

そして、10日後に10万円の返済です。

10万円借りたい人が、5万円しか貸してもらえず、10日後に10万円返済なんてほとんど無理です。

すると、10日分の利息として、5万円を払って、元金の返済を10日後に延ばします。

このように、最初と1回目の返済期日の闇金の金利で、闇金は元金分を回収しているのです。

後は、利息も元金の返済分も含めて、受け取ったお金はすべて、闇金の儲けになります。

このような暴利を、闇金は貪っているのです。

法律上、闇金から借りたお金は、利息どころか元金も返済の必要はありません。

闇金の返済で困っているなら、今すぐ闇金に強い弁護士に無料で相談することをおすすめします。闇金専門の弁護士なら、相談者の7割が、その日のうちにすぐに解決できています。

残り3割も、約1週間で解決できています。あなたが、闇金被害から解放されて、平和な日を取り戻されることを願っています。

もっとエスカレートすると、子供が通っている学校の校門の前で待ちぶせする等々、テレビドラマで見る以上のことを平気でやってきます。ココでは書ききれないほど闇金の怖さは他にもたくさんあるのが実状です。

大手・中堅の穴を埋めてくれる中小の消費者金融が狙い目
すでに大手・中堅の消費者金融に申し込んで審査落ちしてしまったとしても、まだ中小規模の消費者金融業者に申し込んでみる価値があります。

というのも、中小規模の業者には、他社で断られた人もウェルカムだったり、他社借入件数が3社、4社と多い場合でも、とりあえずシャットアウトしていない業者があります。

さらに、過去に自己破産や債務整理した人でも相談によって融資可能という対応をとっている業者があるので、借入できる可能性は残っています。

規模は小さくても、法律に基づいてきっちり貸金業登録している業者です。店舗の雰囲気などは多少、胡散臭いイメージを持つかもしれませんが、適法な営業を行っている業者はたくさんあります。闇金の金利なども大手と同じなので、中小だからといって高闇金の金利ということもありません。

利息制限法の規定

一般的にお金を借りた場合の利息は、利息制限法によって20%までと定められています。
少し前までは30%程度の利息をつけることができたのですが、最高裁の判例が20%と明言しました。
20%を超えた利子は、消費者金融が返還することになってしまって、倒産する消費者金融も出てきました。

お金を借りる際の妥当な利子は20%と覚えておきましょう。
これ以上の利子を要求するところは違法で、闇金と言っても間違いありません。

「トイチ」に現れる闇闇金の金利子

有名な言葉といえばトイチです。闇金は10日で1割の闇金の金利を取るということです。
1ヶ月で3割、1人目36割になってしまいます。360%の利子ですから明らかに違法です。
トイチにとどまらず、「トニ」や「トサン」もあります。
このように以上に利子の高い貸金業者からお金を借りてはいけません。
彼らは貸金業者ではなく闇金です。

その他にも、利息制限法を微妙に超えている貸金業者があります。
年利子に40%から80%くらいの貸金業者もあります。

彼らのような貸金業者をソフト闇金と呼びます。
40%ならいマシじゃないか、と思ってはいけません。
彼らのやっていることも違法です。

 

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
パチ・スロで高収入ならコチラをチェック↓↓↓↓

おすすめの記事