可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

ブラックが融資を銀行カードローンで受けるには?

ブラックが融資を銀行で受けるにはどうしたら良いのか

結論から言うと、ブラックの人が新規の融資で銀行カードローンを利用できる可能性は低いです。

ブラックはカードローン以外にも、銀行で住宅ローン・教育ローンを利用することや、他の方法でのキャッシングもほぼ不可能。

個人の債務事情に関しては、大手消費者金融と銀行・信販会社はお互いに信用情報開示し、指定信用情報機関などを通して金融業界内で情報を共有しているので、1つの金融機関で審査に落ちるなら、他の金融業者でも審査に落ちる可能性が非常に高いと言えます。

ブラックは融資先を銀行以外にすべし

ブラックリスト状態では利用できない、「アコム」「プロミス」といった大手消費者金融。
ただし、中小規模で経営を行う消費者金融であれば、ブラックリスト状態であっても審査に通過できる可能性があります。

「街金」と呼ばれることもある中小消費者金融は、自己破産後の金融ブラックリスト状態の人とも契約を結ぶことがあります。 

中小消費者金融の審査に通過するために大事なのは、「確実に返済できる」こと。

個人信用情報を重視しない代わりに、「現在の返済能力」がとても大事になるわけですね。そのため、審査を受けるために収入証明書が必要となることも多いです。

自分は確実に申し込みブラックだ、それでも何としてもお金を借りたい。という人は、中小消費者金融をチェックしてみると良いでしょう。

目安として各社の審査難易度をまとめてみたので参考にしてください。

↑難易度高↓難易度低
  • 三井住友カードゴールドローン(年収400万円以上~)
  • みずほ銀行カードローン(年収200万円以上~)
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 楽天銀行スーパーローン(年収200万円未満可)
  • プロミス
  • アコム
  • セントラル
  • AZ、アローなど金融ブラック相手に融資を行うことのある金融機関

 

 

ブラックが融資を銀行系カードローン

一度ブラックが融資を銀行で受けるにはに陥ってしまうと、なかなか抜け出すことは厳しいものですよね。さらに、ブラックが融資を銀行で受けるにはになった人というのは返済するためのお金がない人が多く、そのために借入れを希望しているがいるのは事実です。そんなブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまった人に融資してくれる銀行系のカードローンはあるのでしょうか。ここでは、ブラックが融資を銀行で受けるにはの人と銀行系カードローンについてまとめてみました。

ブラックが融資を銀行で受けるには

ブラックが融資を銀行で受けるにはとはいったいどういう人のことを言うのでしょうか。

「お金を借りたのに返済していない」

「返済期日を守らない」

「クレジットカードの支払いを滞る」など、お金に関してだらしない人、約束を守らない人のことを総称して「ブラックが融資を銀行で受けるには」と呼んでいます。
(⇒延滞こそがブラックが融資を銀行で受けるにはの最たる原因)

「ブラックが融資を銀行で受けるには」というのは、金融機関業界の中ではあくまでも通称であって、正式名称ではありません。正式には「金融事故を起こした人」というふうに呼ばれていることが多いようです。

ただし、「これをやったら確実にブラックが融資を銀行で受けるには入り」という明確な定義があるわけではありません。ブラックが融資を銀行で受けるにはになるかどうかは、各金融機関がそれぞれの判断基準で決めることなので、自分で判断するのはなかなか難しいことだと言えるでしょう。

自分はブラックが融資を銀行で受けるには

例えば、返済が何度か遅れてしまった場合、「もしかして自分はブラックが融資を銀行で受けるには?」と、心配になったとしても金融機関は教えてくれません。

この、ブラックが融資を銀行で受けるにはかどうかというのは、個人の指定信用情報機関に登録されているものなので、どうしても知りたい場合は、自分で指定信用情報機関に開示請求をして確認するしかありません。

融資に関係するブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるには?

「ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるには」は一言でいうと、融資を受けることができない状態の人を指します。ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにははあくまで通称であり、そのような名簿は存在しません。

とはいえ信用情報に傷がつき、融資を受けることができなくなった人がブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにはになってしまうことは一般的です。

ではブラックが融資を銀行で受けるにはは、どのように管理されているのでしょうか。

ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにはは信用機関で管理されている
そもそもブラックが融資を銀行で受けるにはとは、融資を受けた人が返済するにあたって遅延や延滞を繰り返し、銀行や消費者金融から信用されなくなった事実を現します。

私たちの信用情報(クレジットカードやキャッシングなどのお金に関する情報)は、日本に3か所ある信用機関で管理されています。

キャッシングを利用する際には、金融機関がその信用情報を調べるのです。それがいわゆる『審査』の一環です。

各信用情報に関する詳しい情報は、こちらを参考にしてみてください。

CIC・JICC・JBAといった信用情報機関の違いとは?

信用情報機関の情報共有
CICとJICCでは、お互いの持っている信用情報の共有・情報共有が行われています。

そのため「CICに加盟している金融機関ではダメだけど、JICCに加盟している金融機関の審査は通る」といったことは、考えられません。

この信用情報機関同士の共有・情報共有はFINEという、独自のネットワークで行われています。

FINEとは
FINE(Financial Information Network)とは、貸金業法の指定信用情報機関制度に基づき、指定信用情報機関である当社および(株)日本信用情報機構のニ機関間で行っている交流ネットワークです。
貸金業法では、複数の指定信用情報機関がある場合には、貸金業者が全ての指定信用情報機関を利用でき、顧客の総借入残高を把握できるように、指定信用情報機関間での情報交流が義務づけられています。
信用情報の交流|CIC

ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにはに載る項目と条件

ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるには、つまり信用情報には融資の返済に関する遅延や延滞の事実だけが記載されるものではありません。
信用情報(ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるには)には以下の項目が掲載されているのです。

管理されている項目
✓氏名や生年月日
✓居住地
✓勤務地
✓年収
✓契約しているクレジット会社やローン会社
✓遅延・延滞の記録

どこで融資を受けたとしても、どんな少額の融資であろうと、契約内容や、遅延・延滞の事実が細かく載っています。

新しくクレジットカードを作る際や、キャッシングの申し込みをする際は、必ず照会されることを覚えておきましょう。

個人の指定信用情報機関に自分がどのように登録されているのか、開示する場合、いくつかの方法があるので以下で紹介したいと思います。

パソコンで開示請求する携帯電話で開示請求する郵送で開示請求する窓口で開示請求する

パソコンで開示請求する

パソコンができる人であれば、即時に開示することができ早くておすすめの方法です。費用はクレジットカード一括払いで1,000円です。毎日8:00~21:00まで利用可能です。

■ パソコンで開示請求する手順1. 0570-021-717に電話をかけて受付番号を取得
(クレジットカード会社に届けている番号の固定電話・携帯電話を使用)2. 電話をかけてから1時間以内にパソコンからお客様情報を入力3. PDFでの開示報告書をダウンロード

携帯電話で開示請求する

クレジットカード会社に登録してある電話番号の携帯電話を利用する方法です。スマホからは利用できませんので注意してください。費用はクレジットカード一括払いで1,000円です。毎日8:00~21:00まで利用可能です。

■ 携帯電話で開示請求する手順1. 0570-021-717に電話をかけて受付番号を取得
(クレジットカード会社に届けている番号の固定電話・携帯電話を使用)2. 取得した受付番号を携帯電話から入力3. 携帯電話の画面で開示情報を確認

郵送で開示請求する

開示請求のための申込書・本人確認のための書類・手数料(定額小為替証書)を郵便で送付します。指定信用情報機関に到着後、約10日前後で開示報告書が届きます。手数料は、ゆうちょ銀行で発行している1,000円の提携小為替証書となります。

■ 郵送で開示請求する手順1. 必要書類をPCからダウンロード、または取り寄せも可能(0570-666-414)2. 手数料1,000円の提携小為替証書、必要書類を以下の住所に郵送
〒160-8375
東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15F
株式会社シー・アイ・シー 首都圏開示相談室 宛3. 約10日前後で開示報告書が到着

窓口で開示請求する

近くに指定信用情報機関の窓口がある人には、早くて便利な方法です。窓口は平日の10:00~16:00(12:00~13:00は昼休み)です。手数料は現金500円で、他の請求方法にくらべて一番安く済みます。必要な手続きが済み次第窓口にて開示となります。

■ 窓口で開示請求する手順1. 必要書類と本人確認書を指定信用情報機関の窓口へ提出2. タッチパネルにて本人確認後、申し込みを受け付け3. そのまま窓口で開示報告書を受け取る

指定信用情報機関について

指定信用情報機関に登録されるということは理解したと思いますが、この情報いったいいつまで登録されているのか、内容を削除してもらえないのか、などさまざまな疑問があると思います。ここでは、いくつかの想定集から回答していきます。

個人の情報はいつまで登録されているの

指定信用情報機関に登録されている個人情報ですが、約5年程度で抹消されるとされています。すなわち、金融事故を起こしてしまったら、5年間はおとなしくしておいたほうが無難でしょうね。ただこの5年というのも「絶対」ではありません。子の期限についても金融機関によって違ってくるので、5年経って本当に抹消されたかどうかを再度確認してから、次の行動に移ったほうがいいでしょう。

登録されている自分の情報を削除したい

指定信用情報機関に登録されている自分の情報を、削除することはできるのでしょうか。登録内容が事実であれば個人で削除することはできません。この指定信用情報機関というのは、個人が登録や削除をおこなうものではなく、あくまでも金融機関の判断で実施されます。登録内容が事実無根であれば、金融機関に問い合わせて削除することは可能です。

借入れできない理由を知りたい

例えば、金融機関で審査に通らなかったとして、指定信用情報機関に問い合わせても理由はわかりませんので注意してください。指定信用情報機関というのはあくまでも金融機関から依頼を受けて、登録作業をおこなっている機関なので、詳細な内容までは把握していません。理由を知りたいのであれば、融資を依頼した金融機関に問い合わせるべきでしょう。

登録されている内容とは

指定信用情報機関に登録されている内容は、個人情報に加え、融資を申し込んだ日、内容、金額、返済回数、返済金額、返済状況などです。もちろん、審査落ちした情報なども登録されています。内容に関しては金融機関によっても若干違ってくるでしょうが、お金に関することすべてが登録されていると思っていていいでしょう。

ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにはに掲載されたら5~10年記録が残る

ブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにはに掲載をされてしまったら、5~10年は記録が残り、融資を受けることができないようになります。

少額の融資ならば融資を受けられる可能性は0とは言えませんし、いわゆる闇金のような高い利息を払う業者であれば借り入れができるかもしれません。

ですが基本的には一定期間融資は受けられないと覚えておきましょう。

ブラックが融資を銀行で受けるにはでも銀行で借入できる?

「確実に融資してくれる銀行」というと、必ず聞かれるのが、「ブラックが融資を銀行で受けるにはでも借りられる?」という質問です。

今回は、まず、ブラックが融資を銀行で受けるにはでも銀行から借入が出来るのかという点からご説明しましょう。

そもそもブラックが融資を銀行で受けるにはってなに?

ブラックが融資を銀行で受けるにはというのは、明確に定義されたものではなく、やや曖昧な言葉になります。

そのため、具体的に、ブラックが融資を銀行で受けるにはというのが、どういう状況を指しているのかを定義することから始めてみましょう。

一般的に、「ブラックが融資を銀行で受けるには」という言葉が使われるのは、「お金を借入した後に返済ができていない、延滞中の方」や、「過去に自己破産などの法的手続きを行っている方」、「頻繁に延滞を繰り返している方」など、銀行で問題先として扱われる方を指して使われる言葉のようです。

つまり、「ブラックが融資を銀行で受けるには」とは、「返済に問題がある」方を総称する言葉と言えます(銀行や、消費者金融のなかに「ブラックが融資を銀行で受けるには」という明確な言葉がある訳ではありません)。

そして、このブラックが融資を銀行で受けるにはという言葉の使われ方から考えると、ブラックが融資を銀行で受けるにはとは、個人信用情報に「問題がある」と登録される方と、同じものとして見ることができます。

個人信用情報とは、銀行や、貸金業者などの間で、個人の借入情報を提供してもらうサービスであって、各個人の借入件数や、借入金額が判明するだけでなく、延滞の情報や、事故情報と言われる「債務整理」の履歴まで掲載されています。

つまり、個人信用情報の「延滞」、「事故歴」に載る方が、「ブラックが融資を銀行で受けるには」と言われているのです。

銀行系カードローンとは

お金を借りようと思ったとき、消費者金融を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。確かに、消費者金融はお手軽で審査も柔軟というイメージがありますよね。実際その通りで、比較的敷居が低く初めてお金を借りる場所として定着しているのは確かでしょう。

では、銀行系のカードローンはどうなのでしょうか。銀行と聞くと、少しお堅いイメージがあって、やはり敷居が高く、なかなか手がだせないイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。ひと昔まえは確かにそういうイメージがあったでしょうが、最近の銀行は消費者金融と同じような感じで、お手軽にお金を借りられるようになってきています。

銀行でお手軽に融資を受けられるようになった背景には、消費者金融への総量規制が関係しています。元々消費者金融では融資額に条件は設けられていませんでしたが、2010年に貸金業に対して「融資できる上限は年収の1/3まで」という法律が制定されたため、年収の1/3以上の融資を希望している人は、消費者金融から借入れができなくなってしまったんですね。

借入れができなくなった人はどうするかというと、銀行系から融資を受けるしかなくなったわけですよ。そのため、銀行系も消費者金融並みに力を入れてきたというわけですね。敷居をどんどん低くして、サービスを充実させた結果、消費者金融のような借入れができるようになった、ということになります。お手軽なのはもちろんのこと、審査も限りなく柔軟にして、スピードもでてくるようになりましたね。

ただし、いくら銀行がお手軽になったからといって、誰でも借入れができるというわけではありません。審査が柔軟になったとはいえ、やはりそこは銀行です。審査に関してはきちんとやっているはずです。そのため、限りなくブラックが融資を銀行で受けるにはに近い人が銀行系のカードローンで申し込んだ場合、どうなるでしょうか。ここでは、ブラックが融資を銀行で受けるにはの人と銀行系カードローンについて考えていきたいと思います。

審査の緩い銀行系カードローン

審査の緩い銀行系カードローンなんてあるのでしょうか。確かに、巷で「○○銀行は審査が緩い」「ブラックが融資を銀行で受けるにはでも審査通過した」なんて声をたまに聞きますが、本当にそうなのでしょうか。そもそも本人が「自分はブラックが融資を銀行で受けるにはだ」と思っていても、実際は指定信用情報機関に記載されていなかったのかもしれませんよね。指定信用情報機関に記載する内容というのは、各金融機関が決めた基準で決まっているため、自分が思っていることとは違う可能性があります。逆もしかりで、自分ではブラックが融資を銀行で受けるにはのつもりじゃなかったのに、ブラックが融資を銀行で受けるには登録になっているということもあり得るわけです。こればっかりは、金融機関でないとわからないということですよね。

とはいっても、確かに審査を緩くしてくれている銀行があるのは確かなようです。見極め方は、「専業主婦でも融資可能」となっていたり、「○○万円以下の融資は収入証明書の提出が不要」となっているところが比較的緩い傾向にあるようですね。世間一般で、比較的審査が緩めだと噂されている、銀行系カードローンは以下の通りです。

楽天銀行カードローン・インターネット専用銀行
・融資額は最大500万円
・融資額300万円までは収入証明書不要
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大50万円)
・さまざまなキャンペーンあり(金利半額、ポイントプレゼントなど)イオン銀行カードローンBIG・融資額は最大800万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大50万円)
・融資額300万円までは収入証明書不要三菱東京UFJ銀行バンクイック・融資額は最大500万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大30万円)
・融資額100万円までは収入証明書不要みずほ銀行カードローン・融資額は最大1,000万円
・収入のない専業主婦でも融資可能(最大30万円)
・融資額200万円までは収入証明書不要

ブラックが融資を銀行で受けるにはでも融資OK?銀行借入の基本とコツをチェック!

なりたくないけどなってしまったブラックが融資を銀行で受けるにはのあなた。いつかブラックが融資を銀行で受けるにはから解放されると分かっていても、借りられない期間は本当に辛いものです。

ブラックが融資を銀行で受けるにはになっている間、基本的にはお金を借りることができません。しかし、どうしても借りたい時があるのもまた事実。特に金利の低い銀行は、借りる側にとっては魅力的ですよね。

でもブラックが融資を銀行で受けるにはが審査に通るの?借りられるの?ダメに決まってる…本当にダメなのか、何とか打開策はないのか、考えてみることから始めましょう。

ブラックが融資を銀行で受けるにはになっちゃった!借りられない期間は最大7年!

ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまうと、長い間、新たな借り入れができなくなります。一体どうしてブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまったのでしょうか。本人が一番分かっているとしても、改めて考えていく必要がありそうですね。

三ヶ月以上の支払い遅延債務整理(自己破産・個人再生など)

大きく考えると、ブラックが融資を銀行で受けるにはになるのはこの2つが原因だと言われています。どちらもお金を扱うものとして見てみると、かなりまずい状況であることが分かりますね。支払い遅延も債務整理も、できる限り避けていかなければいけないことです。

しかし、ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまったのなら仕方ありません。借りられない間はじっと我慢して、借りられるようになったら、今度はきちんとした返済を心がけて、新たに申し込みをすることが一番でしょう。

どれくらい?ブラックが融資を銀行で受けるにはの情報が消えるまで!

ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまったという個人情報は、信用情報機関に一定期間登録されることになります。この期間中、新たな借り入れをしようとして新規で申し込んでも、審査に通る可能性はかなり低いと言わざるを得ないでしょう。

では、この期間は一体どれくらいなのでしょうか。日本に3つある信用情報機関では、それぞれの基準で保管し、時期が来れば消去するということを行っています。

信用情報機関保管する期間全国銀行個人信用情報センター(KSC)返済完了から最大5年株式会社日本信用情報機構(JICC)返済完了から最大5年株式会社 シー・アイ・シー(CIC)返済完了から最大7年

KSC、JICCは、それぞれ銀行、消費者金融が主に使う信用情報機関です。

この2つの機関は、情報の保管を最大で5年としているようですね。

信販会社が主に使う、CICだけが7年という長期間を取っています。

もっとも、以前は最大で10年間でした。それに比べれば相当短くなっているのは確かです。思った以上に辛抱する期間が短くて済むようになったのですね。

消去されれば問題なし!今度はブラックが融資を銀行で受けるにはにならないで!

信用情報機関で保管されているデータが消えてしまえば、あなたの過去のブラックが融資を銀行で受けるにはの記録は、全てなかったことになります。後はあなたが反省し、二度と同じことを繰り返さなければ良いだけの話です。

ただ、ここで気を付けたいこともあります。

信用情報機関から削除されても、利用会社のデータベースに残っているかもしれない

そう、ブラックが融資を銀行で受けるにはになるようなことをやらかしてしまった会社には、あなたの記録が残っている可能性があります。

また再び申し込みをするにしても、この会社は避けた方が無難かもしれませんね。いくら返済能力があっても、過去のことで尻込みされる可能性があります。

ブラックが融資を銀行で受けるにはでも融資可能な銀行系カードローンはあるの

比較的審査が緩い銀行はわかったけれど、実際ブラックが融資を銀行で受けるにはの人でも通るのか、ということですよね。こればっかりは各銀行の判断なので、ここでは何とも言えませんが、確実にブラックが融資を銀行で受けるには登録されているのであれば、銀行系のカードローンを利用するのは難しいと言ってもいいでしょうね。銀行系に限らず、消費者金融でも難しいと思いますよ。

「ブラックが融資を銀行で受けるにはでも借入れできた!」というサイトをたまに見かけますが、実際はかなり可能性が低いと思ってください。仮に借入れできた人がいたとしたら、運が良かったのか、はたまた運が悪かったのかはわかりませんが、滅多にない偶然だったということでしょうね。ブラックが融資を銀行で受けるにはの人というのは、たいていが借金を抱えている人なので、さらに借入れができたのは運が良いというより、悪かったのでは・・と思ってしまいます。

実際、ブラックが融資を銀行で受けるにはの人が借入れできる場所といえば、いわゆる「ヤミ金」になってしまうでしょう。ヤミ金というのは貸金業に登録せず、無許可で運営している機関が多いのが事実です。国に貸金業の届け出をしていないということは、違法な金利をふっかけてきたり、それこそヤクザまがいの暴力的な取り立てで追い詰める場合があるので注意してください。(参考ページはこちら→闇金を使ってはいけない理由は多数)

ブラックが融資を銀行で受けるにはと銀行系カードローン

ブラックが融資を銀行で受けるにはの人がどうしても銀行系カードローンを申し込みたい場合ですが、手当り次第に次々と申し込むのだけは避けましょう。申し込んで審査に落ちてしまったら、その情報が指定信用情報機関に登録されてしまうので、ブラックが融資を銀行で受けるにはに加え、どんどんマイナス情報が登録されてしまいます。

何も考えずに申し込むのではなく、銀行の窓口へ直接赴き、担当者に相談することをおすすめします。自分の今の状況を正直に話して相談するべきでしょう。銀行の担当者も人間なので、顔を突き合わせて困っていることを相談されたら、何とかしてあげたいと思うのが心情です。書類上では審査落ちするような内容でも、直接話しをすることで解決の糸口が見つかることはよくあります。担当者からお墨付きをもらったら、そこではじめて申し込むというのもひとつの手ですよ。

もちろん相談したからといって、必ず解決するわけではありません。ブラックが融資を銀行で受けるにはというレッテルを貼られた人にとって、銀行での新たな融資は非常に厳しいものだと理解した上で相談しましょう。確率は低いかもしれませんが、ここは人間同士の心理を突くという作戦ですね。とにかく相手の心をつかむのが大事ですよ。

相談に行くときは、見た目の印象も大事です。みすぼらしい恰好や、逆に華美な恰好は避けて、清潔を心がけて心証を良くしましょう。あまりにもみすぼらしいと、「そんなにお金に困っているのかな」と思われてしまいますし、華美な恰好は「お金を散財しているのではないか」と、見られてしまうので注意してくださいね。

ブラックが融資を銀行で受けるには期間中でも借りたい!銀行で借りる条件とは

本来、ブラックが融資を銀行で受けるにはになった人は、ブラックが融資を銀行で受けるにはの期間中に新たな借り入れをすることはできません。特に銀行で借りることは絶望的としか言いようがありません。銀行の審査はただでさえ厳しいと言われているのに、ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまった人が新たに借りられるとは到底考えられません。

銀行系の審査は厳しいブラックが融資を銀行で受けるにはではなくても一度でも滞納があれば審査に影響する

ブラックが融資を銀行で受けるにはになっているということは、一度の滞納どころではありませんよね。しかも、信用情報機関でデータを参照すれば、あなたがブラックが融資を銀行で受けるにはになっていることはすぐに分かってしまいます。

ブラックが融資を銀行で受けるには期間中、新規でお金を借りたいと思っても、銀行のカードローンを申し込むことは非常に冒険だと言えるでしょう。やめておいた方が無難だと言えます。

銀行はそんなに厳しい?ブラックが融資を銀行で受けるにはじゃなくてもアウトかも

銀行の審査の厳しさは、近年では徐々に緩やかになっていると言われています。確かに、即日審査・即日融資が可能と言う商品も増えていますし、以前よりは融通が利くようになっているのかもしれません。

しかし、実際、まだまだ厳しいと言わざるを得ない対応をされている人もいます。

ブラックが融資を銀行で受けるにはではないのに審査に落とされると言うことも、実際は珍しいことではないのです。

それくらい、銀行は審査を厳し目に設定しています。

ブラックが融資を銀行で受けるにはではないが他社からの借り入れがある他社からの借り入れが高額に上がっている

基本的に、他社からの借り入れがあるというだけで審査に落ちることは滅多にありません。問題はその金額です。あまりにも高額である場合、銀行は審査でお断りを入れることがあります。多重債務や貸し倒れを出すくらいなら、最初からお断りした方が、銀行にとっては得策なのでしょう。

銀行系が駄目なら別系統!消費者金融で借りる!

ブラックが融資を銀行で受けるにはの人が銀行系で借りることは、非常に難しいということが分かりました。無理に銀行系に申し込んで、審査に落ちたという情報を信用情報機関に追加されるより、ブラックが融資を銀行で受けるには期間は銀行系から借りることを諦めた方が良いでしょう。

その代わり、消費者金融で借りることが可能かもしれません。

銀行系と消費者金融は別系統であり、銀行系の厳しさが消費者金融に適用されるわけではないからです。

また、消費者金融は、銀行系と比べると、審査が緩いことで有名です。多少ブラックが融資を銀行で受けるにはで傷がついていても、対応してくれる可能性はゼロではありません。もちろん、100%審査に落ちないという保証はどこにもありませんが、試してみる価値はあることでしょう。

どうして消費者金融ならOK?信用情報機関がその秘密!

どうして銀行系が駄目なら消費者金融なの?と首をかしげる人もいるでしょう。確かにブラックが融資を銀行で受けるにははブラックが融資を銀行で受けるには、銀行系でも消費者金融でも同じように審査で跳ねられるかもしれないと思うのは仕方のないことです。

しかし、先に説明したことを思い出してみてくれませんか?各金融機関が利用する、信用情報機関のことです。

銀行系…全国銀行個人信用情報センター(KSC)消費者金融…株式会社日本信用情報機構(JICC)

銀行系と消費者金融は、利用する信用情報機関が違います。これがどういうことか分かりますか?つまり、「参照する情報の登録されている場所が違う」ということになるのです。見る場所が違う、と言えばいいのでしょうか。

KSCとJICCは、それぞれ情報の共有を行っていません。

つまり、銀行系カードローンでブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまった人でも、その情報は消費者金融では分からないのです。

これが良いことかどうかは分かりませんが、ブラックが融資を銀行で受けるにはの人にとっては実に嬉しい情報であることは確かでしょう。以前は情報共有がされていたので、ブラックが融資を銀行で受けるにはになると本当に厳しい状況でした。しかし今は、ずっと借りやすくなっていると言えますね。上手に利用していきましょう。

逆もあり!消費者金融でダメなら銀行系!

情報共有がされていないということは、逆のパターンもまた考えられるということです。

消費者金融系で借り入れがかさみ、いつの間にかブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまった人の情報は、JICCにしか登録されていません。

JICCの情報はKSCで参照できない消費者金融でブラックが融資を銀行で受けるにはになっても銀行に情報が伝わらない

この相互の関係は、お金を借りようと思っている時には上手く使えるのではないでしょうか。ブラックが融資を銀行で受けるにはになっていないとしても、他社からの借り入れが問題になる時、それが消費者金融であれば、銀行系の審査に影響することはありません。

たくさん借りることだけ、ブラックが融資を銀行で受けるにはの期間に借りることだけをお勧めするわけではありませんが、コントロールできる借り入れであれば、こういった情報を上手く利用していきたいものですね。

ブラックが融資を銀行で受けるには解除で狙いたい!使いやすい会社はここ!

あなたのブラックが融資を銀行で受けるにはが解除されたら、またお金を借りたいと思うことでしょう。お金が必要なことは待ってくれません。そんな時には使いやすい商品を狙っていきましょう。

銀行系、消費者金融と、色々なキャッシングやカードローンが用意されていますが、中でも今は審査が速い商品が圧倒的な人気です。審査が速い分、そこまで厳しい審査内容ではないという予想もできますので、ブラックが融資を銀行で受けるには明けはまずこの辺りを狙って行きたいですね。

銀行系、消費者金融、どちらも審査が速く、大手の商品をチェックしてみましょう。そうそう、ブラックが融資を銀行で受けるにはが明けたからと言って、また無茶な使い方をしないように気を付けて下さいね。

ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまった人へ

ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまったら、お金のことが頭から離れないと思います。考えてもお金が降ってくるわけではないので、第一に考えないといけないのは「少しでもお金を稼ぐ」ということですよ。お金に困ったから「お金を借りる」という考えではなく、「働いて稼ぐ」ことに考えをシフトしてください。

正社員で働いていて、定期的に収入がある人は、できる限りを返済に回すようにしてください。ちょっとの間、無駄な買い物や遊ぶことは我慢しましょう。定期的な収入がない人は、少しでも働くことを考えてください。今は日雇いのアルバイトはたくさんあります。日雇いというと、工事現場などの体力的にきつい仕事のイメージがありますが、最近では倉庫内の仕分けや、誰でも簡単にできる仕事がたくさんあります。

しかも日払いや週払いが可能なので、とにかく急いでお金が必要な人はチャレンジしてみてはいかがですか。そして、手にしたお金はできる限り返済にまわしてくださいね。返済が終わったら、銀行系のカードローンでの借入れができる可能性がかなり高くなります。まずは「今ある借金を片付けてしまう」ということに尽きるのではないでしょうか。

銀行系ならここ!大手がリリースの即日融資!

銀行系で審査が速いカードローンは、メガバンクから発売され、徐々にその数が増えています。その中でも人気のカードローンをピックアップしてみましょう。

商品名金利即日融資三菱東京UFJ銀行
バンクイック4.6% ~ 14.6%可能三井住友銀行カードローン4.0% ~ 14.5%可能みずほ銀行カードローン3.0% ~ 7.0%可能新生銀行カードローン
レイク4.5% ~ 18.0%可能

いかがですか?銀行系のカードローンとしてはごく一部ですが、人気を集めている商品ばかりです。特徴的なのは、全部が即日融資可能だということですよね。昔は銀行系カードローンで、即日融資がOKなどということは考えられませんでした。

また、みずほ銀行カードローンを見れば分かるように、銀行系のカードローンは金利を低く抑える傾向にあります。これは消費者金融にはない特徴で、お得に利用したいと思う人は絶対に見逃せませんよね。

スピードならダントツ!消費者金融で楽々借り入れ!

銀行系カードローンも審査が速くなっていますが、元祖即日融資と言えば、やはり消費者金融に勝るものはないでしょう。同じ即日融資でも、今では申し込みからわずか数十分で借り入れができるというところまで進化しています。

消費者金融金利審査時間アイフル4.5%~18.0%最短30分プロミス4.5%~17.8%最短30分モビット3.0%~18.0%10秒簡易審査アコム3.0%~18.0%最短30分

何といっても審査の速さに脱帽ですよね。消費者金融は審査を速めるため、日々努力を怠っていないようですね。

銀行系と比較すると、やはり金利の面が気になります。しかし、急いでいる時には、やはり一番頼もしい存在と言えるでしょう。

銀行系も消費者金融も、ブラックが融資を銀行で受けるには期間が終わればまた普通に利用することができます。慌てず騒がず、ブラックが融資を銀行で受けるには期間が日を待って、次からは失敗しないようにして下さいね。

延滞やブラックが融資を銀行で受けるにはだともうお金を借りれないと思ってませんか?

確かに、銀行や大手の消費者金融ではお金を借りることは難しくても、中小のキャッシング・カードローン・消費者金融なら審査に通りお金を借りれる可能性があります。

銀行はもちろん、大手の消費者金融もほとんどが銀行がバックについているので、延滞履歴やブラックが融資を銀行で受けるにはが融資を銀行で受けるにはに載った債務者には審査が降りないことが多いのです。ですが、中小のキャッシング・カードローン・消費者金融会社は、大手がなかなか貸しづらいそうした方にも積極的に融資しようとする会社がいくつかあります。

お金に困ったあげくヤミ金でお金を借りることのないよう、まずは今回ご紹介するキャッシング・カードローン・消費者金融に申し込んでみてください!

もしすでにヤミ金で借りてしまって困っていたら、借金問題に強い法律事務所にご相談ください。

Duel(デュエル)法律事務所 闇金・ヤミ金の無料相談

ブラックが融資を銀行で受けるにはになったら二度と銀行で融資してもらえない?

うっかり「ブラックが融資を銀行で受けるには」になってしまった経験のあるあなた。銀行のローンカードを利用するのは、「ブラックが融資を銀行で受けるには」じゃ永遠にムリだろうなあ・・・なんて思っていませんか?

ちょっと待って。確かに銀行の審査は厳しいけれど、「ブラックが融資を銀行で受けるには」の過去があったとしても、二度と融資してもらえないというわけでもないんですよ!

自らあきらめて高金利の業者に走るより、時期を見て、銀行からの融資を目指してみませんか。金利もお得で信用もおける銀行はやっぱり借入れ先に選びたい金融機関です。

ここでは、「ブラックが融資を銀行で受けるには」になった原因別に、借入れ可能になる対策法を伝授します。

ブラックが融資を銀行で受けるにはになってしまった!銀行からの融資はもうムリ?

一度ブラックが融資を銀行で受けるにはと判断されてしまったら、もう融資は難しいだろう。特に、厳しいと言われる銀行からの融資なんてとても・・・と思ってしまいますよね。

ホントのところ、銀行からの審査の場合、どういう風に見られるのでしょうか。そのあたりをちょっと整理してみましょう。

銀行の審査の場合最重視されるのは返してくれるかどうか、です

銀行に限らず金融機関が融資をするかどうかを判断する場合、一番問題にしそうなのはどこだと思いますか?

実はその人の年収よりも職業よりも、その人が貸したお金をきちんと返し続けてくれるかどうかということなんです。

貸したお金を、利子を含めて最後まで返してもらい利益を得るのが融資の目的。その目的が達せられそうかどうかを第一に見るのが融資の審査です。

なので、その部分でさえ信用してもらうことができれば、融資の審査は通るということになります。

ひとくちにブラックが融資を銀行で受けるために

どこかの審査にもし通らなかったとして、その原因について、審査を受けた側に知らされることはありません。

各金融期間がそれぞれ持っている基準の、どれかひとつにでも合わなかった人が審査不合格となるのですが、その「合わなかった」部分は金融機関によって様々です。つまり、ひとつの金融機関の審査に通らなかったからと言って、他のところも通らないというわけではないということ。

一度「ブラック」になったからと言って、あなたの状態が全て、融資に適さないというわけではないのです。これはぜひ覚えていてほしいことです。
(⇒ブラックでもOKの審査の緩い消費者金融)

つまり「融資ができない」と判断された原因はどこかたったひとつ(それも金融機関によって違う)の条件かもしれません。だとすると、それさえクリアすれば融資を受けることは可能です。

まったく借入れをあきらめてしまう必要はないということを、判っていただければと思います。

「ブラックが融資を銀行で受けるかどうかの判断材料は信用情報によります

さて各金融機関はどのようにして、個人の顧客の審査をしているのでしょうか。その際に判断材料としているのが各個人の「信用情報」です。

信用情報というのは、個人の、ローンやクレジットの利用状況や返済状況などのこと。各金融機関はそれぞれ「信用情報機関」の会員となり、持っている顧客の信用情報をそこに預けて、会員同士で共有しています。

また、「信用情報機関」同士も提携しているので、要するにどの顧客の信用情報も、どの会社からも参照することができるような仕組みが取られています。

一度ブラックが融資を銀行で受けるには解決策がある場合もあります!

審査に落ちてしまうのは、前述の「信用情報」のどこかにひっかかる点があったから。では具体的に、どういう点がひっかかってしまったと考えられるのか、そこをひとつづつ見てみましょう。それと同時に、それぞれの原因について、対策方法を考えてみたいと思います。

「申込みブラック」になってしまったら、しばらく待って申込みをするべし!

まず、「申込みブラックが融資を銀行で受けるには」見てみましょう。「申込みブラック」とは、申込みを乱発してしまった状態の事です。

「申込みブラック」になってしまうのはこんな時

どうしても融資を受けたいと思っている時、つい、どこかに通るかな、と考え、同時に、また短期間のうちに、いろんな金融機関に申込みをしてしまう人もいるようですが、実はこれが「申込みブラック」の状態を作り出してしまいます。

さきほどの「信用情報」には、個人の、融資申込みの情報も含まれています。つまり、審査担当者には、「この人はうち以外にもいろいろと申込みをしている」ということが判ってしまうのです。

するとどう判断されるかというと、そんなに申込みを多発するのは、審査に通る自信がないのではないか、あるいは、いろんなところから一気に借りて踏み倒すのではないか、つまり返す気が始めからないのではないか、などというマイナスの印象を与えるのです。結果、審査に通らないということに。

「申込みブラック」になってしまったら時間を空けましょう

この「申込みブラックが融資を銀行で受ける」場合は、あなたの状態自体が問題となっているわけではありません。単に申し込みの仕方に問題があったのですから、あらためて審査を受ける時に、しばらく時間をおいてから申し込む、申込み先は一社に絞る、などという点に気をつけておけばよいのです。

ブラックが融資を銀行カードローンの利用も厳しいでしょう

なるほど、ブラックになってしまったんですね!うーん、そうなってしまっては、たとえ銀行カードローンといえども、利用は難しいかもしれません。

でももしかすると、利用できる可能性もあります、それを確認する方法をご説明しますね!

ブラックが融資を銀行で受けるには仕組みがどうなっているかというのは、ご存知でしょうか?

消費者金融の一社でブラックになると、他の消費者金融の利用もできないということをご存知のようですので、把握されてる部分も多いかと思います。

滞納を繰り返すと、「延滞」という情報を、その利用者の信用情報に登録されてしまいます。

このマイナスな情報が貼られてしまった状態を、ブラック状態といいます。口座を凍結される場合もありますし、様々な処置が施されますね。

そしてその信用情報は、「信用情報機関」というものを通じて、カード会社同士で共有されます。

消費者金融が主に加盟している信用情報機関。銀行が主に加盟しているもの、信販会社が主に加盟しているものとがあります。

これらの機関は複数あり、カード会社はそれぞれこの中からいくつかの機関に加盟しているのです。

消費者金融と銀行の間ならば、加盟している信用情報機関が違う可能性があります。

その場合、いずれかでブラックが融資を銀行で受けるにはになったとしても、もう片方は利用できるということになります。

そのため、ブラックになったカード会社が加盟している信用情報機関を調べることで、利用できる可能性のあるカードローンを探せるのです。(こちらもご参考に→カードローン会社探しならこちらもおすすめ)

要は、ブラックが融資を銀行で受けるには情報が登録されているところに加盟していないカードローンを探せば良いのです。

ただし、これにも落とし穴があって、銀行カードローンの保証会社が、消費者金融系の保証会社なことがあります。

この保証会社の審査も通らなければならないのですが、この保証会社が、ブラックが融資を銀行で受けるには情報を把握できている可能性があるのです。

これらのことから、利用できるカードローンを探すのは、非常に困難ということがわかります。

とはいえ、可能性は0ではありませんので、根気強く探していれば、見つかるかもしれません。窓口で問い合わせしてみるのも有効です。

ブラックが融資を銀行で受けるには

結論から先に申し上げると銀行系カードローンの場合は、延滞や滞納歴等の事故情報があると、ほぼ確実に審査に落ちます。これには、一切例外が無いと考えてください。

しかし、一部の消費者金融系は、異動情報があっても借入れ可能です。つまり、過去がブラックが融資を銀行で受けるでも借りることができるということです。

 

おすすめの記事