可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

ブラックでも融資を安全に

ブラックでも融資!安全に借入できる消費者金融5選。ブラック状態だから、大手の審査に通れない。でも、どうしてもお金が必要!この記事ではそんなあなたでも、利用できる可能性がある安全な街金や相談所を情報をご紹介しています。

ブラックでも融資!安全に借入できる消費者金融5選

ブラックでも融資が安全にできる消費者金融は?

  • 金融ブラック状態だから、大手の審査に通らない。でも、どうしてもお金が必要
  • 闇金は絶対避けたい!ブラックでも安全に融資してもらえる会社は?

そんなあなたでも、利用できる可能性があるのが「街金」(街金融)。
一般的にはアコムなどの大手金融機関に対し、地域に根差した中小消費者金融のことを指します。

街金は全国各地に多数存在しますが、中でも利用者からの評判の良いものは「金融ブラック状態、かつ多重債務者(4件以上)でも融資可能だった!」といったレビューが多数寄せられています。
このように、大手の審査に到底通過できない状況であっても、街金を狙えば安全に必要なお金を調達できることがあるんですね。

今回は金融ブラック状態、あるいは大手の審査に軒並み落ちてしまいお困りのあなたに向けて、「はじめての街金におすすめの会社」から「ブラックかつ多重債務者でも利用できるおまとめ先」「何としても審査に通過したい場合に選ぶべき会社」まで安全な会社を詳しくまとめてみました。
読み終えていただければ、今のピンチをきっと乗り越えられますよ!

ブラックでも融資可能OKな消費者金融一覧

ブラックでも融資が安全にできる消費者金融としてこの章では延滞やブラックでもお金を借りる事ができるキャッシング・カードローン・消費者金融を表にまとめています。

時間のない人はざっと見て、上の目次や下の表から興味を持った会社・サービスを選んでください。

時間のある人は、それぞれの会社・サービスの記事詳細をじっくりと読んで検討しましょう。

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全て

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可
  • 金融庁の許可を持つ安全な消費者金融

という特徴を持っています。

消費者金融会社実質年率借入限度額備考
エニー5.00%~20.00%500万円債務整理しても申込可
サンクスダイレクト7.30%~18.00%300万円年齢上限なし
ご融資どっとこむ18.00%~20.00%2000万円属性に合わせた多彩なローン
エス・ジー・ファイナンス9.85%~18.00%300万円新興・小規模だから積極融資
マンモスローン7.30%~15.00%2000万円他社借入のおまとめ専門

(審査の状況によっては見送りとなる可能性もございます。ご了承ください)

延滞・滞納・ブラックでも安全に借入・融資可能な消費者金融

ブラックでも融資が安全にできる消費者金融ですが、大手では延滞や滞納・ブラックの方は仮に大手に申し込んだとしても100%審査に通ることはできません。

しかし、これまで紹介した消費者金融であれば可能性はあります。

どうしても大手のシステムの審査だと申し込み者を点数付けして明らかに過去に金融事故を起こした方であれば不利です。

今すぐにお金が必要な方や、お金を作りたい・借りたいはこれまで紹介した消費者金融で一度申し込んで見てはいかがでしょうか。

★上記の表で紹介している金融機関は、どれも各都道府県の許可を得た正規業者となります。

★自分がブラック状態か分からない、という場合には事前に個人信用情報の開示を行うことをおすすめします。

 

 

ブラックでも安全にでも融資してくれる消費者金融は本当に安全でしょうか
ブラックでも安全にというキーワードで検索するとネットサイトではブラックでも安全にでも借りる事が出来る。又はブラックでも安全にでも借りれたというサイトが良く目につきます。でもブラックでも安全にでも融資してくれる消費者金融なんて本当に安全なのでしょうか?

どういう状態の人に貸付をしているかによって判断出来ます
ブラックでも安全にに貸し出しをするから怪しい会社とは限りません。どうしてかというとブラックでも安全ににもいろいろ程度があるからです。だからどういう状態の人に貸付をしているのかによってもある程度の見極めをつける事が出来ます。

例えば無職でも年金収入とか駐車場の使用料金などの収入があれば普通のカードローンでも融資しています。でも安定した収入が何もないのに、無職の人に融資する会社があるとすれば、そう言う会社は一応要注意ですね。
(⇒ブラックでも安全に?無職?消費者金融で借りられない人)

でも、例えば口コミ情報なんかでも私はブラックでも安全にです。という人がたまにいますが、ご自分で個人信用情報を照会して確認されましたかと聞くと、それはしていないという人もいます。返済遅延を二回したから自分はブラックでも安全にだとか消費者金融会社2社から100万借りているから自分はブラックでも安全にだと、自分で決めているような人もいます。

でも例えば消費者金融会社二社から100万円借りているとします。そして月々の返済に一度も遅れる事無く、数年間返済し続けている人は、実はブラックでも安全にどころかクレヒス(信用情報の取引履歴)の良好な人、つまり返済実績は高い人です。

ブラックでも安全にというのは「返済が遅れた」「返済していない」「債務返済をして返済を免れた人」などで信用情報に、そう言う履歴の残っている人を総称してブラックでも安全にと呼んでいるだけです。そう言う意味で例えてみるとブラックでも安全にって「返済が遅れた」又は「返済しない」常習者のような人と定義した方がいいかも知れませんね。

ですからカードローン的には大手の消費者金融会社や銀行での審査に合格するかしないかという微妙なライン上にいる人の中に、ブラックでも安全にと呼ばれるような人もいるでしょう。

そういう人に融資している正規の消費者金融会社は安全でしょうね。つまり、どこまで行っても程度の問題でしょう。それと、特にインターネットのサイトで怪しい会社の特徴を知っておいてください。極端に情報量が少ない。

あるいは説明が簡単すぎる。という特徴があります。そういうサイトは、たとえ賃貸業者の登録番号があっても警戒すべきです。不正使用の可能性があります。

ちなみにちゃんとした金融業者のホームページ基本的に大容量の大きなサイトの場合が多いです。小さなサイトだから全てが危ないという意味ではありません。でもカードローンは利息一つとっても相当な情報量があります。

ごく簡素な説明しか無いようなサイトは怪しいと思っていれば間違いはありません。そういうサイトので電話番号に簡単に電話したり、ダイレクトメールが返信したりしない方がいいです。よく内容を確認して危険なサイトに近づかないようにしましょう。

消費者金融と闇金の違い
正規の貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社)は、貸金業法に基づき国(財務局)や都道府県に登録していますが、闇金は登録を受けておらず、違法に貸金業を営んでいます。

消費者金融と闇金の見分け方

正規の貸金業者と闇金の見分け方は、公式ホームページの有無や、ホームページに載せられている内容です。
正規の貸金業者は公式ホームページに以下の内容を掲載しなければいけません。

商号、名称または氏名
貸金業登録番号
貸付金利
返済方式、返済期間、返済回数
ホームページURL、メールアドレスもしくは電話番号
電話に関しては、正規の貸金業者は固定電話かフリーコールの番号を載せなければいけませんが、闇金の場合は携帯電話の番号がホームページに載せられています。

他にも闇金の手口には、大手消費者金融に似せたホームページで宣伝をしている、実在する正規の消費者金融に似せた社名を使ってあたかも正規の消費者金融であるかのように振る舞うといったものがあるので、ご注意下さい。

闇金は高金利
貸金業者は利息制限法により、貸付金額に応じて適用してもいい金利の上限が決められています。

正規の貸金業者の金利の上限は以下の通りです。
10万円未満:年率20%
10万円以上100万円未満:年率18%
100万円以上:年率15%
闇金は法外な金利でお金を貸し付けており、安易な気持ちで闇金で借入をしてしまった人が返済不能になってしまうなどの問題が続出しています。

刑事事件につながってしまう闇金被害の報告もあり、金融庁などがヤミ金融対策法を成立させ、闇金の取り締まりを強化しています。

みなさんもお金を借りる際は、ご自身の判断でしっかりと見極め、闇金には絶対に手を出さないようにしましょう。

借りるなら正規の消費者金融で

ここまで見てきて、「審査なし」とはいえ闇金でお金を借りるという選択肢は消えたはずです。
信用情報に問題があって審査に通るか不安であっても、相談にのってもらえる中小の消費者金融はありますし、ダメ元で相談したら借りれたという実例もあります。

次の章では利用者の口コミ・評判をもとに審査に通りやすい中小消費者金融を紹介します。

審査が激甘なのは中小消費者金融

中小消費者金融は信用情報がブラックでも安全にでも、積極的に融資の相談にのってくれます。
その理由は、他社の審査で落ちた人を自社の顧客として獲得するためです。

中小消費者金融は、知名度では大手金融機関や大手消費者金融には勝てないので、大手の審査に落ちた人に顧客になってもらう必要があります。

過去の金融事故で信用情報がブラックでも安全にだと大手の審査に通ることができませんが、中小消費者金融は大手の審査とは違った独自の審査基準で、信用情報に不安がある人にも積極的に融資の相談にのってくれます。

とはいっても中小消費者金融も相手に返済能力がなければ、お金は貸せませんので、定期的に安定した収入があること(無職でないこと)は必須条件と言えます。

利用者の口コミ・評判をもとにおすすめの中小消費者金融を3つご紹介します。

フクホー
セントラル
アロー

ブラックでも安全にの方が安全に融資を受けたい時の注意点
中小消費者金融から借入をする場合、闇金などに捕まらないように次のポイントは最低限確認しましょう。

注意1 上限金利
中小消費者金融の金利は大手に比べ割高ではあるものの、上限金利は利息制限法の範囲内で設定されています。金利がその範囲を超えている金融会社は法律を無視した違法業者であると判断できます。

借入元本ごとの上限金利は次の表の通りです。まずは金利がこの範囲を超えていないか確認しましょう。

利息制限法

注意2 登録番号
大手であれ中小であれ、きちんと国から認可を受けている金融会社は「賃金業者登録番号」が割り振られていて、登録番号は必ずホームページや広告に記載する義務があります。

ホームページなどの隅の方に記載されていることが多くて少し分かりづらいですが、登録を受けた業者なら「登録番号:第○○号」のような記載があるはずです。こちらも確認してみましょう。

また、登録番号を偽っている違法業者もあるため、番号が正しいかどうかも厚生労働省のページで調べておきましょう。

厚生労働省 登録賃金業者検索ページ
http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/

注意3 固定電話の番号
賃金業者として登録をするには会社の固定電話の番号が必要です。金融会社の連絡先が携帯電話になっている場合、登録を受けていない業者である可能性が高いです。

連絡先が個人の携帯電話の番号になっている場合、まず闇金であることを疑った方が良いでしょう。

2.ブラックでも安全にでも融資が受けられる中小消費者金融のデメリット
中小消費者金融の中にはブラックでも安全にでも一定期間年数が経っていたり、現状返済能力があると判断できれば少額でも融資をしてくれる業者はあります。

ただ、大手と比べデメリットがあるので、まずは中小消費者金融のデメリットを確認しておきましょう。

デメリット1 金利が高い
中小消費者金融の金利は大手よりも年1.0%~2.0%ほど高く設定されている場合が多く、大体が年19.0%~20.0%の上限金利となっています。

大手と比べ利用者が少ないため、その分金利を上げて利益を出す必要があるのも理由の1つだと思いますが、中小消費者金融を利用する方の多くは信用情報や属性があまり良くないため、貸し倒れリスクが高いという理由が大きいでしょう。

デメリット2 限度額が少ない
大手消費者金融の場合、限度額は500万~800万円程度です。

中小消費者金融でも同等の限度額を設定している業者もありますが、街金など地域密着型の営業をしている業者は限度額が10万~50万円程度の場合が多いです。

ただ、たとえ限度額が高額な業者でも、ブラックでも安全にの方が100万円以上の金額を借りるのは難しく、10万円や20万円の少額融資となる可能性が高いです。

デメリット3 利便性が低い
中小消費者金融の場合、申込や契約は基本的に店舗に出向いて行う必要があります。

また、借入や返済も店舗で直接の手渡しか振込となる場合がほとんどです。大手のようにカードを使ってコンビニATMからいつでも借りられるわけではありません。

デメリット4 安全な業者か判断しづらい
テレビCMを大々的に打ち出している大手の場合、知名度が高くその安全性も保証されています。しかし、中小消費者金融は名前を聞いたことが無い業者の方が多く、安全な業者なのかを見分けるのが難しいのが現実です。

よく調べずに申込をしたら実は闇金だったというケースも多いため、中小消費者金融を利用する際は安全な業者選びが最も重要なポイントとなります。

金融ブラックでも安全にと呼ばれる状態でも中小消費者金融なら安全にお金を借りることが可能
自分がブラックでも安全にかわからない場合、信用情報の開示請求で調べることができる
ブラックでも安全にが解除されるまでの所要期間は事由によって異なる
消費者金融の審査に通らなくても、闇金などの違法業者から融資を受けたり、クレジットカードの現金化などの裏ワザを使ったりするのは危険なので絶対NG
借金生活を卒業するためには金融リテラシーを高めることが大切

ブラックでも安全にの方におすすめ!安全にお金を借りることができる街金

アコム、プロミス、アイフルなどの大手消費者金融の審査に落ちてしまったという方でも独自審査により融資を受けられる可能性があるおすすめの街金をご紹介します。

即時融資対応も!ブラックでも安全に御用達の街金
即日融資も可能!セントラル
ブラックでも安全にでも即日融資が受けられることで人気の「セントラル」は1993年創業の愛媛県松山市に本社をおく老舗消費者金融会社です。

以前は中四国を中心とする地域限定の街金でしたが、現在は全国対応となっているので、日本全国どこからでも借入の申し込みが可能です。

独自の審査基準を設けているため、債務整理歴のあるブラックでも安全にの方や属性が悪くて大手の金融業者で審査に落ちた方でも審査に通る可能性があります。

セントラルの3問診断をチェック!
「セントラル」の公式サイトには、年齢、年収、現在の他社借入金額を入力するだけで申込前に簡易審査ができる“お借入「3 問」診断”がありますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

1day ダイレクトが人気の「キャッシングエニー」
「セントラル」と同様、全国対応の即日融資を行っている街金として知られているのが「キャッシングエニー」です。

「キャッシングエニー」は2009年創業の東京台東区に本社を置く株式会社Anyが運営する中堅の消費者金融で、「1day ダイレクト」という銀行振り込みによる即日融資が人気があるようです。

街金の中でも審査が緩いことでも知られていて、自己破産歴がある申込者でも審査に通るケースもあるようです。

自己破産者の最後の砦!フクホー
自己破産者や多重債務者の間で最後の砦と言われるフクホーは他の金融機関では融資を断られた方でも借り入れができる審査通過率の高いの街金として知られています。

「自己破産、免責1ヶ月以内で、アローなど他の中小貸金業者では門前払いされたけど借りることができた」
「個人再生完済後まだ1年半で他からは瞬殺されたけど、フクホーでは審査に通って本当に助かった」
「自己破産歴ありで長期延滞中だったにも関わらず、融資してもらえた」
などという方もいらっしゃいます。

ただし、現在の返済能力は厳しくチェックされるため、必要書類なども多く、融資スピードは遅いようです。

不動産担保ローンもあり!もみじファイナンス
広島県福山市に本社を置く「もみじファイナンス」も事故歴ありのブラックでも安全にの方でも審査通過できる中小消費者金融会社として知られています。

任意整理中の方や破産歴があり他社からの借入もある方などでも融資を受けられた事例があるようです。

また西日本限定となりますが、不動産担保ローンも提供しています。

中小消費者金融業者をまとめてチェック!
こちらの記事でも、限度額が大きい中小消費者金融や即日融資可能な中小消費者金融を貸金業番号や日本貸金業協会会員番号と合わせて一覧表にまとめてご紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

参考記事:中小企業の消費者金融からお金借りる場合に知っておくべきこと

総量規制対象外!多重債務者にもおすすめのおまとめローン
多重債務者や、既に総量規制による限度額である年収の3分の1ぎりぎりの借入をしている方におすすめなのが、総量規制の対象外となるおまとめローンです。

複数の借入を一本化するおまとめローンを利用することにより、返済総額が減少したり、返済プランがたてやすくなるなどのメリットがあります。

借入を一本化することにより多くのメリットを享受できるおまとめローンは、「顧客に一方的有利となる借り換え」という貸金業法に定められた総量規制の例外に該当するので、年収の3分の1以上の借り入れも可能となります。

参考URL:貸金業法等改正に係る政府令の概要について(PDF)金融庁公式サイト

おまとめローン専門の中央リテール
おまとめローンを利用したい方におすすめの業者は、おまとめローンを専門としている「中央リテール」です。

相談窓口の担当者は全員、貸金業務取扱主任者の資格所有者なので、プロからの的確なアドバイスを受けられます。

中央リテールは、審査から融資まで最短1日という審査スピードでも定評があります。

35日間無利息期間があるライフティ
「ライフティ」(RYFETY)もおまとめローンを提供している業者として知られています。

ライフティは、新宿の歌舞伎町にある老舗の街金である他社の借入を延滞中、債務整理中という厳しい状況でも門前払いをされず、しっかり審査をしてもらえるようです。

街金は安心して利用できる?申し込み前に知っておきたいことと、街金の実態>
正直に言うと、すべての街金を安心して利用できるとは断言できません。

都道府県の許可を得た正規の業者であっても、「債務整理に強い弁護士を紹介する」といった名目で紹介料を要求したり、返済が遅れるとクレジットカードの現金化を強いたり、恐喝に近い電話が掛かってきたり……という報告は複数寄せられています。

というのも、ブラックでも安全に対応の小規模金融機関は対応が悪くてもお金を借りたい人が集まってくるため、あまりサービス面での努力を行っていないことも多いんですね。

(もちろんセントラル、ライフティなど対応の良い金融機関も存在します)

一方で違法行為を行うと営業許可を取り上げられてしまうため、正規の金融機関が明らかな法律違反(法定金利を超える高金利での貸付、訪問での取り立てなど)を行うことはありませんが……。

もしも「この会社、少しあやしいな」と少しでも感じたら、申し込みを取りやめるようにしましょう。

★法律に反しない範囲でイヤな思いをすることがあったら、できるだけ早く借りたお金を返済し、契約を打ち切りましょう。

それが難しいようであれば、債務整理を考えても良いかもしれません。

債務整理は自己破産だけではありません。

話し合いによって無理なく支払えるよう分割してもらう方法もあります。

1社から借りてるだけでも、借金減額の可能性大!
完全無料&匿名でいくらまで減らせるか確認できる診断ツールもあるので、まずは試してみるとよいでしょう。
↓↓↓

CHECK 【24時間対応】借金減額の無料診断ツールを試す

はじめての街金なら、セブン銀行ATM利用可&良対応の中堅業者がおすすめ
はじめて街金を利用する場合、もしくはこれまでに街金の審査に落ちたことがない場合には、便利な中堅消費者金融の利用をおすすめします。
闇金とは違う?スペースの条件と気になるポイント
3つめの業者として、『スペース』の条件を紹介します。

用途 限度額 金利
自由 最大500万円 8.0%~20.0%
フクホーと同じく基本条件は良さげですが、スペースを使うなら一度ホームページの『悪徳業者にはご注意』の部分を見ておきましょう。

スペースも含めた中小消費者金融は、規模の小ささもあって『闇金』と間違えやすいです。闇金は法律を無視した金利の設定や強引な取り立てをしてくるように、利用すると散々な目に遭うでしょう。
スペースは安全ですが、時には『安全な消費者金融の名前を語った闇金』も出てきますので、こうした注意喚起はちゃんと覚えてください。

限度額に注目!スペースは長く付き合える業者です
スペースの利点については、他の中小消費者金融よりも分かりやすいものになっています。

最大限度額が大手消費者金融並み
即日融資が可能
ネット申し込みに対応済み
スペースの最大限度額は500万円となり、これは『アコム』などの大手消費者金融と同水準です。

実際に500万円も借りる人は少数派ですが、それでもここまで貸せると明示してあるのは、『どんな用途でも相談可能』という意思表示でもあります。

実際に500万円を借りたいなら、スペースとの取引実績が欠かせません。必要に応じて融資を受け、遅れずに完済を繰り返していれば、スペースは長く付き合える消費者金融となるでしょう。

返済シミュレーションも可能なアローの基本情報について
4社目は『アロー』についてです。こちらの会社はネットからの申し込みのみなので、電話などが良いという人は注意しましょう。

用途 限度額 金利
自由 最大200万円 15.00%~19.94%
限度額の数値がフクホーと同じなので、中小消費者金融としてはこちらも十分な条件だといえますね。

また、アローは『返済シミュレーション』をサイトに設置しており、こちらを使うと簡単に返済総額や期間を算出できます。無料で利用できるため、申し込み前でも気軽に使いましょう。

なお、他の中小消費者金融でも用意されている場合、利息の加算方法などが異なるため、流用はやや難しいのにご注意ください。

借り換えにも使える!中小消費者金融には珍しいアローの特徴
ぱっと見は地味なアローですが、実はこの会社もユニークな使い方ができます。

フリーローン以外に借り換えローンもある
ネット申し込みに特化
追加融資や増額にも対応
フリーローンに加えて『借り換えローン』も用意している中小消費者金融は珍しく、ブラックでも安全にリストな上に多重債務者だと頼りになるでしょう。

☆借り換えローンの仕組みについて
複数の会社から借りているお金を一社からの融資で完済し、返済件数や利息負担を軽減する方法です。消費者金融にありがちな総量規制も関係ないため、年収で借入額が制限されません。
フリーローンのほうが汎用性は高いのですが、多重債務状態なら借り換えローンの利用も検討し、少しでも楽に返していきましょう。

また、個人向けの明らかなブラックでも安全に融資で闇金のホームページは「エンゼルリース」「クレア株式会社」「ORCサポート」などの名前だけ変えて同一テンプレのホームページで短期で集客しているようです。 長期間営業すると捕まるので電話番号もなくwebからの申し込み後に携帯でコンタクトするようです。 「ソフト闇金」「即日個人融資」というキーワードを検索してもらっても、ブラックでも安全にOK融資の違法サイトは探せますが法を順守してないので利息が膨大になります。

ブラックでも安全に融資ができる携帯番号21件

上記の電話番号は、携帯闇金とか090金融と呼ばれている無登録の違法の業者になります。 これらも金融庁で警告が出ているブラックでも安全にOK融資を目的にしているところです。

ブラックでも安全にOKという言葉の意味は個人信用情報

金融でいうブラックでも安全にという状態は明確な基準があり、CICかJICCの個人信用情報に「異動」と書かれているかいないかです。 もし異動の文字がなければ、ブラックでも安全にではないので普通の融資なら即日で消費者金融なりから利用できる状態にあります。 この個人信用情報は誰でも自分のものは見ることができますので、気になる方は開示してみてください。

CIC インターネット開示
(主にクレジットカードの信用情報)

時間:約15分
料金:1,000円
必要なもの:発行済のクレジットカードで登録した電話番号

JICC インターネット開示
(主に消費者金融の信用情報)

時間:約15分
料金:1,000円
必要なもの:身分証明書

融資をする側にも損をするリスクがあります。 ブラックでも安全にOKとは、金融事故を起こしてしまい、一般的な金融機関でお金を借りる事が出来ない人やローンを組む事が出来ない人にもお金を貸してくれる、またはローンを組む事ができるという意味を持つ言葉です。

金融事故者になると、銀行から融資を断られたり、クレジット会社などにクレジット契約を一方的に断られたりします。 これは、約束通りに返済が行われなかった事や自己破産などによって返済を免れた事実を金融機関どうして情報共有しているためで、貸し倒れを未然に防ぐと言う意味では当然の措置と言えます。 しかし、こうした「どこからもお金を貸してもらえない人・クレジット利用ができない人」を、掲示板でキャッシングでブラックでも安全にOKのような期待感あふれる言葉で誘いだし、法外な高金利で即日にお金を貸すという業者が水面下で暗躍しています。

最初に言っておきますが、闇金を利用する限り、リスクを避けることはできません。

中には「ソフト闇金」といって、正規の金融機関のように丁寧な対応をしてくれる業者もありますが、金利は非常に高いです。

返済が遅れてしまうと、「ウシジマ君」みたいな、半グレのヤクザたちが取り立てに来る可能性もあります。

それでも「ブラックでも安全にでどこからも借りられない!闇金でもいいからお金を借りないと人生が詰む!」

という方のために、今回は比較的安全に利用できそうで、即日融資に対応している闇金を紹介していきます。

と、その前に「闇金・サラ金・消費者金融」の違いもよく分かっていないという方のために、まずは闇金とは何なのか、どれくらい危険なのか説明していきますね。

そんなの分かってる!とにかく急いでるんだ!という方は呼び飛ばしても大丈夫です。

即日融資に対応している闇金の口コミと評判

↑のリンクをクリック(タップ)すると、即日融資の闇金を紹介するパートへジャンプします。

また闇金ではなく、安全な金融機関からお金を借りたい方には、スルガ銀行グループの消費者金融「ダイレクトワン」がおすすめです。

大手消費者金融より審査基準は甘いので、アコムやプロミスの審査に落ちてしまった方にもおすすめです。

ダイレクトワン

ダイレクトワンの詳細はこちら

闇金・サラ金・消費者金融の違い

闇金・サラ金・消費者金融の最も大きな違いは、国か都道府県から貸金業の認可を受けているかどうかです。

サラ金・消費者金融は国か都道府県から、正式に認可を受けており、3年ごとに許可証を更新しています。

一方闇金はどこからも正式に認可を受けておらず、法律も守りません。

そのため違法な金利を設定して、法律で禁止されている取り立て・脅迫が行われています。

サラ金=消費者金融
サラ金というと、怪しいイメージを持つ方もいますが、基本的にサラ金と消費者金融は同じものです。

一昔前はサラ金と呼ばれていましたが、サラ金のイメージが悪化してしまったため、業者側が消費者金融と名乗るようになりました。

金融という言葉が入っているだけで、安心できそうなイメージがありますよね?

サラ金や消費者金融は銀行と比べると金利は高いですが、闇金と比べるとかなり良心的です。

最悪、サラ金からの借金は返済しなくても、口座が凍結されたり、財産が差し押さえられる程度です。

闇金の場合、返済しなければ命に危険が及ぶ可能性もあります。

そのため2~3社の審査に落ちた程度の人は、もっと審査の甘いサラ金を試してみてください。

即日融資で借りやすいサラ金業者を厳選してご紹介!

闇金から借金をしていいのは、今お金がなければすぐに人生が終わるという人だけです。

闇金の金利は消費者金融の183倍
闇金でよく使われるトイチ(10日で1割)とは、10日で元金に対して10%の利息が発生するという意味です。

10日で10%というのは、1年間で換算すると年率3300%となります。

一般的な大手消費者金融の上限金利は年率18.0%なので、闇金は消費者金融の183倍の金利で貸し付けを行っていることになります。

こんなの返済できるわけがありませんよね?

お金がないから闇金を利用するのに、こんな利息を支払えるわけがありません。

ソフト闇金と呼ばれる業者であれば、年率40%~50%で融資を行っていますが、それでも消費者金融と比べると金利は3倍です。

闇金に申し込む前に、これぐらい金利が高いということを頭に入れておいてください。

闇金からの借金は返さなくてもいい
先ほど説明した通り、闇金は法律で認められていない違法な業者です。

そのため闇金からの借金は返済する必要はありません。

だからといって、闇金からお金を借りまくって踏み倒そうなどとは思わないでください。

暴力団と関係があるような闇金が相手だと、たとえ借金がチャラになったとしても、後々報復される可能性があります。

あなただけでなく、身内にも危険が及ぶので、闇金を騙そうとは考えないでください。

しかし闇金から借りてしまったけど、どうしても返済できないという方は、速やかに弁護士へ相談してください。

法的手続きを取れば、闇金もあなたに手を出しづらくなります。

闇金側も話を大きくしたくはないので、元金の分だけは返済するといった形で話が着くかもしれません。

つまり、ブラックでも安全にOKは困っている、気持ちが焦って的確な状況判断ができなくなっている人を救済しようという内容のものではなく、慌てて冷静さを失っている人の弱みに付け込み、違法な高金利で貸付を行い、私腹を肥やそうという悪質な手段と言えるのです。 ですから実際に即日の融資をしてくれる額は5万円以下、多くても10万円以上は貸してくれることは残念ですがほぼありません。 なぜならそれだけでも一週間後には消費者金融の金利で脹れがっているからそれでOKなのです。

また完済をしようとしても申し込みを取り合ってくれない残念なパターンも過去にはあります。 そうすることによって金利分が全額回収できるからです。 大手がブラックでも安全にに率先して貸し渋りで融資をしないのは自己破産や債務整理で悪い言い方をすれば所謂、「すぐに飛んでしまう」可能性が少なからずあるだけでなく実際そうなる割合が高いからです。 返済する稼ぐ能力が低い、無いと判断されている、遡って過去の金融事故もしくは現在の延滞などが理由で社会的な信用がないという事なのです。

昨今は、保証人や担保が無くても、簡単にお金が借りられる時代になりました。

これは個人の信用で貸すことが一般的になったからです。

しかし、信用力のないブラックでも安全にの方からすれば借り難い状況になったともいえます。

そんな中、ブラックでも安全にでも借入可能な消費者金融というのは、果たして信用しても大丈夫なのでしょうか?

闇金や悪徳業者が蔓延る中小消費者金融で、安全な業者を探すにはどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回は、ブラックでも安全にでも即日融資してしてもらえる優良な消費者金融を探す方法を皆さんにご紹介いたします。

ブラックでも安全にでも諦める必要はない?即日借入れの方法は存在する!
ブラックでも安全にになってしまうと、多くの場合には最初からお金を借りることを諦めてしまいます。確かにそのほうが良い場合もあります。

しかしどうしてもお金が必要という人の場合には、普通の金融機関での借り入れは無理だと思い、怪しい業者を利用してしまいます。

場合によっては婚姻や宗教的な出家というような方法で名前自体を変えてしまう事によってブラックでも安全にを回避しようという人もいます。

しかし良く調べてみれば、現在では条件さえ満たせば、ブラックでも安全にと言えども大手を振って正規業者から借りることができるのです。
(⇒ブラックでも安全にでも借りれる会社の探し方)

金融機関の審査では何が行われているのか
そこでなぜブラックでも安全にでも借り入れすることができるのかという事を順を追って説明していくことにします。

まず理解しておかなければならないのは金融機関の審査についてで、どのような事が行われるのかについて説明しておきます。

審査で行なわれるのは2つの要素があります。まず行われるのが返済能力で金融機関は年収や他からの借り入れ状況で判断します。

そもそも貸したとしても返済してもらえないのでは金融機関にとっては不良債権になってしまいますので返済能力は審査の基本です。

もう一つは先ほど触れた信用力の審査で、これは銀行や消費者金融などそれぞれの業界で共通して持つ信用情報によって行われます。

ブラックでも安全にという場合には、この信用情報にブラックでも安全にの原因となるような情報が書き込まれているために借りることができない訳です。

審査で使われる審査基準は金融機関ごとに違う
これらの審査は審査基準というものがあり、この審査基準に則って行なわれることになります。これに触れると審査には通りません。(こちらもご参考に→カードローン審査基準とは?)

この審査基準は金融機関の長い経験から作られて来たもので、金融機関も時には痛い目に遭った結果として作り上げたものです。

したがって審査基準というのは言わば金融機関のノウハウの塊といっても良いもので、ある意味宝と言えるものです。

このためこの審査基準は門外不出になっており、決して外部に公開されるようなことは有りません。もちろん金融機関の間でもです。

ですから審査基準というのはそれぞれ他社のものを知ることはできません。したがって各金融機関ごとにすべて違っています。

このため同じ人が融資を申し込んだとしても審査の結果というのは必ずしも一致せず、通る業者もあれば通らない業者もあります。

審査に通るか通らないかは金融機関と申込者によって変わる
このあたりをもっと身近な例で説明してみましょう。最近ではインターネット上に口コミ情報があり審査についての情報もあります。

様々な情報があり、嘘の情報も入っていますが、そういうことを考慮してもよく読んでみると食い違う情報が沢山あります。

審査が緩いという人もいれば厳しいという人もいるのです。実はこれは申込者と審査基準の関係をよく表している事例なのです。

審査基準というのは申込者の状態に合っていたり合わなかったりします。合っていれば緩く、合わなければ厳しいわけです。

したがって審査に通るか通らないかは金融機関の考え方と利用者の状態によって変わり、誰にでも当てはまる話ではないのです。

ブラックでも安全にとはどのような状態なのか
ブラックでも安全にの人の場合も、借り入れを申し込んだ場合には、他の人と全く同じでこの審査基準によって審査が行われることになります。

要するにブラックでも安全にというのはどの金融機関に行っても、共通した原因で審査で問題になって借りられない状態という事なのです。
(⇒金融事故を防ぐためには?)

以前は信用情報中にブラックでも安全にリストがあってそこに名前が載った状態と言われることもありましたが、それは都市伝説にすぎません。

ブラックでも安全にという名称はそこから来ているのですが、実際にはそのようなものはなく、他の人と同じように審査が行われます。

ではなぜブラックでも安全にになってしまうのかというと、まず以前借りていたローンの返済、電気代や電話代等何らかの支払いが滞った場合。

また滞っただけではなく、結局支払うことができなくなってしまい債務整理に追い込まれてしまった場合もブラックでも安全にになります。

更にローンの申込みを断られた後も短期間ではありますがブラックでも安全にとして扱われる事があります。

ブラックでも融資が安全に扱われる期間

ブラックでも安全にになった原因 ブラックでも安全にの種類 ブラックでも安全にの期間
ローンの滞納 金融ブラックでも安全に 5年
各種支払いの遅延 金融ブラックでも安全に 5年
債務整理 金融ブラックでも安全に 10年
ローンの審査落ち 申込ブラックでも安全に 6か月を超えない範囲
審査基準によっては審査に通る可能性はある
ここで重要な点というのは審査基準は金融機関ごとに違い審査というものはそれぞれの金融機関が独自に行っているという点です。

したがって審査に通す通さないというのは金融機関の考え方次第だという事を忘れないようにしましょう。

もう一つ重要な点は金融機関的にはブラックでも安全にという状態はなくあくまで審査基準に抵触するだけの話だという事です。

したがってブラックでも安全にとはいっても正確に言えば金融機関ごとに独自の判断が働き細かい部分では判断が食い違う部分もあるのです。

ですからもし審査基準が他とは大きく違っているような業者があれば、いわゆるブラックでも安全にという判断も大きく違う可能性があります。

ブラックでも安全に対応という消費者金融が存在する
ところが実際に最近ではブラックでも安全にとして扱われる人にも条件次第で貸してくれるブラックでも安全に対応という消費

者金融が現れています。

その数は順次増えておりインターネットで検索してみれば分りますが、すぐに沢山の業者を見つける事ができるようになっています。

これらの業者の審査というのは通常ブラックでも安全にの人が抵触してしまう信用力の審査は最小限にして主に返済能力を審査しています。

このためブラックでも安全にになった直後というような場合を除いて返済能力があればブラックでも安全にと言われる人も借入れできる可能性があります。

何故こういう業者が出てきたかというと銀行のカードローン参入で利用者確保のため特徴を出す必要が有ったのが大きな理由です。

ただし申込みは店舗に行かなければならない業者もあるので、遠隔地の場合にはネット申込みが可能かどうか確認が必要です。

ブラックでも融資可能な消費者金融6選

ブラックでも即日融資可能!?審査の甘い消費者金融5選

【2ch】ブラックでも借り入れできる消費者金融【総まとめ】

ブラックでも借り入れ可能!?おすすめ消費者金融まとめ

ブラックが借入出来る即日融資可能・おまとめ対応の会社まとめ

ブラックの人がお金を借りる方法

ブラックリストが10万円借りたい | 融資の条件と方法

ブラックでも借りれるおまとめローン【口コミ・評判まとめ】

申し込みブラックでも借りれる消費者金融 | ブラックOK金融機関

ブラックでも借りれる消費者金融 ランキング【最新版】

ブラックでも借りれるキャッシング口コミランキング!!

ブラックでも融資してくれる所 | 金融機関まとめ

ブラックでも融資可能な銀行【確実に融資してくれる銀行は!】

ブラックでも融資!安全に借入できる消費者金融5選

ブラックでも借りれる銀行はないの?【銀行を徹底調査】

ブラックでも借りれるカードローンとブラックの解除方法

ブラックでも借りられる【2chで噂の消費者金融をまとめてみた】

ブラックでも借りれる金融機関極甘審査ファイナンスの嘘・本当

ブラックでも借りられる銀行 | 審査と借入のコツは○○にあり

ブラックが融資を銀行で受けるには?※審査基準と通過の極意

ブラックリストでも借りれる銀行は?借りれない時の対策法2選

申し込みブラックでも融資可能な金融機関と意外な実践方法2選

口コミで分かったブラックでも融資OKな消費者金融一覧

ブラックでも融資可能な所を2chから抜き出してみた

 

おすすめの記事