大手に落ちた人必見!おすすめ中小消費者金融

No.1キャッシングエニー
融資率が高いと評判!おすすめ度◎!

No.2エス・ジー・ファイナンス
過去に債務整理の経験や多重債務がある人OK!

No.3マンモスローン
中小おまとめローンの代表格!大手に落ちた方!

No.4ご融資どっとこむ
多彩なローンが選べる!可決情報多し!

No.5サンクスダイレクト

WEB参入新規の老舗!今が一番狙い目!!

他社借り入れあっても借りれるカードローンやキャッシングは?

社会問題としてよく「多重債務」が取り上げられますが、これは見方を変えれば「多くの企業は他社借り入れあっても借りれる」ということができます。

実際確実に他社借り入れあっても借りれるとは限りませんが、返済能力に問題がなければ他社借入があるというだけで借入を断るような会社はありません。

つまり、既に他の消費者金融で借入していても新たにカードローンやキャッシングをすることは可能だということ。

返済能力に問題がなければ他社借り入れあっても借りれる

上記でも記載したように、殆どの会社では他社からの借入があったとしても、審査の上でまだ返済能力に余裕があると判断されれば貸付が行われます。

当然「他社からの借入がある」という状態はマイナス要素になりやすいので借入がない状態よりも厳しめの審査になりますが、それでも本人の返済能力に余裕があれば貸し付けても特に問題がないので貸し付けが行われるのです。

他社借り入れあっても借りれるのは何社までOK?

多重債務者と審査で判断されるボーダーライン

他社借入件数が何社までOKかという疑問には、基準が各社によって違うので一概には回答できません。

ただし、多くの会社では3社までがボーダーラインと言われています。
借入件数が4社になるとかなり厳しくなり、5社以上だとほぼ通らないとされているのです。

借入件数担当者の評価
1件全く問題ない
2件返済状況が良ければ問題ない
3件要注意
4件属性が良くない人は審査通過困難
5件以上新規の借入はほぼ不可能

属性によって多少違いますが、借入本数に応じた担当者の評価は上の通りです。

3社なら他社借り入れあっても借りれる

一般的には3社もしくは4社以上の借入れ本数がある人にことを多重債務者と呼び、審査の際には大きなマイナスになってしまいます。

他社借入が4件あると非常に厳しい

アコムやプロミスなどのホームページには年齢、年収、借入本数、借入残高を入力するだけで、お金を借りることができるか判定してくれる「お試し診断」機能があります。

ここで、様々なケースで入力してみると、お試し診断で借入OKと表示されないパターンが「借入本数が4本以上」のパターンです。

借入合計金額が5万円でも件数が4件以上だと判断できないという画面になります。

つまり、大手消費者金融(アコムやプロミス)は借入本数が3本以内であれば多重債務者とせず融資の可能性はあるが、逆に4本以上の借入れになると審査通過は難しいということ。

消費者金融の総量規制とは

ただそういってもむやみやたらに他社借り入れあっても借りれるからと融資していると多重債務、そして返済不能で破産者が増えてしまいます。

そこで貸金業法にて総量規制が行われており、貸金業からの無担保貸付は「年収の三分の一まで」と決められています。

初めてカードローンに申込む人なら金額が制限されるだけの話ですが、現在の借入金額が年収の3分の1に達していれば、もちろん新規の借入はできません。

総量規制の上限まで借入してるけどお金が必要!そんな時は?

銀行カードローンは他社借り入れあっても借りれる?

総量規制のせいで消費者金融などの貸金業者を利用できない場合、銀行系カードローンに申込むしかありません。

ただし、銀行系カードローンも返済能力の範囲内での融資になることには違いありません。

やはり、他社借入額が多いと返済能力を低く見積もられてしまいます。
そうなると、審査に通りづらくなりますし、通っても限度額は低めに設定されます。

いくら総量規制がないとはいえ他社借入額の影響は大きく受けます。

他社借入額はどんなに多くても年収の半分が限度だと思っておきましょう。

また、一方で銀行カードローンにはそういった規制がないため、総量規制の抜け道として使われてきた経緯があり貸付額の増加が問題化しました。

そのため各種団体や金融庁などが監視の手を強め現在自主規制が行われているので他社借り入れあっても借りれる可能性は低いかもしれません。

おまとめローンなら3件以上他社借り入れあっても借りれる

3社以上からすでに借入れがある場合、審査通過が難しくなりますが、この状況はおまとめを行うことによって打開することができます。

3件以上他社借り入れあっても借りれる「おまとめローン」のメリット

金利が安くなる

銀行から融資を受ける場合であれば低金利で利用できますし、銀行以外でも現在利用している業者よりも低い金利で利用できればトータルで返済する金額も少なくすることができます。
おまとめローンを活用する人の大半は、金利を安くすることを目的としています。

複数の返済期日に追われなくて済む

複数の金融業者から借り入れをしていると、どうしても毎月複数日の返済期日に追われることになってしまいます。

返済がままならなくなると、給料日にに返済したところからお金を引き出して来月の返済に回すという方法を取るなど自転車操業に陥るリスクも高まりますが、おまとめローンにより返済期日が1日になることで、このようなリスクを避けることが出来ます。

ブラックにならない

破産や民事再生と違って借金を踏み倒すわけではないので、事故情報(ブラックリスト)になりません。

とはいっても借りすぎ注意
複数の会社から借りられると言っても、自分の返済能力を超えるような借入は返済計画の崩壊と将来的な破産の原因になるだけです。

このようなメリットがある為、3件以上借入している人は、他社借り入れあっても借りれるおまとめローンを検討してみましょう。

他社借入金額や件数で嘘をついたら他社借り入れあっても借りれる?

どうしてもお金が必要で、他社借入をしているのに「借入件数0件」と嘘の情報で申し込みを行う方がいますがすぐにバレてしまいます。

貸金業者は、信用情報機関の 「CIC(株式会社シー・アイ・シー)」と「JICC(日本信用情報機構)」、「全国銀行個人信用情報センター」を通して、以下のような個人情報の共有を行っています。

  • クレジットカードやカードローンの過去の利用履歴
  • 貸付限度額(利用限度額)
  • 現在の借入残高・残債額

カードローンに申し込むと、まず申込情報が正しい情報かどうか個人情報信用機関に問い合わせを行い、もし登録情報と一致しなければすぐに貸付不可と判断されてしまいます。

さらに虚偽申告を何度も繰り返していると、信用度はどんどん低くなりどこのカードローン審査を受けても審査に通らなくなってしまいます。

他社借入件数や他社借入額は偽ることなく正しい情報で申し込みましょう。

他社借り入れあっても借りれるの?(まとめ)

他のカードローンを利用していても決して借りられないわけではありません。返済能力があるとみなされれば、消費者金融や銀行カードローンで借入することができます。

しかし、世の中には「ブラックでもOK」「他社借入をしていても絶対に借りられる」といった甘い表現でお金を貸し付けようとしている悪徳業者もいます。

そうした闇金でお金を借りてしまうと、法外な金利を取られて一瞬で自己破産にまで追い込まれてしまいます。

そのようなリスクを避けるためにもここでご紹介しているような安心・安全の消費者金融や銀行カードローンに申し込むべきです。

他社借り入れあっても借りれるか各機関に聞いてみました【追記】

アコムは他社借入ありでも借りれる?

他社化借入があるとアコムで借りることができないのか気になる人も多いと思いますが、結論からいうと、他社借入ありでも借りれるそうです。

実際に3社を超える複数の会社からお金を借りている人でも、100万円を超える他社借入がある人でも、アコムの審査に通っている方はいます。

大事なのは安定した収入と返済能力なので、問題なく返済できると判断されれば審査には通過します。

ただし総量規制オーバーだという人は、普通のカードローンでは借り入れできませんので、その場合は前述した「貸金業法に基づく借換え専用ローン」で一本化を検討しましょう。

プロミスは他社借入ありでも借りれる?

プロミスは個人向けローンの新規貸獲得に積極的なので、他社借入ありでも借りれる可能性は十分にあります。

すでに他社でおまとめローンを組んでいてもプロミスで新たに追加借入することはできます。

最短30分審査、即日融資にも対応してもらえるので、急ぎの人でも早々に審査結果がわかります。

もし他社借入の金額が年収の3分の1を超えているという人は、プロミスにも賃金業法に基づく「おまとめローン」があるので、例外貸付で年収の3分の1超えでも融資してもらえます。

もちろん審査に通過する必要がありますが、審査に通れば他社よりも低い金利で借りれるので月々の返済負担を軽減できますよ。

レイクは他社借入ありでも借りれる?

レイクはカードローン申込者の他社借入額を全て把握することができます。

というのも、ノンバンクの消費者金融は銀行が利用する信用情報機関KSCに加入することはできませんが、レイクは銀行カードローンなのでKSCはもちろんのことCICやJICCにも加入でき、実際にレイクはすべてに加入しているからです。

また銀行の過剰貸付問題もあるので、消費者金融に比べると審査が難しい可能性が高いです。

借入件数が5件以上もしくは年収に対する借金額が大きい方は審査落ちの可能性が高いですが、借入件数が少ない人なら審査に通る可能性はあります。

とはいえ、他社借入は件数も金額も少ないに越したことはありません。
可能な限り借入件数を減らしてから申し込むのがおすすめです。

また銀行カードローンであっても自主規制がかかっているので、他社借入と合わせて年収の3分の1以上は借りれないということを頭に入れておきましょう。

アイフルは他社借入ありでも借りれる?

アイフルは総量規制の範囲内で、他社借入件数が1件、2件程度の方なら審査に通る可能性が十分にあります。

もし、他社借入件数が3社以上、あるいは4社以上といった複数社から多額の借り入れがあるような人は、アイフルの「かりかえMAX」、「おまとめMAX」という借り換え・おまとめ専用ローンがおすすめです。

年収3分の1以上の借入で総量規制に引っかかってしまう人も、おまとめ専用ローンであれば例外貸し付けで融資してもらえます。

初めてアイフルを利用する方は「かりかえMAX」、すでにアイフルを利用している方は「おまとめMAX」となります。

金利が若干異なり、「かりかえMAX」は年12.0~17.5%、「おまとめMAX」は年12.0~15.0%です。

借り換え・おまとめ専用ローンなので、現在借金している借入先にはアイフルが代行して返済してくれますし、普通のカードローンのように自由に追加融資を受けることもできませんので、返済に専念できますよ。

おすすめの記事