可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

ブラックでも借りられるカードローンはあるの?

ブラックの定義と解除方法を徹底解説

「延滞するとブラックリストに載ってしまう」という言葉を聞いたことはありませんか?

実は、正式には「ブラックリスト」というものは存在しません。

カードローン利用者の間で度々話題になる「ブラック」の定義はかなり曖昧で、その解除方法にもさまざまな見解があります。

ここでは、「カードローンとブラックの関係」やブラックの解除方法など、気になる話題にスポットを当ててお話していきます。

【ブラックでも借りれるカードローン】カードローンのブラックとは

冒頭でも触れたように、「ブラックリスト」というものは正式には存在していません。
ここでは、よく話題になる「ブラックの定義」について解説します。
いわゆるブラックとは、個人信用情報に延滞や法的整理などの経歴が記録されることを指します。
このような情報のことを「事故情報」といいます。

事故情報に含まれるのは、

  • 対象となる取引で延滞した
  • 代位弁済をおこなった
  • 債務整理、自己破産などの法的整理を行った
  • 強制解約になった

 

などの履歴です。

延滞

事故情報として記録される項目で一番数が多いのが「延滞」です。
延滞とは、契約で決められた期日に返済が間に合わない状態のことを指します。
信用情報機関のデータベースには延滞日数が詳細に記録されており、
日数が長いほど審査に通りにくくなります。

また、カードローンやクレジットカード以外で延滞が記録されてしまう、
意外なケースがあります。

それは、「携帯本体の分割料金を含んだ携帯料金の延滞」です。通常、携帯料金の延滞が信用情報に記録されることはありません。

しかし近年、本体料金の分割料金を含めた料金プランが多くなっており、
この本体料金の分割には「割賦販売法」という法律が適用されています。
この割賦販売法には利用者の返済能力を調査する義務があり、購入時に信用情報が利用されています。

つまり、本体料金を分割で購入する時点で信用情報機関のデータベースに
購入情報が記録されており、本体料金を含む携帯料金を延滞することで、
信用情報に延滞履歴が記録されてしまうのです。

代位弁済

利用者が延滞し続けているケースなどで行われる手続きのことです。
カードローンの中には「保証会社の保証を受けられること」という
申し込み条件を定めているものがあります。

このようなカードローンで延滞し続けると、
カードローン業者は保証会社に対して一括返済を求める手続きを取ります。
この手続きが「代位弁済」です。

代位弁済が行われると、カードローン業者に対する利用者の返済義務が消滅します。
そのかわり、保証会社に対する返済義務が発生します。
代位弁済は保証会社を定めている場合のみ行われます。

債務整理・自己破産

自己破産 いわゆる法的整理を行った場合や、弁護士を通して任意整理を行った場合に事故情報として記録されます。

また、返済がままならず、自己破産手続きを取った場合も当該事実が記録されます。
強制解約 何らかの理由でカードローン業者やクレジットカード会社が強制解約手続きを取った履歴です。

例えば、虚偽の記載による申し込みをした場合、強制解約の対象となります。

強制解約となった利用者はあらゆる審査に通りにくくなるため、虚偽の記載は非常にリスクが高いと言えるでしょう。

これらの履歴は、当該事実が発生した時から信用情報機関のデータベースに記録され、信用情報を利用するローンやクレジットカードなどの審査時に閲覧されます。

したがって、事故情報が記録された時点で審査に通過できる確率が格段に下がります。

このような状態になってしまうことを俗に「ブラックリストに載った」と表現しているのです。

ブラックでも借りれるカードローンはどこ?

  • ブラックだから借りれるところないでしょ?
  • 過去に自己破産してるから借りれないんじゃない?
  • 債務整理して支払い中なんだけど、どこかブラックでも借りれるかなあ?
  • 失業中で無職なんだけど、消費者金融は借りれるかなあ?
  • 消費者金融で申し込みブラックになっているみたいだけどどうすれいいの?

審査が甘いと呼ばれる柔軟審査の金融業者は多数

ブラックリストに載ってしまったけど、どうしてもお金が借りたい!と言う方は多いのではないでしょうか。

残酷なもので、お金が無い時に限って、なんらかのお金が必要な事が出来てしまったりする事は多々ありますね。

残業代が少ない時に限って、支払いが多かったりと、なぜかそのような事がよくあったりします。そんな時、ブラックだからと言って、諦めないでください。

ブラックでも借りられる金融会社は、実は多く存在しているのです。サラ金と呼ばれる消費者金融はブラックリストに入ってしまうとお金を貸してくれません。

アコムやプロミス、アイフルもサラ金の一種ですが、そういった大手消費者金融ではブラックの人にはほぼ100%貸してくれませんが、消費者金融は、は大手ばかりではありません。

独自の審査基準を持ち、ブラックリスト入りした人でも救いの手を差し伸べてくれる消費者金融が実はたくさんあります。規模は小さいですが親身になって相談に乗ってくれる消費者金融があります。

なぜブラックでもカードローンやキャッシングで借りれるの?

ブラックというのは消費者金融が決めた基準で審査を通すか通さないかを決める尺度であって、法的にブラックという基準はありません。

短期間にいくつもの消費者金融に申し込んでしまった「申し込みブラック」というのもあれば、返済が遅れたという記録が何度か続いたとかそういうものです。

消費者金融としてはとりっぱぐれが怖いのでそういう人には門前払いするところが多いのです。特に大手消費者金融のキャッシングやカードローンはそうです。

ただ、中小規模のサラ金は大手と違って本当にお金に困っていて収入もある人ならなんとか貸してあげたいと考えます。だから大手ではブラック扱いでも中小規模のサラ金には相談してみるといいと思います。

即日融資も可能サラ金だからといって審査が遅いとか融資まで時間がかかるということはありません。むしろ大手カードローンなんかよりも迅速に審査、融資をしてくれることが多いようです。

お金がないときってだいたい緊急なんですよね。給料日やボーナスまで待てるんならみんなそうしますから。

そんな余裕の無いときに即日に振り込みで、しかも全国どこでも融資してくれるサラ金のキャッシングというのは本当に助かるわけです。

ブラックかどうかチェックする方法

延滞したことのある方は、「自分はブラックに登録されてないかな」という疑問を持つでしょう。
ここでは、ご自身の信用情報をチェックする方法をご紹介します。
信用情報機関には、

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • クレジットインフォメーションセンター(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(JBA)
    があり、それぞれ主として提携している業者が異なります。

JICCは消費者金融やクレジットカード会社を主な会員としているのに対し、CICはクレジットカード会社や信販会社、JBAは銀行となっています。

したがって、ご自身が延滞した契約の約款等を確認したうえで、どの指定信用情報機関の会員なのかを調べてみましょう。

指定信用情報機関を調べることができたら、その信用情報機関の公式ホームページにアクセスします。

信用情報機関のホームページには「情報開示」という項目があり、さまざまな方法で個人信用情報を開示してもらうことができます。
ただし、信用情報という機密性の高い情報を取り扱うため、情報開示は有料となっています。

かかる費用は大体1,000円前後です。ちなみに、信用情報の中には「異動情報」という項目があり、異動が記録されている場合は、いわゆる「金融ブラック」だということです。

異動情報は延滞をある一定期間以上継続した場合に記録されるため、記録されている間はほとんどの審査に通らないと言えるでしょう。

事故情報の内容によってはカードローン業者間で判断が分かれる

金融ブラックに陥ってしまった場合の注意点として覚えておいてほしいのは、信用情報機関同士の情報共有ネットワークがあることです。

これはどういうものかというと、提携している信用情報機関同士で利用者の情報を共有するのです。
したがって、金融ブラックになってしまった信用情報機関以外のカードローンを利用しようと審査を受けたとしても、審査に通る確率は著しく低いのです。

つまり、金融ブラックであれば審査基準がどうであれ、ほとんどの場合審査に落ちると考えておいたほうがいいでしょう。

ただし、事故情報の内容によっては、カードローン業者間で判断が分かれる項目もあります。

一例を挙げると、1週間カードローンを延滞してしまった方がいたとして、A社の審査には落ちてしまったとしても、B社の審査で通過することもあるのです。

特に延滞に関しては、どの程度の期間なら許容するかどうか、それぞれカードローン業者によって大きく判断が異なります。

基本的には消費者金融カードローンよりも銀行カードローンのほうが、審査内容も厳しい傾向があります。

したがって、事故情報に対して比較的寛容なのは消費者金融カードローンだと言えるでしょう。

しかし、どちらにしても審査的にはマイナスであることに変わりはないので、事故情報を解除したあとに審査を受けたほうが無難だと言えるでしょう。

申込ブラックへのカードローン対応方法

短期間のうちに複数の金融機関にキャッシングの申込を行うと、どこの審査にも通過しないということが起こります。

キャッシングの申込情報が信用機関に記録されるために起こることで、短期間にいくつも申込を行っている人は返済能力を疑われてしまいます。

対応策として、以下の2つのことに気をつけることが重要です。

  • 申込は1社ずつ行う
  • 1社落ちたら6ヶ月間待つ(記録が6ヶ月で消えるため)

社内ブラックへのカードローン対応方法

過去に強制解約や自己破産によって金融機関に迷惑をかけたことがある場合、審査に通過できなくなることがあります。

これは、自社に迷惑をかけた顧客のデータを金融機関が残しているために起こります。契約通りに返済を行わなかった人に対して貸付を渋るというのは理解できると思います。

社内ブラックに該当する場合には半永久的に記録が残ると考えられますので、大人しく他社に申込みすることをお勧めします。

ブラックでも借りれるカードローン・キャッシング・消費者金融

上記のブラックの定義を確認したうえで、お金を借りる事ができるキャッシング・カードローン・消費者金融を表にまとめています。

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全て担保・保証人不要/WEB申込で来店不要/24時間対応で即日対応可という使いやすい特徴を持っています。

消費者金融会社実質年率借入限度額備考
株式会社アロー15.00%~19.94%200万円借入限度額が多い
セントラルへ4.80%~18.00%100万円実質年率が低くてお得
キャッシングのフタバ14.959%~17.950%50万円債務整理等しても申込可
ライフティ8.0%~20.0%500万円最短30分のスピード審査
株式会社アルコシステム 15.00%~20.00%50万円積極的に融資検討
SGファイナンス9.85%~18.0%1~300万円新興・小規模だから積極融資

 

なお、審査が柔軟=誰でも借りれるというわけではないので注意しましょう。

闇金には手を出さないこと

闇金は金融ブラックな方でも誰でも借りることができますが金利が非常に高く、取り立ても非常に厳しいことで有名です。

初回は3万円程度で借りれるそうですが、10日で3割くらいの利息は当たり前だそうです(3万円借りたら10日後に3万9000円返さなければならないということ)。

もしすでにヤミ金で借りていたら?

ヤミ金(闇金)でお金を借りてしまって困っていたらたらすぐに弁護士・司法書士などの専門家に相談しましょう。

ヤミ金の返済分さえなんとかなれば他の分を返済していけるとすれば、ヤミ金への返済を止めたり過払分を請求したりすることで借金問題が解決できる可能性があります。

それでもだめなら公的融資を検討してみよう

個人向けの公的融資というものをご存知でしょうか?

アローやセントラルにも借り入れを断られてしまったら、公的融資を検討しましょう。

月に15万円まで借りれる総合支援資金貸付や、580万円以内で借りれる福祉資金など様々な制度があります。

条件は少し厳しいですが、ぜひこれらの方法を参考にして安全安心にお金を借りてください。

おすすめの記事