可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

キャッシングの審査がゆるいカードローン会社一覧

今日中で確実にお金を借りることができるキャッシング業者をお探しのあなた。

2010年に貸金業法が改正されて以来、消費者金融の審査基準は厳しくなっており、申し込めば誰でも融資を受けられるわけではありません。

大切なのは即日融資が可能かつ、審査のゆるいキャッシング業者を選ぶこと!

そこで今回は即日融資可能かつ、審査のゆるいキャッシング業者を厳選してご紹介!
また即日融資を受けるためのお役経ち情報も紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

キャッシング審査のゆるい会社とは

お金を借りるには、銀行系カードローン・消費者金融の申込み先があります。
審査が通りやすい会社を希望するなら消費者金融系のキャッシング会社で審査を申込みましょう。

なぜなら、銀行系キャッシング会社よりも、消費者金融系のほうが、審査はゆるいと言われているからです。

キャッシング会社は消費者金融の方が審査がゆるい

一般に、銀行系は総量規制の適用を受けないので、貸付け金額の上限を銀行の判断で自由に決めることができます。

対して、消費者金融系は総量規制の適用を受けるため、貸付けできる上限の金額に、年収の3分の1を超えてはいけないという法令制限が付きます。

そのため、貸付け額に上限のない銀行系の方が、大きなお金が貸し出せる分、より慎重で厳し目の審査が行われるのです。

即日融資のキャッシング会社は?

即日融資を希望している人は、消費者金融系のキャッシング会社を選びましょう。
銀行系では実際にお金を借りるまでに、3日~5日ほどかかるからです。

銀行系のキャッシング会社は実は自社で融資審査をしているわけではありません。

外部の業者に委託して審査をしているのです。そのため、レスポンスに時間がかかります。

一方、消費者金融系のキャッシング会社は、法令が変わって業界が再編される以前から、自社でずっと蓄積してきた独自のスピード審査のノウハウを持っています。

だから、最短30分で完了というスピード審査と、その日のうちにお金を借りることが可能なのです。

審査に通らない7つの理由

キャッシング会社の審査に通らない理由は、何なのでしょうか。

ここでは審査の落ちるケースを順番に説明しますが、実は「審査に落ちた理由」は教えてもらえません。

残念ながら、いくら問い合わせても教えてくれることはありません。

あなたの何が、審査基準に引っかかって落ちたのかは想像するしかありません。

以下の審査に通らない7つのケースを見て、思い当たる点がないか確認してください。

無職

無職、無収入の方は残念ながら審査に通りません。
キャッシング会社は、お金を貸した後あなたがちゃんと返済してくれるのかを、安定した収入があるかどうかで判断しているからです。

もし、あなたが病気や怪我を患っているわけではなく、ちゃんと働けるなら、まずはアルバイトやパートを探すことから始めましょう。

正社員であればベストですが、そうでなくてもお金を借りることはできます。パート代、アルバイト代、契約社員としての給料があれば、審査の申込みをできます。

基準を満たしていればお金を借りることができます。

専業主婦

専業主婦の方も審査に通りません。しかし、パート代やアルバイト代があれば、無職の方と同じでこの限りではありません。

最近は専業主婦の方でも借りられるキャッシング会社もありますが、数はごくわずかです。また、審査もそれほど甘くはありません。

もし、あなたがパートやアルバイトで働きに出ることが可能なのであれば、申込み可能なキャッシング会社の選択肢が一気に広がります。

わずかしかない専業主婦OKのキャッシング会社の審査に、どうやって通過するか頭を悩ますよりも、パート、アルバイトをして定期収入を得た方がよほど現実的だと思いますので、働きに出ることを一度検討してみるのはいかがでしょうか。

未成年

未成年の方は100%審査に通過しません。これは収入のある、なしは関係ありません。

お金に困っているのなら、キャッシングを考えるのではなく、まず親御さんに相談しましょう。

多重債務・多重申込み

多重債務者も審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

消費者金融系では、総量規制の適用を受けるので年収の3分の1を超える貸付けができません。

これは他社で借りている金額の合計で判断されます。

すでに他社で複数の借入があり、融資上限である年収の3分の1に達している場合は、審査に通りません。

また、銀行系は消費者金融系以上に審査が厳しいので、多重債務者の審査はより厳しいものとなるでしょう。

多重申込み(申し込みブラック)

同時期に複数のキャッシング会社に申込みを行うと、審査に落ちやすいと言われています。
これは、一度に多数の会社に借入れを申込まなければならないほど、多額の借金を抱えている。

もしくは、まとまった借入れをして、返済を踏み倒す可能性はないかなど、何らかの深刻な事情を抱えていると思われるからだと言われています。

複数の申込みについてですが、具体的には明確な基準が明らかにされているわけではありません。

しかし、一般的には4社以上の同時申込みは審査に不利に働くと言われています。審査申込みは1社ずつ、時期をずらしながら申込むようにしましょう。

嘘の記載

申込みに嘘の記載があった場合、間違いなく審査に落ちます。

金融機関の与信調査能力は極めて高く、過去にあなたが行った金融関係の申込み内容や時期などがすべて保管されています。

そしてそれらの情報は個人信用情報機関を通じて、すべての金融機関で共有する仕組みが整っています。

そのため、嘘の記載は簡単にばれますし、審査にも通らず、良い事は何一つありません。

自己破産・債務整理

自己破産や債務整理をした方も審査には通りません。自己破産や債務整理を行った時点で、返済能力が無いと判断されるからです。

これらを行った人は、次の項で説明するブラックリスト入りしている状態です。

ブラックリスト入りとは

「審査に落ちるってことは、ブラックリスト入りしているんじゃない?」

こんな話を聞いたことはありませんか。

ブラックリスト入りしている状態とは、個人信用情報機関のあなたの与信情報欄に、支払いの延滞事故や金融事故(自己破産、債務整理)情報が記載されている状態です。

ブラックリスト入りしている状態で、いくらキャッシングの申込みをしても100%審査に通りません。

自分がブラックリスト入りしているのではないかと不安な人は、一度、申込み前に自分で確認しておきましょう。

WEBで「個人信用情報機関」と検索すると、CICなどの機関名が3つ出てきます。

そこへあなたの与信の開示申請を行うことで、内容の確認ができます。

【審査がゆるい】在籍確認なしのキャッシング会社は?

在籍確認をしないキャッシング会社はない

貸付けたお金を返してもらう原資は、あなたが会社で働いた給料だからです。その会社にあなたが確実に在籍していることが大前提なのです。

その為には、在籍確認は必須事項であると言えます。

電話での在籍確認なしなゆるい会社とは

在籍確認自体は何らかの方法で「必ず」行います。
しかし「電話」での在籍確認をしないというキャッシング会社はわずかながらあります。

現在、電話以外の方法で在籍確認を行ってくれるのはアイフルとモビットです。

この2社であれば、電話以外での在籍確認に応じてくれる可能性があります。

具体的には、健康保険証か直近2ヶ月分の給与明細の提出で在籍確認を行います。

申込み後にかかってくる、申込み確認の電話で「電話以外での在籍確認希望」と伝えてください。

大手消費者金融の審査通過率は50%切っている

審査の甘いキャッシングといえば、「プロミス」や「アコム」「モビット」といった大手消費者金融を思い浮かべる方もいいかもしれませんが、大手消費者金融の審査通過率は軒並み50%を切っています。

つまり申し込み者のうち、約半数は審査に落ちてしまうというわけです。

安定した収入があり、信用情報に何の問題もない方であれば、大手消費者金融から融資を受けることはできますが、不安な点があるなら中小の消費者金融をおすすめします。

最近では審査技術も向上したこともあり、中小消費者金融でも即日融資に対応している業者は増えてきています。

ここからは確実に今日中に融資を受けたい方のために、即日融資可能な見極めるポイントを解説します。

即日融資可能か見極める際の注目ポイント

ここからはあなたが申し込もうとしているキャッシング業者で即日融資を受けられるか、見極める際の注目ポイントを紹介していきます。

下記で紹介したキャッシング業者以外の利用を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

順位業者名実質年率利用限度額即日
1位ライフティ8.0%~20.0%~500万円
2位セントラル4.8%~18.0%1~100万円
3位フクホー7.30%~18.00%5~200万円×
4位アロー15.00%~19.94%~200万円
5位クレジットのニチデン7.30%~17.52%~50万円
6位関東信販7.0%~16.98%5~99万円
7位スカイオフィス15.0%~20.0%1~50万円
8位フタバ14.959%~17.950%10~50万円
9位エニー18.0%~20.0%1~100万円
10位エス・ジー・ファイナンス9.85%~18.0%1~300万円

審査対応時間に注目

即日融資を受けるためには、まず当日中に審査を終わらせることが前提です。

そのため今からでも審査が可能かどうか、審査対応時間は必ずチェックしましょう。

大手消費者金融であれば夕方以降でも審査は可能ですが、銀行カードローンの中には午前中しか審査を行っていないところもあります。

審査が終わらなければ融資を受けることはできないため、即日審査可能な業者をまずは選ぶようにしましょう。

融資可能時間に注目

当日中の審査が可能だと分かったら、当日中の融資が可能かチェックしましょう。

振込融資しか対応していない業者であれば、15:00以降は翌日しか融資できないところも多いのです。

また振込先の金融機関によって振込可能な時間が異なるケースもあるので、申し込み前に融資が可能な時間帯は調べておくようにしましょう。

申し込み条件に注目

審査時間と融資が可能な時間を確認したあとは、最後に申し込み条件を確認しましょう。

特に銀行カードローンでは、自行の普通預金口座を開設していなければ利用できないところが多いので要注意。

当日中に口座開設ができない銀行では、口座を持っていない時点で即日融資が不可能ということになります。

その他に、専業主婦・アルバイト・パートの方では、利用できないカードローンもあるので、申し込み前のチェックを忘れずに。

審査のゆるいキャッシングの特徴

上限金利が大手よりも高い

キャッシングの審査基準は金利に大きく左右され、金利の高いキャッシングは審査がゆるいです。

金利が高い分、顧客のうち何人かが返済できなくなったとしても、利益を確保できるため、信用実績の低い人にも積極的に貸し付けを行っているからです。

そのためどうしてもお金を借りたいときには、上限金利の高いキャッシングを選ぶといいでしょう。

大手消費者金融であれば上限金利は年率18.0%未満ですが、中小のキャッシング業者であれば年率20%近くで金利を設定している業者も珍しくありません。

しかし金利が高い分、毎月発生する利息は高くなってしまうので、借りすぎには要注意です。

限度額の上限が低い

限度額の上限が低いキャッシング業者は、小口融資を専門的に行っており、審査基準はゆるい傾向があります。

限度額の上限が低い分、返済されなかった場合のリスクも低いからです。

大手消費者金融では限度額の上限が500万円~800万円程度で設定されています。

中小のキャッシング業者であれば、50万円未満でしか貸し付けを行っていないところが多いのでおすすめです。

店舗の規模が小さい

県内に一店舗しかないような規模の小さいキャッシング業者は、大手から借りられなかった人たちしか利用しないため、必然的に審査基準はゆるいです。

他社借入件数が3件以上あっても、融資を受けられる企業も珍しくありません。

知名度の低いキャッシング業者を利用するのは怖いかもしれませんが、貸金業者として正規に登録している業者であれば、違法な融資を行うことはありません。

債務整理経験者OKと書かれている

公式サイトに債務整理を経験した方でもOKと書かれているキャッシング業者は、信用情報に傷がついていても融資が行われる可能性が高いです。

直近で信用情報に事故情報が記録されていない限り、融資を受けられる見込みは高いです。

通常のキャッシング業者であれば、過去に債務整理をした記録が信用情報に残っている限り、融資を受けることはできません。

過去5年以内に任整理や自己破産をしたことがあるブラックの方は、債務整理OKのキャッシング業者を探してみるといいでしょう。

おすすめの記事