在籍確認はどうなるの?派遣のカードローンの疑問

お金を借りる時、やっぱりキャッシングやカードローンが便利です。
でも、申し込み手続きや審査が面倒と言う人も多いのも確か。最近では簡略化されている商品もよく見られるのですが、最低限の手間は必要です。

ここで考えてしまうのが、在籍確認のこと。

特に派遣社員の人は、一体どこに在籍確認をされるのか、よく分からないのではないでしょうか。
派遣元なのか、それとも派遣先なのかと考えてしまいますよね。

そこで今回の記事では派遣の在籍確認についてピックアップしてみました。

在籍確認はどこに来る?派遣社員のキャッシング

派遣社員の場合、在籍確認はどこに来ると思いますか?
職場となっている、現在の派遣先でしょうか。

もしそうであれば、デスクワークの人なら、自分で電話を取ることができるかもしれませんね。
お金を借りることを他の人に知られたくない時には嬉しいことです。

しかし、実際は違います。

派遣社員の在籍確認は、派遣先ではなく、派遣元、つまりあなたが登録している派遣会社に行くことになります。

金融機関としても、勤務先は「給料をもらっているところ」であり、その会社の規模などで雇用の安定性を少なからずチェックします。

いくら大企業に派遣されていても、派遣元の会社の規模が小さければ、派遣元の会社の社員として審査がされます。

ですので、勤務先には派遣元の会社を申告し、在籍確認も派遣元の企業に対して行われます。

むしろ、在籍確認などの連絡に限らず、何かしらの契約や、公的な連絡は、ほぼ派遣会社に行くと考えておくと良いでしょう。

賃貸契約の保証審査なども、派遣先ではなく、派遣会社に行くことになります。

モビットだけは唯一勤務先に連絡がいく

消費者金融派遣の在籍確認
プロミス派遣元
アコム派遣元
SMBCモビット派遣先
アイフル派遣元

唯一モビットの会社連絡先記入欄には、しっかり派遣先電話番号と明記されています。
ですので派遣元よりも派遣先(勤務先)に在籍確認が来てほしいと思っているならモビットを選ぶという手もあります。

実際に働いている職場に連絡がはいるので緊張するかもしれませんが、在籍確認の電話が原因で会社バレすることは、基本的にあり得ないので安心してください。

派遣会社にバレたくない!金融機関の工夫とは

派遣先であろうと派遣元であろうと、会社にお金を借りることを知られたくない、と言う人もいるかもしれません。

派遣社員ではなくても、職場に借金を知られたくない人は、古今東西多いものです。
金融機関側もよく承知していますので、その点でのプライバシー保護に重点を置いた在籍確認をします。

金融機関の担当者は会社名を名乗らない

申し込みをした金融機関の担当者は、在籍確認の際、銀行、消費者金融、信販会社の名前を名乗ることはありません。
ほぼ必ず個人名で電話をかけてきます。

これなら金融機関からの電話だとは分かりにくいので、かなりの確率でプライバシーの保護が期待できます。

また、本人が不在で、電話を繋がれることがなかったとしても、その場で在籍確認が完了になります。

もし在籍していないのなら、電話に出た人が「そのような者はこの会社にいません」という対応をするはずです。

「今は席を外しています」なら、在籍していることが確定ですよね。

このような金融機関の工夫がありますので、できる限り知られたくないと言う人でも、安心して申し込むことができます。

派遣元・勤務先への在籍確認をスムーズにする方法

派遣元の会社に在籍確認がされるとなると、普段働いている場所と違うオフィスに電話が来ることになるので、きちんと対応してもらえるか不安な人も多いと思います。

キャッシングの在籍確認の連絡は、個人名で申込者への取り次ぎをお願いするような形で電話が来ます。

「田中と申しますが○○さん(申込者)はいらっしゃいますか?」

という形です。

社名で電話がかかってくることはありませんので、社名からキャッシングの利用がバレることはありません。

ただ、普段派遣元の会社にいない人だと、取り次いでもらえず在籍確認ができない場合があります。

このようなことがないよう、派遣元の会社に在籍確認がある事を伝えておくとスムーズです。

在籍確認があると伝えるとキャッシングを利用することがバレるのでは?と不安になる人もいますが、在籍確認はクレジットカードを作るときなども行われます。

派遣元の会社には、クレジットカードの申込をしたので在籍確認の電話があると思うと伝えれば、怪しまれずに対応してもらえるでしょう。

また、一手間必要になりますが、在籍確認の電話をなしにしてもらうこともできます。

派遣会社によっては厳しい?会社の規則は必ず確認!

金融機関の工夫のおかげで、プライバシーはかなりの確率で守られるのが、カードローンやキャッシングの申し込みの嬉しい部分です。

ただ、これは全ての人が受けられる恩恵ではないかもしれません。
派遣会社によっては、どうしても知られてしまうケースもあるのです。

派遣会社の規則によっては、事前連絡が必要となる

全ての派遣会社ではありませんが、大手の派遣会社の一部では、在籍確認について規則を定めていることがあります。
この規則を知らないと、対応すらしてもらえないこともあるようです。

在籍確認の電話が来ることを、既定の期日までに連絡すること

大手の派遣会社は、かなり多くの派遣登録者を抱えています。
登録期間中、カードローンやキャッシングの申し込みをする人も多くいるでしょう。そんな時、在籍確認の電話が重なれば、派遣会社が混乱してしまうことも考えられます。

思わぬトラブルを回避するため、在籍確認の電話が来ることを、事前に知らせなければいけないケースもあるのです。

派遣会社によって違いますので、会社の規則をチェックする必要があります。

派遣元での在籍確認不可ならカードローン会社に相談

派遣会社によっては個人情報保護の観点から、登録している派遣スタッフの情報を教えないこともあります。
これで在籍確認がとれないと、審査に落ちることもあるんです。

事前に派遣元に在籍確認の電話があることを伝えておけば、その時に対応してもらえるか聞いておくことができますよね。

派遣元で対応してもらえないとわかったら、カードローンに申し込むときに、電話でカードローン会社の担当者に事情を説明しましょう。

消費者金融も銀行も、返済が見込める人にはバンバン貸し付けして、契約実績を作りたいのが本音です。

例えばこんな風に、できる限りの対応をしてくれるはずです。

派遣元で在籍確認に対応してもらえない場合の対応例

派遣先に電話してもOKなら、派遣先に電話をかける

派遣元名が記載された給与明細などで在籍確認する

在籍確認の電話連絡がないカードローンもある

正社員でも嫌がる人が多い在籍確認の電話ですが、派遣社員の場合はとくに煩わしいですよね。

派遣社員の人でも電話連絡なしでキャッシングの審査をしてもらうことはできます。

電話以外にも社員証や健康保険証、最近の給与明細などがあれば、それらを提出することで在籍確認とすることができるのです。

在籍確認は、利用者が申告した会社に間違いなく在籍しているかを確認できれば良いので、電話は必須ではなく在籍が証明できる書類を準備して提出できれば電話をなしにしてもらうこともできます。

プロミスやアコム、モビット、アイフルなどの大手消費者金融であれば、ネット申込の後に電話をすると電話連絡をしなくてすむ場合があります。(基本的には電話連絡が必要ですが、事情を話すと状況によっては不要になることもある)

ですので、電話での在籍確認を避けたい人は、これらの大手消費者金融に申込後、電話以外の方法で在籍確認をお願いするのが良いでしょう。

派遣社員の在籍確認(まとめ)

今回は派遣社員の人の在籍確認について見てきましたが、内容をまとめると以下のようになります。

  • 派遣社員の在籍確認は派遣元の会社に来る
  • 派遣元の会社に連絡を入れておくとスムーズ
  • 在籍確認を電話以外ですることもできる

派遣社員の人の在籍確認は、派遣元の会社にいくことになります。

キャッシング申込時の勤務先などの情報も、基本的にはすべて派遣元の企業を記載する必要がありますので注意が必要です。

普段働いていない場所に連絡がいくことになりますので、担当者などを通じて、在籍確認の連絡が来る旨を伝えておくとスムーズに対応してもらえます。

電話自体を避けたかったり、派遣元の会社が在籍確認の電話に応じてくれない場合は、電話以外の在籍確認に応じてくれる会社がありますので、そちらを利用するようにしましょう。

基本的に大手消費者金融であれば柔軟に在籍確認に応じてくれますので、申込フォームの備考欄や申込後に電話をして電話以外の在籍確認をお願いするようにしてください。

おすすめの記事