債務整理中でも作れるクレジットカードはあるの?

債務整理中は、クレジットカード審査に通過するのはまず難しいと考えがちですよね。

債務整理中でブラックだけど、どうしてもクレジットカードがないと困る。

そんな方を逆手にとり『債務整理中でも通る審査が甘いカード』というサイトを見かけますが、本当にそんなクレジットカードは存在するのでしょうか?

徹底調査して情報の真相を解説していきます。

【債務整理中でも作れるクレジットカード】債務整理にはどんなものがある?

債務整理と一口にいっても、自己破産、任意整理、個人再生の3パターンがあります。

それぞれにどのような特徴があるか見て行きましょう。

自己破産

借金が返済不能な所まで来てしまった場合、最低限の生活必需品以外の財産をすべて手放すことを条件に借金が全て免除されます。

しかし、住宅や自動車を所持していた場合は手放さなければなりません。

債務整理の中で最も重い処理です。

任意整理

任意整理は、弁護士や司法書士が債権者と返済方法や返済額を話し合うことで、支払い可能な金額まで減額したり、分割で借金を支払えるよう交渉が行われることです。

個人再生

個人再生は、債務を大幅に免責してもらい、免責分を分割で支払っていくことです。

自己破産のように、借金がすべて免除されるわけではありません。

自己破産は、免責後すべての借金が0になりますが、任意整理や個人再生では、債務が残るという違いがあります。

任意整理や個人再生のメリットは、自己破産と違って住宅や自動車などの資産を手放さずに済むことです。

【債務整理中でも作れるクレジットカード】債務整理後どのくらいで信用情報が回復するの?

自己破産の場合、裁判所から免責を受けた時点から5年間でブラック情報が消えます。

ただし、免責から5年間で消える場合もあれば、約10年ほどかかってやっと消えたというケースもあるようです。

任意整理は、債権者と和解後、5年で個人信用情報機関からブラック情報が消えます。

個人再生では、裁判所に個人再生が認められてから5年で個人信用情報機関に記載されているブラック情報が消えます。

任意整理や個人再生では、借金返済中に滞納や延滞を行ってしまうと、ブラック情報がなかなか消えないので注意が必要です。

途中で滞納や延滞をしてしまい、返済がスムーズにいかなかった場合、完済時点から5年でようやくブラック情報が消えます。

債務整理中はクレジットカードは作れないの?

債務整理先の会社への再申し込みはNG

多重債務者が任意整理や特定調停、自己破産などで債務整理を行った場合、債務整理を実施したクレジットカード会社や消費者金融会社では、クレジットカードに新規登録したり、キャッシングをすることは不可能だと考えてください。

例えば、

B社のクレジットカードを持つ人が、債務整理を行った際に申込情報などが個人信用情報機関に異動情報(事故情報)として登録されます。

信用機関での登録期間(任意整理5年、自己破産5~10年)を過ぎて金融事故情報の記録が抹消されたとしてもF社からは100%発行手続きをされることはありません。

自己破産者の場合は、官報情報の破産者名簿として掲載され個人信用情報機関のKSCは、官報から情報を取得して10年間、金融事故を起こした人のリストとして保存します。
なおCICとJICCは5年です。

これは、クレジットカード会社側としては、カード利用者が債務整理によって自社に不利益を与えた人に対してカード発行などの便宜を図ることはないと言えば分かりやすいかとと思います。

おそらく社内ブラック情報として自社のデータベースに注意人物として登録されているはずです。

これは、債務整理に限らず過払い金請求を行った場合も同様です。

債務整理先はNGでも別会社であれば可能性あり

しかし、B社はダメでもA社ならクレジットカードの審査に通過する可能性はあります。

たとえば、「日本信用情報機構」(JICC)では任意整理などの記録が5年間で無くなります。

ですのでJICCとCICに加盟しているクレジットカード会社の審査を受けてみればよいということになります。

この時、個人信用情報のクレジットカードの使用履歴が無い状態(クレヒス)ですので、カード会社から見ると。

「クレジットカードを持ったことが無い人(いわゆる現金主義の人)」もしくは「債務整理や自己破産を行った人」この2つの内のどちらかと見なされます。

ブラックでも発行履歴ありのクレジットカードを選定すべき

  • ポイント還元率が高い。
  • 旅行保険などが付帯されている。

といったカード機能に関することではなく、債務整理中であれば、過去にブラックリストに載ったことがある人でも持てるカードを申し込むべきです。

一般的には、クレジットカードの審査難易度として、

  • 銀行カードローン系・独立系>信販系>流通系>消費者金融系

の順となっています。

つまり、カードローン会社で最も厳しいのが銀行独立系となり、最も易しいのが消費者金融系となるのです。

【債務整理中でも作れるクレジットカード】最初の1枚は消費者金融系を選択

まずは、消費者金融系カードで信用情報にクレジットカードの利用実績を残して、実績を積んでから次のカードにチャレンジすべきです。

あなたの状況次第なので、必ず作れるとは限りませんが、比較的審査に通過しやすいクレジットカードやカードローンをご紹介します。

アコムACマスターカード

  • 年会費無料
  • ショッピング枠とキャッシング枠合わせて最高500万円
  • 年利10.0%~14.6%
  • 国際ブランド MasterCard
  • むじんくんコーナーでは、その場でのカード発行が可能。

【債務整理中でも作れるクレジットカード】信用情報に不安がある時は?

自分の信用情報に不安があるのなら、カード申込み前に、個人信用情報機関に信用情報開示の請求を行ってみましょう。

信用情報機関やクレジットカード会社によって、ブラック情報が消える年数に誤差があります。

ブラック情報が消えていないまま、クレジットカードやカードローンを申し込んでも100%審査落ちします。

審査に通過する可能性があるかどうか確かめてから申込みしましょう。

債務整理中でも作れるクレジットカード(まとめ)

審査に通るためのコツとして、大手銀行が発行するプロパーカードや信販系は審査が若干厳しいためなるべく避けましょう。

オススメは消費者金融系や流通系や通販系が発行しているクレジットカードで、特にキャンペーンを行っている場合はユーザーを確保したい意図があるため狙い目の申込み時期となります。

おすすめの記事