可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

債務整理中でも借りれる銀行

債務整理中でも借りれる銀行カードローンはあるの?結論から言うとブラックでも借りられる銀行はありません。ただし審査の難易度を下げることで審査に通過できる可能性はあります。この記事ではブラックが借入を可能にするための情報をまとめています。

債務整理中でも借りれる銀行カードローンはある?

債務整理中でも借りれる銀行カードローンはあるのか。結論から言うと、ブラックの人は銀行カードローンを利用できません。

ブラックはカードローン以外にも、銀行で住宅ローン・教育ローンを利用することや、他の方法でのキャッシングもほぼ不可能です。

また、大手の消費者金融のカードローンや即日キャッシングによる融資も審査に通らず利用できませんし、信販業者でクレジットカードを作ることも無理でしょう。

個人の債務事情に関しては、大手消費者金融と銀行・信販会社はお互いに信用情報開示し、指定信用情報機関などを通して金融業界内で情報を共有しているので、1つの金融機関で審査に落ちるなら、他の金融業者でも審査に落ちる可能性が非常に高いと言えます。

すでにブラックリストでも銀行以外に借りられるようにするには?

債務整理中でも借りれる銀行はありません。また、ブラックリスト状態では利用できない、「アコム」「プロミス」といった大手消費者金融。
ただし、中小規模で経営を行う消費者金融であれば、ブラックリスト状態であっても審査に通過できる可能性があります。

「街金」と呼ばれることもある中小消費者金融は、自己破産後の金融ブラックリスト状態の人とも契約を結ぶことがあります。 

中小消費者金融の審査に通過するために大事なのは、「確実に返済できる」こと。

個人信用情報を重視しない代わりに、「現在の返済能力」がとても大事になるわけですね。そのため、審査を受けるために収入証明書が必要となることも多いです。

自分は確実に申し込みブラックだ、それでも何としてもお金を借りたい。という人は、中小消費者金融をチェックしてみると良いでしょう。
簡単にですが、各社の審査難易度をまとめてみました。
あくまで目安としてご覧ください。

↑難易度高↓難易度低
  • 三井住友カードゴールドローン(年収400万円以上~)
  • みずほ銀行カードローン(年収200万円以上~)
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 楽天銀行スーパーローン(年収200万円未満可)
  • プロミス
  • アコム
  • セントラル
  • AZ、アローなど金融ブラック相手に融資を行うことのある金融機関

 

 

ブラックでも借りられる銀行から借りられる方法3つ!

みずほ銀行は債務整理中でも借りれる銀行ワケがない!

結論から言うと、債務整理中でも借りれる銀行な人はみずほ銀行からお金を借りられません。そもそも債務整理中でも借りれる銀行という状態になった人は、みずほ銀行に限らず全ての金融機関からお金を借りることができないのです。

金融機関からお金を借りる際は、審査が行われます。この審査では、金融機関が申し込み者に貸し付けをするかどうか判断します。

あなたの個人情報が見られるため、債務整理中でも借りれる銀行かどうかも金融機関は分かります。ここで債務整理中でも借りれる銀行だと、断られてしまうのです。

ジャパンネット銀行カードローンは誰でも借りれるって本当?
女一人

学生・パート・アルバイトの場合

学生もサークルの飲み会や友達との付き合い、学費、生活費など、どうしても急にお金が必要になることがありますよね。

実は「本人に安定した収入」があれば、学生やパート・アルバイトの方でもジャパンネット銀行のネットキャッシングは利用できます。

但し、学生でも20歳以上と言うのが条件です。大学生や専門学生はOKですが未成年の場合や高校生は借りることが出来ません。

申し込みの必要書類(本人確認)などに関してですが、スマホなどの携帯カメラで運転免許証や保険証などを撮影して送信するだけ!と簡単です。

そして在籍確認はありますので、アルバイト先に電話がかかってきます。

ですがあくまで本当に働いているのか?と言う確認だけなのでキャッシングなどのお金の話にはなりませんので安心して下さい。

嫌だな!と思う方もいるかもしれませんが一応電話連絡があるということを覚えておきましょう。

専業主婦の場合は?

銀行カードローンは、法的には収入に対する借入金額の規制は受けません。

従って、「収入の1/3以下の借入れ」という規制は受けませんから、無収入の専業主婦(女性のみ可)でも借りることができるはずです。

しかし、多くの銀行カードローンの利用規約には「本人に安定した収入があること」という規定があるので、パートなどの収入がない専業主婦の申込みを認めていない場合が多いのです。

その中で、ジャパンネット銀行カードローンは「配偶者に安定した収入があればOK」と規定している数少ないカードローンです。

婚姻証明書などの書類を提出する必要は無いですが、ただし、配偶者の同意が必要(配偶者の勤務先に電話連絡がきます)なので「旦那バレ」は避けられません。

個人信用情報と債務整理中でも借りれる銀行リストとは?【誰でも借りれる?】
イメージ画像

まず個人信用情報とはカードローンの審査の際に利用される情報です。

個人信用情報にはあなたの氏名・生年月日・住所・勤務先といったことだけでなくすべてのローン、クレジットカードのキャッシングの借入に関する状況が書かれています。

ローンの借入れ状況・借り入れ金額・返済状況などとにかくお金にかかわることがすべて記載されていて、返済が遅れたことがある、延滞している、完済した、解約したといった返済に関することから、ローンやクレジットカードの申込みがあったことまで書かれています。

簡単に言えば、あなたがお金を借りている、借りたことがある、返済をきちんとしているといったことがすぐにわかるようになっています。

この個人信用情報は信用情報機関というものを通してすべての金融機関が共有しているため隠すことはできません。

ローン審査の際にあなたのこれまでの状況を簡単にチェックできるため、個人信用情報に問題が無ければ審査に通りやすく逆にいわゆる債務整理中でも借りれる銀行といわれる状態だと審査に通ることは無いのです。

債務整理中でも借りれる銀行とは?なぜ借りられないの?

お金の取り引きをする中で、返済遅れといったトラブルを起こすと債務整理中でも借りれる銀行という状態になります。債務整理中でも借りれる銀行とは「信用情報に傷がある」ことを指し、傷がある人はお金を借りられません。

信用情報とは、この個人のお金の取り引きを記録した情報です。カードローンやクレジットカードなどに関する、申し込み・支払い・返済・借入残高など、あらゆる取り引き情報が記録されています。

信用情報とは


債務整理中でも借りれる銀行カードローンはある?
債務整理中でも借りれる銀行カードローンはある?イメージ

結論から言いますと、債務整理中でも借りれる銀行の方は銀行カードローンを利用できません。

債務整理中でも借りれる銀行はカードローン以外にも、銀行で住宅ローン・教育ローンを利用することや、他の方法でのキャッシングもほぼ不可能です。

債務整理中でも借りれる銀行が住宅ローンを借りれるかについては、別途、以下の記事でまとめておりますので、気になる場合は合わせてご参考下さい。


信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引に関する契約内容や返済・支払状況・利用残高などの客観的取引事実を表す情報です。

信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日通りに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報が記録されており、新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際にクレジット会社やローン会社などが皆さまの「信用力」を判断するための参考情報として確認しています。

債務整理中でも借りれる銀行は無し

結論から先に申し上げると銀行系カードローンの場合は、延滞や滞納歴等の事故情報があると、ほぼ確実に審査に落ちます。これには、一切例外が無いと考えてください。

しかし、一部の消費者金融系は、異動情報があっても借入れ可能です。つまり、過去が債務整理中でも借りれる銀行でも借りることができるということです。

現在志向のカードローンなら可能性あり

それはどんな会社なのかと言いますと、審査の際「現在志向」を重視しており、過去の過ち=事故歴を足きり(審査落ち)の対象としていない会社に申込めば審査通過の可能性が極めて高くなります。

残念ながら銀行系や一部の消費者金融系は、過去の過ち(異動情報)を審査上、非常に重視します。

金融事故者の過去の過ち(延滞や債務整理)は、シーアイシー、日本信用情報機構には5年間記録が残ります。全国銀行個人信用情報センターでは、官報情報については、破産・民事再生手続きの開始決定から10年間記録されます。

なお、銀行系カードローンは、このシーアイシー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3機関を必ず照会し、過去の事故情報があると必ず審査に落とします。従って自己破産した人は、最低でも10年間は、銀行系を利用できないことになります。

また、一部の消費者金融系は、このシーアイシー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)を照会します。銀行系同様、事故情報があると審査に落とします。

これは、現在進行形の滞納や延滞が無い人でも異動情報があるだけで審査に落ちるので、事故歴のある人は、信用情報回復を待ってから申込みしてください。と一般的には言われています。

債務整理中でも借りれる銀行?楽天銀行で上手に借りる方法

銀行でお金を借りる際、債務整理中でも借りれる銀行という情報をあてにする人はいます。というのも、インターネットを使ってカードローンを調べていると、債務整理中でも借りれる銀行という情報が見つかるからです。

しかし、どの程度の債務整理中でも借りれる銀行までカードローン審査に通るのかは不明とされています。

なので、今回は債務整理中でも借りれる銀行の種類だけでなく、債務整理中でも借りれる銀行噂されている楽天銀行の実態について、徹底解明していこうと思います。

主婦でも借りられる!収入証明不要のカードローン

楽天銀行のカードローン審査について調べていると、債務整理中でも借りれる銀行の人、もしくは主婦でもカードローン審査に通るという情報を良く見かけます。

ですが、銀行カードローンは主婦を審査対象にしているので、楽天銀行以外でもカードローン審査を受けられるのです。なので、主婦に関しては審査を受けられると思って問題ありません。

債務整理中でも借りれる銀行の場合は以下のような分類が設けられているため、主婦のように確実に審査を受けられるというわけではありません。

  • 債務整理中でも借りれる銀行は完全にお断りのケース
  • 一部の債務整理中でも借りれる銀行は審査OKのケース
  • 条件付きで債務整理中でも借りれる銀行でも審査OKのケース

主婦も債務整理中でも借りれる銀行の人も、収入に関しては一般の人より少ないため、銀行カードローン審査をなぜ受けられるのか?と思っている人もいます。

その理由ですが、昔と違って1万円単位でお金を借りられるようになったからです。もしくは、保証会社が消費者金融のため審査可能という状況になっています。

保証会社とはカードローン審査を行う会社であり、カードローン契約後の取引を担当してくれる会社のことです。

つまり、現代のカードローンは運営を銀行、取引を保証会社が受け持つ形になっています。

このような仕組みになっているため、現代の銀行カードローンは昔に比べて審査が甘いケースが目立っているのです。

無収入もOK!審査が甘い楽天銀行のカードローン審査

カードローン審査の裏話となりますが、実は無収入でもカードローン契約は組めます。

収入が無い場合、返済はどうするのか?と疑問に思う人もいるでしょう。

このようなケースでも、以下の条件を1つでも満たせる人であればカードローン契約が可能です。

  • 就職先が決定している
  • 代わって返済に応じる人がいる
  • 副収入を得ている

無収入でもカードローン契約が組めるのは、なにかしらの形で返済に応じられる人がいるからです。

また、就職先が決定している場合は就職先の電話番号など、在籍確認に必要な情報を連絡する必要があります。そのためカードローン審査において、在籍確認に必要な情報を伝えないでも良いということはありません。

楽天銀行はカードローン審査が甘いため、在籍確認が不要となる銀行という扱いを受けることがあります。ですが、銀行カードローンの審査では、そのような対応を行っていない銀行がほとんどなので、そのような情報を信じてしまわないよう注意しましょう。

はじめての街金なら、セブン銀行ATM利用可&良対応の中堅業者がおすすめ
はじめて街金を利用する場合、もしくはこれまでに街金の審査に落ちたことがない場合には、便利な中堅消費者金融の利用をおすすめします。

①老舗「セントラル」は都内に複数の自動契約機を設置!即日融資にも対応
中堅業者として、最近さらに人気が高まっているのが「セントラル」。
もともとは四国を中心に展開する街金でしたが、現在は東京都内に4件、神奈川県に1件の無人店舗を展開しており、即日融資も可能と非常に使い勝手に優れた金融機関となっています。

★セントラル

金利 4.8%~18.0% 限度額 1万円~300万円
審査スピード 最短即日 融資スピード 最短即日
その他
セブン銀行ATMの利用可(カードの発行を希望した場合)
東京都、神奈川県、愛媛県、香川県、高知県、岡山県に店舗あり
来店なしでも即日振込可
さらに、中小消費者金融には珍しくセブン銀行と提携を結んでいるため、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドーなどで借り入れが可能。
振込、あるいは対面でしか融資を行わない街金も多い中、とても便利に利用できるのが嬉しいところです。

また、あまり丁寧とは言えない応対を行っている中小機関も多い中、「セントラル」の電話対応はとても良いもの。
はじめて街金を利用する場合であっても、気持ちよく使いやすい金融機関と言えるでしょう。

このように、金融債務整理中でも借りれる銀行状態の方へ融資を行いながら大手に近いサービスを行っている「セントラル」は非常に貴重。
街金選びとして、まずはじめにおすすめしたい金融機関となっています。

債務整理中でも借りれる銀行もOK?楽天銀行カードローンの実態

楽天銀行のカードローン審査についてですが、債務整理中でも借りれる銀行の人も審査を受けられるようになっています。

ただし、債務整理中でも借りれる銀行と言っても軽度の債務整理中でも借りれる銀行であればOKというだけです。重度の債務整理中でも借りれる銀行の人では、楽天銀行であっても、カードローン審査を行ってもらえないことのほうが多いでしょう。

軽度の債務整理中でも借りれる銀行、重度の債務整理中でも借りれる銀行の違いは以下を参考にしてください。

  • 軽度:借金返済で遅延が見られる
  • 軽度:借金件数が一般の人より多い
  • 重度:借金返済が行き詰まっている
  • 重度:借金返済でトラブルを起こしている

簡単にまとめてしまうと、新しい借金を行えない債務整理中でも借りれる銀行の人は借金ができません。

楽天銀行といった銀行では、個人信用情報機関を通じて個人信用情報をチェックしているので、嘘の情報で審査に通ろうとしても確実にバレてしまいます。

個人信用情報機関、個人信用情報とは個人信用情報をまとめている機関を個人信用情報機関と言います。

個人信用情報とは、金融を利用した際に記録される情報のすべてを言います。そのため、個人信用情報には過去に行ってしまった、問題のある行動なども記録されるようになっています。

借金返済が行き詰まっているというのは、新しい借金を組んだとしても借金返済が難しいと判断される場合です。人にもよりますが、すでにカードローンを50万円以上で組んでいる場合、新規のカードローン契約が難しくなるケースが目立ちます。

借金返済でトラブルを起こしている人というのは、借金返済を完全に行っていない人、もしくは裁判所に対して債務整理の申請を行っている人が該当します。

借金返済の目処が立たない人では、軽度の債務整理中でも借りれる銀行という扱いを受けられないため、重度の債務整理中でも借りれる銀行という分類が存在するのです。

債務整理中でも借りれる銀行の分類!悪質な債務整理中でも借りれる銀行は通常の債務整理中でも借りれる銀行と違う?

先ほど債務整理などを行ってしまうと、重度の債務整理中でも借りれる銀行という扱いを受けると案内しました。

ですが、重度の債務整理中でも借りれる銀行といっても扱いに大きな違いがあるものも存在します。

簡単にまとめると、以下のような内容で重度の債務整理中でも借りれる銀行も分類できるようになっているのです。

  • 債務整理:ペナルティは5年以内
  • 多重債務:ペナルティは5年以内
  • 自己破産:ペナルティは10年以内

完全な債務整理中でも借りれる銀行になってしまうと、個人信用情報にも債務整理中でも借りれる銀行であることが記載されます。これをペナルティというのですが、いつまで経っても消えない情報ではありません。

例えば、債務整理の場合は5年以内に債務整理中でも借りれる銀行の情報が消えるようになっています。

人によっては、少額でも返済が厳しく債務整理を行ってしまう人もいるため、どれほどの悪影響を与えたかという面も考慮し、ペナルティの年数にも違いが生じるようになっているのです。

ただし、多重債務、自己破産は相当な金額で借金を行っている状況の借金トラブルのため、債務整理と比較すると厳しいペナルティが課せられやすいです。

それと、ペナルティを受けてしまった場合は、銀行カードローン審査を受けられなくなるので注意してください。あくまでも銀行は、主婦、無収入、軽度の債務整理中でも借りれる銀行に対してカードローン審査を行ってくれるだけです。

【債務整理中でも借りれる銀行でもOKの銀行ローン(口コミより)】

⇒ダメ元で申し込んだら借りれた銀行ローン(債務整理中でも借りれる銀行リスト2年目で)

・意外に審査が通りやすい銀行ローンだった

・他社借り入れ4件~6件でもOK

・専業主婦でも借りれる

・アルバイトやパート、自営業者でもOK

・自己破産後、2年目で借りれた

・総量規制対象外

・免許証のコピーのみで借りれた

⇒昔から債務整理中でも借りれる銀行でも借りれた口コミ多い銀行ローン

・審査の甘い老舗銀行ローン

・昔から債務整理中でも借りれる銀行でも借りれたという口コミをよく聞きます

・他社借り入れ4件~7件くらいまでOK

・アルバイト、パート、自営業者、派遣社員、出向社員でもOK

・スピード融資、電話連絡なし、自宅郵送物なし、家族にばれずに借りれる

⇒銀行ローンの最後の砦!IT系の激甘審査

・債務整理中でも借りれる銀行でも借りれる人が多い銀行ローン

・審査の甘い銀行カードローンとして口コミでは有名

・IT系の柔軟審査

・多重債務でも借りれた人も多い

・総量規制対象外、年収の3分の1を超える融資も可能

・アルバイト、派遣社員、契約社員、パートタイマーでも借りれる

・専業主婦でも借りれる

・所得証明は300万円以内の融資は不要

(債務整理中でも借りれる銀行ローン)

一般的に債務整理中でも借りれる銀行リストになるとローンの審査は極めて難しくなります。

普通に考えて借りれるということはありませんが、実際の口コミ事例を見るとそうでもないらしい・・・。

つまり債務整理中でも借りれる銀行リストになっている人でも属性次第では銀行ローンで借りれるケースがあるようだ。

過去の事故歴などは確かにローンの審査に不利ではあるが、事故歴があるからといって全く悲観する必要な無い。

実際に債務整理中でも借りれる銀行でも銀行ローンで借りれている人はいるのだから・・。

あなたが無職ではなく、現在は安定した収入があるならば過去に債務整理中でも借りれる銀行があったとしても審査に通る余地はある。

これは消費者金融は勿論のこと、クレジットカード、信販ローン、マイカーローン、銀行カードローンでも同じです。

だから現在債務整理中でも借りれる銀行だからといって決して闇金に走る必要はありません。

出来るだけ条件の良い銀行ローンから選んでみてください。

以下の銀行ローンは債務整理中でも借りれる銀行リストでも審査に通ることがあります。

⇒老舗銀行ローン☆債務整理中でも借りれる銀行リストでも借りれる人多し

借りられない人の特徴!こんな人も楽天銀行で借りられない

債務整理中でも借りれる銀行に近い状態のため、カードローン審査を楽天銀行で受けられないという人も世の中にはいます。

特に注意して欲しいものに、借入状況を無視したカードローン審査の申込があります。

具体的な内容としては、以下のような借入状況がカードローン審査で低評価を受けてしまいやすいです。

  • 借入件数が3件以上
  • 借入金額が100万円以上
  • 短期間でお金を借り過ぎている

銀行は消費者金融に比べて、借入件数、借入金額にはうるさいと思っておいたほうが賢明でしょう。楽天銀行はカードローン審査が甘いと言われていますが、だからといってすべてに対して甘いわけではありません。

借入件数は4件以上となると、銀行や消費者金融で審査が厳しくなりやすいです。なので、少額の借金が目立つ場合は完済をされてから、新規のカードローン審査を申込んだほうが良いでしょう。

また、借金件数というのは借金できる状態の契約で1件とカウントされます。なので、カードローンの借金返済を行っても、契約が残っているままでは、借金件数が1件加算される仕組みになっています。

完済後、借金の契約そのものも解約している状況で、借金件数が1件減るということを理解し、新規の借金を申込まれたほうが無難でしょう。

最後に短期間でお金を借り過ぎてしまうと、自己のローンに対する評価が下がってしまいます。借金は計画性を重視して行うものと認識し、いきなり大金を引き出すより小出しで使ったほうが賢明なのです。

このようなことも理解されてから、借金を上手に行える人として借金を定期的に行ったほうが良いです。

金融債務整理中でも借りれる銀行カードローン

金融債務整理中でも借りれる銀行カードローンは在るのかと言う事なのですが、結論からすると金融債務整理中でも借りれる銀行の状態で利用できる銀行カードローンと言うのは無いと言えます。但し、金融債務整理中でも借りれる銀行の状態と言うのは一生涯継続されるものではなく、金融債務整理中でも借りれる銀行の情報と言うものは、一定期間の後に消滅する事になります。

情報が消滅する事で、過去に金融債務整理中でも借りれる銀行の状態だった人でも銀行カードローンを利用する事は出来ます。そもそも金融債務整理中でも借りれる銀行とは何か、債務整理中でも借りれる銀行リストと言うのはどのような事を意味しているのでしょうか。

銀行や消費者金融などはカードローンの申込者の個人信用情報の記録の照会を行い審査を始めます。個人信用情報と言うのは、信用情報機関が管理を行っている情報で、銀行や信用金庫、信用組合、農協、労金などは一般社団法人全国銀行協会が設置および運営を行っている全国銀行個人信用情報センターが管理をしている個人信用情報を照会します。

一方、消費者金融の場合は、シー・アイ・シーと呼ばれる、信用情報機関の個人信用情報を照会するのが特徴です。シー・アイ・シーは、クレジットカード会社や信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などの企業が加盟を行っている信用情報機関になります。

これらの信用情報は加盟を行っている事でどの企業からも情報の吸い上げが可能になります。個人信用情報には、カードローンの申込みの履歴や遅延等の履歴、きちんと返済を行っていたのかや借入額がどれくらいになるのかなどの情報が記録されているのです。

このうち、金融債務整理中でも借りれる銀行と言うのは自己破産や延滞を起こしていた人の記録の事を意味しており、個人信用情報の中に金融の中での事故の情報が記録されている事を金融債務整理中でも借りれる銀行、債務整理中でも借りれる銀行リストに掲載されていると言う状態になるのです。

お金を貸す側は、貸す人の信用を重視しますので、過去に延滞などをしている場合は要注意人物と言う事になります。そのため、金融債務整理中でも借りれる銀行カードローンは無いと言えるのです。

気を付けよう!債務整理中でも借りれる銀行になるのはこんな人

債務整理中でも借りれる銀行になると、借金やクレジットカードなど、お金に関することで不利になるのはわかりますよね?誰だって債務整理中でも借りれる銀行リストに登録なんてされたくないものですよね。

では、何をしたら債務整理中でも借りれる銀行になるのでしょうか?

はっきり「○○をしたら債務整理中でも借りれる銀行認定!」という、定義があるわけではありませんが、以下のような人は危険だと思っておきましょう。

  • 借金の返済が滞った人
  • 申込時などウソの申告をした人
  • 債務整理した人
  • 公共料金などの支払いが滞った人
  • クレジットカードの返済が滞った人
債務整理中でも借りれる銀行と聞くと、借金の返済にだけ気を取られがちですが、公共料金・クレジットカードなどの延滞も、債務整理中でも借りれる銀行認定の材料となるので、気をつけるようにしたいものです。

最近では、スマホを分割で購入する人が増えていますが、これらの延滞も要注意です。たかが携帯電話、されど携帯電話です。

そして、意外かもしれませんが、申し込み時などに「ウソの申告をする」というのも、債務整理中でも借りれる銀行の対象になりえます。

ちょっと見栄を張って、ついたウソもダメなんでしょうか?

ちょっとのつもりでも「ウソをついた」ことには変わりないですよね。それに、ウソをつかれた側は、どう思うでしょう?

「こんなことでウソをつくんだから、信頼できない」と、思われても仕方ありません。小さなウソでもウソはウソ。お金が絡む場面で「ウソは厳禁」と、心得ておきましょう。

債務整理中でも借りれる銀行にも運がある?判定は金融機関次第

例えば、「借金の返済が一度遅れてしまった人」は、債務整理中でも借りれる銀行になるのでしょうか?

答えは、「債務整理中でも借りれる銀行になるかもしれないし、ならないかもしれない」です。

なんだそれ?と、思っちゃいますよね。そう、「債務整理中でも借りれる銀行になるかどうかは、金融機関次第」というのが、答えです。

例えば、「返済が一度でも遅れてしまった人」で考えみましょう。

A銀行は、「一度でも返済が遅れたら、債務整理中でも借りれる銀行として登録する」という考えで、B銀行は、「一度くらいなら、債務整理中でも借りれる銀行として登録するまでもない、二度目で判断する」という考えだったとします。

すなわち、同じ「一度返済が遅れた人」でも、金融機関によって判定が違ってくる、ということになります。

金融機関は、「我が社独自の判断で認定」と、なっているため、外からはまったくわからないんですよね。そのため、債務整理中でも借りれる銀行になるようなこと(支払いの延滞など)は、避ける!に限りますよ。

債務整理中でも借りれる銀行はあるのでしょうか

債務整理中でも借りれる銀行でも借りれる、これは個人信用情報機関の債務整理中でも借りれる銀行リストに掲載されていてもお金を借りることができるのかということですが、銀行の場合はかなり厳しく、不可能に近いといってもいいでしょう。債務整理中でも借りれる銀行ということは、審査に通ることになります。審査なしでお金を借りることができるなら可能かもしれませんが審査なしというところは金融機関の中でほとんどありませんし、あったとしてもヤミ金融ぐらいしかないでしょう。しかしやみ金融は絶対に借りてはいけません。一度借りれば返済できないような額を請求されますので注意しましょう。

債務整理中でも借りれる銀行リストでも多重債務者であっても借りることができる実績がある消費者金融も探せばありますので、ヤミ金だけには手を出してはいけません。中堅クラスの消費者金融は大手の消費者金融と比べると審査が甘めに設定されています。やみ金ではないので、審査がないところはありませんが、10万円程度の小額の借り入れであれば、担保なし、保証人なしで債務整理中でも借りれる銀行でしょう。融資枠は増やすことが可能ですし、債務整理中でも借りれる銀行の人でも借り入れられるおまとめローンもありますので、100万円以上の融資も探せばあります。即日融資に対応しているところもあるので、お金が必要になり困った場合でも安心です。

パソコン、スマートフォンからインターネット接続環境にあれば、24時間いつでもどこからでも申し込み可能です。最短で審査は30分で行ってくれるところもありますし、その後1時間以内に指定した口座に振込みを行いますので安心です。来店せずに用立てることができます。

債務整理中でも借りれる銀行ところの共通点は、新しくできたばかりの融資会社、中堅クラスの会社、総量規制でも借りられるところ、他社借り入れ4社以上でも借り入れ可能なおまとめローンを用意しているところなどがあります。

やみ金は審査なしで借りられるために、すぐに申し込みできるかもしれませんが、絶対に借り入れをしないよう注意しましょう。

おすすめの記事