可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

債務整理でもお金が必要

債務整理したけどお金が必要。この記事では個人再生・任意整理・特定調停・自己破産でもお金を借りることができる消費者金融を紹介しています。それ以外にも借入のコツや借りれなかった際に検討すべき公的制度も紹介しているのでお金が必要な債務整理者は参考にして下さい。

目次

債務整理したけどお金が必要な時はどうしたらいい?

債務整理したけどお金が必要。債務整理や任意整理は、借金問題を根本的に解決するためにとても有効です。

手続きも、債権者と直接交渉して返済額や返済方法を話し合う任意整理、借金を大幅に減額してもらえる個人再生、借金を0にしてもらえる自己破産など、とてもさまざまです。

このような中から自分に合った手続きを選択できますし、ほとんどどのようなケースにも対処できます。

ギャンブルは債務整理できないというのはもはや過去の話で、今現在ギャンブルで背負ってしまった借金でも債務整理することは可能です。

ですが、この便利な債務整理にもデメリットがあります。その1つに、債務整理中はブラック状態となり、新たな借入が難しくなるということ。

債務整理者に関わらずお金が必要な時には、当然ながら金融機関の審査に通らなければいけません。審査は誰もが不安になるものですが、債務整理をした人にとってはより一層でしょう。

そこで今回はお金が必要な債務整理の人のために、債務整理のお金の借り入れ審査について分かりやすくサイト内にて情報を解説しながら、債務整理中・債務整理後にお金を借りる方法を紹介していきたいと思います。

ブラックリスト状態とは

債務整理したけどお金が必要。債務整理といっても任意整理、特定調停、個人再生、自己破産と4つの種類がありますが、債務整理中は信用情報機関が保有管理している個人信用情報に事故情報が記録されてしまいます。

信用情報機関とは、個人の借り入れや返済などの情報を管理している機関のことを指します。

事故情報は、一定期間登録され続け、所定の期間が経過したら自動的に消去されます。そして、事故情報の登録期間は、信用情報機関によって、扱いが異なります。信用情報機関には、以下の3つがあります。

JICC(日本信用情報機構)

JICC(日本信用情報機構)はサラ金や消費者金融系の会社が中心となって作っている信用情報機関です。加盟している企業も、サラ金や消費者金融会社が多いです。

CIC(株式会社シーアイシー)

CIC(株式会社シーアイシー)ではクレジットカード会社や信販会社が主となって、構築している信用情報機関です。加盟企業も、そうした信販会社等が多いです。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

KSC(全国銀行個人信用情報センター)全国銀行協会が母体となっている機関で、加盟しているのも銀行や信用金庫などの金融機関です。

上記のうち、2つの信用情報機関や3つ全ての信用情報機関に加盟している金融機関もあります。

消費者金融などの貸金業者や銀行などの金融機関は、融資の審査をする際にこれら3つの信用情報機関から個人信用情報を参照します。

すると、ここで事故情報が記録されていると、債務整理したことが判明して、借入の審査に通らなくなってしまうのです。

よって、債務整理中はローン審査に通らなくなり、ローンやクレジットカードなどが利用出来なくなります。

このように、実際にブラックリストというものは存在しませんが、個人信用情報に事故情報が記録されて借金ができなくなった状態のことを、一般的にブラックリスト状態と言います。

債務整理中でもお金が必要!方法はないの?

債務整理したけどお金が必要!まず債務整理についてですが借入出来る人と借入出来ない人がいます。

  • 自己破産
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停=返済型

この4種類の内、自己破産の債務整理中だけはお金を借りることはほぼ不可能です。

自己破産の債務整理中は借入不可(自己破産後はOK)

債務整理したけどお金が必要!とはいえ自己破産の債務整理中はお金を借りる事が出来ません。自己破産の債務整理中=今までの借り入れを免除してもらい、社会復帰を許してもらう申請を裁判所に出して結果を待っている間

ということになるからです。借り入れの免除申請中にまた借り入れをするのでは、何のための申請なのかが分からなくなりますよね?

そのため裁判所の免責許可が下りず、弁護士・司法書士との契約が破棄されてしまい、着手金が無駄になるだけという可能性が非常に高くなってしまうのです。

つまり返済が免除されず、また多額の借り入れを背負う状態に戻ってしまう可能性が高いので、あえてこの大きなリスクを背負ってまで融資してくれる金融機関はまず見つからないでしょう。

新たな借り入れは違法行為ではありませんが、不誠実な行為として肝心の免責が受けられなくなる可能性が高いので、借り入れできる金融機関が万一見つかったとしても絶対に止めておきましょう。

お金が必要な時、返済型の債務整理中(任意整理・個人再生・特定調停)なら可能性あり

お金が必要な時、任意整理・個人再生・特定調停の債務整理中は返済をしている期間に当たるので、借り入れできる金融機関がゼロではありません。
また、自己破産に関しても5年~10年経てば再び大手銀行カードローンや大手消費者金融で借り入れすることが可能となります。

ただし、注意してほしい点があります。これら返済型の債務整理は「過去に借りた金融機関に返済額を減らしてもらう」という迷惑をかけた上で返済するということ。

例えばお金が必要とA社からの借り入れ50万円を個人再生で10万円にしてもらい返済をすると、40万円の損を与えた上で返済することになります。

その返済中に再びお金が必要だからと、B社から50万円を借り入れたとしたらどうでしょう?同額の50万円を融資したのに、A社には10万円しか返済されず、B社には50万円が返済されることになります。

同時に返済しているにも関わらずA社だけが損を受けることになり、B社との差が生まれます。つまり、債務整理に応じるという誠意を見せてくれたA社の方が損をするという不公平が生まれるのです。

そこで、B社からの借り入れが発覚した時点で、A社から債務整理を解消されてしまう可能性が非常に高くなります。

せっかく弁護士・司法書士に頼んで費用をかけて行った債務整理が振り出しに戻る上に、当然ながらA社に再び債務整理をお願いしても却下されるでしょう。

このような事態にならないように、債務整理中の借り入れには慎重になるべきです。

具体的には裁判の判決内容(任意整理では金融機関との契約内容)をよく確認し、債務整理中の借り入れが認められている場合にのみ新たな申し込みを検討すべきでしょう。

債務整理後の方がお金を借りるのに有利?

先述の通り、債務整理中にお金が必要だからと新たに別の場所で借り入れをすると、状況によっては債務整理が解消されるというリスクがあります。

ですが、債務整理後の借り入れには「債務整理が解消される」というリスクがありません。

すでに過去に借り入れた金融機関には完済している(自己破産の場合は免責を受けている)ために、新たな借り入れに対しての障害がないのです。

そのため、信用情報機関にまだ債務整理の情報が登録されている債務整理後5年~10年経てば融資してくれるという金融機関は多くなります。

3つの信用情報機関の事故情報登録期間は以下の通り。

JICC

JICCの場合、任意整理を弁護士や司法書士に依頼して、受任通知を発送してもらった時点から手続き終了までの間に、事故情報が登録されます。そして、その後5年間情報が登録され続けます。

そこで、任意整理後の返済期間に関わらず、だいたい手続き後5年が経過したら、事故情報を消去してもらうことができます。

CIC

CICの場合には、借金支払いを遅延した段階で、事故情報が登録されます。

「延滞した」というのは、借金支払いを2~3ヶ月間遅れた場合です。

任意整理をするときには、通常支払を延滞することになるので、任意整理したからというよりは、延滞を理由に事故情報が登録されてしまうのです。そして、その情報は、基本的に5年間登録されます。

ただ、CICの場合、いつから5年間をカウントするのかが定まっておらず、基本的には完済後5年間ですが、それよりも早く消去されるケースもあります。
逆に任意整理後の支払いを遅延すると、事故情報の登録期間が長びく傾向があります。

これは、加盟企業がCICに遅延を報告していることと関係しているのではないかと考えられます。

結果として、完済後5年間登録され続けることが多いです。

そこで任意整理をした場合、完済してから5年間はCICに事故情報が登録されて、カードの利用ができないと考えておくと良いでしょう。

KSC

KSCの場合には、延滞や代位弁済が起こったときに事故情報が登録されます。延滞についてはCICと同じですが、代位弁済というのは、KSC独自かもしれません。

代位弁済とは、借り入れ人が約定通りの支払いをしないときに、保証会社が代わりに支払いをすることです。銀行ローンなどの場合には、保証会社がついていることが多いので、滞納するとすぐに代位弁済が起こり、事故情報が登録されます。そして、その情報は5年間登録される続けることになります。

お金が必要な時、実際に債務整理中でも貸してくれる金融機関はどこ?

お金が必要な時、多重債務などの任意整理中に借り入れができる貸金業者、金融機関はあるのでしょうか。具体的にみていきましょう。

債務整理中でお金が必要な時、大手消費者金融なら借金できる?

債務整理したけどお金が必要!債務整理中は客観的に見て「すでに返済能力が限界に達している状態である」と判断できます。

お金を貸す側にとっては、十分な返済能力が認められるからこそ融資を行うので、個人ならばいざ知らず義理人情でお金を貸してくれる業者はほとんどありません。

特に、銀行カードローンや大手の消費者金融などは機械的な判断で融資を決定されるため、任意整理中の状態で契約できる見込みは「ほぼない」と考えて良いでしょう。

債務整理中でお金が必要な時中小消費者金融なら借金できる?

大手消費者金融が機械的な基準で融資を判断するのに対し、中小消費者金融の場合は「独自の基準」で融資を判断することが少なくありません。

年収がいくら以下だからダメ、異動情報があるからダメ、債務総額が多いからダメという一様の判断ではないので、債務整理したけどお金が必要な時に融資を受けられる可能性があります。

ただし、金融会社の絶対数は少ないので、厳選して申し込みをすることが必要です。

債務整理中でお金が必要な時でも、中小消費者金融なら審査内容によっては可能性が!

中小消費者金融なら債務整理中もお金が必要な時に借りれるかもしれない理由としては、異動情報が登録されていても他の属性で総合的に判断しているからという理由が挙げられます。

大手と中小消費者金融の違いは。異動情報の記載がある人⇒返済能力や信用に問題がある⇒融資を見送る

という型にはまった判断になってしまう大手と、異動情報がある⇒返済能力や信用に問題がある⇒審査で判断

と考えるくれる可能性がある中小消費者金融という点です。

審査担当者によって可能性を重視して融資を判断してくれるという点が、属性や事故情報で信用情報が不利な人には有効な手段になります。

つまり中堅以下の小規模な消費者金融なら審査担当者が総合的に判断してくれるということ。今現在、滞納がなければ債務整理中でも即日融資可能なケースもあります。

お金が必要な債務整理者にも審査して貸付を行う理由は?

お金が必要な債務整理者にも審査して貸付を行う理由とは。中小の街金は、なぜ債務整理中や債務整理後の人にも貸付をすることがあるのでしょうか?

中小消費者金融は、大手と比べると顧客をとりにくいです。

たとえば、軽い気持ちで少し借金してみようと思ったり、給料日前に少しだけ、などと思ってキャッシングをする人は、通常は大手の消費者金融から借り入れをします。

大手の消費者金融は、銀行と提携していることも多く、銀行のATMで簡単に借りられることもあります。また、クレジットカードのキャッシングや銀行カードローンなども利用出来ますよね。

よって、お金を借りる人というのは、まずはこれらの有名で大手の金融機関や貸金業者の借金を利用するのです。

となると、街金に借りに来る人というのは、どうしても借金がかさんで他の消費者金融などからはもはや借入ができなくなってしまっている人であることが多くなります。

この時、債務整理中や債務整理後でブラックリスト状態になっている人が、大手の消費者金融などからは借り入れが出来ないので、借入の相談に来ることもあるのです。

このように、中小消費者金融の顧客というのは、どうしても大手の消費者金融などよりも「質の悪い(信用力の低い)」人が多くなってしまいます。

このような顧客しか来ない中で、大手のように厳しい審査をしていると、中小の業者は営業が立ちゆかなくなってしまいます。

ですから中小消費者金融は、大手では借入ができないような信用力の低い人にも貸付をする業者が存在します。同じ理由で、ブラック状態の人にも貸付をする業者がいるのです。

ブラック状態であっても、きちんと返済をしてくれる限り貸金業者にとっては不利益はないので、「債務整理後でもお金が必要」などと広告することによって顧客を集めて貸付をしています。

これらの業者は、闇金ではなくきちんと制限利率以内で貸付をしていますし、貸金業登録もしているまともな業者です。このように、債務整理後でもお金が必要な時に力になってくれる業者は、必ずしも闇金とは限らないのです。

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融一覧

ここからは債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融をご紹介していきたいと思います。

時間のない人はざっと見て、上の目次や下の表から興味を持った会社・サービスに進んでください。時間のある方は、それぞれの会社・サービスの記事詳細をじっくりと読んで検討してください。

なお、今回ご紹介する会社・サービスは、全て。

  • 担保・保証人不要
  • WEB申込で来店不要
  • 24時間対応で即日対応可

という使いやすい特徴を持っています。

消費者金融会社実質年率(金利)借入限度額備考
株式会社アロー15.00%~19.94%200万円借入限度額が多い
セントラル4.80%~18.00%100万円実質年率が低くてお得
キャッシングのフタバ14.959%~17.950%50万円債務整理等しても申込可
ライフティ8.0%~20.0%500万円最短30分のスピード審査
株式会社アルコシステム15.00%~20.00%50万円積極的に融資検討
SGファイナンス9.85%~18.0%1~300万円新興・小規模だから積極融資

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融①アロー

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融としてはじめにご紹介するアローは、自社で独自の審査をしているため、銀行や大手消費者金融ではなかなか審査が通らない延滞した方やブラック、債務整理や自己破産をした方でも積極的に融資を行っています。

アローは最短45分で審査が終了する驚異的なスピードが特徴ですが、ただし現在他社のキャッシング・カードローン・消費者金融で返済を滞納していると審査が通らないようです。

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融②セントラル

債務整理中でもお金が必要な消費者金融として2番めにご紹介するセントラルは1973年創業の老舗消費者金融会社です。本社は愛媛県松山市にありますが、全国振込対応しています。

セントラルでは銀行や大手消費者金融では借入が難しい、延滞やブラックの方・債務整理や自己破産をした人でも審査対象としています。
上限金利は大手と同じなのに、大手に出せない特徴で積極的に融資を行っている会社です。

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融③キャッシングのフタバ

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融として3番目にご紹介するのはキャッシングのフタバです。
キャッシングのフタバは東京都千代田区に本社があり、1963年創業と大変歴史のある老舗消費者金融会社です。

「自己破産・債務整理等されている方もまずはお申し込みを!」とうたっているぐらい、他社に比べて積極的に融資をする姿勢を全面に出しています。

老舗ならではの豊富な融資実績と経験から、延滞やブラックなど他社で審査が通らない方にも積極的に融資している消費者金融です。

限度額が50万円と少なめで気になる方もいらっしゃるかもですが、実際には中心となる借入額は20万円前後が中心になるため十分だと思います。

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融④ライフティ

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融として4番目にご紹介するのがライフティです。
ライフティは東京都新宿区歌舞伎町にある消費者金融会社で、他社で審査が通らない方にも積極的に融資を行っています。

1991年の創業ですが、親会社が「株式会社ビジネスパートナー」になったこともあり、2014年に商号を「ライフティ」に変えて再出発しています。

名前を変えて再出発のため、他社に負けない積極融資の姿勢を打ち出し、初めての方は35日間利息0円!などのサービスで競争に勝とうとしているとのことです。

最短30分で審査完了という、業界でもトップレベルのスピードです。また、おまとめローンにも注力しているため、複数社から借入がある方はぜひ申し込んでみてください。

なお、株式会社ビジネスパートナーは、法人・個人事業主向けにファイナンスリースやビジネスローンを行っている業界では大手企業です。親会社がしっかりした会社というのも安心ですね。

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融⑤エス・ジー・ファイナンス

次に債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融としてご紹介するのはエス・ジー・ファイナンスです。

キャッシング・消費者金融の株式会社エス・ジー・ファイナンスは東京の秋葉原にあります。エス・ジー・ファイナンスは、貸金業者としては2013年創業の新興・小規模な会社のため、大手や中小消費者金融会社に負けないように上限金利を大手と合わせることによって積極融資を行っています。

最短30分で審査完了という、審査の早さも嬉しいですね。また、おまとめローン(借換ローン)にも注力しています。

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融⑥アルコシステム

債務整理中でお金が必要な時に頼れる消費者金融として最後にご紹介するのがアルコシステムです。

創業1983年と老舗にあたるアルコシステムは姫路に本社があります。振込キャッシングで人気実績ともにある消費者金融会社です。

銀行や大手の消費者金融、他社の中小消費者金融では審査が通らない人でも、積極的に審査し貸し出した実績が多数あるとのことです。

お金が必要な時、収入が低ければ社会福祉協議会でもお金を借りれる可能性が

債務整理したけどお金が必要になってしまった。中小金融業者等では、スコアリングシステムで審査を通過しなかった人にも独自の審査基準を設定してお金を貸し付けることがあります。

ただし審査がある以上、債務整理中の全ての人が通るというわけではありませんし、個人の債務の合計が年収の3分の1を超過しそうな場合は、中小でも融資を行うことはありません。

そのようなときは行政の制度も検討してみましょう。社会福祉協議会が受付窓口となっている「緊急小口資金貸付金」は、その代表例です。

社会福祉協議会とは各都道府県、市町村単位に置かれている行政主導で作られた非営利の福祉団体のことを言います。

緊急小口資金貸付金ってどんな制度?

債務整理したけどお金が必要。緊急小口資金貸付金は、医療費や介護費などの臨時の支払によって世帯生活費が必要なとき、借りることができる制度です。

貸付限度額は10万円で無利子です。任意整理を行った人でも貸付を受けることができますが、年収による要件があります。

単身世帯の場合は、平均月収17万7千円以下、2人世帯の場合、26万1千円以下、3人世帯の場合は31万9千円です。

ただし社会福祉協議会で借金するにはデメリットも

お金を借りられるからといっても、借りたお金を借金の返済に使うことはできません。また、医療費に充てられた場合には領収書を提出する必要があります。
さらに、実際にお金が借りられるまでは最短でも5営業日(土日除く)かかり、民間のキャッシング業者のように即日貸してくれるわけではないため注意が必要です。

債務整理中の返済に困ったら弁護士に相談を

債務整理中だけどお金が必要。返済に困ったら弁護士に相談をしてみましょう。重要なのは、保険の解約、行政からの援助など金融機関以外の方法も検討し、絶対に闇金業者からは借りないことです。
どうしてよいかわからなくなったら、ひとまず任意整理を依頼した弁護士に、今後の方針について相談することをおすすめします。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
パチ・スロで高収入ならコチラをチェック↓↓↓↓

おすすめの記事