可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

絶対融資してくれる金融機関は存在するの?

日々の生活でお金に困ることはよくあることで、お金が必要なときに一時的にお金を貸してくれる消費者金融カードローンは多くの人が利用しています。

ですが、消費者金融でお金を借りようと思った時に、誰でも絶対融資してもらえるという訳ではなく、借り入れ前には必ず審査が行われます。

ですがこの時「審査に通らないんじゃないか…」「過去にブラックになっているから借り入れは無理なんじゃないか…」と過度に審査に怯える必要はありません。

消費者金融の選び方を間違えることなく、正しい方法で申し込みすれば十分に借り入れすることができます。

ここでは、消費者金融の審査に通過して絶対融資してもらうコツと、融資の申し込み前に知っておきたい知識について紹介します。

目指せ絶対融資!消費者金融の審査基準を知っておく

まず初めに消費者金融の借り入れ時に行われる審査の内容についてまず紹介します。

借り入れ時に行われる審査は、申込者の信用情報、年収、他社の借り入れなどから貸付可能かどうかを点数化(スコアリング)して審査の可否を決定します。

それに加え、消費者金融の場合は、「貸金業協会」に加盟しているため、貸金業法という法律で貸付を制限されています。

例えば、貸金業法では、「総量規制」という規制が定められていて、債務者に対して、年収の3分の1を超える貸付をしてはいけないという制限があります。

これによって年収300万円の人は、消費者金融では100万円以上借りることが法律上できなくなりました。

ですが、裏を返すと、年収の3分の1までは問題なく借り入れすることができるということなので、今お金を借りたい方で、年収の3分の1以上借り入れしていないという方は、信用情報に事故情報が載っていなければ借り入れが可能ということです。

絶対融資可能か左右する信用情報の事故情報とは

信用情報の事故情報とは、いわゆる「ブラックリスト」です。
ブラックリストという名前はよく聞いたことがあることばだと思いますが、どういう状態なのか知らないという人は多いかと思います。

ブラックリストとは、過去にショッピングローンの返済や、クレジットカードの支払いの遅延などの延滞情報や、自己破産などの債務整理を行い、借金を清算した場合に、個人信用情報に異動情報として記録されます。

あまり知られていませんが、ローン契約やクレジットカードを作成する際に、必ず審査がありますが、これも消費者金融と同じように、信用情報を照会して審査を行い、全て信用情報に記録されているのです。

消費者金融やローン契約の際はJICCやCICという信用情報機関に登録され、銀行のローンを利用すると、全国銀行個人信用情報センターという機関に登録されます。

そして、この信用情報機関同士で個人の信用情報を共有し、過度に貸付が行われていないかをチェックしています。(このネットワークをCRINと言います。)

少しややこしいので簡単にまとめると、基本的に分割払いやローン契約で商品を購入したものは全て信用情報に記録されていると思っていて問題ありません。

そしてその返済を延滞した場合はこの信用情報機関に記録されるということです。

延滞とは、3ヶ月以上の支払い遅延なので、1ヶ月の延滞などでは信用情報には記録されません。

消費者金融からお金を借りたい時に思い出して欲しいのが、

  • 現在年収の3分の1を超える借り入れがないかどうか
  • 3ヶ月以上の延滞が過去5年以内にないかどうか
  • 10年以内に自己破産をしていないかどうか

の3点です。この3点をクリアしていれば借り入れ審査は基本的には問題ありません。

あなたにとって絶対融資出来るところは?

上記の3点の内1つでも引っかかってしまっているなら、絶対融資してもらえるとは限りませんが、少なくとも大手消費者金融や銀行カードローンに比べて限りなくあなたにとって審査に通りやすい金融機関は営業規模の小さい街金となるでしょう。

大手消費者金融や銀行カードローンは借入件数が多すぎる、借入金額が年収の1/3近くになっている、または金融事故を起こしたことがある経験がある人は審査に通ることがありません。

いくら申し込んでも審査に落ちてしまうと、繰り返し他の金融機関に申し込んでしまうため審査落ちの実績が積み上がる申し込みブラック認定されてしまい、ますますお金を借りることができない無限ループに陥ってしまいます。

短期間のうちの多重申し込みはたとえ金融事故を起こしていないとしても、審査に落とされる絶好の理由になってしまうのです。

だからこそ融資を受ける際には一発で審査に通るような業者選びが大切です。それなら独自の審査基準を持っている営業規模の小さい街金から借りるようにしてみてはいかがでしょうか。

中小消費者金融の独自審査とは

債務整理や自己破産をした方は、大手消費者金融だと門前払いされますが、独自審査の中小消費者金融なら申し込み出来るところは多々あります。

一体大手消費者金融と中小消費者金融の審査はどこが違うのでしょうか?

大手消費者金融の審査の方法

大手消費者金融は審査の際に「スコアリングシステム」を使って、機械的に審査の可否を決めています。

スコアリングシステムとは、申し込み者を年齢や性別、勤務先、正規・非正規、金融事故情報等の属性別に分類して、過去の他の顧客情報や取引情報と比較して融資の可否・融資可能額を決定する与信システムです。

この方法の利点は、審査をコンピューターが行うので審査結果が出るのが早く、一度に大量の顧客の対応をすることができることです。

一方で、個人個人の現在の生活状況や事情などは一切考慮しないので、お金を貸しやすい人にしかお金を貸さず、今すぐお金が必要な方がお金を借りることができないという弊害も生まれています。

この弊害のために違法な闇金融やオレオレ詐欺のような犯罪行為に加担してお金を手にせざるを得ない状況を生み出しています。

中小消費者金融の独自審査

中小消費者金融の審査でも大手消費者金融と同様にスコアリングシステムは利用されています。しかし、それだけでは審査の可否を決めません。

その理由の一つは、中小消費者金融のような中小の消費者金融が大手消費者金融と同じようなことをしていたら新規顧客を獲得することができないという切実な営業上の問題があります。

だからと言って、新規顧客を獲得するために誰にでもお金を貸していては経営が成り立ちません。

中小消費者金融と同様にユーザーに評判のよい中小消費者金融のセントラルやいつもは長年地元密着型の営業で金融業のノウハウを蓄積してきました。そのためネットキャッシングに移行しても、大手消費者金融よりも利用しやすいキャッシングとしての地位を築いています。

一方、中小消費者金融は金融業者としての社歴は短いですが、それ以前から地元密着型の不動産業を営んでいた経験がうまく活かされて、独自審査を生み出しています。

ユーザーに寄り添う審査を行う中小消費者金融

地元密着型の営業を基本にしている中小消費者金融は、金融業の審査でもユーザーに寄り添うことを重視しています。

決して、コンピューターで画一的に審査の可否をきめることなく、個人個人の事情を考慮し最大限の配慮をして審査の可否を決定しています。

このユーザーの一人一人に寄り添う姿勢が、人によってはウザいと感じることもあるようですが、このウザい審査があるからこそ大手消費者金融よりも利用しやすいキャッシングとして中小消費者金融の人気を支えているのです。

街金は安全なの?

金融事故を起こした人にでもお金を貸すなんて、通常の消費者金融ではありえない。きっと何かあるのだろうと勘ぐる人もいるかもしれませんが、街金=闇金とは違います。

街金といっても正規の貸金業者であり、日本貸金業協会に所属し行政監督庁の厳しい監査や日本貸金業協会の内部監査、及び自主規制の制定など厳しい条件をクリアしなければ営業していくことができないのです。

金利も当然ながら利息制限法に基づいた金利でなければ貸金業法違反となり、5年以下の懲役又は1,000万円以下(法人は3,000万円)の罰金を科せられることもあります。

即日融資で限りなく絶対融資に近い街金を差し置いて、闇金ではないかと疑うのは言語道断!

街金は全国的に名前が知れ渡っていないと言うだけで、地元の人にとってみれば馴染みの深い貸金業者として長らく営業しているのです。

仮に的確な街金の情報を得ることができないのであれば、いい加減な掲示板やSNSからの情報ではなく、即日でお金を借りることができることができる街金を紹介しているサイトの情報をできるだけ多く集めて比較検討してみてはいかがでしょう。

街金業者として有名な所で言うとエニーやフクホー、ライフティ、エイワなどがありますが、どの業者も正規の貸金業者として即日融資に対応していますよ。

絶対融資でも闇金はキケン

もちろん総量規制に引っかかっている人や1年以内に金融事故を起こした人など、つまりブラックの人はいくら申し込んでも絶対融資はありえないので、つい闇金からお金を借りようとするかもしれません。

ですが絶対融資できるといわれても、ヤミ金融だけは止めましょう。

「絶対融資の言葉に潜むヤミ金の恐ろしい正体

ヤミ金の怖さは何となく分かっていても、それはテレビドラマの中のことで、実際には消費者金融に毛が生えた程度でしょ?と軽く見ているととんでもない目に合うので、ヤミ金融とはどういうものなのか少しだけ触れておきます。

闇の金融と言われるくらいなので、まるで法律など関係ないかのように水面下でうごめいているのが闇金です。

例えば金利ですが、出資法という罰則のある法律に違反する高金利で貸付し、暴利をむさぼります。

出資法で定められている上限金利は年率20%ですが、「トイチ」といって10日で1割の利子というとんでもない金利で融資します。

これがどれくらいふざけた金利かというと、10日で10%ということは、30日だと30%、1年つまり年率でいうと300%を超えるという計算になります。

法律で決められている上限が年率20%なので、とんでもない水準なのかが分かると思います。

絶対融資の後の取立て行為がハンパない

もちろん、違法なのは金利だけではありません。
取り立ても完全に法律を無視した行動をとるのですが、例えば、夜間に何十回も電話をかけてくる、自宅に大勢で押しかけてわめきちらす、勤務先に督促だと分かるように嫌がらせの電話をかける、これらはすべて法律で禁止されている行為なのですが、そんなのお構いなしです。

もっとエスカレートすると、子供が通っている学校の校門の前で待ちぶせする等々、テレビドラマで見る以上のことを平気でやってきます。
ココでは書ききれないほど闇金の怖さは他にもたくさんあるのが実状です。

「闇金の危うさは、お前に言われなくとも分かっているよ!」と言われてしまうかもしれませんが、総量規制によって正規のルートでお金を借りにくくなるとワラにもすがる気持ちになって、手を出してしまうのが人間の弱さです。

闇金融は身近なところに潜んでいる

「闇金の怖さは分かっているから、俺はそんなトコから借りないよ!」と思っていても、
闇金融は身近なところに潜んでいるので、無意識のウチに近づいてしまうことが多いです。

例えば、雑誌やスポーツ新聞などの広告もそうです。
ヤミ金は水面下の業者なので、まさか雑誌やスポーツ新聞といった公のものに
存在を現すはずがないと思ってしまうし、広告を出せる=資金力があると思って
安心してしまいますが、高い確率でヤミ金が紛れ込んでいます。

自宅のポストに投げ込まれたチラシや、電話ボックス、電柱に貼られた
告知ポスターも注意が必要です。

電話ボックス、電柱に連絡先の携帯電話番号を記載した張り紙やチラシを
見たことがあるかもしれませんが、それは090金融と呼ばれていて、
100%間違いなくヤミ金です。

貸金業法では、業者が広告を出す場合には必ず固定電話番号を
掲載しなくてはいけないことになっているので、
携帯電話で受付を行っている時点でその業者は貸金業登録をしていない違法業者です。

貸金業登録をしているかどうかは、金融庁のホームページで調べられますが、

(※金融庁の貸金業者情報検索サービスについてはコチラのページを参照)

貸金業登録番号を持っていれば安心できるかというと必ずしもそうではなく、
ウソの番号を掲載したり、登録番号を持っているヤミ金もいるので安心できません。

とにかく、あまりにも簡単に借入できそうな印象を感じたら、疑ってかかってください。

おすすめの記事