可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

他社借入件数が5件以上と多い方も融資可能!?

他社借入件数が5件以上と多い方も融資可能!?借り入れ件数が大きい状態での審査は厳しくなる傾向にあるのは間違いありませんが、大手銀行や大手消費者金融では断られる可能性も高いです。ですがこういう時には中小消費者金融に申込みを行うという方法があります。

【他社借入5件でもOK】お金が必要な時の対処法

他社借入5件の人は新たなキャッシングが難しいのは事実です。そこでここからは他社借入5件でも借りれる可能性の高い対策法をまとめています。

カードローン・キャッシングの借入件数のボーダーライン

他社借入件数が何社までOKかという疑問には、基準が各社によって違うので一概には回答できません。

ただし、多くの会社では3社までがボーダーラインと言われています。
他社借入4社になるとかなり厳しくなり、他社借入5社だとほぼ通らないとされているのです。

借入件数担当者の評価
1件全く問題ない
2件返済状況が良ければ問題ない
3件要注意
4件属性が良くない人は審査通過困難
5件以上新規の借入はほぼ不可能

属性によって多少違いますが、借入本数に応じた担当者の評価は上の通りです。

他社借入5件で限界と言われている理由

他社借入5件が限界だと業界で言われている理由は消費者金融による総量規制、及び銀行カードローンでの自主規制による年収の1/3までを貸付上限とする規定があるからです。

他社借入5件ということは、1件あたりの借入金額の平均を30万円とすれば借金総額は150万円。
また他社借入5件の借入の平均金額が50万円なら借金総額は250万円ですよね?

150万円や250万円を借りるためには、少なくても年収が450万円から750万円なければ総量規制や銀行の自主規制によって借りることはできません。

サラリーマンの平均年収は400万円から500万円と言われているので、ちょうど他社借入5件と一致します。

これ以上金融機関からお金を借りることができない限界であると考えてもいいでしょう。

ですが返済能力が十分にあれば他社借入5件以上でも借りることは可能と言われています。

返済能力があれば他社借入5件以上も借入可能

返済能力が十分にあれば他社借入5件以上でも借りることは可能と言われている理由は返済能力=年収にあります。

年収が1,000万円や2,000万円あれば総量規制枠を考えても300万円から600万円くらいまで借入することができるでしょう。現在の借金が150万円や250万円でも、余力十分なら新たに借入することも不可能ではありません。

しかし一般論として考えれば年収がそれだけあれば一枚のカードで最高融資限度額500万円や800万円の借入をすることができるので、銀行カードローンで2%前後の低金利で利用しているケースが多いです。

つまり、消費者金融カードローンの利用者の年収が300万円未満の人が過半数を占めている現状において、もはや借入件数5件になると生活することさえままならない状態になっていることがほとんどなのです。

他社借入5件の多重債務者は審査に落ちやすい

他社借入5件の多重債務者は審査に落ちやすいのは借入総額と違って「借入件数が多い」ことにあります。

つまり「多重債務者」だと、これは確実にお金が借りれない原因となるのです。
「総額」と違って「件数」は評価されない。他社借入件数は少なければ少ないほどいいんですね。

なぜ他社借入件数が少ないほどいいのか

なぜ他社借入件数が少ないほどいいのか。同じ「借入総額100万円」でも、それが一つの業者からの融資なら「その業者が、100万円分、その申し込み者を信用した」と受け取ることもできます。

実際その通りなので、その会社は100万円も融資しているのです。ということで借入総額が多い人でも借り入れが1件だけという場合は全然OKなのです。

しかし、この100万円が他社借入5件「5社から20万円ずつ」となると話は別です。

これはつまり

「どの業者もこの人を20万円分しか信用しなかった」
「20万円以上のリスクを負いたくないと思った」

ということなのです。
それだけ信用がない人という証明になってしまうんですね。

もちろん、どこからも借金できなかった人よりはマシですが、それでも、できるだけ一つの業者にまとめる(返済計画の再編する)方がいいのです。

他社借入5件ならおまとめローンの検討を

他社借入5件ならおまとめローンの検討をしましょう。新規で融資の申込をするなら、他社借入件数が3件が4件がマックスです。

他社借入5件となると、まともなところはどこも新規でお金を貸してくれません。仮に、融資してくれるところがあったとしても、ヤミ金である可能性が大なので利用しない方が無難です。

他社借入5件で自己破産してしまうとクレジットカードを持てなくなったり車の買い替えがむずかしくなります。

自己破産せずに、全額返済するなら方法は1つしかありません。それは複数の借り入れを1つにまとめる「おまとめローン」を利用すること。

複数社のフリーローンをおまとめローンに切り替えるという方法を取ることで、0から冷静に返済について前向きに考えることができますよ。

他社借入5件・・・審査が柔軟なおまとめローンは?

他社借入5件であればおまとめローンを検討してみましょう。おまとめローンもは複数の借入れを建て替えて1つにまとめる金融商品のことを言います。
フリーローンに比べると多額のお金が動くので、資金力がある銀行がサービスを展開していることが多いです。

有名なところだと「東京スター銀行のおまとめローン」や「イオン銀行のおまとめローン」があります。しかし、他社借入5件でどこからもお金が借りられない人の場合、審査に通らない可能性が高いそうです。

そこでオススメなのが、中小のおまとめローン会社です。銀行が提供するおまとめローンよりも審査が柔軟のなので、審査に通る可能性も期待できますよ。

中小貸金業者と大手消費者金融の違い

中小貸金業者と大手消費者金融の違いはこのようになっています。

中小貸金業者大手消費者金融
知名度低い高い
金利10.0%以上~20.0%まで~18.0%程度まで
貸付限度額小口融資~300万円程度まで小口融資~800万円程度まで
即日融資ありあり
信用情報ブラックでもOKの場合ありブラックだと審査落ち
ATM利用限定されているほぼ全国でOK
他社借入あり審査可能審査落ちすることが多い
債務整理経験審査可能ほぼ審査落ち

中小貸金業者と大手消費者金融の違いについて、表にしてまとめました。街金の大きな特徴は、信用情報がブラックであっても審査可能な業者が多いことです。

2ヶ月以上の滞納経験がある、自己破産などの債務整理がある方でも、審査を受けることができます。大手消費者金融では必ず信用情報の照会を行いますので、まずそこで審査落ちしてしまうでしょう。

また、他社からの借入がある方でも、中小貸金業者であれば貸付OKの場合が多くなっています。その代わりおまとめローンの金利も大手よりもかなり高くなっていることに注意しましょう。

とはいえ今の金利よりは1つにまとめる分確実に低くなることが多いので安心してください。

【他社借入5件でも安心】おまとめローンのメリット

他社借入5件となると、返済能力も劣ってしまいヘタをすると返済滞納となってしまうことがあります。
もしかしたら既に、毎月の返済は利息だけで精一杯という人もいるかもしれません。

しかし、おまとめローンにすることで借金を一旦リセットできるので、冷静になって今後の返済計画を建てることができます。

おまとめローンのメリットには以下のような項目があります。

  1. 毎月の返済が月1回になる。
  2. 実質年率が低くなるケースが多いので、その結果、支払うべき利息額も減る。
  3. 返済に対して、冷静に前向きになれる。

他社借入5件になるまで、おまとめローンをしたことがなかった人はぜひこの機会におまとめローンすることをオススメします。返済額が減るだけでなく、返済に対して前向きになれること間違いなしですよ。

おすすめの記事