可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

どうしてもお金借りたい

どうしてもお金借りたい!そんな状況で頼りになるのが、生活に困窮する人を支援する制度と金融業者です。今回の記事ではどうしてもお金借りたい人に向けておすすめの制度や金融業者をまとめています。

目次

どうしてもお金借りたい!状況別対策法

どうしてもお金借りたい!次の給料日まで生活費がギリギリなのに、急な出費に見舞われたらどうしますか? 家族に相談して心配をかけるのも嫌ですし、かといって友人に相談してお金に困っていることがバレるのも嫌だと思います。

そんな状況で頼りになるのが、生活に困窮する人を支援する制度と金融業者ですよね。そこで今回の記事ではどうしてもお金借りたい人に向けておすすめの制度や金融業者をまとめていきたいと思います。

どうしてもお金借りたい!すぐに必要ならカードローンやキャッシング

どうしてもお金借りたい。すぐに現金を手に入れたいときは、カードローンやキャッシングがおすすめです。

カードローンやキャッシングとは、主に銀行や消費者金融が扱う融資商品のことです。
審査に通過することさえできれば、決められた範囲内のお金を自由に引き出せます。

銀行と消費者金融、それぞれのカードローンの特徴は以下の通り。

  • 銀行カードローン:低金利・高利用限度額
  • 消費者金融キャッシング:高金利・低利用限度額

消費者金融系カードローンには、「借り入れは年収の3分の1まで」という貸金業法の総量規制が適用されますが、銀行法に沿って営業する銀行系カードローンにはその規制がありません。

多少時間をかけてでも低金利でお金を借りたい場合は銀行系カードローン、金利よりも何よりも今すぐお金を調達したいときは消費者金融系カードローンを選択すれば良いでしょう。

どうしてもお金借りたい!即日なら大手消費者金融

どうしてもお金を借りたいのなら大手消費者金融業者が向いており、何事もなければ1時間かからないくらいで契約が完了します。

意外と審査は厳しい

どうしてもお金を借りたいとはいえ大手消費者金融業者の各企業の決算報告書を見ると、100人申し込んで審査に通るのは40人から50人弱という数字です。

2人申し込んで1人落ちると考えてもいいですが、それよりよりはもう少し審査に落ちる割合が多いでしょう。

審査に何も問題のないような人なら、大手の消費者金融業者に申し込むことは難しいことではありません。

しかし審査に通らない理由を持っている、またはその理由を知っている人にとって大手消費者金融業者は敷居が高くなったかなという感じですね。

金融事故を起こしているブラック認定の方は、大手消費者金融の審査通過はほぼ不可能でしょう。中小消費者金融をおすすめします。

ブラックでもどうしてもお金借りたい人は?

事故経験、延滞やブラック、債務整理中や債務整理経験があると(個人再生・任意整理・特定調停・自己破産など)とキャッシング・消費者金融会社の審査に通らない事が多いです。

特に銀行カードローンや大手の消費者金融で審査に通るのは難しいのが悲しいところ。

しかし、中小で積極的に融資を行うキャッシング・消費者金融会社であれば、そんな方でも審査に通りお金を借りれる可能性があります。

審査が通らない人でもお金を借りれる可能性のある5社

どうしてもお金を借りたいブラックの人におすすめのこちらの消費者金融5社は全て以下の特徴を満たしています。

  • 担保・保証人不要
  • スマホやPCからインターネットで申込24時間対応
  • 来店不要
  • 最短即日対応可

どうしてもお金借りたいブラックへおすすめ①フクホー

どうしてもお金借りたいブラックへおすすめのフクホーは、中小消費者金融の中では知名度が比較的高く、ネット上では実際に利用した方の口コミを多く見つけることができます。

その内容のほとんどが、債務整理や長期延滞によってブラック状態となり、他社では全く審査に通らなかったのにフクホーだけは貸してくれたというものです。

ブラックでも貸してくれるのであれば、そうではない人ならさらに借りられる可能性は高いはずです。

ただし、フクホーは申込はインターネットを使って日本中のどこからでも可能ですが、契約手続きを郵送で行うので来店できない人は即日での借り入れができないのが残念。

ですが、必ずしも即日でなくても構わないという人はフクホーに申込んでみましょう。

どうしてもお金借りたいブラックにおすすめ②キャッシングエイワ

どうしてもお金借りたいブラックへおすすめなのがエイワ。キャッシングエイワは店舗へ来店しなければお金を貸してくれないという特徴があります。

申込はフクホーと同じくインターネットで可能ですが、申込者と直接会って審査を行う「対面与信」をモットーとしているため、来店できない人は利用することができません。

その代わり、フクホーと異なり各地に店舗が設置されているので利用できる人は多いと思います。

対面与信によって、単純な属性や信用情報だけで判断せず、人となりによって審査結果が大きく左右されるので、他社と審査結果が違うことも珍しくありません。

エイワは近くに店舗があれば即日融資を受けることも可能ですので近くに店舗がある人は利用を検討してみると良いでしょう。

どうしてもお金借りたいブラックにおすすめ③キャネット

どうしてもお金借りたいブラックの間では北海道に拠点があるキャネットも有名な中小消費者金融です。ネット上のクチコミだと。

  • ブラックでも諦めてたけど通った
  • 他では断られたけど、大丈夫だった
  • 債務整理中の申込でもOKだった

などの声が見られます。ネット申込も可能で、全国対応しているのもありがたいですね。

なお、キャネットの金利は15.0~20.0%で最大300万円までの融資が可能。専業主婦やパート,自営業への融資も行ってます。(年齢は20歳以上ならOKで、上限年齢は決まってません)

どうしてもお金借りたいブラックにおすすめ④ライフティ

どうしてもお金借りたいブラックの間で有名なのがライフティ。ライフティの最大の特徴はカードを使って借入ができるということ。

大手消費者金融と異なり、中小消費者金融のほとんどは借入用のローンカードを発行することはありません。

そのため、限度額内なら好きな時に借り入れができるというわけではなく、追加借入を希望するときはその都度審査を受けなければならないのです。

しかし、ライフティではローンカードが発行され、セブン銀行のATMを利用することができます。また、初めて契約する人は初回借入の翌日から35日間無利息になります。

どうしてもお金借りたい、更に大手消費者金融のカードローンと同じ感覚で借入したいという人にはライフティがおすすめです。

どうしてもお金借りたいブラックにおすすめ⑤キャッシングエニー

どうしてもお金借りたいブラックに人気なのがキャッシングエニー。

エニーは東京にある中小消費者金融ですので、フクホーやキャネット、スペースよりも来店できる人は多いかもしれません。

もちろんインターネットからなら全国どこからでも申込は可能です。来店か電話での申し込みなら即日融資にも対応してくれます。

また、通常のフリーキャッシングの他に、おまとめローン、不動産担保ローン、事業者ローンなど、様々な種類のローンを利用することもできます。

更にエニーの特徴は専業主婦でも借り入れできるということ。本来専業主婦は総量規制の影響で消費者金融を利用することができません。

配偶者に収入があり、同意書等を提出すれば総量規制の例外として借入可能な「配偶者貸付」という制度があるのですが、手間がかかるため多くの消費者金融では受け付けていません。

しかし、エニーではこの配偶者貸付制度が利用可能なのです。このことからも幅広く貸付を行っているということがわかりますね。

【どうしてもお金借りたい】中小消費者金融の金利は大手とほぼ同じ

どうしてもお金借りたい!でも大手と違って金利が高そう

大手の消費者金融業者の金利が年18.0%なら中小の消費者金融業者も基本的には年18.0%の金利です。しかし、契約する金額によっては10万円未満だと利息制限法に基づいて年20.0%まで利息を取ってもいいことになっています。

そのため中小の消費者金融業者の特徴として、10万円未満の貸出金額を多くすることがあります。

ブラックにも貸し出す=多少リスクを冒して中小消費者金融も契約するのですから、できることなら少しでも高い金利で貸したいと思うのは仕方がないのかもしれません。

どうしてもお金借りたいなら近くの中小消費者金融もおすすめ

エニーとサンクスダイレクトは知名度が高い業者ですが、必ずしもこの二つのどちらかを選ぶ必要はありません。あなたの住んでいる場所の近くにある中小消費者金融、街金もおすすめです。

来店が可能なので直接会って頼むことができますし、知名度のない消費者金融は顧客も非常に少ないですから、審査に通りやすくなることが期待できます。

街金と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、金融庁公式サイトではちゃんと登録された貸金業者が確認でき、住所から近くの街金を探すことが可能です。

ただし、金融庁公式サイトに登録されていない業者は闇金ですので絶対に利用してはいけません。

どうしてもお金借りたい時の闇金(ヤミ金)の甘い言葉に要注意

どうしてもお金借りたい。お金に困っているとき、とくに注意したいのが闇金(ヤミ金)です。

闇金とは、金融庁に届け出をしていない違法業者のことです。「審査なし」「ブラックリストでも融資OK」など、魅力的な条件を打ち出しているのは、ほぼヤミ金業者と思って間違いありません。

また、最近ではちゃんとした貸金業者を装いながら、多重債務者やブラックリストの人に法外な金利でお金を融資する「ソフトヤミ金」も増えていますので、十分に注意してください。

どうしてもお金借りたい!激甘審査ファイナンスはどう?

どうしてもお金借りたいとインターネットで情報を集めていると、どうしてもお金借りたい人をターゲットに、激甘審査ファイナンスとしてカードローン業者を紹介しているページを見つけることができます。

劇甘審査と聞くと簡単に借り入れができそうに感じてしまいますが、紹介されている業者は通常の金融機関であることが多いです。

先ほど説明した通り、複数の申込は審査落ちの原因なので劇甘審査に釣られないようにしましょう。

このページでも、ブラックでもキャッシングOKな業者をいくつも紹介していますが、あくまでもブラックだからといって即審査落ちにはしないというだけで、けっして劇甘審査というわけではありません。

どうしてもお金借りたい!個人間融資掲示板はどう?

どうしてもお金借りたい人の中には貸金業者や金融機関から借りるという方法以外に、個人間融資掲示板でお金を貸してくれる人を探すという方法も存在します。

借りたい金額と都道府県などの簡単な情報を書き込むと、貸してくれる人が返事を送ってくるというシステムです。

どうしてもお金を借りたい人は掲示板にもすがる気分だと思いますが、はたして掲示板で面倒なやり取りをしてまでお金を貸したいという人が存在するでしょうか。

貸す側からすればどこの誰かもわからず、ちゃんと返ってくる保証などどこにも存在しないわけなのでなおさらです。

実際に個人間融資掲示板を利用した人に話を聞くと、やはり掲示板には闇金業者や犯罪目的の利用者が大量に紛れ込んでいたとのことです。

このように、掲示板を通じて安全に金を借りることはほぼ不可能と言ってよいので、利用しないようにしましょう。

どうしてもお金借りたい!使い道によって借入先は違う

どうしてもお金借りたい!だけど大手消費者金融は元より中小消費者金融ですら通らない。
どうしてもお金借りたいと思う気持ちは分かりますが、ただ闇雲にお金を借りていては借金地獄に陥りかねません。

まずは何にお金を使うのかを明確にして、それに応じた手段を選択しましょう。

  • 貯金が少なくなってきたから
  • なんとなく心配だから

のような理由でお金を借りていては、すぐに返済地獄に陥るからです。

お金が調達する目的は、以下のどれでしょうか?

  • 生活費
  • 出費に備えたお金(買い物、冠婚葬祭など)
  • 学費(教育資金)
  • 医療費
  • 住宅・自動車の購入
  • 事業資金

「学費」「医療費」「住宅・自動車の購入」「事業資金」に関しては、金融機関が扱っている目的ローンを利用すれば良いでしょう。

ですが、問題なのは「生活費」と「出費に備えたお金」ですよね。

個人的な生活費や出費のためにお金を貸してくれる金融機関はほとんどないからです。
限られた手段をうまく利用していきましょう。

どうしてもお金借りたい!生活費を確保したいときは生活保護制度

どうしてもお金借りたい!その理由が生活費を確保したいときは、生活保護制度がおすすめです。

生活保護制度とは、病気やシングルマサーなどの理由で働けず、生活に困窮している人を支援する制度のことです。

通常は役所の福祉課窓口で受付を行っていますので、問い合わせしてみましょう。各自治体が行う審査に通過し、生活保護受給世帯と認定されたら生活保護費が支給されます。

ちなみに生活保護の支給額は自治体や家族構成などによって異なりますので、合わせて福祉課窓口に確認してください。

どうしてもお金借りたい!一時的な資金を手に入れたいから生活福祉資金

どうしてもお金借りたい!その理由が例えば入院費用が足らないなど、緊急の資金を調達したい場合は、社会福祉協議会の生活福祉資金がおすすめです。

生活福祉資金とは、低所得者、障害者、高齢者の世帯に緊急時の資金を支給する制度のことです。

原則として連帯保証人が必要ですが、連帯保証人なしで借り入れできるプランもありますので、生活福祉協議会に相談してみましょう。

どうしてもお金借りたい!離職票が手に入ったら失業保険

どうしてもお金借りたい!その理由が失業してしまったから。仕事を辞めて無収入になった場合も、生活費に困りますよね。

そんなときは失業保険を受給してください。失業保険とは、再就職を希望しているのに、就職先が見つからない人に生活費を支給する制度のことです。

退職した会社から発行される「離職票」があれば、ハローワークで申請を行うことができます。

ただし、自己都合退職の場合は3ヶ月の給付制限期間がありますので、失業保険の支給がスタートする日をちゃんと確認しておきましょう。

おすすめの記事