大手に落ちた人必見!おすすめ中小消費者金融

No.1キャッシングエニー
融資率が高いと評判!おすすめ度◎!

No.2エス・ジー・ファイナンス
過去に債務整理の経験や多重債務がある人OK!

No.3マンモスローン
中小おまとめローンの代表格!大手に落ちた方!

No.4ご融資どっとこむ
多彩なローンが選べる!可決情報多し!

No.5サンクスダイレクト

WEB参入新規の老舗!今が一番狙い目!!

お金が必要!でもどこも借りれない・・・

お金が無くて困ったことはありませんか?

ただでさえ生活がギリギリなのに税金関係の催促状が届いたり、急に転勤が決まって引っ越ししなくてはならない時や冠婚葬祭、誰かが病気して入院費や治療費が必要という事もあります。

絶対絶命でどうしよう、と思ってたどり着くのが恐らく消費者金融や銀行などのカードローンやキャッシングだとおもいます。

ですがここで一時的にお金がなく借入したいと言うことであれば問題なく審査には通りますが、自己破産をしていたり、任意整理や特定調停、民事再生などの債務整理をしていたり、総量規制に引っ掛かってしまうとお金を借りる事が出来なくなってしまいます。

つまりどんなにお金が必要でも、基本的にブラックは大手カードローンでは借りれないのです。

  • ブラックで審査に落ちたけどどこか借りれるところを見つけたい
  • 過去に金融事故を起こしてしまったけどお金が必要
  • 大手よりも借りやすい消費者金融、独自審査の金融を探している
  • 急にお金が必要になったけど、何社も金融審査に落ちてしまいどこも借りれそうにない

この記事ではそんなお金が必要な人の為になる情報をご紹介していきたいとおもいます。

お金が必要だけど借りれない。審査が通らない理由は?

よくインターネットなどで審査が甘いといわれている消費者金融業者でも、誰でも審査が通るというわけではありません。

審査基準が会社によって違いますし、公開されていないので、審査に落ちてしまった人はどこで引っ掛かって審査が通らないのか疑問に思ってるのではないでしょうか。

お金が必要だけど、どこからもお金を借りることができないのなら、その原因はどこにあるのか追求しなければなりません。

原因によってあなたがしなければならない方法は変わってきます。

お金が必要だけど滞納履歴があって借りれない人

お金が必要な時、借りれなかった。
そんなとき過去に滞納履歴がある人は審査に通りづらいです。

滞納というのは、消費者金融だけでなく、クレジットカードの支払い遅れや、携帯電話の未納、ガスや電気、水道料金も関係していると言われています。

全ての滞納は情報機関に残されるので、頻繁に滞納している人は審査でマイナスとなってしまいます。

根が正直な人は借金の返済期日までに支払わなければもうお金を借りることができない、と思い込んでいる人もいますが、返済期日に間に合わなければ可能な限りできるだけ早く滞納を解消すること。

こうすることで、返済の滞納を解消すればカードローンはまた利用することができるようになります。

でも滞納している期間が返済期日から1カ月を超えてしまうと、さすがにすぐにはカードローンを利用できない可能性が高いです。

返済に遅れれば督促担当者から電話やメールで「いつになったらご返済可能ですか」と連絡が来るはずです。

その際に「今度の給料が入ったら間違いなく返済できます」など、いつなら支払うことができるのか伝え、約束した日に返済することで再度カードローンを利用ができるようになります。

お金が必要だけど総量規制オーバーで借りることができない人

どんなにお金が必要でも、消費者金融やクレジットカード会社によるお金の貸付が年収の1/3以上借金を抱えていると、それ以上お金を借りることができません。

貸金業法が変わったのは2010年6月のこと。
ですから、それ以降はお金が必要でも、総量規制以上にお金を借りることは基本的にできなくなってしまったのです。

大手消費者金融業者に関わらず中小の消費者金融業者、街金業者ですら総量規制オーバーでお金を貸してしまうのは貸金業違反ですから、あなたがどんなにお金に困っていたとしても借りることはできないでしょう。

もしもお金が必要でも借りれない時の原因に総量規制が関係しているなら、総量規制枠を復活させれば再びお金を借りることができるかもしれません。

その方法はただひとつ、銀行カードローンによる借金の借り換えです。

いわゆるおまとめローンですね。

消費者金融と銀行カードローンのおまとめローンの違い

消費者金融業者でもおまとめ専用ローンを扱っていますが、消費者金融業者で借金を一本化してしまうとそれ以上お金を借りることはできません。

借金の一本化が問題なのではなく、金額が総量規制に抵触してしまうからです。

また消費者金融のおまとめローンはカードローンとは違い、借金を完済するまで追加融資をすることができないデメリットがあります。

ところが銀行カードローンは住宅ローンを除いて、ほとんどの借金をおまとめすることができます。

なおかつ銀行による貸付は総量規制対象外ですから、銀行カードローンで借金をまとめれば総量規制枠が復活することにもつながるのです。

お金が必要だけど金融事故でお金を借りることができない人

自己破産や債務整理で今まで借りていた借金を整理した場合、あなたは間違いなく信用ブラックとなり、5年から10年の間はお金が必要でも大手ではお金を借りることが出来ません。

しかし金融事故を起こしたからといって、お金を貸してはいけないという法律はどこにもありません。

確かに銀行カードローンや大手消費者金融業者を中心として、審査で通らないことが一般的な考えですが、中小の消費者金融業者や比較的規模の小さい街金業者まで含めれば、債務整理してもお金を借りるチャンスはあるのです。

この場合、債務整理や自己破産で2年ほど経過しているなら、頼りになるのが街金・サラ金と呼ばれる中小消費者金融。

中小の消費者金融業者や街金業者は全国的に宣伝をしてないというだけで、中には地元の人にとってよく知られた有名な消費者金融業者として認識されているところもあります。

当然ながら中小の消費者金融業者や街金業者であればどこでもお金を貸してくれるとは限りません。

しかし現実として、債務整理して1年から2年程度経過することでお金を借りることができています。

できれば口コミサイトなどで予め評判をチェックして、小規模の街金業者に相談するのが良いと思います。

あなたが地元の人で地元の企業で働いており、家族もいる、親や親戚も地元に住んでいると言うのであれば、たとえ大きな金額を借りることができないとしても、親身になって相談に乗ってくれますよ。

ちなみに中小の消費者金融業者や街金業者はヤミ金とは違います。
彼らはきちんと金融庁や日本貸金業協会に認められた正規の金融機関です。

大手のコンピューター審査と違い自分の目で信用情報や属性をチェックしていくので、誠実な態度で挑めば必ず道は開かれるでしょう。

お金が必要でも絶対に融資してもらえない人もいる

【お金が必要でも無職は保証人なしではどうしてもお金を借りれない

銀行カードローンや消費者金融カードローンも必ず申込対象者を公式サイトに明記してあるはずですが、申込対象者にあなたが回答しなければ絶対お金を借りることはできません。

お金が必要でも絶対に借りれない人は以下のような人です。

  • 未成年(学生を除く)
  • 継続安定した収入のない人
  • 無職(専業主婦を除く)

以上の条件の人はお金を借りても返済することができませんよね。

ということは金融機関側にとっても歓迎できない顧客となります。
ですから審査に通ることはなくお金を借りることはできません。

また身分を証明する書類を持っていない人もお金を借りることはできません。

運転免許証やパスポート、健康保険証など何も持っていないと、本人確認をすることができないためお金を借りることはできません。

正社員でもバイトでも仕事をしていない無職の状態では、銀行や消費者金融を何件、窓口に直接や無人契約機でも足を運ぼうが保証人なしではどうしてもお金は借りれないで終わってしまうでしょう。

収入がない状態では返済能力はないのですから、お金を融資をするわけはありません。

総量規制を無視しての銀行カードローンの過剰融資が問題になっており規制はどんどん強化されていくのです。

また、収入証明書がなければ借りれる額は低くなり

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン200万円→50万円
  • 三井住友銀行カードローン300万円→50万円

その他、みずほ銀行カードローンも厳しくなるでしょう。
メガバンクだけでなく信用金庫や地方銀行もこれに従う形となります。

収入証明書なしの無職では保証人なしでお金を借りることは難しい状態になってしまうのです。

また更に既に複数の融資を受けている多重債務者であれば消費者金融での審査も難しくなってきます。

どこからもお金を借りれない理由はブラックだけじゃない?

既に自己破産や債務整理などをしているブラックの状態でなかったとしても、どこに申込みをしてもお金を借りれないことはあります。

金融機関からの借入だけでなく、住宅ローンや携帯代の割賦払いなども注意しなくはいけません。

また理由がわからなくてもどこの審査にも落ちてしまって借りれないからと言って、次から次へとありとあらゆる金融機関に申込みをしてしまうことが原因となってしまうこともあります。

それ以外にも家族や兄弟で金融事故を起こした人がいれば、当然ながら、住所などが一緒であったり、電話番号も同じであれば借り入れができないこともあるのです。

いずれにしても簡単にブラックだからとか無職だからキャッシング出来ないと決めつけるのではなく、他に借りられない理由がないか細かく調査してみる必要があります。

問題点がわからなければ、このままずっと状況は変わりません。

自分でお近くの指定信用情報機関のCICや日本信用情報機構のJICCなどで情報開示をしてみましょう。

そうすることで今の自分の情報がどのようにブラックリストに掲載されているかを知ることができます。

消費者金融や銀行カードローンでお金が必要でも借りれない人は市役所に相談を

お金を借りる場合、金融業者や銀行、クレジットカード業者が一般的だと言えるでしょう。

ですが実はこれだけではなく、他にも方法が存在するのです。

それは市役所でお金を借りる方法なのですが、実際には知らない人が多くなっています。

これは日本全国どこの市町村であっても行われている制度なので、まずはこのような方法が存在していることを確認しておくことが重要です。

総合支援資金

お金が必要でも借りれなかった人におすすめなのが総合支援資金。単身の場合は月15万円、2人以上で生活をしている場合には月20万円を上限として借入することが可能になっています。
さらに住居が存在していないという場合には、入居費として40万円まで借りられます。

もちろんこれだけでは不十分なので、生活が再建できるようにと60万円までの借り入れも可能になっているので、まずはこのような方法が存在するということを知っておきましょう。

福祉資金

お金が必要でも借りれなかった人におすすめなのが福祉資金。
これは福祉費として最大580万円、緊急時の一時借り入れ金として10万円まで借りることができるのです。

教育支援資金

お金が必要でも借りれなかった人におすすめなのが教育支援資金。
教育支援資金と言われると、大学に入学するときに大金を借りて、卒業後に多額の利息を付けて返済する奨学金が思い浮かぶでしょう。

これ以外にも、市役所でお金を借りる方法が存在しているのです。

なお、高等学校や短大、大学などの学校の種類によって、借りられる金額が変わってきます。

不動産担保型生活資金

お金が必要でも借りれなかった人におすすめな4つ目の方法が、不動産担保型生活資金。

これは月30万円以内となっているのですが、他にも土地の評価額の70パーセント前後という決まりもあるのです。

お金が必要だけどどこも借りれない、貸してくれない時、このような方法もあります。

詳しいことは市役所の担当者に聞いてみましょう。
きちんと理解できるようにいろいろと教えてくれますよ。

おすすめの記事