可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

【2万円借りたい【※速攻で借りる・売る・稼ぐ!】

  • 急に引越しが決まりどうしても2万円借りたい
  • 住民税2万円が払えない、転職して年収が減り支払いがキツイ
  • 出費が多くて2万円借りたい

そんな経験、ありませんか?

少しだけお金が足りない。
でも友達や家族からお金を借りるのはなんだか気まずい。

そんな時こそ、カードローンやポイントサイトなどをうまく活用しましょう。

2万円借りたい、それほどの金額なら家族や友人からお金を借りることもあるでしょう。

しかし個人間のお金の貸し借りは、金利こそかからないかもしれませんが、信頼関係に負担を強いるという目に見えない、数字にも現れないデメリットがあります。

数千円ならまだしも、2万円、5万円となると、家族や友人も手持ちがなく、今すぐには貸せない金額になってきます。

「2万円借りたいんだ!」と恥を忍んで頼んだ事実だけが二人の間に残り、お金自体は借りれなかったという最低な結果になるかもしれません。

今すぐ2万円借りたい!自力で出来る対処法は2つ

今すぐ2万円借りたいとなった時、とっさに考えることはどんなことでしょうか?

この時に考えられる対処法と言えば、2パターン考えられます。

  1. 自分自身で何とかする
  2. 誰かに頼る

2万円借りたい時の対処法:自分で何とかする

今すぐ2万円借りたい、まとまったお金が必要な時、つい誰かに頼りたくなるものですが、それでも自分で何とかすることを選択する人も多いでしょう。2万円借りたいけど自分で何とかしたいときの対処法としては以下の方法があります。

2万円借りたい時は日払いのバイトで働く

2万円借りたい。そんな時は即日払いOKのアルバイトで稼ぎ、その日のうちにお金を手に入れましょう。

日雇いバイトの例

  • ティッシュ配り…時給1,000円
  • 交通量調査…時給1,200円
  • イベントスタッフ…日給1~2万円
  • 引越しスタッフ…日給1万円~(件数によります)

メリットは、働きたいときだけ働けるということ、単発なので人間関係に悩まされないということです。

デメリットは、せっかく仕事を覚えても単発なので、また次の仕事を覚えないといけないということです。

もし、他にアルバイトをしていてさらに収入が欲しい場合は、かけもちをすることで収入アップも見込めます。
空いた時間を有効活用してお金に変えましょう。

2万円借りたい時は自分の物を売る手もある

自分にとっていらないものであっても、世の中にはそれを欲しがる人が沢山います。
2万円借りたい時は売れるものを売ってお金に変えてしまいましょう。

【ヤフオクやメルカリで売れた過去の例】

  • 古いマンガの初版セット(数万円)
  • プレミアがついたフィギュア(数万円)
  • 壊れたApple製品(約2万円)
  • マクドナルドのおもちゃ(1,000円)
  • 道に落ちたどんぐり(500円)

出品する前にオークファンで商品の相場を調べよう

出品する前に価格設定の下調べとして、商品の取引相場を知ることができるオークファンで検索してみましょう。

国内外18サイトの過去10年分の落札価格をデータとして残してあるので、自分が出品している商品が過去にどれくらいの価格で落札できたか知ることができます。

2万円必要な理由がある時の対処法:誰かに頼る

1万円や2万円なら自分で何とかすることができる金額と言えますが、二万円となると自分の力だけでは無理と思い、さすがに誰かに頼ることを考え始める金額と言えるでしょう。

2万円借りたい!少額を融資して欲しい時に頼る先

  • 母親や兄弟などにコッソリ2万円借りる
  • 友達や同僚を拝み倒して2万円借りる
  • 金融機関から即日融資で2万円借りる

などが考えられます。

冒頭でも述べましたが、身内や友達などから二万円借りるのは、金融機関から借りるのとは大きな違いがあり、それぞれにはメリットがあればデメリットもあります。

身内や友達などから2万円借りたい時のメリット

  • 審査や保証人・担保が不要
  • 運が良ければ、その場で2万円貸してもらえる可能性もある
  • 利息なしでお金貸してくれることが普通
  • 返済に遅れても信用情報にキズがつかない

などが考えられるでしょう。
金融機関からお金を借りる時とは違い、審査の代わりに身内の場合は愛情により、友達や同僚の場合はお互いの信頼関係によりお金の貸し借りをすることになりますよね。

ですが、身内や友達などからお金を借りることについては、メリットばかりでなくデメリットもあります。

身内や友達などから2万円借りたい時のデリット

身内や友達などから2万円借りることは、一見メリットばかりに思えるかも知れませんが、借金を申し出た時のデメリットとして

  • 手元に2万円もないから今はお金貸してあげられない
  • 2万円なんていう大金を貸すのは無理
  • こちらもお金がない、反対にお金貸して欲しい

などと言われる可能性もあり、それが身内や友達からお金を借りるデメリットとも言えます。

あなたに一定の収入があり、相手の方からある程度の信用を得ているならば、10000円や20000円程度なら何とか貸してくれるかも知れません。

それでも金の切れ目が縁の切れ目。
相手の方もお金を貸すこと自体ためらってしまう金額と言えるでしょう。

またお金の貸し借りが原因で、これまでとは違う人間関係になってしまう可能性もあります。

2万円借りたい時はクレジットカードのキャッシング枠を利用

友人にお金を借りるのはどうしても気が引けるという人もいると思います。

もしくはこういうケースで友人からお金を借りすぎていて、これ以上友人からお金を借りることができないという人もいるかもしれません。

そういった場合は、別のところからお金を借りる方法を検討しなければなりません。

実はこういったケースで大いに役立つのが、クレジットカードなのです。

社会人であれば少なくとも1枚は持っているでしょうし、最近では大学生でもクレジットカードを持っている人が増えてきています。

このクレジットカード、基本的な機能はショッピングの際に利用する「ショッピング枠」と呼ばれる機能ですが、その他にも「キャッシング枠」と呼ばれる機能が備わっているものがほとんどです。

ショッピング枠は現金の代わりに利用することができる機能ですが、キャッシング枠は現金を借り入れることができる機能となっています。

上限金額はそこまで高くない場合が多いものの、2万円借りたいのであれば十分でしょう。

既に所有しているクレジットカードに付帯している機能なので、申し込みや審査といった手続きが必要なく、すぐに利用できるのも急いでいる場合にはありがたいと言えます。

2万円借りたい時はカードローンの利用も1つの選択肢

では、お金を借りられそうな友人がおらず、クレジットカードも所有していないという場合にはどうすればいいのでしょうか。

そのような場合で2万円借りたい時は、カードローンの利用が1つの選択肢として考えられます。

利用には所定の手続きが必要となりますが、お金を借りたいときに心強い存在であることは間違いないでしょう。

銀行や消費者金融から2万円借りたい時のメリット・デメリット

銀行や消費者金融などの金融機関で2万円借りたい場合、メリットはとても大きいと言って良いでしょう。

銀行や消費者金融で2万円借りるメリット

  • 金額が2万円なら今すぐ借りれる可能性がある
  • 身内や友達などから借りなくても済むため気分的に楽

などがあります。
2万円は、個人にとっては大金であり今すぐ簡単に貸すことができない金額であっても、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングならば審査に通過すれば最短1時間で融資が可能です。

特に消費者金融では審査は最短30分、借入は最短1時間とすぐに2万円借りたい人へのメリットは大きいです。

また金融機関から今すぐ二万円借りることができれば、身内や友達などに対して肩身の狭い思いをしてまでお金を借りずに済みます。
関係を悪化させる心配も、お金に困っていることを知られることもありません。

ただし、こちらの場合もデメリットは存在します。

銀行や消費者金融から2万円借りた時のデメリット

  • 審査や在籍確認がある
  • 返済に遅れると督促の電話や郵便物がくる
  • お金を借りると金利が掛かる

金融機関からお金を借りるデメリットとは、正に上記の3つであると言えるでしょう。

ですが「第三者に借入をバラしてはいけない」という法律の元、金融機関も在籍確認や督促の電話に対して配慮をしてくれます。

在籍確認や催促の電話でも本人以外には金融機関名を明かすことはありませんし、郵送物についても差出人の欄に「○○事務センター」と記載されているので安心してください。

金融機関でお金借りるメリットはデメリットよりも勝っている!

確かに金融機関からお金を借りるデメリットとして、審査や在籍確認・会社バレ・家族バレなどの心配が挙げられます。

金利については以下で説明することにしますが、確かにお金を借りると利息がつきます。

それでもデメリットは確かにあるものの、今すぐ2万円借りたい時に頼りになり、周囲への配慮も忘れない金融機関ならメリットの方が勝っていると言えるのではないでしょうか。

2万借りたいならカードローンで借りても利息の支払いは安い

カードローンで借りるなら、わずかな金利を支払うことで、身近な人間関係を壊してしまう恐れはなくなります。

それに、借りるお金が1万円や2万円など少しですから、金利の支払いも一ヶ月で数百円程度にしかなりません。

借金をすると返済に苦労するイメージを持つ人も多いです。
しかし一時的に2万円程度、少しだけ借りるだけなら、そもそも借りた金額が少ないので、返済で苦労することもほとんどありません。

即日融資も可能なカードローンで少しだけお金を借りて、余裕ができたときにすぐに一括返済してしまえば何も問題はありません。

カードローンで2万円借りたい時の利息の支払いはいくら?

カードローンで借りたお金は利息をつけて返済することになりますが、実際にはいくらぐらいの利息を支払うことになるのでしょうか。ここで2万円借りたい時の利息を上限金利で見てみましょう。

ちなみに最低返済額は1万円を借りたときと同じです。

カードローン金利最低返済額返済回数利息総額1回払い
消費者金融プロミス17.8%1,000円24回3,884円292円
アコム18.0%1,000円24回3,942円295円
アイフル18.0%4,000円6回948円295円
SMBCモビット18.0%4,000円6回948円295円
銀行三井住友銀行カードローン14.5%2,000円11回1,441円238円
三菱UFJ銀行カードローンバンクイック14.6%2,000円11回1,452円240円
みずほ銀行カードローン14.0%1万円3回356円230円
ネット銀行楽天銀行カードローンスーパーローン14.5%2,000円11回1,441円238円
住信SBIネット銀行MR.カードローン14.79%2,000円11回1,470円243円
じぶん銀行カードローンじぶんローン17.5%2,000円11回1,769円287円
オリックス銀行カードローン17.8%7,000円3回589円292円
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング18.0%3,000円8回1,228円295円
流通系銀行イオン銀行カードローン13.8%1,000円23回2,846円226円

※シミュレーションの結果と実際の利息額は異なる場合がございます

消費者金融には無利息期間も!

このようにクレジットカードのキャッシング枠やカードローンを利用する場合であれば、利息のことも考えなければなりません。

利息という言葉を聞くと気分が憂鬱になるかもしれませんが、1~3万円程度の少額の借入であれば、上記のように利息はそこまで大きな金額にはなりません。

ですが、300円程度でも余分に返済するのがいやだというのであれば、消費者金融のカードローンで設定されている無利息期間を利用するのがオススメです。

大手消費者金融では、ほとんどの場合「初回利用のみ・30日以内」という条件が設定されています。

利息の上乗せ無しに返済できるのは非常に大きなメリットです。

2万円借りたいならスマホから運転免許証(保険証)があれば今すぐ申込み可能

1万円から5万円程度の金額の借入なら、初めて利用する場合は、ほとんどのカードローンで収入証明書の提出が不要です。

必要な書類は運転免許証やパスポートなど顔写真付きの証明書類だけ。
これらは本人確認書類として利用されます。

書類の提出も今はスマホのカメラで書類を撮影し、写真を添付ファイルとして送るだけで完了。

アルバイトや主婦のパートの方でも5万円程度なら即日融資で借りれる可能性が高いです。
中には専業主婦の方でも借入可能なカードローンもあります。

2万円程度の金額ならすぐ借りれることが多いですが、調子に乗って借りすぎないように注意しましょう。

2万円借りたい!少額融資のQ&A

他社借入があって審査が不安だけど、あと2万円借りたい

今アコムで借りてるけど、限度額がいっぱいなので、プロミスであと2万だけ借りたい。

モビットで30万円借りてるけど枠の増額ができなかったので、アコムで2万だけ借りたい。

このようにすでにカードローンでお金を借りているけど、さらにどうしてもお金が必要になってしまった時。

すでに他社借入があるので、2社目、3社目のカードローンで少しだけお金を借りたい場合、どうしても審査が不安になってしまいますよね。

現在カードローンで借入のある人も、1万〜5万円を別のカードローンで借りることは、十分可能です。

ただし、審査に通るためには「現在返済に遅延や滞納がないこと」が、まず絶対条件。

また、アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンの場合、カードローンでの借入総額が年収の1/3以内に限定されています。

現在の借入が年収の1/3相当の金額に達していないことも必要条件になるので注意しましょう。

すでにカードローンで借入のある人が新たに別のカードローンでお金を借りる際は、申込み前のお試し診断があるカードローンで、まずは事前診断をやってみるのがおすすめです。

ここで「ご融資可能と思われます」という回答が出たら、新たに借入ができる可能性は大いにありますよ。

専業主婦だけどちょっとだけ2万円借りたい

専業主婦の方でも緊急で2万円借りたいと、まとまったお金が必要になってしまうことはありますね。

安心してください。

もちろん、専業主婦の方が1万円から5万円程度の金額を借りれるカードローンもあります。

しかし、残念ながら自身に収入のない専業主婦の方の場合、契約可能なカードローンはかなり限られています。

まず、アコムやプロミス、SMBCモビットといった消費者金融系カードローンは、貸金業法で専業主婦への貸付が原則できなくなっているので、2万円であっても1000円ですら、現在は借りるのはほぼ不可能です。

ですので、専業主婦の方が2万円借りたいとなったら、専業主婦への貸付も行っている一部の中小消費者金融・地銀・ネット銀行のカードローンを選びましょう。

ただし、借入には配偶者の方に安定した収入があるのが条件です。
旦那も無職という状態では借入はできないので注意してください。

また、すでに他のカードローンで借入がある専業主婦の人は審査に落ちる可能性が高いです。

独身時代にカードローンやキャッシングで借金があり、全額返済しない内に結婚・妊娠で専業主婦になった人など、今現在も借入がある人の新規申込みは、残念ながらおすすめできません。

  • 夫に安定した収入がある。
  • 現在、他社借入がない。

この2つを満たしている専業主婦なら、銀行カードローンで2万円借りたい時に少しだけお金を借りることもできます。

今日中に2万円借りたい場合(まとめ)

以上、今日中に2万円借りたいという人のための情報をまとめてきました。
基本的に、2万円程度の少額だったら、借り入れをすることは特に難しくはありません。
以下、最後にその点を詳しく書きます。

アルバイトさえしていれば、大体借りられる

30万円や50万円という高額のキャッシングと違い、2万円程度の「超」少額借り入れであれば、アルバイトをしていればまず誰でも申し込めると言ってもいいくらいです。

もちろん、ブラックリスト入りしている人は借入不可ですし、その他、何らかの問題がある人も融資不可です。

しかし、そのような特殊なケースを除けば、普通の人でアルバイト収入があるなら大抵2万円は借りられます。

すでに借り入れがある人のみ、要注意

当然ですが、現時点で他社借入がある人は「普通の人」には入らないので、これは審査落ちすることもあります。
ただ、これも「1件だけ」とか「20万円程度」というような借入状況だったら、特に問題ないでしょう。

他社借入状況については、どのくらいまで許容されるかは、その人の職業・属性・年収・過去のクレジットヒストリーなどによります。
あくまで総合的に判断されるものですが、もし他社借入がない人であれば、上に書いた通り「アルバイト収入があれば、大体借入可能」と考えて下さい。

また、過去に債務履歴や自己破産した人でも中小消費者金融であれば融資可能な場合も多いので、多重債務や金融ブラックの人はそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
おすすめの記事