可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

キャッシングが払えない場合の最善の対処方法

消費者金融のキャッシングやクレジットカードの支払いなど、返せなければらないお金を期日までに払わず、更に業者からの催促の連絡も無視し続けて払わないとどうなるのでしょうか?

お金があるのに払わないとなると悪質ですが、失業をしてしまったり生活環境が変わったなどの理由でどうしても払えなくなってしまった場合には、どのように対処すべきなのでしょうか?

今回の記事ではキャッシングを払えない場合に対する最善の情報や方法をまとめました。

キャッシングを払えない場合はどうなる

借金の返済が3か月滞るとブラックリスト入り

ブラックリストに入るということは、信用情報に傷がつくという意味をさします。

キャッシングやクレジットカードを利用すると信用機関に情報が登録されるのですが、それを信用情報と呼び、ローンの審査ではその信用情報が確認されているのです。

信用情報に傷がついてブラックリスト入りしてしまうと、その審査に通過できなくなります。

要するに、ローンが一切組めなくなってしまうのです。

信用情報がブラック化する条件とは

信用情報がブラック化する条件は、延滞、債務整理、多重申込みの3つです。

数日返済が遅れる程度なら、会社内部のデータベースに遅延履歴が残るだけですが、61日以上の延滞、あるいは3回目の支払い日を超える延滞が発生すると、信用情報機関へも延滞履歴が登録されます。

一方、自己破産などの債務整理をした場合は、ただちに信用情報機関へ延滞履歴が事故歴として登録されます。

また、信用情報機関には申込み情報も記録されており、短期間に複数の申込みがあると、金策のためと判断され、審査に通らなくなる、いわゆる申込みブラックといった状態になることがあるので、6ヶ月以内に複数の申込みを行わないように気を付けましょう。

キャッシングが払えない場合の最悪の事態とは

ブラックリストに載ると「分割払い」が不可になる

キャッシングが払えない場合の最悪の事態としてブラックリスト入りすると、携帯電話やスマートフォンを機種変更する際にも困った事態になります。

大抵のユーザーはスマートフォンの本体料金を分割払いして負担を軽減していますが、そのシステムを利用する際には審査が行われます。

ブラックリスト入りしていると審査通過率がさがり、およそ10万円前後する本体料金を現金で一括支払いしなくてはいけなくなる場合があるのです。

クレジットカードを作れなくなる

キャッシングが払えない場合の最悪の事態としてブラックリストに入ってしまうと、クレジットカードの審査も通らない状態になってしまいます。現在持っているカードは利用できますが、その期限が切れてしまえば、新規クレジットカードを作ることができなくなるのです。

要するに、ショッピングの際に現金払いしかできなくなってしまいます。

分割払いも利用できないので、電化製品や家具などの大きな買い物には苦労してしまうでしょう。

住宅ローンや自動車ローンの審査も不可に

ショッピングや携帯料金などの現金払いは、給料日後などであれば、ある程度は対応できるかもしれません。しかし、車や家を購入するにあたっては、話が別です。

数十万から数百万する車や何千万円もする住宅なんて、そう簡単に現金で購入できるものではありませんよね。

キャッシングが払えない場合の最悪の事態としてブラックリストに名前が載ると自動車ローンや住宅ローンも組めなくなるので、大きな買い物が一切できなくなってしまいます。

キャッシングが払えない場合5~10年はブラックリストから外れない

1度ブラックリストに名前が載ってしまうと、5年~10年はローンが組めないと考えた方が良いでしょう。ローンが組めないというのは、意外と厳しいものです。たった3ヶ月でもキャッシング返済を滞納すると、その後何年にも渡って後悔することになるのです。

上記の理由からお解りかと思いますが、キャッシングの返済遅れは「絶対にすべきではない」のです。冗談ではなく、一生消えない傷が残ってしまうのです。

個人信用情報に登録された事故歴(ブラック)を消すことはできません。

一度登録された事故情報は、それが誤った情報と認められない限り、一定期間(内容により6ヶ月~10年)が経過しない限り、抹消することは不可能です。

いずれにしろ、一度信用情報が悪化してしまうと、回復するまでかなりの時間が必用です。クレジットやローンなどの支払期日は、必ず守るように気を付けましょう。

キャッシングが払えない場合でも時効はハードルが高い

これもよくQ&Aサイトに書かれていることですが、借金を時効で帳消しにするには高いハードルを越える必要があります。

時効は5年間で成立しますが、5年間そのままにしたからといって借金が無くなったのでは誰も借金は返しません。業者もあらゆる裁判手続きで時効の中断を行ってきますので、そう簡単に時効にはならないのです。

キャッシングが払えない場合に取るべき方法は?

 

キャッシングが払えない場合でもキャッシングの滞納は全くメリットがありません。

逆に金融事故として登録されてしまえばクレジットカードが作れない、自動車を購入するにも現金でなければならないなど不便な生活を強いられてしまいます。

どうしても返済できない場合は必ずカード会社の担当者と相談し、返済計画を練り直すことや、場合によっては利息のカットなど相談することもできます。

常にカード会社の担当者と連絡を密に取り、返済する意思があることと、たとえわずかでも入金するなど裁判にならない回避策はあります。

借金滞納の連絡を無視することや放置することは絶対にやめましょう。

銀行カードローンが返せない場合

銀行カードローンのキャッシングで滞納してしまうと、担当者との話し合いで解決できない場合が多いです。

銀行は低金利での貸し出しですから、何が何でも回収しようとあの手この手を使ってきます。場合によっては会社に電話してくることや、自宅に電話してくることもあることです。

なお銀行カードローンで3カ月以上の長期滞納してしまうと保証会社が借金の肩代わりをしてくれますが、借金の肩代わりによって借金が消滅したわけではありません。

保証会社は銀行から会員を譲り受け、銀行カードローンの会員に対して返済請求を迫ってきます。

この時点で既に銀行カードローンの会員ではなく、保証会社からお金を借りていると変化するので、今まで以上に借金回収のために裁判をすぐに行ってくることが多いです。

借主が自己破産や債務整理をする前に財産を差し押さえておこうという考えです。

銀行カードローンの滞納で困ったらバックに保証会社がついていることを忘れてはいけません。

すぐに金融問題に詳しい弁護士や司法書士といった法律の専門家に債務整理を含めた相談をすることです。

法律の専門家から債務整理の依頼を受けたと、銀行や保証会社に対して受任通知を送付することによって借金の督促がなくなります。場合によっては自己破産で借金を全てチャラにしてしまう方法もありますので、手遅れにならないうちに早急に相談してください。

キャッシングを払えない場合はまずは連絡する

カードローンは非常に便利なので、ついつい借りすぎてしまう物です。

そのため、気付いたときには返済ができなくなる人も、少なくはありません。もし期日までに払えないようなら、すぐに銀行や消費者金融に連絡をしてください。払えないと連絡をしておくと、期日に間に合わなくても対応してくれます。

一番やってはいけないのは、払えないのが分かっていながら連絡しないことです。事前に返済が難しいことを伝えておくことで、銀行や消費者金融に与える印象が大きく変わってきます。場合によっては、確実に返済できる日まで待ってくれたり、利子の支払いだけにしてくれることもあるのです。

こうした対応をとってもらうと、カードローンの返済を続けていくことはできます。

カードローンが全く支払えない状況になったら、他のカードローンからお金を借りて返済してはいけません。この他のカードローンから借りてお金を用意することも、払えない人はやりがちです。

すでにカードローンを払えないのに新たに借金をしても払えなくなるだけなので、絶対に止めておきましょう。カードローンを期日までに払えないようなら、まずは連絡です。その後のことは、銀行や消費者金融と相談しながら決めてください。

キャッシングを払えない場合お金を工面する方法

滞納すると、資産を差押えされる、売却処分にかけられるような場合は、なんとかして支払い金を用意したいところ。

ここでは様々な支払いに活用できる資金調達方法について紹介します。

方法年利(%)早さ
カードローン約1.5%~申込から最短1時間
クレジットカード約10%~カードがあれば即時
生命保険貸付約2.0%~最短即日
年金担保貸付1.90%3週間程度
質屋約30%~最短即日
生活福祉資金無利息可約1ヶ月~

一般的に金融機関から資金を調達する方法から、資産を担保に融資を受ける方法、また生活困窮者向けの公的支援制度まで幅広くあります。

個別の滞納事象に活用できる制度や借入方法などについては、各ページを参照するとして、主な資金の調達方法について簡単に触れておきたいと思います。

  1. カードローン
  2. クレジットカード
  3. 生命保険貸付
  4. 質屋
  5. 年金貸付
  6. 福祉資金

別のカードローン・キャッシングを利用する

メリットデメリット
カードローン短時間、少ない手続きで借りれる金利がやや高い

キャッシングを払えない場合の対策として最も早く少ない手続きで、お金を用意することができる方法です。

消費者金融は審査スピードが早く、無利息サービスなど独自のサービスが充実していますが、金利がやや高いのが特徴です。

銀行系ローンは、借入金額によっては10%以下の低金利で借りられるのも魅力です。ただし、融資条件がやや厳しいところも多いです。

現在の他社借入状況や年収などに応じて使い分けるのが、上手にカードローンを活用する方法です。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

メリットデメリット
クレジットカード手持ちのカードがあれば、新たな手続き不要ショッピング枠との合算なので借入額が小さい

キャッシングを払えない場合の対策として今現在、キャッシング枠がついたクレジットカードを持っていれば、最もスピーディーかつ確実にお金を借りることができます。

ただし、クレカのキャッシング枠は利用枠が元々小さく、増枠には審査が必要です。

また、ショッピング枠との合算になるので、すでにショッピング枠を多く使っている場合は、キャッシング枠が更に小さくなることもあります。

生命保険貸付を利用する

メリットデメリット
生命保険貸付低金利で融資スピードが早い積立型の生命保険加入が条件

キャッシングを払えない場合の対策として積立型の生命保険をかけている場合、解約返戻金を担保にお金を借りることができます。

積立型の生命保険とは、養老保険、学資保険、終身保険などです。

解約返戻金とは、保険を解約した場合に受け取れる返戻金のことで、中途解約した場合でも受け取れます。

その返戻金70~90%を貸付金として融資を受けることができます。

融資スピードは各保険会社によってまちまちですが、ホームページからの申込で最短即日入金してもらえるところもあります。

貸付制度を利用できるのは、契約者本人だけですが、利息も安く、比較的融資スピードも早いので、特に大きなデメリットもないのがこの制度の特徴です。

質屋を利用する

メリットデメリット
質屋の利用ブラックリストに載っていても利用できる金利が高く、質草になる品物が必要

キャッシングを払えない場合の対策として質草になるような、高価な物品を持っている場合は、質屋でお金を借りることができます。

質屋での借入の最大のメリットは、資産に価値さえあれば、本人審査はなく、ブラックリスト入している人でも借りれるところです。

ただし、質屋は貸金業者ではありません。そのため、貸金業法の適用を受けないため、最大109.5%の年利がかかります。

しかし、実際には質屋は月利3~8%程度で運営しているところも多く、年利30%程度が相場と言われています。

それでも、金融機関の利息に比べればかなり割高になります。

キャッシングを払えない場合の対策として、買取を検討しても良いでしょう。

生活福祉資金を利用する

メリットデメリット
生活福祉資金制度無利息で借りられる無職、借金有りは借りれない。ケースワーカーの生活介入も。

生活福祉資金制度は全国の社会福祉協議会が実施する、生活困窮者向けの支援制度です。

社会福祉協議会は郵便局のように、全国すべての各自治体にあり、生活保護を受給する一歩手前の制度として活用できます。

金融機関のローンではないので使用目的を制限されたり、ケースワーカーに生活全般の支援を受けたりと、自由にお金が使えるわけではありません。

しかし、保証人を立てられる場合は、無利息で借りれるのが最大のメリットです。

キャッシングを払えない場合の対策として借金返済中の人や、無職・失業保険受給中の人は申請できませんが、働いているのに生活が一向に楽にならない、引っ越しや入院などでまとまったお金が必要という場合は、相談してみる価値はあります。

キャッシングを払えない場合は債務整理を検討する

【債務整理】といって法的に「あなたが無理のない生活が出来るように守る方法」があります。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」と3つ方法があります。

任意整理

将来利息のカットを原則に、債権者と交渉をします。
将来の利息がカットされるため、総借金額が減額となります。

※裁判所を通さない為、会社や家族に内緒で手続きできるので一番利用されている手続きになります。

個人再生

原則として、債務を5分の1に減額交渉を行います。

こちらは、裁判所を通すため内緒での手続きが難しくなってきます。

自己破産

税金を除く全ての債務の支払いが免除になります。
一定額の価値のある財産は手放さなければいけなくなる可能性が高いです。

カードローンやキャッシングが払えない場合はまずは連絡すること(まとめ)

キャッシングは非常に便利なので、ついつい借りすぎてしまう物。

そのため、気付いたときには返済ができなくなる人も、少なくはありません。

もし期日までに払えないようなら、すぐに銀行や消費者金融に連絡をしてください。払えないと連絡をしておくと、期日に間に合わなくても対応してくれます。

一番やってはいけないのは、払えないのが分かっていながら連絡しないことです。

事前に返済が難しいことを伝えておくことで、銀行や消費者金融に与える印象が大きく変わってきます。場合によっては、確実に返済できる日まで待ってくれたり、利子の支払いだけにしてくれることもあるのです。

こうした対応をとってもらうと、キャッシングの返済を続けていくことはできます。

カードローンを期日までに払えないようなら、まずは連絡です。その後のことは、銀行や消費者金融と相談しながら決めましょう。

おすすめの記事