可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

延滞中でもおまとめローンの申し込みは出来るの?

延滞中でもおまとめローンの申し込みは出来るのか。おまとめローンの申し込みは、基本的に延滞中に申し込みをしても審査に通りません、しかし。

  • 過去に延滞をしたことがある
  • 債務整理などをした事がある
  • 現在多重債務者になっている

というような場合は審査要件があっても、審査に通る可能性はないとは言い切れませんが、「現在延滞中」となれば、審査に通る可能性は0(ゼロ)といっても間違いありません。

では、現在延滞中という人は、どのように対処すればよいのでしょうか?この記事では延滞中のおまとめローンについて情報を共有しています。

延滞中での正しいお金の借り方

延滞中での正しいお金の借り方ですが、キャッシングなどでお金を借りるとその時はお金は増えますが、実際に自分のものになっているわけではありません。

金融会社から借りた金額を、月々分割返済していく義務が生じるので、返済の遅延や延滞など絶対してはいけなかったりします。

それでもどうしても遅れる場合は事前に電話をしたり、向こうの消費者金融や銀行などに相談しておく必要性があります。

しかし、何の連絡も入れずにただ月々が払えないからと無視をしている多重債務者が結構いたりするようです。

の段階では借金返済の為だと言われても、 大手又は中小でもお金を貸してくれる消費者金融はほとんど無いかもしれません。

そうなると延滞中の人にお金を貸してくれる金融業者なんかどうせ闇金しかないのでは??と思われそうですが実は中小の消費者金融でも特に"借金を一本化するおまとめローン専門の金融業者"であれば、大口融資対応のおまとめローンが申込めるのです。

フリーローンでお金を借りるよりも審査が優しいので、借金があり過ぎてお金が借りられない、そんな方や融資が否決される人におすすめの融資プランだったりするのです。

おまとめローンのメリットとデメリットとは?

延滞中におまとめローンを申し込むメリットは複数の債務を一本化すると金額が高額になりますが、高額になると利率が下がります。
また、一本化して新規契約を結ぶため、月々の支払いを今までより少なく設定する事も可能です。

スゴイ!良い事ばかりじゃない!と思うのは少し早いです。

「おまとめローン」のメリットは大きいですが、やはりデメリットもあるのです。

では、「おまとめローン」メリットとデメリットとはどう言う物なのかをご説明します。

延滞中のおまとめローンのメリット

延滞中のおまとめローンのメリットはこの通り。

  • 融資額が大きいので複数の債務を一本化出来る
  • 融資額が大きいほど利率が低くなる
  • 一本化する事によって払い忘れをし難くなる
  • 月々の支払額を無理のない額に設定出来る

どうでしょう? すばらしいメリットではないでしょうか。大きなメリットですが、債務がなくなる訳ではありません。くれぐれもそこだけはご注意ください。

延滞中のおまとめローンのデメリット

延滞中のおまとめローンのデメリットはこの通り。

  • 月々の支払額を低くすると支払期間が延びる
  • 支払期間が延びるとトータルでの返済金額が増える
  • フリーローンより審査が厳しい
  • おまとめした後は返済終了まで他の業者から融資を受けられない事が多い

おまとめ後は、返済終了まで他の業者から融資を受けられないと思ってください。おまとめローンは他に融資をしてもらえない場合の最終手段です。

そして、支払っていく意志はあるのに審査が通り難い。コレもかなり厳しい現実です。

延滞中の人に「おまとめローン」がおすすめな理由

延滞中の人に「おまとめローン」がおすすめな理由として、デメリットがあっても何とか「おまとめローン」にして、債務を失くして行った方が良い理由があります。

それは、将来、債務を支払えなくなっての債務整理や自己破産を避けるためです。

債務整理や自己破産をしてしまうと、完全にブラックです。その後は、どこからも融資は受けられませんし、クレジットカードも作れません。

今のクレジットカードが有るじゃない? などと思ってはダメです。自己破産した時点でクレジットカードはカード会社から解約されてしまいます。

もちろん住宅ローンもマイカーローンも組めません。ブラックリストから消えるまでの5年~10年の間、全てが現金での生活です。

だからこそ、トータルでの支払いが増えようと、何とか「おまとめローン」の審査をパスして支払ってしまう事をお勧めしたいのです。

延滞中でもおまとめローン審査は通る?

延滞中でもおまとめローン審査は通るのか。肝心なのはこの部分ですよね?

カードローン全般で言えることですが、「借りたお金の返済は、決められた日までに必ず返済する」必要があります。

延滞中というのはどんな理由があったとしても、金融事故として個人情報に記載され、審査を受ける時に落とされる要因となりますが、1日や2日程度の延滞であれば、「誰でも忘れることはある」という事で別に問題になるという事はありません。

消費者金融でも1日や2日、土日を挟んだ引き落とし忘れなどでは、延滞として事故情報としないという事を見てもわかります。また、長い返済期間で何度か延滞があっても、短期で返済ができていれば、事故情報として扱われません。

あくまでも短期間、数回、そしてその他の期間は確実に返済をしている方に限ります。ですから、個人情報に事故情報として延滞を起こした事が記載されていなければ、審査で問題になる事はありません。

今回だけ返済が遅れているのかを確認

金融機関にローン申込みをしたときには、必ず信用情報機関に照会されます。

そのときに、現在借入れしている件数や借金総額、返済日はいつなのかなどの情報を金融機関では把握します。

金融機関である程度、借金総額から毎月の返済金額を計算することができるため、事前にヒアリングしていた収支と見比べます。

そのときに明らかに収支バランスが崩れていればその時点でアウトですが、中には「この収入があれば、無理のない返済額なのにどうして遅れているのか」という人も存在します。

しかし情報として延滞ということは把握できても「なぜ遅れているのか」「今回だけなのか」ということまでは読み取れません。

また金融機関は信用情報で得た情報を申込者に直接確認することはできないため、一度でも延滞があった場合にはその時点で審査にとおらないようにしている金融機関は多く存在します。

ではどうすれば延滞中でもおまとめローンの審査に通るのかここからまとめていきたいと思います。

現在延滞中の人へのおまとめローンの対策法

延滞中の人へのおまとめローンの対策法をここからはまとめていきたいと思います。

延滞時はきちんと電話すること

もし延滞理由をはっきり説明できるのであれば、申込みのときに自分の口から「こういった事情で遅れが生じている」「〇〇日には支払う」ということを伝えると心証としては有利になるでしょう。

黙っていたとしても延滞している事実はすぐに分かりますので、明確な理由といつ返済するのかを伝えておいた方が審査もしやすくなります。

しかし伝えたからといって、必ず審査にとおるということではないことも注意しておきましょう。

延滞中でも審査に通りやすいおまとめローンは銀行?消費者金融?

延滞中でも審査に通りやすいおまとめローンは銀行なのでしょうか。それとも消費者金融なのでしょうか。見ていきましょう。

おまとめローンは銀行、消費者金融どちらを選べばいいのか

おまとめローンは銀行、消費者金融どちらを選べばいいのか。金利の低さからいくと申込先は銀行が有利ですが、金利の低さは審査の厳しさに比例しています。

申込み段階で延滞が生じているのであれば銀行おまとめローンに申込みをしても審査にとおる可能性はほぼゼロです。

結果を待っている間にも遅延損害金は膨らんでいきます。通るアテのない銀行カードローンに申込みをするよりも、消費者金融に申込みをした方が確率は高くなります。

しかし消費者金融といっても、銀行傘下に入っている大手企業では難しいでしょう。狙う金融機関は中小の消費者金融ですが、中小はおまとめローンを取り扱っていないところも多いので事前に調べておく必要があります。

また融資が受けられても希望融資額に届かず、結局全社まとめるのは難しいということも考えられます。

おまとめローンを延滞中の人は?

おまとめローンを延滞中の人は、新たに他社で借入れすることはできるのでしょうか。また返済できなかった場合、最終的にはどのようなことが想定されるのか詳しく見ていきましょう。

延滞中で2回目のおまとめローンは組めるのか

延滞中で2回目のおまとめローンは組めるのか。支払金額が低くなるというのがおまとめローンの大きなメリットといえます。

しかし毎月の返済金額が低くなった分貯蓄等に回せればいいのですが、ついまた使いすぎてしまい結局まとめたはずの借金件数が元に戻ってしまったという人も多いようです。

一度おまとめローンで件数をまとめても他社に新規契約をしてしまい、支払いが滞りだしたときに「再度他社でおまとめローンを契約すればいいのではないか」と考えてしまいます。

ですが結論から述べると延滞中で2回目のおまとめローン審査にとおる可能性は極めて低いといえます。

先に話したように融資の申込みをした場合、どこの金融機関であったとしても必ず信用情報機関に照合をかけます。

信用情報期間とは

信用情報期間とは、そのときに他社が同時期に完済し、新たに契約をしているという状況は確認できますので、この時期におまとめローンをしたんだな、ということもすぐに判明します。

そのおまとめローンをした後に、再度借入件数が増えたのも一緒に確認できますので、状況はすぐに金融機関に分かってしまいます。

通常おまとめローンは「これ以上借金件数を増やさない」という条件があっての融資となります。

それにも関わらず再度増えた状態でなおかつ返済も滞っているという現状では、新たにおまとめをOKする金融機関はほぼありません。

再度まとめたところで、また借入件数を増やされては困ります。現実として既にそれを行ってしまっている状態ですから信用もありません。

したがって返済が滞ったからといって2度目のおまとめローンを組める可能性は極めて低いといえるでしょう。

延滞中の人へのおまとめローンの対策法(まとめ)

多重債務者は「おまとめローン」がおすすめですが、ところが多重債務者の場合、返済が延滞する事が多いようです。

よくある勘違いで、自動振込にしておけばそういう事はありませんが、A社へ支払いをしたけれど、B社も支払いを済ませたと勘違いをしてしまう場合があります。

B社へも支払いを済ませたと思っていると、数日後には延滞していた事がわかった、ということもあります。特にローンカードを何枚も持っていると、返済額がわからなくなってしまうなどのトラブルでは、うっかり延滞も少なくありません。

このような場合にメリットがあるのが「おまとめローン」です。

「おまとめローン」でまとめられれば、複数あった返済日が1日になるので、うっかり忘れていたという事もなくなりますし、一本化する事で金利が低くなり、総返済額が少なくなるというメリットがあります。

現在延滞中のおまとめローンは審査落ちに

延滞中の方がおまとめローンの申し込みをしても、融資が受けられる可能性は低いと考えるのが一般的です。延滞中と言っても、返済期日に支払いが出来なくて3カ月以上経過している、これまで何度も延滞を繰り返してきたという場合は審査に通る可能性はほとんどないと言えます。

それは「現在延滞中の人は、次回また延滞する可能性がある」という判断からで、そもそも返済できない状況で新たな申込をする事自体に問題があると判断します。ただ、延滞したのは今回が初めてで、返済期日が過ぎて1か月程度と言う場合は、個人情報に記載されていないので、おまとめローンの申し込みをしても審査に通る可能性はないとはいえません。

ですから、延滞したことが個人情報に記載される前に「おまとめローン」でまとめてしまいうという事も可能です。

滞納中でも審査方法の違いで借りられる事もある

消費者金融にはこのようなものがあります。

  • 大手消費者金融
  • 中小消費者金

おなじおまとめローンの申し込みをしても、審査に通りやすいのが中小消費者金融の「おまとめローン」で、その違いは審査方法にあります。大手消費者金融の審査方法はコンピューターを使い、スコアリングシステムで審査を行います。

スコアリングシステムとは簡単言うと、コンピューターを使い、申し込書の内容や個人情報の情報を点数化しその総合点で判断する方法で、過去に借入れをした人たちのデータから「融資が可能か、融資が可能ならいくらまで貸せるか」という判断を瞬時で結果が出るシステムです。

申し込み者がこれまでに蓄積されているデータの中で、優良顧客のデータに近ければ、融資の可能性は高くなり、融資限度額も希望道理の金額が期待できます。しかし、延滞や遅延を起こした事が有るような顧客のデータと近い場合は、融資そのものが厳しくなります。

このように大手の審査方法は、マニュアル通り進められるので、少しでもデータにそぐわなければ、即断られてしまいます。

中小消費者金融でも、自社の基準を基にして審査を行いますが、過去のデータだけにとらわれず、審査を行っているところもあります。

審査方法は対面形式や電話で行う事が多く、申込者と直接相談しながら審査が行われるので、その時の収入状況など細かい事まで聞かれる事がありますが、過去の事にはとらわれず、現況から判断して融資が可能かどうかを判断しますので、延滞中であっても、正当な理由で有れば審査に通る可能性も出てきます。

同じ中小消費者金融へ申し込むにしても、延滞中と滞納を解除した場合では全く条件が違ってきます。

その為滞納中の人はおまとめを申し込むにしても、まずは滞納しているお金の返済を済ませてから審査に挑みましょう。

おすすめの記事