可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

今すぐ10万円が必要な人への最終手段

今すぐ10万円が必要!そんな時、確実に借りられる方法はあるのでしょうか?そこで今回は、「無職だけどお金が必要」「ブラックで断られる可能性が高い」「はじめてで不安」など今すぐ10万円が必要と思っている人のタイプ別に、借り入れ方法をご紹介していきたいと思います。

目次

今すぐ10万円が必要!属性別の借り入れ方法【低所得・無職・ブラック必見】

今すぐ10万円が必要!そんな時、確実に借りられる方法はあるのでしょうか?

今すぐ10万円が必要と思っている理由や、いつ必要なのかによっても選ぶ金融機関は変わってきます。

考えられるニーズとしては。

  • 今日中に10万円が必要
  • 無職だけどお金が必要
  • ブラックで断られる可能性が高い
  • はじめてで不安

などさまざまあるでしょう。

そこで今回は、今すぐ10万円が必要と思っている人のタイプ別、借り入れ方法をご紹介していきたいと思います。

人それぞれの事情でお金を借りたい状況は違いますが10万円~20万円という少額の借入であれば審査や借入までのスピードは早く、比較的借入がしやすい金額といえます。

必要な書類も少なく済みますし何より返済にかかる金利が少なく済むのは大きなメリット。

自分の場合、10万円をどこで借りるのがベストなのか、金利や審査スピードや状況を比較してあなたにピッタリのローンが見つかるように分かり易く解説していきたいと思います。

今すぐ10万円が必要!とにかく急いでいる人や初めての人におすすめ

今すぐ10万円が必要。どうしても今日中に必要と、とにかく急いでいるという人には大手消費者金融がおすすめです。なぜ大手消費者金融がおすすめかというと、自動契約機があるからです。

銀行カードローンや中小消費者金融でも、即日融資を行っている業者はたくさんありますが、そのほとんどは振り込み融資となるので、14時までに契約手続きが完了していなければなりません。

しかし自動契約機なら、概ね21:00頃までは即日融資のチャンスがあるのです。事前にネットで申し込みをして、審査に通ったら自動契約機でカードを作る。

そうすることで、自動契約機の営業終了後でもATMで時間を気にせず出金することができます。

システム化により審査が早い

また大手消費者金融は、審査がシステム化されていますから、結果がわかるのが早いです。

多少柔軟さには欠けるかもしれませんが、急ぎならば審査落ちした時のことも考えて行動した方がいいので、スピード審査という条件は外せません。

ただし、短期間に多くの業者に申し込みをすると、申し込みブラックとなり審査落ちしてしまいますから、1社否決だとしたら2社目の業者選びには慎重になる必要があります。

事前に、公式サイトのお試し診断でチェックしてみるなどの準備はしておくとよいでしょう。

今すぐ10万円が必要!でも消費者金融は金利が高いのでは?

「今すぐ10万円は必要。でも消費者金融だと金利が高いから…」と思う人もいるかもしれません。

ですが実は昔と違い金利もかなり低くなっています。
ですから、今すぐ10万円が必要場合でも、着実に返済していけば心配する必要はないのです。

10万円を年利18%で借りて毎月1万円返した場合のシミュレーション

10万円を年利18%で借りて毎月1万円返した場合のシミュレーションはこの通り。

返済月利息借入残金
1月¥1,529¥91,529
2月¥1,264¥82,793
3月¥1,266¥74,059
4月¥1,096¥65,154
5月¥996¥56,150
6月¥831¥46,981
7月¥718¥37,699
8月¥576¥28,276
9月¥418¥18,694
10月¥286¥8,980
11月¥133¥0

※1月から返済した場合で、返済期間にうるう年を含まない
※利息の小数点以下は四捨五入
※各種キャンペーンは考慮なし

消費者金融の多くは年利18%です。それでも、毎月1万円ずつのんびり返して1年以内には返済が完了し、支払う利息の合計は約9,113円です。
30日間無金利が利用できれば、上記の表と同じ返済の仕方で支払う利息の合計は約7,396円になります。

もちろん、もっとたくさん返せるときは一度に3万円返済するなどすれば利息はもっと安くなりますよ。

今すぐ10万円が必要!アルバイトでもカードローンは利用できる?

今すぐ10万円が必要なアルバイトは働き方にもよりますが、正社員に比べると収入が少ない、雇用が不安定など、キャッシングの審査では不利になる要素が多いです。

でも、だからと言って今すぐ10万円が必要時、カードローンやキャッシングが利用できないわけではありません。

銀行カードローンや消費者金融のキャッシング利用条件

今すぐ10万円が必要となった時、キャッシングを利用できるのは、次の条件を満たす場合に限られます。

  1. 20歳以上であること
  2. 安定した収入を得ていること
  3. 金融機関の審査基準を満たすこと(銀行カードローンの場合は保証会社の保証が受けられること)

なお、銀行カードローンは日本在住であることや外国籍の人は日本の永住権を持っていることなどの条件がありますがその他はほぼ同じです。

つまり、アルバイトや正社員として働いていても、年齢が20歳未満の場合はキャッシングは利用できません。
これは消費者金融でも銀行カードローンでも同じです。

学生でもアルバイトなら今すぐ10万円が必要時に借りれる

一方、20歳以上であれば学生でもアルバイトなどで安定した収入を得ている人は、今すぐ10万円が必要時にキャッシングを利用できます。

では、どれくらいの額が借りられるのでしょうか?

消費者金融は年収の3分の1まで

消費者金融の融資可能額は「年収の3分の1まで」と決められています。

これは正社員や派遣社員、パート・アルバイトでも同じです。

また、この3分の1までの額は新規に申し込む額だけでなく、すでに他の消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りている分が含まれます。

年収が低いアルバイトでも今すぐ10万円が必要!

したがって、収入が少ないアルバイト、パートなどの人であっても、総量規制で決められた「年収の3分の1」までは借りることができます。

例えば、毎月のアルバイト収入が5万円の人は年収は60万円になりますよね?

その3分の1である20万円までなら融資は可能、今すぐ10万円が必要となった時、満額で借りることが出来る可能性があります。

ただし、"年収の3分の1までなら絶対に借りられるというわけではない"ので注意しましょう。

ブラックリストだけど今すぐ10万円が必要な人

ブラックリストだけど今すぐ10万円が必要な人はどうしたらいいのでしょうか。

延滞が続いてブラックになったり、債務整理を行ってブラックになったりした人の場合は、今すぐ10万円が必要と思っても、5年から10年が経たないと、新規で借りることはできません。

大抵の場合は、"債務が解消してから5年から10年"なので、延滞の残金がまだ残っている場合などは基本的に借入ができません。

更に債務整理などをした場合は、対象となったカードローン会社では二度と借りることはできないので注意が必要です。

今すぐ10万円が必要!ブラックリストの人はどうしたら

ブラックリストに載っている人が今すぐ10万円が必要な場合、金融機関でお金を借りるためのポイントがただ1つだけあります。

それは「ブラックリストに載っていてもOK」と言ってくれる柔軟な金融機関を探すこと。

ブラックリストに載っているということをどう判断するかは各業者次第ですが、基本的に大手銀行カードローンや消費者金融はその手の申し込み者を敬遠します。

そのため、「ブラックリストに載っていてもOK」と言ってくれる相手は必然的に中小の消費者金融ということになります。

今すぐ10万円が必要な人の最後の砦は中小消費者金融

今すぐ10万円が必要な人の最後の砦は中小消費者金融となります。

大手であろうと中小であろうと消費者金融に違いはありません。
ですが中小消費者金融に流れてくる申し込み者の多くは大手消費者金融に審査落ちした人が多い傾向にあります。

融資を行う相手がなければそれぞれの業者の経営も成り立ちませんよね?そのため、中小の消費者金融では「ブラックリストに載っている=即審査落ち」ということにはならないのです。

申し込み者の現在の仕事や収入などを慎重に調べた上で、返済できそうな見込みがあると判断されればブラックリストに登録があることに目を瞑って融資を行ってもらえることも、十分あり得ます。

ブラックリストに載っている人が今すぐ10万円が必要と思った場合は、中小の消費者金融を検討するようにしましょう。

今すぐ10万円が必要!無職でも融資可能?

今すぐ10万円が必要な無職でも融資は可能なのか。

一口に「無職」と言ってもその中には色々な種類があり、どのような無職に当てはまるかによって今すぐ10万円が必要時に借り入れを行えるかどうかが異なります。

そこで無職の人を分類して今すぐ10万円が必要場合の対策法を見ていきましょう。

今すぐ10万円が必要な場合、専業主婦は銀行カードローン

まずは無職(専業主婦)の人が今すぐ10万円が必要な場合です。

銀行カードローンの中には「専業主婦の方もご利用できます」という案内をしているところもあるぐらいで、少し探せば今すぐ10万円が必要場合に融資を行ってくれるところを見つけることができるでしょう。

この背景には「専業主婦を行えているということは、配偶者の稼ぎがしっかりしているのだろう」という融資側の判断があります。

ただし、借り入れを行うのはあくまで専業主婦なので、一般なら限度額300万円までだけれど、専業主婦の場合は30万円まで等、上限金額は通常の場合よりも低めに設定されていることが多いです。

とは言え、今すぐ10万円が必要程度の借り入れであれば金額的にも問題ないでしょう。

今すぐ10万円が必要な年金受給者は?

年金受給者の人が今すぐ10万円が必要場合に借り入れを行えるかどうかは、金融機関が年金を「収入」ととらえてくれるかどうか、という一点に尽きます。

年金=収入という扱いなのであれば、安定した収入ありと見なされるため今すぐ10万円が必要場合に融資を受けることができます。

逆に年金=収入でないのであれば、年金受給者の方は安定した収入がないことになるので融資を受けることはできません。

年金を収入ととらえるかどうかは商品概要に説明や補足があることが多いので、そちらを確認することで利用できるかどうかが分かります。

ハッキリとした記載がない場合には事前にコールセンター等に電話をかけて聞いてみるのが賢明です。

今すぐ10万円が必要!失業者への対策方法

今すぐ10万円が必要な失業者について。最後に失業者の無職ですが、失業者の人は基本的に借り入れを行うことはできません。

しかし、非常に限定的ながら失業者でも借り入れを行える場合もわずかながら存在します。それはどのような場合なのでしょうか。

不労所得がある無職なら10万円借りれる可能性も

不労所得がある無職なら10万円借りれる可能性もあります。その1つは、失業して仕事はしていないけれど不労所得があるというような場合です。

銀行カードローンの審査においては年収ももちろん重要な要素になりますが、総量規制の影響を受けないため「年収も含めた総合的な返済能力」で判断してもらうことも可能です。

つまり「仕事を行うことによっての収入はないもののそれ以外の要素を鑑みた上で返済能力がある」と判断されればよいということ。

不労所得はまさにその条件にピッタリ当てはまるものであり、不労所得の種類や金額によっては失業者の方でも今すぐ10万円が必要時に融資を受けられる可能性はあります。

派遣会社に登録だけはしているなら10万円借りれる可能性も

そしてもう1つは、派遣会社に登録しているという場合も10万円借りれる可能性が出てきます。

派遣会社に登録しておけば、働いた実績はなくとも肩書き上は「派遣社員」ということになりますよね?

今すぐ10万円が必要場合、その程度の借入れであれば、収入証明書も提出する必要がない場合が多いので申し込みのハードルも下がります。

ただし注意しておかなければいけないのは今すぐ10万円が必要となって申し込んだ時の在籍確認で、金融機関が在籍確認を「派遣元(派遣会社)」に行うのか「派遣先(出向会社)」に行うのか。

アコムやプロミスなどの有名どころは派遣元に在籍確認を行う傾向がありますが、どちらに行うかは金融機関の方針で決まっているので、事前に調べてみましょう。

派遣先への在籍確認でないとダメだという場合で今現在働いていない場合は、その金融機関での借り入れは断念するしかありません。

他にもある!必要な時に今すぐ10万円を借りる方法

今すぐ10万円が必要!お金を借りることができるのはカードローンだけではありません。
ここからはカードローン以外で今すぐ10万円を借りる方法を見ていきましょう。

今すぐ10万円が必要ならクレジットカードを利用しよう

今すぐ10万円が必要なら「クレジットカードのキャッシング枠」でもお金の借り入れが可能です。

多くのクレジットカードには、キャッシング枠をつけることができます。キャッシング枠をつけておけばいつでも好きなときに、ATMや振込ですぐに借り入れすることができるのです。

クレジットカードのキャッシング枠の審査はやさしい

クレジットカードのキャッシング枠にも、カードローンとおなじく審査はあります。

しかし、すでにクレジットカードの審査に通っているため、カードローンよりも非常にやさしいという特徴があります。

そのため、返済を滞納しているなどのよほどのことがない限り、まず審査に落ちることはありません。

クレジットカードのキャッシング枠の注意点

クレジットカードのキャッシング枠を利用するときは、以下の点に注意しておくようにしてください。

  • 金利が18.0%固定というところが多く高い
  • 限度額はショッピング枠と共通になる

クレジットカードのキャッシング枠の金利は18.0%固定ということがほとんどです。

金利18.0%というのは、消費者金融の上限金利の相場とおなじですので、かなり高めの金利です。
とくに上限金利の相場が14.5%付近の銀行カードローンと比較すると、あきらかに高いです。
また、限度額がショッピング枠と共通になる点も要注意です。

例えば、ショッピング枠60万円でキャッシング枠20万円の場合、ショッピング枠60万円の中にキャッシング枠20万円が含まれることになります。

そのため、10万円キャッシングすると、ショッピング枠が50万円になります。(もちろんキャッシング枠もあと10万円になる)

こうした特徴があるので、気をつけて利用しないとすぐに限度額いっぱいまで使ってしてしまうので要注意です。

失業者が今すぐ10万円が必要なら公的制度を利用しよう

失業者が今すぐ10万円が必要なら。先述した条件に当てはまらない失業者の人は、銀行カードローンや消費者金融で今すぐ10万円が必要場合でも借入を行うことはできません。

そうなった場合に利用できるのは公的な制度が中心になってきます。

総合支援資金

社会福祉協議会が生活困窮者向けに取り扱っている融資に、総合支援資金というものがあります。

失業者が生活を立て直すために用いられる融資で、連帯保証人を立てることができる場合は無利子、そうでない場合も非常に低い金利で借り入れを行うことが可能です。

ただし、利用に際しては「他の貸し付けや給付金を利用することができない」「ハローワーク等で継続的な就労活動を行う」といったいくつかの条件を満たす必要があります。

いわば失業者のためのセーフティーネット的な意味合いを持つ制度なので、簡単に利用することはできませんが、生活が困窮している場合はぜひ利用を検討してみてください。

今すぐ10万円が必要なら持っている物を売る

また、誰でも実践しやすい方法として、今すぐ10万円が必要なら持っている物を売る方法もあります。
ブランド物の洋服やバッグ、家電など、家の中にお金になりそうなものがないか探してみてください。

もしもブランド物の洋服やバッグなどを持っている場合は、リサイクルショップよりもブランド品専門の買取業者に持ち込むのがおすすめです。

今すぐ10万円が必要なら車売却も検討を

今すぐ10万円が必要。そんなとき、車を売ってしまえばまとまったお金がすぐに手に入ります。

車は維持費もかかりますのでお金がない方にとっては、売ってしまった方がイイ決断になるかもしれません。

早く売りたい・高く売りたい方は車の無料一括査定サービスがおすすめです。車種名・メーカー名・年式・走行距離を入力するだけで査定額がパッとわかります。

一括査定は一番高い買取業者を選ぶことができるので、手間も省け、効率よく高額の査定をしてくれる業者を見つけることができますよ。

買取額が気に入らないのであれば売らなくても大丈夫なので参考までに無料査定してみてはいかがでしょう。

今すぐ10万円が必要なら定期預金担保貸付を利用する

今すぐ10万円が必要な場合で定期預金を持っているなら、定期を担保にしてお金を借りる「定期預金担保貸付」が利用できます。

総合口座なら口座の貸越機能が備わっているので、いつも通り預金口座から引き出しをするだけで今すぐ借入ができますよ。

通帳や証書タイプについては窓口での手続きが必要ですが、こちらも基本的に当日中の借入が可能です。
金利は通常の定期預金金利+0.5%ほどなのでかなり低金利と言って良いでしょう。

借入限度額は「定期預金の90%もしくは200万円~300万円のいずれか少ない方まで」という場合が多いです。

定期預金担保貸付なら定期を解約せずにお金をおろせるので、定期がある方はまずこの方法を検討してみましょう。

今すぐ10万円が必要な時の属性別対処法(まとめ)

今すぐ10万円が必要な時、結論としてはやはりその他の方法よりもカードローンを一枚持っていた方が今後のピンチのことも考えてメリットなのかもしれません。

カードローンやキャッシングは、どんな属性でも知識さえ持っていれば今すぐ10万円が必要時に融資してもらうことはできます。

そのためには、書類をしっかりと準備して、すぐにでも審査に臨むことが必要です。

申込みを行って、審査がスタートしてからもたつかないように、しっかりと準備して審査に挑みましょう。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
パチ・スロで高収入ならコチラをチェック↓↓↓↓

おすすめの記事