借金で審査なしor簡単なところはある?

キャッシングやカードローン等の借金を行う際に気が重いのは「審査」という過程です。

借金を検討する際には避けては通れない過程ですが、どうせなら簡単に審査通過できるところで借り入れたいもの。

そこで今回は、借金をする際に審査なし、もしくは簡単に行えるところがあるかどうかということについて解説していきたいと思います。

審査なしで借金を望む人【3タイプ】

カードローンで審査があるかないか気になっている人は大きく3パターンにわけられると思います。

  1. 審査なしのキャッシングやカードローンの広告を見かけた
  2. 今日お金が必要なんだから審査なんてやってる時間がない!
  3. 審査なしでないと通らないのが分かっている

ここを見ているあなたも上記の3パターンに当てはまっていませんか?

審査に通らないとわかっているとまでは言わないけど、審査なしでないと審査通らないんじゃないか?と心配になってしまう人も多いと思います。

カードローンでお金を借りる場合、基本的に安定収入があることが審査通過の前提条件ですので、定職に就いていないなどのケースでしょうか。

ですが、日雇いアルバイトでも勤務しているという実績があれば審査通過できるようなテクニックもあります。

これは裏ワザでもなんでもありません。

カードローン会社の審査基準をしっかり理解した上で借金の申し込みをすればいいのです。

金融業者は何のために借入審査をしているのか

まずそもそもの話としてなぜ借入審査を金融業者はしているのか?というのを知っておく必要があるでしょう。
なんでも簡単に貸してくれるような業者はほとんどありません。

貸出のために審査を行うわけですが、借入審査なしの業者が少ない理由は

  • 貸出したお金を返済できるか?

ということを見るために、審査を行っています。

審査内容は多岐にわたりますが、だいたい下記のような項目を見ていると言われています。

  • 借金をしているか?いくらあるのか?
  • 過去の金融事故はあるか?
  • 返済実績はどのくらいあるのか?
  • 収入は高いか?職業は安定しているか?
  • 持ち家か?結婚しているか?

こういったものを見て、返済できるかどうかを判断していると言われています。

審査なしだと借金返済できる・できないの判断基準が出来ない

「たくさんの業者がいるんだから、返済できるかどうかの判断基準はもちろん業者ごとに違うはず!」こういうふうに思うのも当然だと思います。

しかし残念ながら多くの業者では返済できるかどうかの判断基準というのはだいぶ近づいていて、差がなくなってきているのです。

その一つの理由が信用調査で、信用調査をすべての業者は見ることができます。
そしてその信用調査を多くの業者が同じように見るようになっています。

例えば金融事故がある場合は返済できないと見ます。
また返済実績がある人のほうがない人よりも高く評価されますし、収入が高い大企業や公務員は評価が高くなるのです。

借入限度額には多少の差が出てきますが、貸し出しできるかどうか、この人は借金の返済をしてくれるか?という判断基準は大手を筆頭にしてだいぶ同じになっているのが現状なのです。

借金するのに審査なしという口コミはヤミ金業者

では借入審査なしと言っている業者はどういう業者なのでしょうか。

大手業者を期待している人には申し訳ないですが、口コミや評判サイトなどを見ればほぼすべてがヤミ金斡旋業者です。

「審査なしのキャッシングやカードローンの広告を見かけた、借金の勧誘を受けた!」

そんなあなたは多重債務で困っていませんか?
審査なしのキャッシングやカードローンは存在しません。

というこも金融庁に届け出を行っている正規の金融業者は、融資に際してきちんと審査を行うことを義務付けられています。

そのため、審査無しで融資を受けられる、借金できるという宣伝を行っているところがあるとすれば、それは間違いなく闇金なのです。

闇金の恐ろしさについては、今さら取り立てて説明するようなことでもないと思うので今回は割愛しますが、真っ当な方法ではまず返済できないほどの利息を請求されることになり、人生が破綻することは間違いありません。

金利は法律を守らない高利を要求してきますし、返済は脅しや恐喝のようなこともされる可能性もあります。

そのようなことを避けるためにも審査なしをうたっている業者は果たして正規の業者なのか、データベースはしっかりと調べるように心がけましょう。

審査なしで借金する危険性が分かった所で、ここからは状況別に借入する方法をみいきましょう。

急ぎの借金希望で審査なんてやってる時間がない人

はじめて借金する人の中には「審査ってむずかしそう」このようなイメージがあるかもしれません。

でも、カードローンの審査は驚くほど簡単です。
細かい部分は各社によって違いますが、以下のようなに非常にシンプルになっています。

  1. 申込み
  2. 申込確認
  3. 審査~在籍確認~審査結果の通知
  4. 書類提出
  5. 契約

ほとんどのカードローンはネットから申込可能です。申込は必要事項を記入していくだけでOK。
申込が完了すると申込確認の電話があります。申込確認の電話では、氏名や住所などの個人情報、希望の借入れ額などが聞かれます。

その後、審査が開始され、審査のなかには在籍確認もあります。審査は早いカード会社なら、30分程度で終わります。

審査に通過したら必要書類を提出しますが、必要書類も大手ならネットでUP出来るので簡単です。

基本的にすぐに振込してもらえますし、自動契約機のある会社なら、カードをすぐに発行してくれるのでATMでも借入れできます。

このようにカードローンの審査はシンプルにして簡単。決して難しいものではないんですね。

「それでもやっぱり借金するのに審査に通るか不安…」

というのであれば、申込み前にできる「借入れお試し診断」をしてみましょう。

お試し診断は簡易的なものではあるのですが、おおよそいくら借り入れができるかという判断をすることができますし、信用情報機関への照会も行わないので照会履歴が残りません。

お試し診断は大手消費者金融公式サイトに設置してあるので一度試してみてから申し込みを検討してみると良いかと思います。

審査なしでなければ借金の申し込みに通らない人

一方、審査なしでなければ借金の申し込みに通らない、過去に金融事故を起こしてブラックになってしまった人もいるかと思います。

ですが、通らないと決めつけるのは早いのです。方法としてはいくつかの手立てがあります。

借金の申し込みは大手カードローンより中小の業者を選ぶ

まず1つは、キャッシングやカードローンの業者を選ぶ時に、大手の業者ではなく中小の業者を選ぶようにすると言うこと。

キャッシングやカードローンでは、大手にせよ中小にせよ審査内容に関して大きな違いはありません。

ですが、大手に客を取られがちな中小の業者は総じて審査基準を低めに設定する傾向があります。

そのため同じ人が申し込んだとしても、大手の業者なら融資を断られてしまうものの中小の業者であれば融資OK、ということが起こり得るのです。

業者ごとに属性の中で重視する項目が違っていたりもするので、中小だからOKとひとくくりにしてしまうのは本来であれば危険なのですが、傾向としては「大手より中小」というのは間違っていないと言えるでしょう。

×借金の審査なし○審査はあるが比較的柔軟

一般的な話ですが、大手の有名業者と中小の消費者金融だとどちらで借金したいでしょうか?

おそらく多くの人がどうせ借金するなら安心できるCMなどでよく見る大手の業者を使いたいと思うでしょう。

ほとんどの人が大手を選ぶ中、中小の業者としてはお客さんがいなければ倒産してしまいます。

ですから、大手に落ちた人でも借金返済さえ問題なく出来そうだと判断出来れば中小消費者金融では貸し出しを行うことがあるのです。

つまり、中小消費者金融は大手では借りられない人をターゲットにしているということ。

各都道府県と金融庁から認められた正規貸金業者である以上審査なしという訳にはいきませんが、それでも中小消費者金融は大手消費者金融よりも比較的柔軟な傾向にあります。

借金の借入は決算直前を狙うと吉

また、大手消費者金融や中小消費者金融、全ての企業が「結果」を欲しがっているタイミングが「決算直前」です。

キャッシングやカードローンを提供しているのは全て一般的な企業ですから、必ず営業目標として「新規借り入れ件数・借り入れ金額」のような数字が上から降りてくるはずです。

決算直前になってもその定められた数字に届いていないようであれば、ギリギリ審査通過基準に満たないぐらいのレベルの人であれば、今のタイミングに限り審査通過させてしまうということがあります。

どうしても借金しなければやっていけないという人は、申し込む予定の業者の決算期を調べた上でその直前ぐらいに申し込むようにしましょう。

ただし、この方法で審査通過確率が上がるのはあくまでも「ギリギリ審査通過基準に満たない」ぐらいの人です。

そもそも箸にも棒にも掛からない人であればタイミングを選んでも無理なものは無理であることには注意が必要です。

どうしても審査なしで借金したい時は

ここまでキャッシングやカードローンの審査について説明してきましたが、最後に審査無しで借り入れを行うことができる方法を4つほど紹介しておきましょう。

先述通り審査なしで借金できる金融機関はないので、それ以外のところとなります。

審査なしで借金する方法①身内や知り合いにお願いする

  • 親や兄弟などの身内
  • 友人
  • 勤め先

金融機関で借金するには返済能力が必要になるため、どんなキャッシングサービスであっても審査は必ず実施されるんです。

ですが、このような3つのところならば個人間のお金の貸し借りとなるため、このような手続きは通常ありませんよね。

またブラックとなっている人であっても個人間なら審査なしでお金借りれるため、便利な借金の方法と言えるでしょう。

審査なしで借金する方法②質屋を利用して借入する

親や知り合いに借金を知られたくない場合は、質屋を利用してお金を借り入れるという方法もあります。

キャッシングやカードローンに共通するのは、「無担保で融資を受ける」ということです。

本来であれば融資を受ける際に必ず必要な担保がないために「きちんと返済できそうか・返済してくれそうか」ということを確認するための審査が必要となるのです。

しかし質屋では、融資を希望する人が必ず担保となる商品を持ち込みます。

そのため、質屋側としても万が一返済が滞ってしまった場合でも、その商品を自分のものにすることで損を回避できるため、審査という過程が発生しないのです。

その性質上、持ち込んだ商品の価値に見合った金額しか借金はできませんが、審査なしで借り入れられるというのは見逃すことはできませんね。

審査なしで借金する方法③クレカのキャッシング枠を利用

そしてもう1つは、クレジットカードのキャッシング枠を利用して借り入れるという方法です。

この方法の場合は厳密には「審査が必要ない」というよりは「審査が既に済んでいる」というほうが正しいですね。

クレジットカードを所有しているということは、既にそのクレジットカード発行のための審査が済んでいるということです。

そしてそのクレジットカードに一定の金額のキャッシング枠が付与されているということは、カード会社としても「この金額までならキャッシング枠を付けても大丈夫だろう」という判断を既に行っているということに他なりません。

ですから、「お金を借り入れたい!」と思った時に審査無しで借り入れることが可能なのです。

キャッシング枠を付与した状態でクレジットカードが発行できるだけの信用を有していた、カード発行当時の自分に感謝しておきましょう。

審査なしで借金する方法④クレジットカードのショッピング枠を利用する

クレジットカードにキャッシング枠がついてないから借金出来ない。

そんな時に便利なのがクレジットカードのショッピング枠を現金化するという方法です。

これは一般的にクレジットカード現金化と呼ばれる方法で、クレジットカードにあらかじめ付帯しているキャッシング枠ではなく、本来は買い物の支払いに使用するショッピング枠を使用し現金化を行うというところがポイント。

カードローンの審査に通らない人が利用しているとの声も

ショッピング枠を現金化した場合にはキャッシング枠を使用して現金を引き出すよりも確実にメリットがあります。

分割の利用が出来たり、ショッピング枠のほうがキャッシング枠よりも利息が安いといったメリットです。

クレジットカードさえあれば面倒な手続きも必要ない点も、ショッピング枠現金化のメリットとなります。

クレジットカードを持っていれば誰でも利用できるのも1万円足りない程度であれば換金もしやすく、非常に利便性が高いメリットとなるでしょう。

ただ使いすぎは支払いが伴うことなので注意が必要ですし、頻繁に現金化を行うと思わぬトラブルになる場合も考えられます。

キャッシングはしたくないから現金化を考えている人は、計画的に必要な金額だけを利用するようにしましょう。

おすすめの記事