可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

個人融資サイト

個人融資サイトってお金借りれるの?お金に困ったからといって個人融資サイトを利用しようと考えている方はいませんか?個人融資は詐欺や闇金に引っ掛かるリスクが高いため注意が必要です。この記事では詐欺業者やヤミ金の見極め方を説明しています。

個人融資サイトは超危険!?【詐欺師や闇金の見極め方】

個人融資サイトが今、SNS等を通じて拡散されています。

個人間融資掲示板まで定着しつつあり、未だにそれらを安全なところと考えている方がいることに恐怖を感じます。金融機関、正規の貸金業者以外に個人情報を伝えることは危険極まりないことです。

なぜ個人間融資を利用するという選択肢が出てくるのでしょうか。そこには大きな理由が一つ、考えられます。

「ブラックになっているから正規の金融業者からは借りられない」

債務整理、自己破産、返済滞納など自分の状況が明らかにブラックとして扱われているだろうという不安があれば、やむに已まれずお金を借りなければならない状況になったときにネットを使って検索してみるとそこには、個人融資サイトという比較的気軽とも思える言葉が出てきます。

しかし、個人融資サイトは闇金と同等、そう考えて間違いありません。

個人融資サイト(個人間融資掲示板)とは?

個人融資サイトとは掲示板やSNSを使って、個人間でお金の貸し借りを行うやり取りです。

一般的に正規の金融会社より高い金利で融資が行われ、しっかりと返済してもらえばお金を貸す側には大きなメリットがあります。

信用情報に事故情報が登録され、正規の金融会社から融資を受けられなくなった人の最後の手段ともいえます。

一昔前は個人融資サイトを使ってやり取りが行われていましたが、最近ではSNSを活用するケースも増えています。

当然個人間でのやり取りなので、正規の金融機関から借りるよりもトラブルは多くなります。また個人を装って詐欺集団や闇金業者も紛れこんでいるので注意が必要です。

個人融資サイトのメリット

個人融資サイトのメリットはこの通り。

  • 信用情報が見られないからブラックでも借りれる
  • 振込であれば即座に融資を受けられる
  • 金利や返済日など柔軟に対応してもらえる可能性も

個人融資サイトの主なメリットは上記の通りです。一番大きいのがブラックでも借りられるという点でしょう。
どこからもお金を借りられなくなった人でも、個人融資であればお金を借りられるチャンスがあります。

また相手は個人なので、要望が通りやすいというのも正規の金融機関にはないメリットです。
ただし正規の業者より金利が低くなることはほぼないと考えていいでしょう。

こうしてみると個人融資サイトにもメリットがあるように思えますが、それ以上にデメリットがあるのです。

個人融資サイトのデメリット

個人融資サイトのデメリットはこの通り。

  • 違法な金利での融資が多い
  • 確実に融資先が見つかるとは限らない
  • 詐欺や闇金に騙されるリスクが高い
  • 融資先とのトラブルに発展しやすい
  • 個人情報が流出する可能性がある

個人融資サイトのデメリットは数多くあります。

一番気をつけなければならないのが、違法な金利と詐欺・闇金です。
また融資先とのトラブルも起きやすく、脅迫や恐喝など刑事事件にまで発展するリスクもあります。

そのため、当サイトでは個人融資サイトはリスクが高すぎるため決しておすすめできません。

個人融資サイトの金利は何%までOK?消費者金融との違いは?

個人融資サイトであっても、たとえ親兄弟であっても「利息制限法」は守らなくてはなりません。個人間の融資であれば貸しての自由に金利をつけてよい、というものではないのです。

利息制限法とは

利息制限法とは借りる額となる元本に対し、設定してもよい上限の金利を定めている法律です。

  • 法定上限金利以上の金利による利息は支払う必要がない
  • 利息制限法以上の金利を設定した債権者は民事訴訟の対象

刑事罰則のある出資法では、個人融資では年率109.5を超える場合、刑事罰則が設けられています。
もちろん返済義務もないので、年率109.5%を超える金利で融資を受けた際には、すぐに警察や弁護士へと相談するようにしましょう。

利息制限法で定める金利

利息制限法で定める金利はこのようになっています。

  • 10万円未満 20%まで
  • 10万円以上100万円未満 18%まで
  • 100万円以上 15%まで

ところが個人融資サイトの「貸す側の書き込み」を見てみると金利が明確に記載されていることはほぼありません。

例えば10万円を1か月後に11万円にして返すなどとされています。これでは金利がわかりづらいものです。

10万円の借り入れを1か月(30日)で完済する場合、利息制限法の上限金利で計算をしても支払う利息は1479円です。10万円を11万円にして返済するならば利息が1万円となるため暴利であることはお分かりになるでしょう。

つまり、足元を見られています。10万円を11万円にして返すことは額面上だけを見れば難しいことではないように感じられます。
実際には暴利でありながら返せない額ではないと思わせるのは錯覚です。

個人融資サイトの場合でも、年率20%を超える金利は違法となっており、返済義務も無効となっています。個人融資サイトの場合、両者の同意があれば金利は自由と勘違いしている方もいます。

しかし法律によって上限金利は設定されているので、違法な金利で融資が行われた際には専門家へ相談するようにしましょう。

なぜ個人なのにお金を貸すの?利息目当てか犯罪か?

個人融資サイトを利用して個人から融資を受けたい人の気持ちはわからなくもありません。

ブラックの状態になっている可能性があるなら正規の貸金業者からの借り入れは不可能。
そうなると個人融資サイトに逃げ込むことも推測ができる範囲です。

それでは、個人で「貸す側」はどうでしょうか?考えられる理由を推測してみましょう。

①利息目当てで個人融資サイトでお金を貸している

個人融資サイトでお金を貸している理由が利息目当ての貸付であれば考えることができますが、これも貸す側からしても危険な行為です。
個人の信用度を知ることは難しく、それこそ金融業者、正規の貸金業者でも遅延、踏み倒しをされることもあり、返済を法的に減額・放棄する債務整理を使われることもあります。
利息を目当てにするといってもその金利をいくらに設定しているのかも確認必須の項目です。

②お金の余裕があるボランティア精神

個人融資サイトでお金を貸している理由としてお金に余裕がある方がボランティアの名目で個人融資サイトで貸付を行っているとすればそれはわざわざ掲示板を利用することなく知り合いに貸す、もしくはより安全な方法を使うことでしょう。

信用度も確認しようがない赤の他人にボランティアをするなどよほど稀な行為です。

③闇金業者が個人を偽って個人融資サイトを利用している

個人融資サイトでお金を貸している理由として実はこれが最も多く、被害が後を絶たない個人融資サイトの闇です。
闇金業者は現在、公式ホームページを出すほど堂々とした運営を個なっていることでも問題視されていますが、もちろんそれだけで顧客となるカモを捕まえられるわけではありません。

費用の掛からない方法(無料サイトや2chなどの掲示板、ブログなど)を使ってあちこちに罠を張り巡らせています。

④女性客に対してのわいせつ行為目当て

個人融資サイトの希望者が女性だった場合、お金を貸すことと引き換えのわいせつ行為の強要、写真の要求なども被害の報告が後を絶ちません。

個人融資サイトで言われる「ヒトトキ」とは

個人融資サイトで言われるヒトトキとは個人融資業界で流行っている違法行為です。

借金をする条件として肉体関係を求められ、泣く泣く被害にあってしまう女性も多いようです。

しかしヒトトキで肉体関係を持ったからといってお金を貰えるわけではありません。あくまで貸してもらえるだけなので、時間が経てば返済しなくてはならないのです。

一度だけの関係ならまだいいですが、中には継続的に関係をもつことを求められたり、盗撮されて脅迫にあうこともあります。

⑤手数料前払いの小銭稼ぎ詐欺

個人融資サイトでは寸借詐欺とも呼べる個人融資サイトの代表的な闇の一つです。善意に付け込んでいるわけではありませんが、例えば「手数料として5千円を振り込むように」「信用を見たいので4千円を振り込むように」など、この程度の金額ならと思わせる少額を振り込ませて連絡を絶つ小瀬儀稼ぎの詐欺です。

先振り込みは、信用度を見るためと言われてしまえばやむ得ないと感じるかもしれませんが、取り返すことはほぼ不可能な詐欺です。

⑥個人融資サイトで個人情報をだまし取る業者が多発

個人融資サイトで個人情報をだまし取る業者が多発しています。今の時代、個人情報ほど高値が付くものはありません。
特に個人間とはいえ金銭賃借の契約となれば申告しなければならない個人情報は非常に詳細です。

正規の貸金業者に申し込みをするのと同等に、氏名、住所、電話番号はもちろんのこと、勤務先住所や電話番号、さらに実家の連絡先も伝えることが一般的です。

もう一人を容易に作り上げられるほどの個人情報を赤の他人に提供する恐怖を深刻に考えなくてはなりません。

⑦口座買取などの犯罪行為

個人融資サイトで一度通帳と印鑑を郵送すれば、そこに融資金を入金して返送する。
全く持って信用ならない話ではありますが、実際にそのような口車に乗せられてただ口座と印鑑を渡してとられてしまったというケースもあります。

現在銀行口座を作るためには本人確認が必要であり、振り込め詐欺やオレオレ詐欺などの詐欺集団が使用する銀行口座は、「口座売買」で手に入れています。

自分の口座が詐欺グループの資金収集のために使われることになる恐怖があります。

個人融資サイトは貸す側のほとんどが闇金

個人融資サイトは貸す側のほとんどが闇金であるケースが多いです。

このように、消費者金融では借りられない人に貸す、それが闇金です。個人融資サイトは闇金の情報集めサイトでもあります。

借りたいという人に対して接触してくるのは闇金しかありません。

  1. 借りたい人が金額と返済日、返済額を明記して掲示板に投稿
  2. 闇金が接触

闇金の電話番号を伝えられ、電話をしてお金を借りる
この流れになります。またこれ以降がさらに問題です。

  • 個人情報を闇金に渡してしまったことによってショーとメールでさまざまな闇金からの連絡がとまらない
  • 口座買取の提案をしてくる

闇金相手に個人情報を渡してしまったという事実は非常に危険です。

詐欺師や闇金に騙されてしまうと、融資を受けるどころか、様々な理由をつけてお金を取られ続けることになります。

また個人であれば警察や弁護士の力で、簡単に摘発することができますが、詐欺師や闇金は捕まらないための対策を練っているのでなかなか摘発することはできません。

騙されたお金が返ってくることもないので、絶対に騙されないようにしましょう。

LINEアカウントの共有には要注意!

個人融資サイトでやり取りをしていると、本人確認のためにLINEのアカウントを教えて欲しいという人が多いです。

しかしLINEのアカウントと個人情報を相手に渡してしまうと、アカウントが乗っ取られる可能性もあるのでご注意ください。

またタイムラインの書き込みなどから、住所など特定されるリスクもあるので要注意です。LINEアカウントを共有する際には、ログインできる端末を設定するなど、乗っ取り防止対策を練っておきましょう。

くれぐれも簡単に電話番号や住所を教えないようにしてください。メールでやり取りをする際も、新規でフリーアドレスを作ってやり取りするようにしましょう。

個人融資サイトでの詐欺師や闇金の見極め方

個人融資サイトで利息の先払いを請求してきたときには、相手が詐欺師だと考えていいでしょう。

「信用できないから初回の利息を先に支払ってほしい」など言ってきた場合、利息を支払ったとしても融資が行われることはありません。

また掲示板で紹介されているキャッシング業者も、十中八九闇金と考えていいでしょう。

正規の貸金業者は掲示板などで自社を宣伝することはありません。掲示板で貸金業者が紹介されている場合、悪質なアフィリエイトか闇金なので申し込まないようにしましょう。

また個人とやり取りしているときにも、相手の情報を一切明かさなかった場合や、向こうの電話口に複数の人の気配を感じたときは、詐欺か闇金の可能性が高いのですぐにやり取りを終わらせましょう。

先振込・ギフト券の要求は詐欺の可能性99%

個人融資サイトでやりとりをし、融資の直前になって、返済能力を確かめるために先に2万円振り込んでください、といった要求やAmazonギフト券を送ってくださいと言われることもあります。

その場合、99%相手は詐欺なので、絶対にお金を振り込んだり、ギフト券を送ったりするのはやめましょう。

キャンセル手数料を請求されたら弁護士に相談しよう

個人融資サイトでやり取りをしている途中で闇金だと気づき、取引を辞めたいと伝えても、今度はキャンセル手数料が請求されるケースもあります。

しかしお金を借りてもいないのに、あなたが手数料を支払う必要は全くありません。

今から家へ行くぞ、など脅されたときには、速やかに弁護士に相談をしてください。

個人融資サイトの要注意リスト

個人融資サイトの要注意リストは以下の通り。この名前の人物との接触は避けた方が賢明かもしれません。

  • 矢沢
  • YAZAWA
  • 田丸
  • 竹田
  • カネナリ
  • 北村

これらの名前は個人融資サイトの口コミなどでよく見かける詐欺師たちです。

違法な利息を請求された、先振込で騙された、LINEが乗っ取られてしまったなど、被害は続出しているので要注意です。個人融資サイトを利用するにしても、これらの名前を名乗っている人からは絶対に借りないようにしましょう。

個人融資サイトを利用した人の口コミ

最個人融資サイトで実際に貸してもらえた人の口コミを最後にご紹介しましょう。

昨日の夜ある掲示板で『個人融資をやってます』という方がいたのでお金を借りようと思いメールしました
怪しいなと思いながらも
個人情報(住所、電話番号)保険証の写メと顔写メを送ってしまいました。
相手が今日の10時ごろまたメールすると言っていたのですが

今までメールがなかったので相手に今メールしたところメールアドレスが変更されたみたいで個人情報だけ持ってかれました(;_;)

あの人は僕の個人情報を抜きどうするつもりなのでしょうか?
警察に行っといた方がいいですかね?

引用:Yahoo!知恵袋

わたしはお金の貸し借りの掲示板で、知り合った方にお金を借りました。今月返済もしました。
通帳記入すると、すべて違う人の名前でふりこまれていました。その人にメールをしました。すると、
同じ名前だと疑われるから名前全部かえたといわれました。
警察、弁護士にもいろいろ相談しましたが、調べてくれませんでした。銀行員は闇金ではないかと言われました。返済のときは口座ではなくメールにロッピーのバーコードが送られてきてそこに振り込みました。その人じゃなくて別の方に振り込みされてる気がします。わたしはずっとそのひとからのお金だと思ってたのでつかってしまいました。どうしたらいいですか?

わたしになりすまして詐欺してるひともいるらしいんです。わたしに振り込みされてるのは、その人じゃなくて被害にあったひとの名前じゃないかと思ってます。わたしはどうしたらいいですか?

引用:Yahoo!知恵袋

個人間で35万融資してもらって今31万まで支払いました。
相手方は福利だといい50万以上の返済要求をしてきますが
どのように対処したらいいのかわかりません。
回答よろしくお願いします。
50万の返済は怖くなって承諾してしまいました。
(相手方は男性で私は女です。)
相手方からア○○ルから借りていて
15%の残高複利ですごい金額になってるけど
50万以上は払わないんですよねと言われています。
複利の疑問があるのですが・・・
返済の残高確認の内容証明と
(35万と金利)
それ以上は払わないという内容の内容証明は送っていいものでしょうか?
またそのような内容証明の書き方がわかりません。

長くなって申し訳ありません
回答お願いいたします。

引用:Yahoo!知恵袋

個人融資サイトで被害にあった場合

個人融資サイトで被害にあった場合、一般の人はこのような被害にあったらまず最初に頭に浮かぶのが「警察への届け」と思われている方がほとんどではないでしょうか。

しかし警察は昔から個人の借金の問題は「民事不介入」というものがあり刑事事件にならなかぎり協力的に動いてはくれません。

そこで相談して力を出してくれるのがやはり弁護士です。

弁護士費用などの心配の時は法テラスという所があり費用の相談にものってくれます。
その前にまず「個人融資サイト」や「ヤミ金」の甘い誘いの先には大きな人生を狂わす罠なあることを理解してください。

個人融資サイトを利用する前に他の方法を考えてみよう

個人融資サイトではここまで紹介したように、正規の金融機関の立ち合いがないのでトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。

もう消費者金融や銀行から借りられなくなっている、多重債務者やブラックの人は、借金以外の解決策を探してみることもおすすめです。

たとえば借金の返済に困っているのであれば、債務整理をして返済額を減らすことが最優先です。借金の返済のために借金をしても、利息がどんどん増えていくだけで、問題を先送りするだけです。

今後収入が増える見込みが無いのであれば、早めに債務整理の手続きを進めることをおすすめします。また現時点で収入がなく生活が出来ないという方は、借金をするのではなく行政から支援を受けるようにしましょう。

正当な理由であれば行政から低金利で融資を受けることができたり、生活保護を受けたりすることもできます。

個人融資サイトの危険性(まとめ)

個人融資サイトの危険性としてお金に困ったときにはどうしてもお金を借りようとしてしまいますが、返済できる目処が立たない状態で借金をしても、状況を悪くするだけです。

正規の金融機関から融資を受けられないほど追い詰められた人は、一度役所など行政の力を借りるようにしましょう。

またどうしても個人融資サービスを利用したい方は、悪質な相手に引っ掛からないように細心の注意を払うようにしましょう。

おすすめの記事