可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

即日融資&無審査で無職は借りれる?

「無職でも無審査で即日融資できるカードローンが知りたい」ここでは、無職でも無審査で即日融資を受けることができるのかまとめています。キャッシングから国の保証制度まで様々な方法を記載しているので参考にしてください。

即日融資で無審査で無職が借りれる所はあるの?

即日融資や無審査で無職が借りれる所はあるの?

  • 即日融資で無審査キャッシングをできる業者を知りたい!
  • ニートや無職でも借り入れできるカードローンを知りたい!

という人もいるかもしれません。

特に無職・ニートの人ほどお金が必要になる場面は多いので、急ぎで借り入れをしたくなることもあるでしょう。

ここでは、無審査で即日融資を受けることができるのか、仕事や収入がなくても借入条件を満たせるのかということをまとめていきます。

無職でも即日融資可能な消費者金融や銀行カードローンはない

結論から言いますが無職でも無審査で即日融資してくれる消費者金融や銀行カードローンはまずありません。

中には「無職でも即日無審査でキャッシング可能!」というDMや貼り紙を見たことがある人もいるでしょう。

しかし、実際には無職やニート・失業中の人に対して無審査でキャッシングをさせてくれるような業者は存在ないのです。

「無職でも無審査で即日融資!」という宣伝をしている業者は、大抵違法業者だと思ってください。

なぜ無審査で即日融資可能な金融機関はないのか

なぜ無職に無審査で即日融資してくれる金融機関はないのか。まともな金融機関は法律に則った融資を行います。
具体的には貸金業法に基づいていますが、この法律では

  • 申込者の返済能力を事前に調査すること
  • 申込者の信用情報を確認すること

が義務付けられています。

つまり、合法な金融機関が審査無しで融資することはあり得ないのです。

ヤミ金融のような法外な高金利で融資をしたり、銀行口座を大量に開設させるなど、何らかの違法行為を手伝わせる目的の可能性があるので注意しましょう。

無審査で無職に即日融資するような金融機関は金利も違法

無審査で無職に即日融資するような金融機関は金利も違法となっています。

前述通りお金を貸すためには審査が必ず行われます。その為、無審査で無職に対して即日融資をおこなうような金融機関は、金利設定も法律の範囲を大きく超えてきます。

貸金業法で定められた金利(実質年率)は、最大で20.0%までです。

しかし、無職にも即日融資をするような違法な消費者金融だと、金利の設定はこんなものでは留まりません。
30%前後の金利を設定しているような金融機関もあるのです。

また、マンガやドラマの世界でよく聞くような「トイチ」も同様です。
これは、10日で1割という金利で、それを実質年率に直すと365%という数字です。

アイフルは無職でも即日融資してもらえるって聞いたけど

アイフルは無職でも即日融資してもらえるって聞いたけどどうなの?

インターネットの口コミサイトや情報サイトでたまに見かけるのが、アイフルなら審査が甘いから無職でも借りれたよ!です。

しかしこの情報は信憑性がありません。

基本的に今のアイフルで即日融資してもらうためには、収入がなければ借りることができないのです。

アイフルの公式サイトを見てもお分かりのように、年齢は20歳以上で継続安定した収入があることがアイフルに申し込むことのできる最低条件です。

※もちろん雇用形態は関係なくパート従業員やアルバイト従業員でも、問題なくアイフルに申し込むことができます。

アイフルの貸付は総量規制対象貸付

無職がアイフルで即日融資してもらえたのも過去の話。

今のアイフルで無職の借入申し込みができないのは、アイフルの貸付を含む消費者金融の貸付が"総量規制対象貸付"であるため。

総量規制とは、消費者金融が無担保無保証で個人に貸しても良い上限額を年収の1/3までに定めたものを言います。

つまり無職で収入のない人や収入のない専業主婦はそもそも年収がないので、総量規制対象額を計算することができません。

したがってアイフルを含めた消費者金融は無職の人から借入申し込みを受けても無審査どころか即日融資はありえません。

総量規制が導入されてからは無職の人は専業主婦は基本的に即日融資どころか1円ですらお金を借りることが出来なくなってしまったのです。

実際に『即日融資 無審査』で検索してみてわかること

実際に『即日融資 無審査』『即日融資 無審査 無職』で検索してみてわかること。よくわからない貸金業者の謳い文句に乗せられカードローンを利用してしまう前に、まず無職でも即日融資を無審査でしてくれる貸金業者が存在するのか調べてみてください。

実際に調べてみると、闇金まがいの貸金業者を紹介しているサイトやクレジットカード現金化について紹介しているサイトがほとんど。
クレジットカード現金化に関しては、限りなく黒に近いグレーゾーンで、クレジットカード会社もこの行為を認めていません。

ここではクレジットカード現金化の話は割愛しますが、結果的に自分に負担が伸し掛かるのは明白で、最悪の場合クレジットカードを喪失してしまう可能性もあります。

そういった検索結果の中には、無審査で即日融資ができる貸金業者のサイトが引っかかることもありますが、そういったところは大抵『闇金』である可能性が高いです。

とにかく『無職でも無審査で即日融資』なんて甘い言葉に、簡単に乗っかってはいけません。
借り入れするために審査は、決して避けて通ることのできない道だと思いましょう。

失業中の無職がお金を借りる方法

無審査なキャッシングやカードローンは存在しないのがわかったところでここからは無職が即日融資やそれ意外でお金を借りる方法をまとめていきたいと思います。

無職とはいえカードローンは無理でも、それ以外のお金を借りる方法がないわけではありません。

なお専業主婦や年金受給者は配偶者控除や銀行カードローンなどでお金を借りることも出来ますが、今回はそれらを除く失業中や休職中で無職状態にある人がお金を借りる方法を紹介していきます。

【目指せ即日融資】手持ちのクレジットカードでキャッシングする

即日融資&無審査で無職が借りるために。クレジットカードを持っている人は、そのカードのキャッシング枠を使えば新たに審査を受けることなく無審査でお金を借りることができます。

これが一番早くて確実な方法です。

問題は、手持ちのクレカにキャッシング枠がついていない、もしくは枠が小さい場合です。

この場合は、新たに枠をつける、増枠審査を受けることになるので、無職の場合は審査に落ちる場合があります。

ただし30万円程度までは、ネット上からの申込で可能なところが多くなります。
増枠の際もなるべく少額にしておくのがポイントです。

【目指せ即日融資】無職の審査対策として派遣会社に登録する

即日融資&無審査で無職が借りるには。特に資産もなく、保険にも入っていないという場合は、金融機関でお金を借りるしかありません。

ただし無職の場合、借り入れ申込時点に、職業欄を埋めることができません。無職の場合はほぼ確実に審査に通りません。

その為、どうしてもお金を借りたい場合は審査対策で就業先を作る必要があります。その場合、最も有利なのが派遣会社です。

派遣会社は労働実績が必要ない

即日融資&無審査で無職が借入するために、派遣会社の場合は、まず実際に派遣先で働くかどうかは別として、登録することは簡単です。

なので、無職でも手っ取り早く勤務先を作ることができます。

本来であれば実際に派遣スタッフとして働くのが理想的ですが、何らかの事情で働かない場合でも、所属年数は経過していきます。

半年から1年が、ローン審査に通る勤務歴の目安です。

運がよければ派遣会社に登録だけして半年も経過すれば、即日融資を受けられる可能性もあります。

返済時の収入はどうするか、という問題が残るのでおすすめはしませんが、ひとまず審査を通したい場合は、派遣会社に登録するという方法がおすすめです。

即日融資したいなら無職になる前に資金確保しておくのが必須

ワンポイントアドバイスとしてやはり実際に無職状態になってからは、お金が借りにくいのが現状です。

無職状態で即日融資を狙うには、担保となる資産が必要であったり、資金の使用目的が限定される借り先しかないためです。

不測の事態で無職を余儀なくされたという場合を除いては、退職前にクレジットカードやローンカードの発行を行い、無職に備えておきましょう。

「キャッシュ」アプリでお金を引き出す

即日融資&無審査で無職がお金を稼ぐ方法があります。こちらは無審査でお金を引き出すことができますがカードローンではありません。

キャッシュというアプリを簡単に言えば、「買い取りアプリ」です。よくある買い取りサービスとの違いは、商品を手元に置いたまま入金できる点です。

スマホで撮影した自分の持ち物の画像を送信し、査定が完了次第、入金されます。2週間以内に、お金を返金、商品を「キャッシュ」に郵送して売却のどちらかを選びます。

2017年6月にサービス開始後、16時間で一旦サービスが終了し、怪しさだけが残りましたが、11月に動画配信で有名なDMM.comが買収したことで、現在も人気を博しています。

とにかく早く現金を手に入れるという点では、他に類を見ないサービスです。

生命保険の契約者貸付を利用する

即日融資&無審査で無職が借りるには、積立タイプの生命保険の多くに契約者貸付といって積み立てたお金の一部を貸付してくれることがあります。

積立タイプの生命保険には解約払戻金というものがあり、この解約払戻金の範囲内であれば、一時的にお金を借りることができます。

非常に低金利でデメリットが少ない方法なので、積立型の保険に加入している人は、検討してみてください。

無職でも不動産や株券などを担保に金融機関で審査が可能

無職の即日融資は無理だと言いましたが、担保に出来るものがあれば金融機関からお金を借りることは不可能ではありません。

金融機関からお金を借りるときの担保になるのは次のようなものです。

  • 不動産
  • 有価証券や会員権

基本的には不動産か株券、そしてゴルフの会員権などはお金を借りるときの担保に出来ます。

何を担保にすればいくら借りられるかは金融機関によって違います。

担保に出来そうなものがある場合は、普段利用している銀行の窓口で貸付の可否を相談してみましょう。

生活福祉資金貸付制度に申し込みしてみる

生活困難者向けに社会福祉協議会が実施している生活福祉資金貸付制度があります。

生活福祉資金貸付制度は即日融資ではありませんが、連帯保証人が付く場合、無利子でお金を借りることができます。

借りたお金の使用用途は限られているのですが、失業中の人が再就職するためには十分な内容になっています。

  • 引越し費用
  • 就労のための技術習得の費用
  • 緊急時の小口資金など

ただし、これは給付金ではなく貸付ですので「返すことが出来ること」がお金を借りるための大前提になります。

再就職の意志もない無職やニートの場合は、審査で落ちる可能性が高くなります。

制度よりも失業保険が優先されるので注意

また失業保険をもらえる場合は、生活福祉資金貸付制度よりも失業保険を優先する必要があります。

  • 失業中
  • 失業保険の受給資格がない
  • ハローワークなどで求職をしている

上記の条件が揃えば、無職やニートであっても生活福祉資金貸付制度を利用する資格あります。

ただし逆を言えば、働く意志のない人には利用できない制度ですので注意が必要です。

また、社会福祉協議会が実施する社会福祉施策の一環です。

包括的支援という名のもとに、生活全般を支援されることになります。
こちらも無審査でもなければ即日融資でもありませんが、覚えておいて損はないでしょう。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
パチ・スロで高収入ならコチラをチェック↓↓↓↓

おすすめの記事