可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

総量規制 対象外の消費者金融

総量規制 対象外の消費者金融はどこ?日本では貸金業法により貸金業者は年収の1/3以上貸し付けることができないことになっていますが一部では総量規制対象外の消費者金融商品があります。今回は本来できないはずの消費者金融からの総量規制をオーバーした借入を可能にする方法をまとめました。

総量規制対象外の消費者金融はどこ?銀行との違いは?

総量規制対象外の借り入れは、消費者金融でもおこなえることをご存知でしょうか。

総量規制を超えた場合のキャッシングとして、総量規制対象外の銀行カードローンで借り入れをされる人が多いと思われます。

しかし銀行のカードローンは、過剰貸付の問題により融資額を年収の3分の1までに制限しているのが現状です。

  • 銀行カードローン
    貸付限度額を年収の2分の1まで→年収の3分の1までに自主規制中
  • 消費者金融
    総量規制の例外として証書貸付による年収の3分の1以上借り入れが可能

銀行カードローンは多重債務問題で審査通過しにくくなった

簡単な審査で大きな額を借りられる総量規制対象外のカードローンに対して、国会や法曹界で多重債務問題を助長していると批判が強くなり、大手銀行や地方銀行が融資の抑制をはじめました。

現在のマイナス金利下でも融資は続き、貸金業法が及ばないことで自粛も制限もない融資が危険視されている問題です。

2018年1月から警視庁のデータベースでも照会し、審査に時間をかけるので銀行カードローンでは即日融資を停止しています。

これまでの保証会社の審査もあるため、申し込みから実際に融資が行われるまでには2週間ほどかかるものと見込まれています。

このように銀行カードローンでは総量規制以上の融資が期待できないため、総量規制を超えたキャッシングには消費者金融を選択する必要があるのです。

消費者金融なら総量規制対象外のキャッシングも可能

総量規制対象外の消費者金融商品というものがあって、消費者金融は総量規制の例外貸付により、年収の3分の1を超えた借り入れにも対応してもらえます。

他社借り入れがある場合でも積極的な融資が期待されますので、総量規制対象外の借り入れをするなら消費者金融を利用するのが得策です。

消費者金融は全国に数多くありますが、その全てが総量規制を超える融資に対応しているわけではありません。まずは総量規制対象外でも借り入れできるおすすめの消費者金融を紹介しましょう。

総量規制対象外専門の消費者金融サービス

総量規制対象外専門の消費者金融というものもあります。マンモスローンを提供しているご融資どっとこむは貸金業界に加盟している、正式な消費者金融です。

なのになぜ総量規制対象外でお金を貸し付けることが出来ているのか?

実は、おまとめローン目的なら消費者金融でも総量規制の枠を超えて一時的に貸し付けをすることは法律で認められているからなんです。

おまとめローン目的なら総量規制対象外だから消費者金融でも借りれる

これはあまり知られていないことですが、結論から言えばおまとめローンや借り換え目的による消費者金融の利用は、総量規制対象外となります。

これは貸金業法の法律でも明文化されているので間違いありません。

というのも複数の消費者金融で借入を行っている人にとって借金を一本化するということは、月々の返済額や金利を引き下げることに繋がります。

これが顧客に一方的有利となることから、消費者金融のおまとめローンや借換えローンは総量規制の対象外とされているのです。

つまり、借り換えやおまとめローンであれば、本来なら消費者金融でも総量規制の枠を超えてキャッシングができるということ!ただ、あくまでこれは法律で決められたルールなので、消費者金融の審査に通るかは別の話になります。

そのため実際問題として、消費者金融で総量規制の枠を超えてキャッシング審査に通過できた人の数はかなり少ないのが現実なのです。

そこでおすすめしたいのが中小消費者金融のおまとめローン!マンモスローンはCMをしていないため知名度こそはないものの、"おまとめローンを専門"として取り扱っています。

つまり個人に対してまとまった金額の融資には慣れている貸金業者なのです。

ですから個人向けのおまとめローンに対してのノウハウも整っており、独自の審査基準を元にして個人のおまとめ目的での融資を積極的に行っています。

総量規制対象外の消費者金融で審査の際に見られる項目

総量規制対象外の消費者金融で審査の際に見られる項目とは。ただし独自審査が売りといっても正規の消費者金融である以上、厳格な審査が行われます。

消費者金融での審査の際に見られる項目は下記の通りです。

  • 信用情報
  • 年収
  • 他社の借入件数
  • 他社の借入額

この他にもこのような項目が見られます。

  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 雇用形態
  • 金融事故歴(債務整理・滞納・延滞・申込ブラックなど)

居住形態は、あまり消費者金融での審査の際に影響しません。しかし、その他の項目はとても重要です。

特に消費者金融で総量規制対象外の借入する際に、重要視される項目は「勤続年数・信用情報」です。この2項目をクリアできていれば、消費者金融でも年収の3分の1を超える借入ができる可能性が高いでしょう。

勤続年数は、長ければ長いほど、消費者金融での審査に有利になります。信用情報は、過去のローン返済履歴です。過去にローンの滞納・延滞などがみられる場合は、審査に不利になるかもしれません。

しかし、これらの情報に問題がなければ、消費者金融に与信(信用性)が高いと判断されるでしょう。ただし、これらの情報に問題要素がみられない場合でも、申し込みの際に「虚偽の申告(嘘)」があった場合は、消費者金融の審査に落ちます。

消費者金融だけなく銀行カードローンでも、審査では与信が不可欠なので、申請に嘘があると、消費者金融側から「信用できない」と判断されて審査に通過しません。

他社の金融機関にも、この情報は知られてしまうので、審査に通過しづらくなります。必ず正しい情報のみを申告しましょう。

総量規制についておさらいしてみよう

総量規制 対象外の消費者金融を探す前に、総量規制についてまずはおさらいしてみましょう。

消費者金融での借入においてよく言われる総量規制というのはざっくりと言うと、壊滅的な大きな債務を抱えない為の規制です。

  • どう言うふうに壊滅的な債務を抱えないのか?
  • 消費者金融で借金地獄にならないようにするのは、どうしたらいいのか?

というコトで、国がどのように対応したのかというと、

年収の1/3以上は貸付をしてはいけない!と規制を2010年の貸金業法の更新と共に設定し、これにより、消費者金融では年収の1/3以上の借入は出来なくなりました。

つまり、年収300万円の人は100万円までしか借入出来なくなったというわけです。

総量規制の対象となるものとそうでないものがある

次に、総量規制の対象になるものと対象外のものがあるということも把握しておかなければなりません。

勘のいい人は、すでに疑問に思われた人も多いと思いますが、マイカーローンや、住宅ローンなど、自身の年収を遥かに超えている場合のローンなどもありますが、これらは、総量規制の対象とはなりません。

では、総量規制対象外となる金融機関やローン商品についてみていきまょう。

貸金業者の対象になる金融業者(年収の3分の1まで)

貸金業者の対象になる金融業者(年収の3分の1まで)は以下の通り。

  • クレジットカード会社(※)
  • 消費者金融
  • 信販会社のキャッシングなど

貸金業者の対象にならない金融業者(年収の3分の1以上)

貸金業者の対象にならない金融業者(年収の3分の1以上)は以下の通り。

  • 銀行カードローン
  • 信用組合
  • 信用金庫
  • 労働金庫
  • JA全農など

※クレジットカードのショッピングリボは、「貸金業者」に該当しません。「分割払いリボ払い・ボーナス払い」に関しては、「貸金業法」ではなく、「割賦販売法」が適応されます。

「貸金業者」は、財務局、または都道府県に登録している業者のみをいいます。銀行や、信用組合などは銀行局に当たるので、総量規制の対象に含まれません。

総量規制対象外のローン商品一覧

総量規制対象外のローン商品一覧としてはこのようなものがあります。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • 医療ローン
  • 不動産や株券などの担保を入れている場合のローン
  • クレジットカードのショッピング枠等のローン
  • 銀行から借入するカードローン

などが、一般的によく使われている身近な総量規制対象外のローンの一部です。

基本的に、どれも借入枠を作って現金を自由に借入し、最低返済額を超えた自由返済するタイプのよくあるキャッシングではなく、

目的があって借入し、返済オンリーとなっているパターンのローンや、クレジットカードなどの直接現金を借りるものではなく、ショッピング利用時に使えるといったようなものは、総量規制の対象とはなりません。

総量規制には「例外」と「除外」がある

総量規制対象外の消費者金融だけでなく、総量規制を知るうえで上記以外にも「例外」と「除外」があることを知っておくと良いでしょう。

実は、貸金業者でも「例外」と「除外」の場合に限り、年収の3分の1以上の借入ができるのです。

実は総量規制の例外となる項目はたくさんある

今回は総量規制対象外の消費者金融の紹介という形で、マンモスローンをピックアップしてみました。

また、おまとめローン目的ならその他の消費者金融でも総量規制対象外となることもお伝えしました。ですが、実はこれ以外にも総量規制の例外となる項目はたくさんあります。

総量規制対象外となる主な項目

総量規制対象外となる主な項目は以下の通り。

  • 一方的有利となる借換え・おまとめ
  • 不動産購入に必要なお金
  • 高額医療に必要なお金
  • 配偶者の年収の3分の1までのお金
  • 個人事業主に対する貸付 など

これらの項目に当てはまる利用目的のお金なら、消費者金融からのキャッシングでも総量規制の対象外として扱われます。

ただ、実際には各消費者金融の審査基準を満たさないという理由で、審査に落とされるケースがほとんどです。

総量規制対象外の消費者金融ローンを活用して、負担を減らそう

総量規制対象外の消費者金融ローンであれば、原則、消費者金融でも「年収の3分の1以上」の融資が実施できます。

特に消費者金融の総量規制対象外のローンとして、おまとめローンは複数ある借入を「一本化する」のに適しています。

例えば、A社B社C社と消費者金融での3社での借入をD社1社にまとめれば、バラバラだった金利をひとつにして無駄な利息を無くしたり、全体の手数料や返済総額も小さくまとめることができます。

総量規制対象外のローンは銀行ローンのほか、消費者金融の「おまとめローン」にも適用されるので、今回の条件を踏まえて自分にあったものを選ぶようにしましょう。

おすすめの記事