可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

目次

【無職でもお金借りたい】短期的に借入するだけなら無職でもOK?

大学や高校を卒業してから、ずっと就職した会社に勤め続けるそんなのはもう古いといえるこの時代。
転職を経験した人も多いのではないでしょうか?

転職するのはいいものの、困るのはお金。
実家暮らしならまだ一時的に収入がなくてもなんとかなりますが、貯金があまりない一人暮らしの方の場合、現在の仕事を辞めてから次の職場に行くまでの期間のお金に困ってしまう、ということも珍しくありません。

そんなときの強い味方といえばカードローン!

お金を借りることができれば生活費などその時期をしのげます。
しかし、短期間といえど無職の場合、利用することは出来るのでしょうか?

お金借りたい!無職は融資してもらえないって本当?

無職でも、その期間が短ければカードローンで生活費などのお金を借りることが出来るのでしょうか?

その時期さえ乗り切れば次の職場も決まっているわけですから、返済をきちんとすることも可能ですし、問題なく借りられるような気がしますよね。

カードローン会社の審査基準はそれぞれなので確実というわけではありませんが、今回の記事では無職にも融資出来るのか、サイト内にて情報をまとめてみました。

あなたはどれ?無職の状況によってはお金を借りることが出来るかも

意外にもあまり知られていないことですが、一概に無職と言っても世の中には様々な無職の定義があります。

まずはここで無職についてはっきりと理解しておきましょう。

いわゆる無職とは、以下のような考え方で定義されています。

失業者:働いていた経験があり、職を失ってから比較的短期間、かつ失業保険を受けている人

  • 不労所得者:働かなくても収入がある人(家賃収入、権利収入など)
  • 専業主婦(主夫):結婚して家庭内での家事を専門にしている人
  • 年金生活者:定年後、年金で生活している人
  • ニート:雇用されておらず、学生でもなく、職業訓練を受けている状態でもない人

カードローンの審査条件によっては借入出来る無職もいる

お金を借りるキャッシングやカードローンについて考えた時、

  • 失業者
  • 専業主婦
  • 年金生活者
  • 不労所得者
  • 学生

は前向きになるべきでしょう。
この種類の無職とは、確かに無職ではあるのですが、「収入がある無職」なのです。

収入がある無職は「無職」の定義に当てはまらない

お金を借りたい無職の中でも、ニートと求職者以外は全て「収入がある」という定義になります。
無職であっても自由に使えるお金がある立場です。

また、この他にも、保険などの社会保障がないために「無職」という公的な扱いをされやすいのが水商売です。
しかし収入があるのは確かなので、こちらもキャッシングなどに前向きになれる立場です。

無職だけどお金借りたい!専業主婦や水商売も実はOK

お金を借りる相談でよく上がる話が、専業主婦、水商売、そして失業中の人は本当に借りられるの?

という心配です。
結論から言いますと、全ての金融機関ではないものの、貸してくれるキャッシング会社やカードローン会社はたくさんあります。

お金を借りる時に金融機関が重視するのは、何よりもその人の返済能力です。

専業主婦はご主人の収入(家計)で、水商売の人はもちろんその収入で、失業者の人は社会保険から支給される失業保険給付金がありますよね。

また、学生の人もお金を用立てたい時があるかと思いますが、やはり無職扱いになるのかという質問も耳にします。

この件に関しては、学生はアルバイトの収入で返済していけば全く問題ありません。(ただしアルバイトをしていない学生は無職と定義されます)

金融機関の無職の定義や審査は様々

認識としては失業者もニートも一般的な定義では同じ無職だと思われがちですが、実は違う部分がいくつか存在します。

まず完全に違うのは、金融機関からすると、無職という立場は「無収入である」人のことを指します。

ですからお金を借りたいとおもっても無職だからと申し込むのを諦める人もいますが、金融機関にとって「収入がある無職」は完全な無職とはならないことを覚えておきましょう。

つまり専業主婦の人には配偶者の収入が、失業者には失業保険がある為、金融機関によってはお金を借りられるのです。

無職でもお金借りたい!専業主婦は銀行カードローンor消費者金融

まずは専業主婦の方の場合です。

実は専業主婦の方は、今回挙げた無職のカテゴリーの中では一番お金借りたい時に融資を受けやすい属性となっています。

収入が無くなれば無職といえますが、前述通り専業主婦の場合であれば消費者金融、銀行カードローン、いずれも即日借入ができるのです。

金融機関借入方法借入限度額
消費者金融配偶者貸付配偶者と合わせた収入の1/3まで
銀行カードローン本人名義30万円~50万円

消費者金融の配偶者貸付とは

消費者金融では、専業主婦の貸付けには配偶者の同意が必要となります。
そのため、「ちょっと家計費が足りないから、旦那に内緒で埋め合わせをしておこう」というコトは出来ません。

配偶者の同意のもとに、配偶者の収入の1/3までが借入れできる金額となります。

一方、銀行カードローンでは、専業主婦でも本人名義で借入ができます。
配偶者の同意が必要ないので、銀行カードローンなら配偶者に内緒で借入れができます。

ただし、借入できる金額は30万円~50万円に限られています。
けれど、家計費の埋め合わせには十分な金額ですね。

この背景には「専業主婦を行えているということは、配偶者の稼ぎがしっかりしているのだろう」という融資側の判断があります。

つまり金融業者側は、専業主婦の背後にいるであろう配偶者を透かし見てお金借りたい人への融資を行っているんですね。

ただし、借り入れを行うのはあくまで専業主婦なので、上限金額は通常の場合よりも低めに設定されていることが多くなっています(一般の方は限度額300万円までだけれど、専業主婦の場合は30万円まで等)。

またアイフルやアコム、プロミスなどの大手消費者金融では配偶者貸付を行っていないので借入先が自然と中小消費者金融(街金)だけに限定されてしまいます。
そうなると銀行に比べて自然と金利も高くなってしまうので、出来れば専業主婦は銀行カードローンを検討した方が良いでしょう。

無職でもお金借りたい!学生は親が保証人になることで審査可能に

続いては学生ですが、学生の方でアルバイト等もしておらず収入がないとなると、借り入れを行うのは非常に厳しいと言えます。

学生の方でも結婚しているのであれば、上記の配偶者貸付制度(妻との収入を合算して1/3まで借りれる制度)を利用するという方法も考えられますが、非常に稀でしょう。

しかし、銀行カードローンや消費者金融の中には一部ではありますが、学生本人の親が保証人になることで収入がない学生に対しても融資を認めているところがあります。

融資をする側からすれば、返済してくれさえすればそれが契約者自身のお金であるかどうかは関係ありません。

ただし、お金借りたいと思っても利用できるところはあまり多いとは言えないので申し込みの際に学生でも可能か確認しておくことをオススメします。

無職でもお金借りたい!年金受給者でもキャッシング先はある

年金受給者の方がお金借りたいと思ったときに借り入れを行えるかどうかは、金融機関が年金を「収入」ととらえてくれるかどうか、という一点に尽きます。

年金=収入という扱いなのであれば、安定した収入ありと見なされるため融資を受けることができます。

逆に年金=収入でないのであれば、年金受給者の方は安定した収入がないことになるので融資を受けることはできません。

年金を収入ととらえるかどうかは商品概要に説明や補足があることが多いので、そちらを確認することで利用できるかどうかが分かります。

大抵の場合中小消費者金融が対応していることがおおいのですが、はっきりとした記載がない場合には事前にコールセンター等に電話をかけて聞いてみるのが賢明です。

無職でもお金借りたい!不労所得がある人なら借りることは出来る

また、仕事はしていないけれど不労所得があるというような場合であれば、お金借りたいいざという時に借りることが可能かもしれません。

銀行カードローンの審査においては年収ももちろん重要な要素になりますが、総量規制の影響を受けないため「年収も含めた総合的な返済能力」で判断してもらうことが可能だからです。

つまり「仕事を行うことによっての収入はないもののそれ以外の要素を鑑みた上で返済能力がある」と判断されればよいということ。

不労所得はまさにその条件にピッタリ当てはまるものであり、不労所得の種類や金額によっては失業者の方でもお金借りたい時に融資を受けられる可能性はあります。

完全なる無職(ニート)はお金借りたい時にどうしたら良いの?

ここまでは様々な無職の属性と借入先をご紹介してきましたが、これらに該当しない無職(ニート、失業保険を貰っていない無職)の人もいるでしょう。

ではそんな人はどうしたら良いのでしょうか?

担保となるものがあれば無職でもお金を借りることが出来る可能性も

こちらはレアなケースですが、不動産などを持っている場合、それを担保としてお金を借りることも出来ないことはないでしょう。

住宅ローン・マイカーローン・カードローン・フリーローン等はよく耳にしますが、これらの借り入れ方法以外にも、家や土地を担保にいれる「不動産担保ローン」や、車を担保にいれる「自動車担保ローン」があります。

どちらも利用者の不動産や車を担保にお金を借りる方法です。

これらの資産を金融業者が査定し、その査定額に応じた金額を上限に借入することができるので、無職でも相応の資産があれば借入をすることは可能です。

但し、不動産担保ローンや自動車担保ローンは、手軽に利用できる無担保ローンのカードローンやフリーローンなどに比べると、リスクやデメリットもあることを理解しておかなくてはいけません。

不動産担保ローンと自動車担保ローンのメリット・デメリット

メリットデメリット
不動産担保ローン・信用性が高い
・金利が安い
・返済期間が選べる
・不動産価値が下がると追加担保を要求される
・繰り上げ返済時に違約金が発生する可能性
・契約にかかる諸費用や調査費用がかかる
自動車担保ローン・どこからも借入できない時に利用できる
・手続きが比較的簡単
・少額しか借入できない
・査定料が必要
・名義が業者名義に変更されリース料が請求される場合がある

自動車担保ローンは即日融資が可能な場合もありますが、不動産担保ローンは、契約から融資までに時間が掛かるので、無職でもお金借りたいは可能ですが、すぐにお金が必要な即日融資希望の方には向かないと言えるでしょう。

転職予定で無職。転職後すぐなら融資可能?

「それなら、転職後すぐならお金を借りられる?」という疑問が浮かんだ人もいるでしょう。とりあえず貯金を崩して生活し、転職後その分をカードローンで補う、という計画ですね。

確かに無職に比べれば飛躍的に借りられる確率は向上します。消費者金融のカードローンであれば借りられる可能性は十分にあります。

とはいえ、審査のうえで重要なのが実は「勤続年数」です。
転職直後の勤続年数が少ない時期ですと、審査に影響は少なからず出てきます。

借りることが出来ても利用限度額はかなり低めだったり、審査に落ちてしまうこともあります。ポイントをまとめると

  • 転職してから半年くらいは申し込まない方が吉
  • 転職して1年くらい経てば十分に借りられる

つまり勤続年数は長い方がお得ということ。

無職よりは可能性は高いですが(無職でもお金借りたいの可能性はほぼ0なので)転職直後も審査の上では不利になってしまうことは知っておきましょう。

これで安心!無職になってからお金借りたい時の対処方法

無職でもお金借りたい状態になった時には、以下の方法で借入ができます。

  • 派遣会社に登録
  • パートを始める
  • アルバイトを始める

派遣会社や日雇いの仕事で即日融資が可能になる

借り入れは、定職に就いていなければいけないという決まりはありません。

アルバイトやパート、主婦や学生でも借り入れができる時代ですから、派遣に登録していれば審査による在籍確認も可能となり、即日融資を受けることができるようになります。

ですから、まずは派遣会社に登録をしましょう。

最近は、ネットから簡単に派遣の登録申し込みを行うことができます。派遣登録は、面接をしない会社も多いので、無職でも比較的容易に仕事をはじめることができます。

ちなみに派遣会社の登録は、履歴書を持って面接に行くと完了します。

その際に、パソコンの操作チェックや一般常識などのテストを受ける場合もありますが、結果はどうあれ登録手続きは完了します。

派遣会社の場合は登録後に仕事の紹介があり、はじめて働くことが可能となります。もちろん、紹介されたからと必ず受ける必要はなく、断ることも可能です。

  1. 派遣会社に登録
  2. 派遣会社に在籍済
  3. 派遣会社より仕事の紹介が来る(断ることも可能)

このようにすれば派遣会社に登録した時点で在籍しているので、カードローン会社から在籍確認の電話が来てもOKとなります。

カードローン会社の勤務先情報にも堂々と派遣会社を書くことが可能です。

派遣会社以外にも、日雇いの仕事でも即日融資は可能。仕事をし、収入があることが融資の最低条件になりますから、派遣会社でも日雇いでも十分可能でしょう。また、無職から再就職するのは時間がかかります。

すぐに面接に受かれば良いですが、不景気な世の中でそう簡単にいく話ではありません。でも、派遣会社は登録するとすぐに働くことができますから、無職でも安心です。

ただし、借り入れをするということは、『返済』も大切です。借りるだけ借りて返済できない…なんてことにならないように、少額からの借り入れをオススメします。

【無職でもお金借りたい】パートやアルバイトで融資可能に

仕事についていれば、お金を借りることが可能です。
なぜならば、金融会社は毎月返済してもらいたいため、定職についていないと返済能力に疑問あり。となってしまうためです。

この場合パートを始めるのですから、「働き始める」ということですね。

この場合は毎月収入があるので、返済もできます。

同様にアルバイトを始める場合も、パートと同様ですよね。
アルバイトやパートは「働く」ことになるので、毎月収入があります。収入は働いた分だけになります。

なお、派遣とアルバイトやパートの違いは以下の通り。

対処法在籍収入
派遣会社カンタン登録だけでは無し
パート不採用もある働いた分
アルバイト不採用もある働いた分

【無職でもお金借りたい】既にカードローンの契約していれば借入可能なことも

無職の人はカードローンを利用することは基本的に出来ない、と記述してきましたが

もう前の会社をやめてしまったけれどカードローンの契約は既にしている

という人は、無職でもお金借りたい時に借りることが出来る可能性があります。

前の会社を辞めていないなら、このタイミングで契約を!?

無職予定だけど今後のことを考えてお金借りたい。
状況として、何らかの理由があって無職になる予定で会社を辞める必要があるけれども、まだ会社を辞めていないという状態なら、今すぐにでもカードローンの契約を行ったほうがいいでしょう。

先ほど少し触れましたが、カードローンの審査において「勤続年数」は非常に重要。

なぜかというと、勤続年数が長いことによって

  • 転職を繰り返すタイプではないことがわかるので、収入が安定している
  • 一定の地位がある可能性がある(課長など)

安定している年収は返済能力が高いと判断される

など、審査にとってはいいことずくめなのです。

仮にあなたがお金を貸すと考えても、職を転々としている人よりは1つの会社に勤めている人に貸したほうがきちんとお金を返してくれそうと思いますよね。

無職の期間や、転職直後はカードローンの審査では非常に不利。
まだ会社を辞めていないなら、確実に借りることが出来る確率が高い今申し込んでしまうのはひとつの方法です。

既に会社を辞めても、その前にカードローン契約してたらセーフ

そしてもうひとつのパターンとして

既にもう会社を辞めてしまったけれども、カードローンを契約していた(借りられる状態にある)人なら無職でもお金借りたいが可能です。

もちろん利用限度額が残っている場合に限りますが、改めて会社を辞めてからカードローンの審査に申し込みをする必要はありません。

ただし最悪借り入れ停止の可能性もあるので注意が必要です。

というのもカードローンやキャッシングでは、転職後には報告が必要となります。

転職前にカードローンを契約しておくことで、その期間はなんとか乗り切れるはずです。

しかし、転職後はきちんとカードローン会社に報告はしましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用すると無職でもお金借りたい可能

既に会社も辞めてしまったから新規のカードローンの借り入れはムリといってもいい。

そんな状況だけどお金を借りたい!という無職の人はクレジットカードの「キャッシング枠」でしのぐというのもひとつの手です。

あまり知られていませんが、クレジットカードでも現金を借りることが出来ます。

クレジットカードには

  1. ショッピング枠
  2. キャッシング枠

が存在します。この2つの違いは以下のような感じです。

種類内容
ショッピング枠・いわゆる「クレジットカード」でイメージするもの
・買い物、支払いなどに利用する(それにしか利用できない)
・クレジットカードであれば必ずある枠
キャッシング枠・クレジットカードを利用して現金を借りるもの
・一般的なカードローンのように利用する(自由な使いみち)
・クレジットカードによっては設定できないものもある

ショッピング枠は自分の口座から前払いするようなイメージですが、キャッシング枠は全く別のところからお金を借りるイメージ、まさにカードローンに非常に近いものと思っていただければOKです。

また、クレジットカードのキャッシング枠の扱いについては3種類あり、

  1. キャッシング枠が設定できないもの
  2. キャッシング枠とショッピング枠が別に設定されているもの
  3. キャッシング枠とショッピング枠が共有しているもの

があります。

最初のキャッシング枠が設定出来ないものは学生カードに多いですが、大人向けのカードでもたまにあります。
別と共有については以下の表のような違いがあります。

種類利用可能額ショッピング枠キャッシング枠
枠が別タイプ100万円80万円20万円
枠共有タイプ100万円最高100万円最高100万円

別タイプであれば、ショッピング枠での利用額が20万円でも、キャッシングで20万円までしか借りることが出来ません。
枠を共有するタイプのカードなら、同じ条件で、いざお金借りたい時に80万円まで借りることが出来ます。

主に別タイプが主流で、共有タイプは少なめです。

自分のカードがどうなっているかは簡単にわかる

自分のクレジットカードにはキャッシング枠があるのか?あるとしたらいくらなのか?と何気に知らない方も多いかと思います。

チェックする方法は非常に簡単で、毎月の支払明細を確認するだけ。

ショッピング枠:○○円
キャッシング枠:○○円

と記載されているはずです。
手元に明細がない方は、WEBで会員サイトをチェックしてみましょう。
それでもわからないという方は電話などでお問い合わせを。

無職でも借りれるクレジットカードの注意点

無職でも今手元にあるキャッシング枠に「50万円」といった数字が記載されている場合はキャッシング枠を利用してお金を借りることが可能です。

対して記載がなかった場合、または「0円」と記載されていた場合、前者はキャッシング枠が用意されていないクレジットカードの可能性が高く、後者はキャッシング枠の設定が可能なものの、設定していない状態です。

ここで注意がひとつ。
既にキャッシング枠がある、つまりお金を借りられる状態にあるクレジットカードであれば無職でもお金借りたい時にキャッシング枠を使った借り入れが出来るのですが、キャッシング枠を設定していないクレジットカードは利用することが出来ません。

もちろん、本来であればキャッシング枠の利用を設定すれば利用が可能になるのですが、キャッシング枠をいくらにするか、必ず審査が入ります。

これはカードローンの審査と似たようなもので

  • 信用情報のチェック
  • 勤務先への在籍確認

といったことが行われます。

無職の状態ではカードローンと同様にキャッシング枠を手に入れることは出来ないので、このケースは残念ながらクレジットカードのキャッシング枠の利用も難しいといえるでしょう。

ショッピング枠の現金化は最終手段

無職だから融資は望めない。
キャッシング枠がないクレジットカードしかない。でもお金借りたい。
この場合でも現金を手に入れることが出来ないわけではありません。

どうするかというと、「クレジットカードの現金化」という方法で可能といえば可能です。

現金化といってもクレジットカードを売って現金にする、というわけではなく、ショッピング枠を現金にする、というイメージです。

具体的にはクレジットカード現金化のサイトへ行き、現金化を申し込みます。

そうすると「ここでこの商品をクレジットカードで購入し、発送先をここにしてください」という指示が来るので、そのとおりに商品を購入します。

そうすると、その商品代金の80%を現金として口座に振り込んでくれるというシステムになっています。

ただしクレジットカードの現金化がバレた場合最悪利用停止となることもあるので最終手段として考えてください。

可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】
おすすめの記事