可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

お金借りれない理由

お金借りれない理由は?消費者金融や銀行でお金借りられない理由の中には、どうしてもすぐには改善できないものもありますが、少しの対策で解決できる問題もあります。そこでこの記事では審査に通らない7つの理由と改善方法について解説していきます。

銀行や消費者金融でお金借りれない理由は?

銀行や消費者金融でお金借りれない理由は?カードローンやキャッシングでお金を借りたいのに、どうして借りられないの?とお悩みの人はいませんか?

カードローンやキャッシングの審査は簡単なわけではないので、場合によっては審査に通ることができず、お金を借りられないということもあります。

ここではカードローン審査に通らない理由として、大きくつのポイントに分けてご紹介していきたいと思います。どのような原因でカードローン審査に通らない状況になってしまっているのか、よく考えてみましょう。

お金借りれない理由は審査条件にあり

お金借りれない理由はもしかするとあなたの審査条件にあるのかもしれません。

ですが、銀行カードローンや消費者金融会社側は、審査に通らない理由や原因について教えてくれることはありません。ですのでまずは自分自身でお金借りれない理由を考えることから始めてみてくださいね。

お金借りれない理由①仕事と収入が安定していない

お金借りれない理由として仕事と収入が安定していないということが挙げられます。

カードローン審査に通らない・お金借りれない場合、仕事や収入の問題が影響しているケースが多いので、あらかじめ注意しておきましょう。

仕事や収入がどのような状況である場合、審査に通らないということが分かれば、おのずと審査に通るポイントも分かるようになります。まずは自分自身の仕事と収入の状況を見直していきましょう。

カードローンやキャッシングの申し込み条件

カードローンやキャッシングの審査には以下のような申し込み条件や審査基準があります。

これらの基準を満たしていない場合は、カードローンの申込みをすることができません。

  • 申込み者本人が安定した仕事に就いていること
  • 申込み者本人に安定した収入があること

カードローンを利用する以上、仕事をしていることや収入はあることは必須条件となっています。

さらにどちらも「安定していること」というポイントがあるので、仕事や収入の状況が不安定である場合は、審査に通らないケースもあります。

ただし、場合によっては専業主婦でも申込みが可能な銀行カードローンや消費者金融もあります。

この場合は配偶者である夫が安定した仕事をしている、安定収入がある、ということが審査条件となりますが、どちらにせよ、カードローンを利用する上では安定した仕事と安定した収入が必要不可欠だということをよく覚えておきましょう。

お金借りれない理由は年収の低さではなく安定性

お金借りれない理由は年収の低さではなく安定性にあります。ここで勘違いしやすいのがお金借りれない理由が年収の低さにあると思ってしまう点。具体的な例をあげると。

  1. 今月はアルバイト収入が30万円あったけれども、来月以降は仕事があるか分からないAさん
  2. 毎月3万円のアルバイト収入が確実にあるBさん

この2人を比べてみると、今月だけの収入ではAさんがBさんの10倍もありますが、来月以降が分からないのではきちんと返済することが約束できず「返済能力」に欠けていることになります。

対してBさんは少ないながらも毎月確実に収入があるので「きちんと返済」していける約束ができるので「返済能力がある」とみなされます。

つまり、この場合、BさんよりもAさんの方が審査に落ちる可能性は高いです。
収入の大小ではなく、"安定度が審査基準"なんです。

もちろん雇用形態も契約社員や派遣社員よりは正社員が有利なことは当然です。

しかしいくら大企業に勤務していても従業員ではない役員はいつ解任されるか分かりません。

また歩合制の高い職業、例えば保険の外交員やタクシーの運転手などは毎月の収入が一定ではありません。

水商売や飲食店もそうですね。お客さんの入り具合によって収入が極端に変動してしまうのはお金を借りれない理由になってしまいます。

同じように自営業者もそうです。毎月の売り上げが一定ではないのは不安定な職業と判断されてしまうわけです。

この事から判断するに、最も審査に通りやすいのはたとえ零細企業に勤めていたとしても、勤続年数が長く安定した収入を得ることができるサラリーマンということですね。

お金借りれない理由②信用情報に傷がある

お金借りれない理由として、あなたには信用情報に傷がありませんか?

先に触れたように第1のお金借りれない理由の大きな要因は「安定した収入」です。また、銀行カードローンもや消費者金融では3つある個人情報信用機関(CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センター)のうちいずれか1つ、もしくは2つに照会を行い審査します。

  • 他社借入件数
  • 他社借入残高
  • 過去の債務整理
  • 滞納履歴

債務整理についてはすでに述べた通りですが、この他社借入件数・他社借入残高がお金借りれない理由となりうる第2のポイントです。

いくら安定した収入があっても、その多くを他社の返済に使っているようでは新たな融資をしてもきちんと返済される可能性が低い(=返済能力が低い)と判断され、審査に落ちてしまいます。

特に他社借入件数が多い場合「それだけ多くから借り入れするほどお金に困っている」と見なされ、審査落ちにつながるのです。

お金借りれない理由③借入総額が多いと審査落ちに

お金借りれない理由として借入総額が多いことで審査落ちになってしまうけーすがあります。

これも小学生でも想像がつきそうな原因ですが「借入総額が多い=キャッシング審査で不利」です。ただ「絶対に審査に落ちる」とは限りません。

というのは、返済をしっかりしている限り、むしろその借入総額は「その人の実績(クレジットヒストリー)」として、プラスにもなるからです。

借金は、その人の信用度のバロメーターだと言う言葉がありますが、これはある意味事実です。

というのも、借金というのは融資する側が「この人は、この金額までは完済できるだろう」と信じて貸す「ある種の信用」だからです。

ちなみに実際「クレジット」というのは英語で「信用」という意味を指します。たまにTVなどで有名な芸能人や実業家が○億もの膨大な借金を抱えて・・・なんていうのも「信用」の賜物なんですね。

ということで「借入総額が多い」ということは「絶対のマイナス」ではありません。ただしキャッシングには「貸金業法第13条の2第2項の規定」というルールがあります。

消費者金融でお金借りれない理由となりうる総量規制

消費者金融でお金借りれない理由となりうる総量規制とは何か。借金は信用の証と言っても限界値は当然あります。

というのも消費者金融は貸金業法という法律よって借入可能な金額が定められているのです。

貸金業法では借入可能な金額は銀行などの金融機関以外からの民間貸金業者からの借入が総額で年収の3分の1以内と決められていますが、これを総量規制と言います。

例えば年収300万円の人は、その3分の1である100万円までしか、消費者金融とカード会社などの貸金業者からの合計で借りることはできません。

この人がすでに他社から30万円を借りていた場合には、残りの枠は70万円までです。

すでに年収の3分の1の総量規制の枠を使い切っている人は、消費者金融やカード会社などの貸金業者からお金を借りることはできません。

なお、住宅ローンなどの不動産を担保としたローンや、自動車ローンなどは総量規制の対象外となっています。

銀行も年収の2分の1を越えるとお金借りれない理由になりうる

銀行の融資金額については、消費者金融のように法律による明確な決まりがあるわけではありません。

しかし、銀行も融資量については自主規制を行っており、概ね年収の2分の1以内とどこの銀行でも定められています。

住宅ローン以外の借入がすでに年収の2分の1以上になっている人は、それ以上の借入を銀行で行うことは難しくなります。

また、銀行カードローンの過剰融資が社会問題化していることから、最近では年収の3分の1以内までと自主規制を強化している銀行が存在するので、他債務についての規制は今後厳しくなっていく可能性が高くなっています。

借入過多が原因でお金を借りることができない人はいずれかの方法しか解決方法はありません。

  • 返済を継続していき、借入残高が少なくなるのを待つ
  • 給与アップなどで年収が上がったタイミングで申込を行う

どれだけ「借金は信用の証」といっても「年収の3分の1まで借りている」のであれば、法的にそれ以上融資できません。
また、それに近い金額を借りているなら、限度額もどうしても小さくなってしまうのです。

お金借りれない理由④多重債務者は審査落ちになりやすい

お金借りれない理由として多重債務者は審査落ちになりやすいのも事実です。

先程のお金借りれない理由である借入総額と違って「借入件数が多い」つまり「多重債務者」だと、これは確実にお金が借りれない原因となります。

「総額」と違って「件数」は評価されないのです。他者借入は少なければ少ないほどいいんですね。

なぜ借入件数が少ないほどいいのかというと、同じ「借入総額100万円」でも、それが一つの業者からの融資なら、「その業者が、100万円分その申し込み者を信用した」と受け取ることもできます。

実際その通りなので、その会社は100万円も融資しているのです。ということで「借入総額が多い」人でも「借り入れが1件だけ」という場合は「全然OK」なんですね。

しかし、この100万円が「5社から20万円ずつ」となると、話は別です。

  • どの業者も、この人を20万円分しか信用しなかった
  • 20万円以上のリスクを負いたくないと思った

ということなのです。それだけ「信用がない人」という証明になってしまうんですね。

お金借りれない理由が多重債務であるならおまとめローンの検討を

お金借りれない理由が多重債務であるならおまとめローンの検討をしましょう。ローンの中には複数の借入金を1本にまとめることを目的としたローンである「おまとめローン」という商品があります。

おまとめを行うとこのようなメリットがあります。

  • 多重債務を解消できる
  • 返済日が1本化できる
  • 金利が下がる可能性が高い
  • 毎月返済額が少なくなることが多い

ほとんどの場合で、おまとめを行ったほうが、おまとめを行わないよりもメリットがあります。金利の高いおまとめローンは返済に遅れがない限り審査通過はそれほど難しくありません。

また、消費者金融には消費者金融やカード会社などの貸金業者からの借入だけをまとめることを目的とした「貸金業法にもとづくおまとめローン」という商品が存在します。

多重債務が原因でお金を借りられないという人は、おまとめを行って貸金の1本化をおこなってからローンに申し込むことで、お金借りれない理由を打破できる可能性が高くなります。

お金借りれない理由⑤金融ブラック

お金借りれない理由はあなたが金融ブラックになってしまったことにあるかもしれません。金融ブラックとは、カードローンなどの金融サービスを通して事故を起こした経験がある人のことを指します。

「ブラックリスト」とも呼ばれていますが、明確なリストというものはなく、金融サービスの事故情報として扱われています。

この金融ブラックである場合も、お金借りれない理由のひとつなのです。

金融ブラックになってしまう原因

まずは金融ブラックになる原因について見ていくことにしましょう。
以下のようなことが原因で金融ブラックという扱いになるので、注意してください。

  • 借金の返済を延滞したことがある
  • 延滞を繰り返している
  • 金融業者からの督促を無視している

以前カードローンを利用していて、返済トラブルなど何らかの事故があった場合、ブラックになっている恐れが考えられます。

さらに延滞行為を繰り返していたり、金融業者から返済の督促の連絡が届いても無視していたり、何らかの問題行動がある場合は、ブラックとして扱われてしまうので要注意です。

これからカードローンを初めて利用する人も、ブラックにならないよう十分に気をつけて借り入れをしてください。

現在滞納がないなら中小消費者金融で借りれるかも

銀行はもちろん、大手の消費者金融もほとんどが銀行がバックについているので、延滞履歴やブラックリストに載った債務者には審査が降りないことが多いのです。

ですが、中小のキャッシング・カードローン・消費者金融会社は、大手がなかなか貸しづらいそうした方にも積極的に融資しようとする会社がいくつかあります。

中小消費者金融は大手の銀行カードローンや消費者金融のコンピューター審査と違い、自社でひとつひとつチェックしながら独自の審査をしています。

そのため、延滞やブラック・多重債務(5社以上)・債務整理経験者(個人再生・任意整理・特定調停・自己破産)などなかなか審査が通らない人でもお金を借りられる可能性があるのです。

しかし中小消費者金融でも、他社で現在滞納していると審査が通りません。
もし今現在滞納しているというのであればまずはその分だけでも返済して申し込みを行ってください。

お金借りれない理由⑥申し込みブラックは審査落ちに

お金借りれない理由として申し込みブラックは審査に落ちます。銀行カードローンや消費者金融のローンに申込を行うと、申し込んだ情報と審査結果が信用情報に6か月間記録されます。

信用情報に3回以上の申込情報が記録されている人を申し込みブラックと言いますが、申し込みブラックの人も審査通過が非常に難しくなってしまいます。

なぜ申込ブラックが問題なのかというと、例えば誰かにお金を貸してほしいと頼まれた場合に、その人が他の人にもお金を貸してほしいと頼んでいたことを知ったら、安心してお金を貸すことができるでしょうか?

普通は「そんなにお金に困っているなら、貸したお金が返ってこないかもしれない」と思うのではないでしょうか。

審査の際もこれと同じで、他社に多くを申し込んでいる人は、よほどお金に困っていると思われますし、信用情報からは分からない個人的な借金や隠れ借金が多いのかもしれないと疑われてしまうのです。

このため「心配だからやめておこう」という理由で、申込情報以外には何も問題がない人でも審査落ちとなってしまうことがあるのです。

お金借りれない理由が申し込みブラックなら6か月経過すれば問題なし

お金借りれない理由が申し込みブラックなら6か月経過すれば問題はありません。申込情報は申込を行ってから6か月間しか信用情報に保存されません。

このため、申込ブラックが原因で審査に落ちた人は、6か月間はローンやクレジットカードへの申込は避けたほうがよいでしょう。

申込情報が記録された状態で、再び審査落ちしてしまった場合には、その旨が信用情報にさらに記録され、そこから6か月間はその情報が信用情報に記録されてしまいます。

つまりこの場合、より長い間審査に通過しにくい状況が続くことになってしまうのです。

信用情報から申込情報が削除され、信用情報がきれいになったところで、改めて審査に申し込んだ方が、お金借りれない理由を確実に潰すことが出来ます。

お金借りれない理由⑦意外!?住居問題で審査に通らない

お金借りれない理由に意外にも住居問題というものがあります。住居問題が審査に大きく影響するのは銀行による貸付であることが多いです。

住居問題とは家族構成や住居形態がどのようになっているのかということを指しますが、借入審査で有利になるのは次の順番です。

①持ち家
②賃貸住宅

また家族構成で審査に影響するのは次の順番です。

①親と同居
②単身者

他にも同居人数によって審査に関わってきます。

①妻帯者で子供あり
②妻帯者で子供なし
③独身者

最も審査に通りやすいのは持ち家で親と同居し、妻帯者で子供がある人です。家族を養っていかなければならないと言う責任感と、住宅を持っているため借り逃げの心配がないという理由ですね。

逆に最も審査に不利になるのは賃貸住宅に単身で住んでいる独身者です。

いつ転居してもおかしくはない、独身者であるがために転居が容易であることがお金を借りれない理由として引っかかるのです。

住居問題だけで審査の当落が決まることはないとしても、借入審査のボーダーラインに立っている人は住居問題で落とされる場合が少なくありません。

一人暮らしは実家へ住民票を移すのもあり

一人暮らしをしている人は、実家へ住民票を移してみるのも有効です。

カードローンの審査では、一人暮らしよりも家族と同居している人の方が信頼されやすいと言われています。

また実家が持ち家の場合、賃貸に暮らしている時よりも信用を更に得やすくなります。

ただし実際に引っ越すならともかく住所と違った場所へ住民票を移すのは何らかの法律に引っ掛かる可能性があります。

また、住民票を移すと、カードの郵送などすべて実家に届いてしまうので家族にばれるリスクは高るので注意が必要です。

銀行や消費者金融でお金借りれない理由(まとめ)

お金借りれない理由や審査に通りづらい人の特徴とそういった人への状況別対策法をご紹介してきましたが、カードローン審査のポイントは限られています。

また、そのポイントの中で最も大きなウェイトを占めるのが信用情報です。さらに信用情報の着眼点も限られています。

ポイントをよく理解すれば人為的に審査に通過しやすい自分を作ることは可能ですので、ぜひ審査に落ちない自分作りを実践してくださいね。

おすすめの記事