闇金で借り逃げ出来るの?
可決率が割と高い街金一覧【アコム・プロミス・アイフルに落ちた人向け】

闇金で借り逃げ出来るの?

闇金から借り入れをしているのであれば「何とかして闇金から借り逃げしたい」という気持ちもあるでしょう。
もちそん実質的解決ができればそれに越したことはありません。
しかし、現状から借り逃げしたいという気持ちは誰にでも起こりえる感情です。

闇金融からお金を借りたという事実が闇金融で共有されますが、当然膨大な利息を加えた返済ができようはずもありません。

膨らんだ元金と、そこにある膨らんだ利息。
返済ができない金額が増えるばかりのループです。

闇金への返済義務はないなら闇金で借り逃げ出来るのでは?

闇金への返済義務はないなら闇金で借り逃げ出来るのでは?と思う人もいるかもしれません。

闇金業者は正当な貸金業者ではなく違法業者です。
ですから、実は闇金からであれば「借りても返済の義務はない」のです。

闇金で借り逃げするために適用されるであろう法律が2つあります。

民法90条 公序良俗違反

公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

その中でも当てはまるのは暴利行為です。
契約自体が無効となるため、実際にお金を借りていても無効、なかったことになるということです。

民法708条 不法原因給付

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

契約の内容は自由(契約自由の原則)です。
しかし、公序良俗に反する時効が目的となっている場合にはその契約は無効です。
その不法の原因のために給付つまり貸し付けたものは返還(返済)の請求はできないということです。

返済義務はないなら闇金で借り逃げ出来る、が

闇金で返済をする必要がないということは理論上、闇金で借り逃げ出来ることがわかりました。
しかし実際にはどうでしょうか?

闇金から借り逃げをする、踏み倒しをするなど「借り逃げすること」が果たして可能なのでしょうか。

現実的に言えば「借り逃げはできない」です。
警察に被害を相談し、弁護士に介入してもらって裁判の手続きを踏むなど、一つ一つ着実に解決に向けるのであれば闇金からの借り逃げも十分に可能です。
ところが、闇金から借り逃げするという行為は危険を伴うことを覚えておかなくてはなりません。

闇金の借金を踏み倒して借りパクするとどうなる?

経済的な事情から金融業を利用する人は多く見かけますが、どんなに困っていても闇金業者だけは利用してはいけません。

債権者を精神的に追い詰める取立てと嫌がらせはいつまでも続き、逃げ続けても個人情報からすぐに居場所を調べて目の前に現れます。

逃げ続けても簡単に見逃してくれるほど闇金は甘くはありません。簡単に逃げることができれば弁護士や司法書士が本腰を入れて相談に乗る必要はなく、警察が動く必要性もないでしょう。

債権回収のためには地獄の底まででも追いかける業者は本当に存在するため、逃げ続けても無駄です。

逃げても見逃してもらえない理由ですが、まず追いかけられる危険性が高いからです。

借り逃げしても引っ越しや住所変更しても追いかけてくる

借金の返済ができないことを理由に借り逃げした場合、素人が相手なら逃げ切れる可能性もあるでしょう。

しかし業者は債権者の個人情報を押さえている場合が多く、住民票があるところならどこへでも追いかけるのです。

嫌がらせ行為ではまず電話やメールなどで催促が行われますが、着品拒否設定にしても効果はありません。

業者は嫌がらせのためだけに番号やアカウントを複数所持しており、1日のうちに何度も催促を繰り返します。

文書で通達が届けられる場合もありますが、住所を変更しても個人情報が知られている限り無駄と考えてください。

借り逃げすると家族や職場に督促・取り立てがくる

闇金から簡単に借り逃げ出来ると考えないべきですが、仮に借金をした本人に本当に返済能力がないことが業者側にも理解できる場合はどうでしょう。

トラブルに巻き込まれる可能性があるのは本人だけではなく、家族や友人など近しい人も例外ではなくなります。

悪質性の高い業者は債権回収のために本人の家族に連絡を入れ、あなたが闇金から借り逃げしたことを告げ、肩代わりするよう迫ります。

多くは本気で催促するのではなく嫌がらせに近いですが、毎日のように連絡が続けば家族に迷惑がかかります。職場の場合も同様で、営業に支障が出れば解雇される可能性もあるのです。

闇金からの借り逃げが頭によぎったときの対処法

闇金は違法であるため、受けた融資を返済する必要はありません。

ただし、闇金には黙って返済を突然ストップするのは、解決策として適切とは言えません。あくまでも、支払いをしないという意志は闇金に伝えておくべきでしょう。

そうしなければ闇金も、利用者が支払う意志のないことに気づかず、取り立てを続けることになります。この状態は、利用者にとっても非常に不愉快です。

それでは、利用者が闇金に返済しないということを直接連絡する場合はどうでしょうか。ご想像いただければお分かりでしょうが、利用者個人で闇金に対抗するのは非常に危険です。
闇金も、相手が一般人となれば強気な態度で迫ってくるでしょう。

では、どうすれば闇金に違法性を認めさせ、返済を止められるのでしょうか。それは、あなたと闇金との間に弁護士を介入させることです。

闇金で借り逃げしたいなら弁護士を介入させること

闇金にとって最も避けたいのは、逮捕により営業が続けられなくなることです。そして、その可能性が一気に高まる弁護士という存在は、彼らにとって非常に厄介なのです。

弁護士に相談することによっては、以下のようなメリットが得られます。

  • 元金も利息も、一切を返済する必要がなくなる
  • 取り立て・嫌がらせを受ける心配がなくなる
  • いざとなったら弁護士経由で、警察に助けを求めることができる

わざわざ借り逃げをして危険を冒す必要はなく、弁護士を正しく介入させることで安全かつ一挙にトラブルを解決に導けるでしょう。

闇金からの借り逃げは危険、弁護士を頼ろう(まとめ)

何かしらの事情があり借金をすること自体は悪いとは言えませんが、闇金業者を利用し借り逃げすることは絶対に避けてください。

メリットは何一つとしてなく、執拗な取立てや嫌がらせに悩まされることでしょう。

闇金トラブルが増加する中で取り締まりが強化されていますが、悪質な業者は簡単には借り逃げすることを逃さないのです。

おすすめの記事