長期延滞でも借りれる融資先はどこ?

  • 1回でも長期延滞するともう融資は不可能?
  • 延滞にも種類ってあるの?放置すると危険?
  • 長期延滞でも借りれる所はないの?

など、キャッシングをしたときに返済に困って延滞してしまったことありませんか?

お金が必要でどうしても借りたい時に、金融業者の借金を長期延滞中だったりすると、消費者金融機関側もすぐにお金を貸付する事は難しいもの。

何故なら、そういう事故情報が信用情報機関に載ってしまったらブラックとして借り入れは出来なくなってしまうからです。

キャッシングやカードを利用することが当たり前になってしまっている私としては、それだけは避けたいと思っています。

でも、今のまま支払いが延滞してしまう現実を続けていたら、金融ブラックとして事故情報は載ってしまうでしょう。

では、長期延滞でも借りれる金融機関とはどういう所なのでしょう?

今回の記事では長期延滞でも借りれる金融機関について情報を調べてみました。

何故、長期延滞は起きてしまうのか?

長期延滞中はこうしておきる

通常キャッシングやローンの契約をするときには返済可能かどうかを観点にお金を借ります。

ただこれは現時点で可能という判断をしたわけなのですが今後、何が起こるかによって生活設計は変わってくるのが常なのです。

お金を借りるとローンの契約時には支払い可能で翌月から返済がはじまるわけですが毎月の支払いや引き落とし額を計算せずにお金を使ってしまうとすぐに足りなくなってしまいます。

返済予定のローンに手をつけてしまったら…

この時にやってはいけないのがローンの返済を犠牲にして他のことにお金を使ってしまうことです。

例えば返済に毎月50000円、生活費と家賃で150000円、でお給料が200000円とするともうギリギリです。

こんな時に何か別のことにお金が必要になりローンの返済を翌月にまわしてしまえば確かにその時はお金を使えますがこれは立派な延滞です。

決してオススメできる行為ではありませんので絶対にしないでください。

こんな時に長期延滞になってしまう

これは一時的にお金が必要になるのではなく常時、今以上にお金が必要になり支払いができなくて返済が滞ってしまうことで起きてしまうことが多々あります。

つまり例えば上記の例で

  • 給料が200000円
  • ローンの支払いに50000円
  • 生活費と家賃が50000円

 

のギリギリの生活をしている時に例えばショッピングで大きな買い物をして20000円毎月の支払いが増えてしまった、別のカードでキャッシングをして毎月の支払いが10000円増えた、今まで払っていなかった税金の支払いが毎月20000円求められて支払わなくてはならなくなった…

こんなことが重なると毎月50000円の負担が増えてしまい、毎月マイナス50000円が続いてしまうことになります。

そうなると、返済をしていたローンが支払えなくなり延滞が続いてしまうということになるのです。

こうなってしまうと事故情報として信用情報に登録されてしまいますから長期延滞になり融資は難しくなります。

つまり1回きりの延滞はイレギュラーでその月の支払いが増えることでおこり、長期の延滞は毎月の支払い額が他に常時増えてしまうことで起こりやすいのです。

危ない長期延滞と安全な長期延滞?

キャッシングやローンを組んで返済していると、どうしても支払えない時があると思いますがまずこういった時の正しい対処方法は知っておかないといけません。

安全な延滞?

ここで安全というと語弊がありますが最も程度の軽い延滞が支払い忘れや残高不足で決まった返済日に払えなくて、これに早急に対処した例です。

残高不足で支払いができなかったら通常、その旨を書いたハガキなどが自宅に届きますがそれよりも真っ先に即日、ローン会社に電話して謝罪し即支払うのが最もよい手段といえます。

これを可能にするのは必ず引き落とし日を把握して翌日にきちんと確認すること

このようにすれば翌日には確認と支払いをすませることができます。

すぐに返済しても毎月延滞すると危ない

この残高不足による延滞は1度だけならまだペナルティなどはないのですが問題なのは連続して何ヶ月も引き落とし不可となる延滞をしてしまった場合です。

確かに即対応することで最悪の事態はまぬがれますが毎月そうなってしまったら間違いなく危険です。

返済できる状態か?と思われてしまい信用情報に掲載されてしまう恐れがあります。そうならないためには引き落とし日と銀行残高は前日までに常に把握しておかなければなりません。

長期延滞中は即ブラックになる

延滞をしたら真っ先に支払うのは基本なのですが支払いができずに延滞を続けてしまった場合は事故情報として延滞している情報が信用情報に掲載されてしまいます。

目安としては2ヶ月以上の延滞はかなり危険です。即ブラックリストになる可能性があります。

3ヶ月以上は100%アウトですので長期延滞として事故情報が載ってしまいます。

延滞してブラックリストに掲載されてしまったらどれぐらいの期間、登録されてしまうのか登録される期間はそれぞれ違います。

長期延滞すると事故情報として信用情報に掲載されてしまいますがそれぞれの信用情報機関によって、登録される期間は異なります。

  • 全国銀行個人信用情報センターのKSCでは延滞は事故の解消から5年間
  • CICでは延滞は事故情報の解消から5年間
  • JICCの日本信用情報機構では延滞は事故の解消から1年間

信用情報の事故歴は共有される

ただ事故情報は共有されますし延滞解消が大前提です。

もちろん放置し続けたら生涯この延滞して放置している情報が残り続けますし、3つの情報機関で情報共有しているので延滞してブラックリストに掲載されてしまったら事故解消から5年間はブラック状態になりその他のローンを組むことが難しくなります。

ただ長期延滞でも融資可能な方法はあります。

この事実については後述しますがそのためにはお金を借りる方法を変える必要があります。

更に放置し続けたらいったいどうなるの?

当然、支払いの督促が届くようになりこれも放置しているとカードローンの場合は強制解約になり全てのカードが使えなくなります。

更に最終的にはカード会社や金融会社に訴訟をおこされて、裁判所から通知書が届くようになり一括返済しなければなりません。

それでも放置すると差し押さえになってしまいます。

長期延滞してしまった場合はどうすればいいのか?

大切なのは短期的に支払いができずに初月に延滞してしまったら何が何でも1回きりにすることと早急に金融会社に連絡をとり支払いをすませるのが最もよい選択です。

長期延滞を徹底的に避ける

次に2ヶ月以上延滞してしまう時は、この時点でいつ金融事故として登録されてしまうかわからない大変危険な状態ですので今後のことを考えるのならばこの時に他でお金を借りてでも事故情報が登録されるのを避けましょう。

事故情報として既にブラックリストに掲載されてしまったら

既に延滞して事故情報が登録されてしまっている人はこの債務をまずなんとかしなければなりませんし絶対してはいけないのは放置することです。

最終的には差し押さえになる可能性が高いですし、生涯ブラックになると不都合しかありませんので必ず解消する必要があります。

真っ先にすることは長期延滞でも融資可能な方法でお金を借りて解消することです。

中消費者金融なら長期延滞中でも借りられる?

長期延滞中となると大手消費者金融ではまず融資してもらえません。

しかし中小消費者金融などの街金では、我々のようなちょっとお金に困っている人でも融資してもらえる可能性があるのです。

もちろん、お金に困っているからこそ融資をして欲しいのですが、そんな時は街金へ行くのがベスト。

街金では独自審査を行っているので、延滞中でも借りれる金融の一つだと言われています。

もし、延滞中でもお金を借りたい人がいるのでしら街金を当たってみるのはいかがでしょうか?

中小消費者金融の独自審査とは

大手消費者金融で使われている審査方法は自動審査です。

毎日多くの新規申込者があり、さらに顧客の利用状況を把握するためにも人の手で行うことはできません。コンピューターで管理され審査が行われています。

もちろん、そこには多くの人が必要であり、システムの開発や管理など莫大な費用がかかるのは大手だからこそできることでしょう。

一方中小消費者金融ではコンピューター審査は行っていません。これをいわゆる独自審査と言います。

  • 申込書に入力した内容から属性スコアリングを行う
  • 個人信用情報機関に過去や現在の信用情報を照会する
  • 勤務先に連絡をして在籍確認する

 

この3つの審査は大手でも中小消費者金融でも変わりがありません。一つ、大きく違うのが「コンピューター審査ではない」ということ。

コンピューターの自動審査ではなく、スタッフが一つ一つ審査を行っています。

基準には大きな差がありません。返せない人に貸すことはできないのは当然のことです。しかし
「返すための方法を話せる」ことが実は最も重要なポイントになります。

エニーは長期延滞でも借りれる?

過去の延滞は借りれるが現在進行形の延滞は不可

代表的な優良中小消費者金融として有名なのがエニー、アロー、サンクスダイレクトなどの中小の街金です。

これらの口コミを調べてみると大手に落ちたブラックでも借りれたと評判になっています。

一般的な大手サラ金の場合、金融事故があれば審査に通りません。また、通ったとしても融資額はとても低いです。

しかし上記の消費者金融は口コミでもあるように、延滞や滞納などの金融事故があっても審査対象となります。

つまりブラックの人でも条件に沿えば即日融資でお金を貸してくれる優良消費者金融という事になります。

他社で借りることができなかった場合、確かにエニーなどであれば融資を受けられる確率も上がるかもしれません。

ただし過去の滞納に対しては寛容なエニーですが、長期延滞中となると審査に通ることはないでしょう

長期延滞中の人が審査に通るためにやるべきこと

支払いをせずに放置しっぱなし(長期延滞中)なのであれば、信用情報機関には延滞情報が残ったまま。

ですから、普通は他の消費者金融の利用は困難だと言えますが、ヤミ金に手を出すことだけは避けて下さい。

せっかくこのサイトにたどり着いたのですから、借りれるところや借りれる方法を見つけ出しましょう。

  • JICC・CIC等の信用情報の記録を開示請求する
  • 自分が何日遅れているのかを把握する
  • 3ヶ月を超える前に利息以上の返済をする(約定金額である必要はありません)

 

利息以上の入金をしていなければ、次回返済日が過ぎていると自動的に信用情報には登録されています。

逆に言うと、利息以上の入金をしていれば、簡単にいうと信用情報には延滞はしていないという登録になるのです。

長期延滞中で延滞分の支払いは無理という人はこの後の項目を読み進めてください。

長期延滞でも借りれる国の制度とは

各自治体が低収入所得社世帯、低所得者世帯に対して、生活費などを貸してくれる公的な支援制度もあります。

消費者金融や銀行等の金融機関を延滞中であっても借りれるところとは、社会福祉協議会です。

社会福祉協議会には、生活費等のお金にに困った時に利用できる便利な制度があり、生活困窮者自立支援制度と言います。

生活福祉資金貸付制度、緊急小口資金貸付など、名前は違いますが

  • リストラされて仕事がみつからない
  • 社会に出るのが不安で引きこもっている
  • 失業して家賃を滞納していて、家を追い出されそう

 

など、さまざまな困難な中で、生活に困窮している人に包括的な支援を行う制度です。

長期延滞でも借りれる生活困窮者自立支援制度とは

総合支援資金の貸付対象となるのは、貸付けを行うことにより自立が見込まれる方で、下記の要件のいずれにも該当する人です。

  1. 低所得者世帯(市町村民税非課税程度)で、失業や収入の減少などによって生活に困窮していること
  2. 公的な書類などで本人確認が可能であること
  3. 現在住居のある人、または、住宅手当の申請を行い、住居の確保が確実に見込まれること
  4. 社会福祉協議会とハローワークなど関係機関から、継続的な支援を受けることに同意していること
  5. 社会福祉協議会などが貸け付及び支援を行うことにより、自立した生活を営むことが可能となり、償還を見込めること
  6. 他の公的給付または公的な貸付けを受けることができず、生活費をまかなうことができないこと

長期延滞でも借りれるが条件は厳しめ

長期延滞でも借りれるけれど、申し込み者だけではなく世帯員全ての人の就労、就学状況、収入や負債の状態などを全て明かにする必要があり必要に応じて確認もあるので世帯員、全員の承諾をあらかじめ得る必要があります。

ですので、もちろん家族に内緒でこっそり借りたいなんてことはできませんので注意して下さい。

ただし条件に当てはまるのであれば、カード会社や老舗消費者金融会社、大手消費者金融でも借りれない場合、生活資金だけでも一時的に借りることもおすすめします。

税金、国保の滞納者であっても、社会福祉協議会や役場の福祉課に電話して相談すれば、必ず親身に相談に乗ってくれますよ。

おすすめの記事